2013年07月18日

温度ロガーを届ける

P1100711 昨日は、「設計中に生まれた赤ちゃんのいるお宅」にお引っ越し後一ヶ月の使い勝手等感想も伺いつつ、夏の室内気候の観測用に温度ロガーを届けてきました。

 ホンの一ヶ月前は、危なげによちよち歩きだったのにもうしっかり歩いています。
 お顔も精悍ないかにも男の子の顔に変身です。「赤ちゃん」があっという間に「ボク」に!

 育児家事で落ち着かない筈なのに引っ越し荷物もほぼ片付き、この建て主さんのお宅らしいゆったりした時間が流れています。

P1100709 室内気候と太陽熱集熱は、なかなか良く働いてくれていました。
 まず室内気候について。
 昨日は曇りで暑くはなかったけれど、計った10時半頃の気温は26.5°c(家中の窓は、風が良く通るので全開状態でもちろんエアコン無し)。寝室の周壁温度は、床壁天井ともほとんど変わらず24.8°〜25.3°c。書斎は、床壁天井ともほとんど変わらず25.0°〜25.8°c。リビングの天井のみ26.3°c。夜の冷気がちゃんと残っている。
 仕掛けた計画と結果にふむふむなるほど。。と、ちとニンマリ。

 太陽熱温水器(床暖+給湯用)は、90ℓタンクでかなり小振りなので、お風呂のお湯張りとシャワー2回分でほぼ使い切りとの事です。モニターを見ると、曇りでも集熱はしっかりできています。メーカーには、せめて180ℓくらいのタンク容量のモノをつくってもらいたい。

kimura_atelier at 19:24コメント(0)トラックバック(0)設計事例 | パッシブデザインと設備 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ