路上採取

2013年10月18日

神楽坂散歩

 先の週末、地元でまちづくり活動をされているNPOの方々の案内で神楽坂散歩をしてきました。
 実に15年ぶり位でしょうか。久しぶりに神楽坂の小径を歩きました。

 石畳の狭い一間道路に黒板塀が続く神楽坂の小路。。
 小路に入り込むと、三味の音が聞こえたり、イチゲンさんお断りのような敷居のちょっと高そうな飲み屋さんや料亭がつながって、風情のある裏道でした。静かに歩かないとと思わず話し声を潜めるような、非日常のワクワク感がありました。

 けれど、寄る年波か、風情のある木造家屋がぽつんぽつんとビルやマンションに建て替わり、道幅拡幅のセットバックも伴ってつながりが切れてしまい、路地の印象が随分と変わってしまっていました。残念!

P1110162 P1110160
 けれども、裏道にもたくさんの感じのいいフレンチやイタリアンのお店、アートギャラリーなどが。。
 写真のお店等、普通の木造屋を最低限の改修で上手にコンバージョンして、オープテラスのお店にしています。
P1110163 左の写真のお好み焼き屋さんは、八百屋を兼ねているようです。
 店先に上手に色とりどりの野菜を綺麗に並べていて、ヨーロッパの街角のよう。。
 店先が賑やかになって、かえって、ファサードの木製の建具やウインドウが活きています。

 いい感じ!
 
 近年は、ここ数年で石畳や黒塀などのモチーフも浸透して、面的にも神楽坂エリアが広がってきており、かなり盛り返して来ているそうです。

 また、最近は、まちづくりや保存運動で「文脈」という単語が目につくようになりました。
 まちも時代と共に良くも悪くも様変わりしていますが、まちの来し方から「まちの遺伝子」や「文脈」を読み取り、次につなげて行かれるといいですね。
 

kimura_atelier at 11:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月02日

工事現場近くのバス停の前の家。

面白い家面白い家2
 現場近くのバス停の前の家。
 何の用途の建物でしょうか?
 倉庫のようなバラックのような感じですが、ペントハウスのような換気口といい、外壁に描かれた絵と本物のツタとの絡み具合といい、よく見るとなかなか面白い建物です。
 もう一度ゆっくり確認してみよう。

kimura_atelier at 23:34コメント(0)トラックバック(0) 

2007年03月19日

自社ビル?発見

自社ビル?自社ビル-2? あらっ、自社ビル?発見。

何の関係のビルなのでしょう。3/17築地にて採取。

kimura_atelier at 22:30コメント(0)トラックバック(0) 

2006年06月06日

路傍の犬

福岡の犬

 まちで見かけた路傍の犬。通りがかりの人は一様に、生きているのか死んでいるのかと心配そうに覗き込んだ後、クスリと笑って通り過ぎていきます。その訳は・・・

続きを読む

kimura_atelier at 20:23コメント(0)トラックバック(0) 

2006年03月22日

まあ、かわいい!

ショーウインドウ1ショーウインドウ2ショーウインドウ3ショーウインドウ4
 川崎で見つけた音楽教室のショーウインドウ。なんともいえず可愛いでしょう?
背後霊のように映るマスク男は、ご愛嬌です。悪しからず。(笑)

kimura_atelier at 21:37コメント(2)トラックバック(0) 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ