耐震対策

2016年05月27日

熊本直下型大地震の現況報告からーその2

 日経アーキテクチュアの2016年熊本地震特集ー第2弾!
 2000年住宅基準の課題が浮き彫りに〜京大・五十田教授に聞く〜でも、教授が示唆に富んだ発言をされています。

 それは、「法律を強化したり、住宅会社や設計者を教育したりするより、最終的な意思決定者である施主の意識を変えるほうが、効果が高い。
 そのためには、施主に正確な情報を伝えることが重要だ。」ということ。

耐震

 さらに、ここでは、必要壁量が現行基準の1.5倍では全壊は免れるけれど、2倍ないと損壊程度に収まらない結果になっています。 
 結論的には、やはり、「木造住宅でも許容応力度計算で壁量を求めること」です。

 また、大きな被害を招いたと思われる建物について
 ・配慮不足の一つ目は、柱や耐力壁の位置が1、2階でそろっていないケース
 ・配慮不足の二つ目は、実際のプランや使用している建材を考慮せず、実荷重を過小評価したケース
 ・配慮不足の三つ目は、筋かいの使い方がまちがっているケース
 があげられています。
 あたりまえのことが行なわれていない建物が多々あるのですね。

 太陽光パネルを後で屋根に取り付けてしまったり、リフォームで仕上げを重ね張りして行ったりということも良く行なわれているようですし、2階や小屋裏に本や食器等重いものをいっぱい収納しているお宅も多い。やはり、施主が正確な情報を受けとれるようにすることが重要なのでしょうね。


 


kimura_atelier at 10:50コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月18日

熊本直下型大地震の現況報告から

 またまた、1ヶ月近くもご無沙汰してしまいました_(._.)_
 このところ、新しい新鮮な刺激がいっぱいで、嬉しい悲鳴♪ 特にエクセルの使いこなしに感激の日々です。

 さて、熊本の直下型大地震を受けて、研究者や実務者らが被災地に入り検証を始めた記事があがってきています。
 
 日経アーキテクチュアの2016年熊本地震特集「耐震等級2の住宅も倒壊、検証・熊本地震」;では、工学院大学名誉教授の宮澤健二氏が示唆に富んだ発言をされています。
 ・筋かい材の品質確保と柱頭柱脚の引き抜きの設計方法を含め、靭性確保の方法の検討が必要。
 ・必要壁量の改定よりも、設計図面をしっかり描くことが大切だ。
 ・同施行令46条は地盤が軟弱な区域に建てる場合は、必要壁量を1.5倍にすることを定めているので、それを実効性のある制度に改正すべきだ。
 また、記事の中で、
 盛り土の造成地に建つ倒壊した住宅には見逃せない点がもう一つある。地盤調査で地盤補強が必要と判定されたため、長さ約10mの鋼管杭を地盤に施工していたことだ。隣に建つ倒壊を免れた住宅も盛り土に建つが、地盤改良はしていない。
 研究者らは、「杭で補強した地盤に建つ剛性を高めた住宅に今回の地震動を入力すると、どのような応答が見られるのかを詳しく調べたい」と話しているとのこと。

 京都新聞 5月11日(水)9時25分配信の記事震度7の連続地震、耐震強度1.5倍必要 京都大解析;でも、「既存の住宅では、地震の揺れを吸収する制震ダンパーなどを設置することでも耐震性を向上させることができる。今後、現在の耐震基準の見直しも必要になるだろう」という京都大工学研究科の竹脇出教授(建築構造学)の話が紹介されている。

 やはり、エネルギーを吸収して逃すために「靭性確保」が今後の課題ですね。

 もうひとつ、被災地の知り合いからの報告「ぼろやは壊れていない。立派な家が壊れているよ」から、モルタルや瓦屋根のような重い家、開口の大きな家を「固めて耐震性を上げよう」というのは、ナンセンスだということが、よくわかります。

 

kimura_atelier at 13:04コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月22日

耐震対策ーその3 移動中編

 どこで地震に遭遇するかを考えると。。
 家や事務所の耐震防災対策もさることながら、移動中が一番怖い。

 だからといって、出かけないわけにはいかないし。
 現実的対策としては、歩きやすい靴で出かける。足腰を鍛えておく。
 そして、水分、糖分(チョコや飴)、非常トイレ、帰宅地図、携帯電話の充電器、雨や寒さ対策の上着、身分証明証などなど。。の携帯が第一のように思います。
 iphone(GPS機能)に変えたのは、防災の意味でも正解だったかもしれません。

 増々もってバッグが重くなるなあ。。。肩はこるし。。
 この際、おしゃれなリュックに替えようかしらん。
 何よりも足腰を鍛えておく。。これが一番の課題でしょうかね。
 


 
 
 
 

kimura_atelier at 21:59コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月20日

耐震対策ーその2 我が家編

 夏休みにエコ改修案を相談するにあたっても、今年こそ我家の耐震を見直して必要ならば補強をしよう、以前から気になっていた防災グッズを手に入れようと思っていましたが。。。  町田市で耐震アドバイザー制度ができて引き受けたのを機に、日頃基本設計時にN値梁断面の算定や構造計画の目安として使っている耐震ソフトに我が家を入れてみると、なんと耐震強度が0.88(もちろん、精密診断でです。)(大汗)。  設計中の建物の数値は気にするのに、築20数年の自分の家はノーチェック。まさに紺屋の白袴状態です。  まあ、RC+木造の混構造、3方出窓他、かなりイレギュラーな建物なので、耐震ソフトで単純には計れないのですが。  で、ちょっと心配になって、さっそく、いつもおつきあいしている構造事務所に相談しました。  結果、壊れることはないにしろ、やはり数値は気になるので柱脚は金物補強しようということになりました。  我家の場合は、大した工事ではないのですが、とはいえ、これが結構問題なのですね。気持ちの上で。。  すでに気持ちよく使っていて他にいじる理由がないところを、多少とはいえ壊していじるということが。  まして、費用もかかるのですから。。。当然といえば当然です。  耐震改修工事までなかなか進まない訳です。地震時の状況をどの程度イメージできるか、するかということなのでしょうね。  

kimura_atelier at 19:49コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月19日

耐震対策ーその1 町田市の耐震対策制度

 9月1日は、防災の日でしたが。。。
 防災の日をきっかけに、徒歩帰宅訓練をするとか、防災グッズの入れ替えをするとか、自宅の耐震強度の見直しをするとか、よく耳にします。
 たまたま9月1日当日、新宿西口を通りがかったら、耐震金物や免震金物、耐震シェルター&ベッド等の展示ブースが設えられていて、通りがかりのひとが熱心に質問したり値段を聞いたりしていました。

 広く一般に防災や耐震の意識を高めてもらうために、各自治会での防災訓練防災学習や自治体による耐震診断補強の助成案内も多いと思います。
 けれども実際に防災対策を取っているのは半数とか。かくいう私もその一人で(汗)。また、耐震診断を受けても実際に補強を実行するのは一握り(1/10)らしい。

 そういうわけで、この9月末から町田市でも地元のNPOと恊働で新たな耐震対策制度が始まります。
 昭和56年の建築基準法改正前の木造住宅に住んでいる人を対象に、希望すれば簡易耐震診断を無料で、さらに、診断から補強設計&工事までの各段階に応じて、診断士や業者との間に立ってアドバイスをするアドバイザーを派遣する制度。2007年度から2015年度までの期間限定だそうです。
 詳しくは、町田市ホームページ<耐震改修促進計画を策定しました>にて。

 昨日は、関係者の初めての顔合わせ会。まだまだ対応についてなど統一調整は必要ですが、とにかく動き出しました。


kimura_atelier at 20:51コメント(0)トラックバック(0) 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ