今日は、ちょっと寒かったですが、良い天気でした。
二日間のイベントも無事終了しました。

ご参加、ご相談にきていただいた方どうもありがとうございました。

「HPをよく見てるんですよ!」と言って
私の顔を見たかったという人もきてくれました。



   イベント案内でお世話になった、新潟美人のカワイイお二人です!
   右が村山さん 左が柏櫓(かしやぐら)さん ちなみに、彼氏大募集中(笑)


イベント10/17



★テントの中で村山さんと談笑する私です。


イベント10/17-1











■ご相談に来られる方は、良い家に住みたい、吉相の家を建てたいと心から願っている人たちです。本日来られた方で、「家相観の人に玄関、トイレ、浴室は凶方位にあるからと言われ、平面プランを変更したんですが、どうしても不安なので観てほしい」という方がいました。鑑定金額を聞いたら、その高いお金にビックリしました。

さっそく、家相観の人の鑑定によって変更された平面プランを見たんですが、それが、とんでもない間取りとなっていました。
私も一応、二級建築士、インテリアコーディネーターの資格を持っていますので、それなりの建築知識があります。

詳細については、言えないですが、とにかくひどいプランでした。まったく日照も考慮されず、動線(生活の中での人の動きを考慮した間取り)を無視したものでした。

いったいどんな家相観の人なのか? 家は、一生ものです。もし、家相、風水を観てもらうために、お金を払うのであれば、慎重に選ぶべきですね。

 風水師に依頼する時は、次の質問をして、いい返事が返ってこなかったら、お金を払う価値はありません。

     ◆質問
      『どの流派、方法で風水を観るのか?』
         はっきり聞いてください!

     ▼答え
      一般的な「風水では〜.........です。」ではダメです。

       「私は、八宅法風水で観ます。」「飛星法で観ます」「玄空法で観ます」
       とはっきり言える人は、信頼がおけます。



     ◆質問
     『家を建てる年月日、住む人の出生年、家の向きなど判断材料にしますか?』
      
     
     ▼答え
      3つのどれか一つでも欠けたらダメです。