今朝の新聞には、チラシがすごい入っていました。
連休と引っ越しシーズンも近いからか、建て売り情報、住宅展示場の案内、家電製品 ホームセンターのチラシ満載!
住宅
そこで、建て売り住宅のチラシがあったので、簡単風水チェック!
あなたは、この間取りの家をどう思いますか? 方位判断は別として、平面プランはどうでしょうか?あなたの風水知識でチェックしてください。私の小冊子「入門編」を読んだ方なら、どこが風水的に悪いかわかりますよね。




私の風水簡単チェック
1 1階の和室のドアとトイレのドアが向き合っている。矢印A 凶作用の気が流れます
2 2階の階段をあがった廊下が、子供部屋のドアへ直進していて、なおかつ子供部屋の窓へと向き合っている。 矢印B 凶作用の気が流れます。落ち着かない気が循環する部屋となります。
おまけに、ベッドの足下がドアに向かっています。これは、とても不吉とされます。
3 同じく子供部屋のドアと窓が向き合っていて、ベッドの足下がドアに向かっています。
  矢印C 凶作用の気が流れます。
4 主寝室のドアとトイレのドアが向き合っています。矢印D 凶作用の気が流れます。
  不眠症となる場合があります。おまけに、ベッドの足下がドアに向かっています。



住宅2




このように部屋の間取りのつくりの風水判断は、巒頭派(らんとうは)というもので、「室内巒頭をみる」という言葉を使うこともあります。

この建て売り住宅は、インテリアの配置もうまく考慮されていないようですね。風水判断ではなくても、使い勝手、落ち着く部屋といった設計プランをもう少し考えてほしかったなあと思ってしまいます。

風水は、たんなる「占い」ではありません。快適空間づくりの指針のひとつでもあるんです。

私のところへ相談にくる方(特に新築住宅を考えている)のほとんどは、奥様(女性)です。
旦那様は一緒じゃないんですね。と言うと 『「風水とかは、関係ない!」「そんな占いで設計できるか」「風水なんか迷信だから全然気にしない」といってるんで、私一人で来ました』という方が多いですね。

世の旦那方、「高いお金を出して買う家」です。この連休は住宅展示場でしっかりと奥様の意見も聞いてくださいね。