2008年、占術界に衝撃を与えることになるのか?

風水師レイモンド・ロー老師のセミナーが行われます。
ご案内ページはこちらからどうぞ!
http://www5.macyahoo.com/

教材の翻訳やセミナー企画を行っている
ミッチーさんは精力的な方です。

レイモンド・ロー老師の
レイモンド・ロー風水体系 や
ミッチーさんの風水見解などが
こちらに簡潔に書かれています。


●レイモンド・ロー講座申し込みに関してのよくある質問 Q&A (山道)
http://raymond-lo.five-arts.com/applications/Raymond_Lo_Q&A.pdf

なるほどと思った部分をちょっと抜粋しますね。

『簡略して言うならば、「風水」という要素を除いても、人間は生きていれば「人命」に よる運気によって、起こる現象にみられる運気は、上昇、もしくは下降すると言う単なる事実です。

一言で言えば、「家があっても住むのは誰ですか?」と言う単純な疑問に帰着して、家だけの運 気を観るのではなく、「人」を最重要視するヒューマニズムに基づきます

つまり、家があっても、住む人がいなければ、その家に何の意味もないと言うことです。 突き詰めれば、「世界が存在しても、それを認識する自己という存在がなければ、世界が存在す ること自体に意味や自己との関係性を見出せない」と言う哲学的な命題に一致します。

それが、風水によるものか、自分の運気によるものか判断できないならば、「風水」自体、「当 たるも八卦・当たらぬも八卦」という結論で終わってしまうという、曖昧で怖い部分が潜んでいる のです。

そのため、人命と風水の切り分けが行えるようになって、はじめて風水を学ぶのが基本なのです。 』