先週のニューズウィーク誌の記事で「え!」というものがありました。

ビルマのサイクロンの大惨事のニュースですが。

「この大惨事で、なぜ国民投票か」といった題名で、なんと「2005年に首都をラングーンから不毛の地ネビドーに移したのは、風水思想をとりいれてのことだという。おかげで、新首都はサイクロンの影響を受けなかった。」といった内容が後半で書かれていました。

これが本当なら、軍事政権の権力者の中に風水思想を重視する人物がいるということですよね。

風水は、「天命を知る道徳者が活用して初めて活きてくるもの」という見解が私にはありますから(ちょっと大げさですが)かなりショックです。