風水羅盤ですが、かなり具体的なデザインになってきました。

raban

羅盤の寸法は、18層から20層ぐらいになりそうなので
7.2寸が最適と思われます。ちょうど良い大きさですね。
すべて実践用につくられてますから、
初心者の方でも、八宅理論、玄空理論を理解すれば
最高のツールとなるでしょう。

デザインも見やすいように、
文字の向きもいろいろと検討しました。

例えば羅盤で方位を測り、
飛星盤をみたときに見やすいようにしてます。

八宅派の命卦、吉凶方位もこの羅盤でわかるようにしてます。

3月中にはデザインを完成させて、4月に制作に入る予定。
初回は、30個限定で制作する予定です。

完成の際は、風水の基礎理論、八宅派、玄空派の
簡易講座も兼ねて「オリジナル羅盤解説セミナー」もやってみようかと思っています。