食べ物ブログも数々ありますが。
見やすい、人気があるブログって、思うに

批評があっても非難はない

と感じました。
多分、このことって、ものすごく重要で、
普段の心がけにしても違ってきそうな気がします。

自分の例を挙げるのはどうかとは思いますが、

基本的に食べたラーメンはすべてうまい

というところから記事化します。
まぁ、たまに本格的に悩んでしまうの(要するにうまくない)にも当たらない訳ではないです。そういうのは

最初から書く気になりません。


うまかったから書き留めたい、紹介したい。
そんな部分がきっかけになっているブログは、
いやな気分にならない。
提灯だとか太鼓持ちだとか、それは食べに行って
自分で確かめるべきじゃないかと。

味の好みは十人十色、千差万別。
食べてみて、もう二度と行かない、と思うのはいいんじゃないですか?
その辺は心に押しとどめておいて、
わざわざ書いて人に押し付けたりはしないよ、というのが
ブロガーのやり方、じゃないんでしょうか。

あくまでも『自分が』うまかった食べ物を紹介したい、というところが原点。
自分にも当てはまる面があるからこそ、
こんなん書いてみました。