http://d.hatena.ne.jp/tictac/20120110/p1


「僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった」という記事と、それに対しての返信までについて、
僕がこれまでに経験してきたことを織り交ぜながら、思うことを書きたいと思います。

僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった、なんてのは、
受験の時に限らず、社会人になってから感じることもあるかもしれないです。
ただ、自分の場合は、大学入試の時に嫌というほど感じました。
“数学”が、本気で理解できない壁にぶち当たったんです。

高校入試では、いや、高校1年までは割と得意科目だった気がする。
でも、どこかで(数列あたりで)、概念が分からなくなってしまい。。。
そのために、大学のセンター試験は数学“以外”を徹底的に勉強し、
(8割~9割9分取れるように)
その上でだいぶランク下げた、という経験が。

それ故か何なのか、割と中小企業を渡り歩き、
何かを成し遂げては、折り合いが悪くなってやめているという(汗)
でも、自分の知識はどの分野においても、圧倒的に役に立った。

それだけでもなかった。
大学に入ったら入ったで、論文書くための実験データをどう系統立てて行うか、
そこがあまり得意でなく。教授の熱血指導で何とか修了してきました。

今思うと、何が足りなかったのかははっきりわかるんだけど、
(塾の講師という、まさにそのための仕事に就いているので)
こと、これを今の自分に当てはめて改善しようにも、ポイントポイントで
指導してくれる人がいないと結構深いレベルの指導ってできない。

多分だけど、塾のオーナーの中には、講師の適性とか無視しちゃうパターンってありそう。
これって、とっても勿体ない。
ひいては、生徒との組み合わせに影響することでもあるのだから、
もっと塾長は講師とツーカーの関係になっている必要がある。
さらに、間違った考え方として、「勉強したら教えられるだろ?」という言葉。
これが素人教室長だと、猛烈に進めてくる。
いや、大学受験でできていないことはだれかしっかりした先生によって指導されないと
講師でも難しいよ。

そのために、わざわざ分業制を作ったのに、それがだんだんグダグダに。。

大人って、大概馬鹿なんです。年をとればとるほど。
んじゃどうすっぺ?

塾は相性です。先生が信頼できるなら、続けるべき。
意味を感じないなら辞めた方がいい。