sponsured link




2017年01月02日


やっぱり何度聞いても飽きないですな~、カインド・オブ・ブルー。

なんでやろな~?

と、ついつい関西弁が出てしまいますが、
もちろん、カインド・オブ・ブルーの世界観は、
関西とは無縁。

どこの世界やエリアにも属さない、
なんだか普遍的な世界を感じるんですよね。

ジャズといえばジャズなんだけど、
ジャズを超えた、
なんか別世界のような音の佇まいがあるんですよね。

その秘密って何なんだろ?

考えれば考えるほど謎です。

わからなくなります。

とにもかくにも、カインド・オブ・ブルー、最高!

マイルスも最高!

これからも死ぬまで一生聴き続けるアルバムなんだろうな、
マイルス・デイヴィスの『カインド・オブ・ブルー』は。

聴いてない人は、
もったいなさすぎ!

今すぐ聴こう!


 
コメント(0)トラックバック(0)マイルスデイビス カインドオブブルー│ 

2012年10月30日


CDで気軽に再生して愉しむのももちろんよいのですが、
『カインド・オブ・ブルー』の世界にはまってきたら、
是非、アナログ盤も聴いてみましょう。
(ご自宅にレコードプレイヤーがあればですが)



レコードを取り出して、ターンテーブルに乗せ、
針を下ろすまでの流れが、
まるでひとつの厳かな儀式のように感じられ、
よりいっそうこのアルバムの深い世界にはまること間違いなしです。



コメント(0)トラックバック(0)Kind Of BlueMiles Davis| 

2012年08月30日

「Kind Of Blue」でベースラインが印象的な曲は、
ひとつに、So Whatの出だしのリフがありますね。

それともうひとつ、All Bluesのパターンも特徴的ですよね。

あのベースのパターンが延々と繰り返されているからこそ、独特の空気が生まれているといっても過言ではないでしょう。

しかし、ウッドベースで一つのパターンをずっと演奏しつづけることは、かなり至難のワザなのだそうです。

エレクトリックベースの場合は、比較的容易に同じパターンを繰り返すことができますが、エレクトリックベースよりも指の力が必要なウッドベース(コントラバス)の場合は、むしろ動くベースラインを弾いているほうがラクなのだそうです(ウッドベース奏者の話によると)。

しかし、ベーシストのPaul Chambersは、執拗に同じパターンを弾き通りました。

11分もの長い時間。

アシュリー・カーン著、中山啓子訳の『カインド・オブ・ブルーの真実』という本をひも解いてみましょう。

212ページです。

一見容易な印象を与えるものの、同じフレーズを繰り返し演奏する場合、ヴェテランのミュージシャンでさえ非常な努力を要する。エンディングを迎えてもっとも安堵の胸をなでおろしたのは、おそらくチェンバースだった。彼は、じつに11分33秒ものあいだ《オール・ブルース》特有のオスティナートのパターンを演奏しつづけたのである。



なるほど、だとすると静かでいいムードだなと我々が感じているオールブルースも、チェンバースにとっては悪戦苦闘の演奏だったのかもしれませんね。





コメント(0)トラックバック(0)Kind Of Blue│ 
Kind Of Blue……。トランペッター・Miles Davisが1959年に録音した、世紀の傑作アルバムです。そして、間違いなく20世紀のJazzを代表する1枚。ピアニストにBill Evans、テナーサックスにJohn Coltrane、ベースがPaul Chambersと、最高のジャズマン達を従え、マイルスはデリケートで美しい芸術作品をニューヨークで吹きこみました。世界でもっとも売れたアルバム(レコード・CD)でもあります。いや、21世紀になった現在でも、ブルースペック盤や、SHM-CDなど、次々とリマスタリング盤が再発され、今でも多くの音楽好きの心を打っているのです。このブログでは、様々な角度から、マイルス・デイヴィス、そしてカインド・オブ・ブルーの魅力を紹介してゆきたいと思います。 ブログランキングならblogram
ブログランキング
  • SEOブログパーツ
sponsured link
  • ライブドアブログ