November 12, 2011

冬来たりなば、春遠からじ。

敬天愛人
If winter comes, can spring be far behind?
シェリー、無駄なことなんて、この世にはない。
静かに、待つのですね。
そんな幸せもあるんだ。


講学の道は敬天愛人を目的とし、身を修するに克己を以て終始せよ。

学問を極める道は天を敬い、
人を愛することを目的とする。
身を正しくおさめるためには、
ただひたすら
自分の情念を統御することに努めよ。

人を相手とせず天を相手とせよ。
天を相手として己を尽くし、
人をとがめず、
わが誠の足らざることを尋ぬべし。

「敬天愛人」には、西郷隆盛の思想が要約されている。
好んで揮毫した言葉。

歴史が動いた場所。
歴史を動かした場所に、掛軸があった。

佐藤榮作が密談に使ったという、通称「佐藤部屋」にて
焼酎「佐藤」を頂いた。

山口市、菜香亭。

ようやく、冬がくる。

October 30, 2011

曲調としてはもうレッチリです

GRETSCH







さっき有吉のラジオでかかってきてはじめて聴いたんですけど。
正夢になったってね。
吉井和哉がダチョウ倶楽部とコラボです。
もう寝ようと思ってたんだけど、やらなきゃいけないこともあるし。
最初のリフにまずやられたわけですけど。
レッチリですよ!Give It Away

つまらない人間になっちゃあいけない!

ついに
グレッチ買っちゃいました。
買ってもらっちゃったのか。

バンドやりましょう。

やっぱり、オーロラ見に行きたいね。
その前に、ハロウィンですよ。

あっ、ストラップを受け取りに行こう。

September 11, 2011

今どき匠の生き方

にゃんこ

蜂の巣湖そばのログハウスにて。
ねこちゃんがお出迎え。

いつか誰かのために何かを成すその日まで。
皆で協力してもっと明るい国を目指せばいいのにね。

September 06, 2011

逆ロックの日

手を抜いてどうするの。
自分の人生なんだから、自分でつくんなきゃ。

もっと耳を澄まし。
9月ってけっこう好きなほうかも。

September 03, 2011

逆サンキューの日

レジェンド

レジェンドより望む高崎山。

こんな景色は滅多にない。
なんちゃって海外旅行の気持ちさ。
下船してしまえばもう戻れない、
そこは夢のような世界だった。

“根性”という言葉に偽りはないかと、
虚ろな頭で考えていた。

太陽の存在は、絶対だと。

August 21, 2011

明日の1ページをめくる旅

ウェルチ

最近のマイブーム




ウェルチ!!



オレもマイスターって信じながら、
明日の1ページをめくる今日をゆく。

いつか一石を投じるための今日は、
その石を握りしめる毎日でもある。

湯布院で、馬に乗った。
何年ぶりだろうか、あれから。
ゴルフの楽しさと乗馬の楽しさとを比べたなら、同じ緑を楽しむんだけど。
ぜんぜん違う世界。
世界中を馬で駆け巡りたい。
手綱を握ったときに脈打つ鼓動は確かだった。
グリップを握ったときの緊張感とは間違いなく違う、血が騒ぐ。
空の先のその先のさらにその先くらいを見たくなる。

August 01, 2011

日吉神社夏季大祭

大蛇退治今年も、あっという間に2日間が終わりました。

仲間と楽しく酒を飲む。
8月になりました。
まだまだこれから、皆で一緒にやっていこう。

July 29, 2011

朝5時起きで

ひとりサマータイム導入。
人生、変わっちゃったり。

PONTIACS『Cold Finger Girl』

やっと、自分のやりたい仕事ができる。
年月がたてば、見える世界は変わってくる。
これが経験ってやつなんだ。
老いを重ね、若きを羨むのか。
学生時代の自分を思い出したりして。

それでも、積もうね。

いざ、チャンスがやってきたら、戸惑ったりして。
これが人の世。人類の歴史。人の夢。

「動機善なりや、私心なかりしか」

陰徳を積むことによってのみエネルギーは満ちてくる。

小さな革命でいいんだから。
未来にしか人は存在せず。

人生の目的はなんだろう。

イタリアに行きたいな。
ピザを食べて。ワインを飲んで。レッドアイも。
遂に、The BirthdayがRed Eye、歌っちゃったり。
SとRのギターはどんぴしゃでやばい。
日本を脱出?
その前にやることは山のようにあるのかもしれない。

ロック前年。

June 05, 2011

ジューン・カサブランカ

カサブランカ

昨日、姉が結婚しました。
弟ながら、何もかも素晴らしい式でした。

20数年間、私の姉として。
そして、それはこれからも変わらずに、続きます。

もらったカサブランカの花は、
家にあった花瓶に入れたとたん、すぐに開きました。
久しぶりに写真投稿です。
(携帯のカメラが自動でピントをあわせてくれないのが悲しい)

福岡へ向う車の中も、
大分へ帰る電車の中も、
何とも言えない気持ちの、一日でした。
もっと気のきいたことを言えれば良かったけれど。
それでも、きのうは一日100点満点でした。

本当に、おめでとう
モロッコではカサブランカに行くのかな・_・?
イギリスの空港で飛行機に乗り遅れたことが懐かしい思い出ですね。
ロンドンやったかな。
そんな心配はもうないと思いますが。
お腹を壊さないように、気をつけてね。

6月の雨に、翻弄された日曜に。
田んぼで雨をまっていた人たちには、良い雨だったかな。
早く起きることには、会社勤めにとって、どんな意味が隠れていますかな。

根回し?
機転がきかない?

知りません。
世界はそこだけじゃないんだから。
20代はなんでもやってやりつくす年代だとしたら。
誰もできないところまでやってやるしかないですね。

間違ったことは何一つしていない
されど私の人生

May 08, 2011

ハートにヘブン

伊勢に続く
パワースポットめぐり第2弾の今回は、
高千穂神社、天岩戸神社、阿蘇神社などとめぐってきました。

霧深い天孫降臨の地「高千穂」から、
九州の中心にて最も天近い「阿蘇・九重」の山をドライブ。

自分の口に入れるものの正体が本当は何なのかと、
ふと考える時に、ペンションで食べた鹿刺し。
(後で聞くまでは完全に馬刺しと思っていましたが)
山には山の、海には海の幸。

黄砂にもへこたれず、神々のパワーいただきました。

はるか遠く、
北欧デンマークに古くからある隠れ家。
暮らしを彩る庭、コロニヘーヴ(Kolonihave)。

「生活に、鮮明さと激しさを」

疲れてて無力感にさいなまれるとき、
体に少し負荷をかけると、この重みが楽になる。
それで
少し休んだら、生まれてくるのは活力のほう。
もっと重たいものを動かすスペックに出会う。
大いなる自然の中にひとり。
たまに。

それが、私だけの心のヘブン。