October 24, 2006

番号ポータビリティ

[KDDI]ソフトバンクの値下げに対抗措置検討

三つ巴の戦いもさらに過熱ですね。

ソフトバンクの通話・メール無料というのは、取次店のマージン(通話料の数%)に大きく影響するでしょうに、損をして得を取れ!と、言う事なんでしょか?

番号ポータビリティの市場の反応はイマイチ・・・ピン!とこないのが現状でしょう。

着うたやゲーム等のコンテンツ、メアド、年間契約割引のリスクを考えると、二の足を踏んでいるユーザーが多いんだろう。

果たしてメリットはあるんだろうか?

ドコモの55%のシェアが、どれだけ減るんだろうか?
囲い込みに必死のようだけど、孫さんの攻めに耐える事ができるのか?

展開をじっくり高みの見物させてもらってから考えた方が無難でしょうね。

番号ポータビリティには全く興味がないけども。。。

king_amanojaku at 13:19│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔