2017年12月31日

最新更新は一つ下からです5

fbd06862.jpg

KINGのマブダチがやっているブランドです。
良い服作ってます。

【Dapper’s】のホームページです。

http://dappers.jp/

kingaron at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年05月26日

カッキーライド

_20170526_004412


4b9deb6e




悪性リンパ腫と闘っていたカッキーこと垣原賢人選手が帰って来ます!

復帰戦が決まりました!


8月14日後楽園ホール『カッキーライド』


大日本プロレス後楽園ホール大会にて、ご本人がチケット即売されていたので、友人の分も含めて購入して来ました!




垣原選手、復帰戦決定おめでとうございます
UWFに夢見た私としては嬉しくて堪りません



対戦カードは3試合発表されました(7〜8試合予定)
時間無制限エキシビションマッチ
垣原賢人vs藤原善明戦
田中稔vs船木誠勝戦
丸藤正道vs冨宅飛駈戦




皆様も是非!
宜しくお願い致します

kingaron at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月25日

24日SEAdLINNNG 後楽園ホール

DSC_2170



DSC_2180


第2試合
○Sareee&くるみ(17分27秒 逆エビ固め)彩羽匠&門倉凜●戦

彩羽選手と約1年ぶりの対戦になったSareee選手
試合はSareee選手と彩羽選手でスタート
体格で劣るSareee選手ですが、パワーもスキルも、勿論スピードでも彩羽選手を上回っていたように感じました
最後はニアロープ、やや体勢は崩れたものの、門倉選手からギブアップを取ってSareee選手の勝利
シングルマッチで引き分けた両者でしたが、この日はキッチリケリ着けましてね







DSC_2187


第3試合
宮崎有妃&高橋奈七永●(16分1秒 片エビ固め)○アジャ・コング&AKINO戦
※裏拳

AKINO選手が入ることによりソリッド感が薄れたのが残念だったかな







DSC_2202


第4試合
○松本浩代(15分26秒 片エビ固め)中島安里紗●戦
※ロックドロップ

この試合を観る限り松本浩代選手の完勝だったと思います
でも、これで終わる中島安里紗選手じゃない
ライバルストーリーは終わらない







試合とは関係ないのですが、試合前に中島安里紗選手の横断幕が紛失してしまいました
一度はバルコニーに知人により張り出されたのですが、その後気付いたら無くなっておりました
落下した形跡はありません
もし、行方をご存知方がおりましたら、お手数ですがご一報頂きますようお願い申し上げます






2017年41回目の観戦




kingaron at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月24日

歌舞伎町ダムド

puffer_833



『歌舞伎町ダムド』誉田哲也著
読了しました!


『歌舞伎町セブン』の続編とも言える本作品


セブンと言われている7人の男女
そこに、新宿署の刑事やヤクザの親分などが絡み、摩訶不思議な事件を描いております


哲っちゃん特有の様々な情景と人物からの凝視が、やがて焦点を絞った行くと、そこには事件の真相が待っている




うん、面白かったよ
ありそうでなさそうでありそうで




で、いま読み始めているのが『ケモノの城』
これ、ちょっと猟奇的





私は、姫川シリーズやジウシリーズより、武士道シリーズや夏美ちゃんの2作のような青春物の方が好きかな



誉田哲也くん
私の同級生です!
是非、宜しくお願い致します

kingaron at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月23日

リーグ戦

後程

kingaron at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月22日

としまえん

Screenshot_20170522-001800



何年ぶりだろう?

としまえん(笑)



違う!何年ぶりだろうアーロン成清さん!

バズバズバズさんのオールディーズナンバー&アーロンさん



あいつと居た時やあいつと居た時には良く行ってたんだけどなあ


アーロン成清さんは、ELVISのインパーソネーター
私は、日本一だと思います



12時半からと15時からの2ステージ
普段のステージより短目でしたが、凄く楽しかった!
で、ビックリしちゃったよ

「好きにならずにいられない」の時にステージから降りて来て下さり、観客と握手!
KINGの番になったら、なんとマイクを向けて来た!
えっ!?
えっ!?

KING歌っちゃったよ!
まさかのKINGボーカル(笑)


内心、歌詞分かる曲で良かったって思った!





やっぱアーロンさんってスゲー!
やっぱアーロンさんって楽しい!




ELVIS FOREVER

kingaron at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月21日

最近良く見掛ける駄本

puffer_828





過去に出版もしくは掲載されたWebなどを参考資料としている書物があります

が、その過去に出版もしくは掲載されたWebでの発言や数字が間違いである、または論破されているのを、知らすが敢えてなのか分かりませんが、そのまま引用してしまっている

もしくは、一部を切り取り、著者の都合の良い解釈に用いる


これって、無知ならともかく、敢えて行っているとしたら、悪意を感じるなあ

で、無知なのも、書き手だけでなく、出版側にも責任あるよな

何れにしても、その様な書物を読むと残念に思うし、史実を曲げてしまう事になるのを黙ってる訳には行かないんだよね


もっと酷いのは明らかに間違いが記されてるのに、そのまま掲載してしまう
チェックしないのか、それとも書き手も出版側も無知な上、間違いを間違いと気付かずに掲載してしまっているケースもあるように感じます


こんな物を金取って売って良いのか?
こんな物を買わされるユーザーが可哀想だし、間違った知識を植え付けられるなんてもっと可哀想だよ



言論自由とか表現の自由とかではなく、間違いは間違いだし、嘘はイカンよ嘘は




kingaron at 11:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ゴンゴン

_20170520_025914


1983年デビュー小倉由美選手を覚えていらっしゃいますか?

私を女子プロレスに招いた張本人です
デビューして直ぐにデラックスプロレスにインタビューが掲載されました
そこには憧れの選手として、テリー・ファンク選手とタイガーマスク選手の名前が!
ん?テリーのファンなの?
そりゃ、KINGとしては気になります
で、全日本女子プロレス中継をチェック
第一印象は可愛い!
そっから、引退までずっと見てましたね
当時の全日本女子プロレスはクラッシュ全盛期
男性が会場に入るには相当な勇気がいりました
勇気のないKINGは専らTV観戦




そして・・・



それでも、KINGは小倉選手の試合が好きでずっと応援していました
長与千種選手の引退でも観戦に行かなかったKINGでしたが、ゴンゴンの引退試合は観戦に行きました
が、翌年、ゴンゴンにそっくりなマスクウーマンがリングに登場!
もちろん、応援しましたよ


記念興行やメモリアルマッチなどで数度限定復帰した際も観戦しました
もちろん、昨年の試合も観戦
その時、初めて一緒の写真を撮って頂きました!
天にも昇る気持ちとはこういう事なんだと!
KINGは“自称”日本一のゴンゴンファンです

ゴンゴンが何年かぶりに、引退なさってから初めて地上波に出演なされました
『爆放!THEフライデー』
涙無しには見れませんでした



もう一度書きます
私は、日本一のゴンゴンファンです




https://m.youtube.com/watch?v=5q4ZR_G2DqQ






kingaron at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月20日

『1984年のUWF』と『証言UWF』

puffer_757


_SL1500_




どちらも読了しました


どちらが正しいとか間違っているとかの話ではなく、どちらも事実や真実だと思いますが、どちらも真相にたどり着けなかった
そう思います


てか、真相って何?
UWFが出来た経緯?
第一次UWFが崩壊した理由?
新生UWFが出来た経緯?
新生UWFが崩壊した理由?
UWFが3派に別れた理由?


UWFとは何だったのか?



第一次UWFが旗揚げしたのが1984年
この、第一次UWFを語るには、やはり1983年の新日本プロレスを精査しなければならない

新生UWFが旗揚げしたのが1988年
新生UWFも1987年の新日本プロレスを精査しなければならない

UWFが解散した理由
UWFが3派に別れた理由



理由が判ったとしても、それが真実だったかは、片方の証言だけでは片手落ち
やはり、神社長、鈴木専務の証言も必要だし、主要選手であった眦脹簓Я手の証言も必要



第一次UWFについては、社長を勤められた浦田昇社長、そして伊佐早氏の証言も大事
でも、浦田さんも伊佐早氏も既に鬼籍に入られている
ショウジ・コンチャ氏や田中正悟氏にも話して頂きたい







そして、アントニオ猪木氏は、これまで1度もUWFについて語っていない
本当に「後から行く」って言ったのか?





私は、UWFがプロレスであろうが格闘技であろうがどうでも良いんです
そこに“本物”があったのですから





UWFとは
何だったのか?
それについては私なりの見解を、想いをまた書きます


kingaron at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月19日

リーグ戦

ガロン
『TOMO矢』
『かりな』
『マイマイ』
『KING』
49ダーツで負け


ダブルス1戦目
『かりな』
『TOMO矢』
45・35のストレート負け

ダブルス2戦目
『マイマイ』
『KING』
40○34×29○の2ー1で勝ち


シングルス1戦目
『かりな』
27・27のストレート負け

シングルス2戦目
『TOMO矢』
39・26のストレート負け

シングルス3戦目
『マイマイ』
38・31のストレート勝ち

シングルス4戦目
『KING』
39×30○21×の1ー2で負け



結果、2勝5敗(2ー7)で負けてしまいました
てか、シングルス助っ人しか勝ってない

来週頑張ります


kingaron at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)