GOOD DAY TO DIE メンバーの戯言

GOOD DAY TO DIEのメンバーによる戯言を不定期に披露

2012年12月

一足お先に

13763601.jpg
78c8b9b1.jpg
お休みをいただいたので、サイレントガーデン用にMay氏から借り受けてるアコースティックギターのブリッジのサドル交換にトライした!
人のギターに有るにもかかわらず、すでにピックアップも装着済みである(笑)

工程は割愛するが、最初の写真のようにマスキングから始め、3~4時間くらいで写真のように完成と至った。

タスクという材質で加工しやすいのが特徴みたい。
肝心の音であるが、まだフリーダム パワーな感じで弾いてないので何とも言えないが(笑)以前に比べると音が透き通った感じがする。
弦高とかは今後、弾きながら調整していこうと思うが、一弦のビビりが解消され、良かったのだ(笑) これで、来年のデビューに弾みがつくだろう!予定はないが(笑)

みなさん、よいお年を! 二度目である。二度あることは‥(笑)

こう見えてもメタル好き part3

3d60a796.jpgジューダスプリーストの復讐の叫びを聴いた!30周年エディションである。

ヘリオンからエレクトリックアイに連なる流れはメタルを聴きだした頃の私にとってMTVでアクセプトのボール トゥ ザ ウォールと並んで、これぞメタル!メタルとは何ぞ!?という問いに答えてくれる心痺れるナンバーだったのだが、今聴くと古典的ハードロックの影響を受けたバンドだったんだなぁ~と年月を流れを感じてしまう今日この頃(笑)

付属のDVDには83年のUSフェスティバルの映像が‥ヴァンヘイレンやオジーが参加したイベントを思い出して凄いな~
来年はオズフェストだね!!

W氏の口癖ではないが、よいお年を!である。(笑)
そう言いながら、ふと現れるかもしれないが‥

(×_×;)

8cc8c0cb.jpg他のメンバーのハードさに比べれば、私が「忙しい」と、いう言葉を使うのはなんだかな…と、思うし、みんな頑張っているから、まだまだ…と、思う。

けれども、疲れもピークに達して来たのか、とうとう風邪をこじらせ、諸症状が重なり、ダウンしてしまいました。

ずうっと睡眠不足な上、今月は身体を休める時間もあまりなかったので、昨日は、泥のように眠り続けました。

まだフラフラしてるけど、今月一杯頑張ったら、お正月は休めることを思って、月末までの山場を乗り越えてこー(^O^)/

いまは、バンドの新年会や、ライヴや、来年ある楽しいことを考えながら、毎日過ごしています。

皆さんも、くれぐれも、お体には気をつけてお過ごしくださいね。

12月

ab5360e8.jpgこんにちは(^^)

ダッチさんに「UFOに連れ去られたことがあるんとちゃうか」「腕に変なチップ埋め込まれてるんちゃうか?」言われるめいきちです(^〇^)

最近とても忙しく、ちょっとヘルプミー!みたいになってきたので、反動で、スタジオに来ると、テンションがおかしなことに!(笑)
(いつもおかしいやろ、言われたらあれなんですが…)

だって、楽しいんだもーん!

歌ったり、みんなと一緒に音出してたら上がる、アガる↑♪♪♪

面白いよ~♪

歌ってると、すごくスッキリする。

一人でいると煮詰まって来そうな時も、皆と会うと、ホッとすると同時に、良い緊張感があって、楽しい。

…しかしナゼ、私はこの前マイクスタンドの脚の上にずっと乗っていたのか…。

自分でもようわからん(?_?)

気持ち良かったから?

次はくるくるまわる~?

ステージ当日用のメイクオフに買ってみた

74364f40.jpg日常のメイクオフは、アイメイク専門リムーバー+オイルクレンジング→石鹸で洗顔、の手順を踏んでいるが、ステージ当日のメイクオフについては、悩んでいたことがある。

夜の本番までは、長時間あるので、出来るなら本番前には、家を出てきた時~昼のメイクをオフして、舞台用に、化粧しなおしたい。

本番のメイクが濃いから、それまでは、薄めにメイクして過ごしているけど、出来れば、この前のライヴ前のように、時間があれば、お風呂に入って、完全にメイクオフしてスッキリ、リラックスしたあと再メイク、したいところだが、時間に余裕がないときや、お湯の使えない楽屋では、そうもいかないのが難点だ。

楽屋での化粧直しに、拭くだけのシートクレンジングやクリームも使ったことがあるが、個人的に使用感があまり好みでないので、何かいいものはないかなー…と、思っていたところ、ビオデルマのクレンジングが良いと聞いたので、後れ馳せながら、使ってみた。

うーん!これは、なかなかイイ(o^-')b !
コットンに含ませて拭き取る水みたいなローションクレンジングなのに、メイクがよく落ちる。

ライヴ前のマスカラは、ウォータープルーフを使ってないので(ライヴ時はウォータープルーフタイプ使用)軽いアイメイクなら、専用クレンジングを使わなくても、綿棒に、これを染み込ませて、コットンと併用してきれいに落とせば、目元も肌もスッキリする。

何よりベタつかないし、肌がヒリヒリしないのがいい(^^)
流さなくても、このあとすぐ→ローションや次のステップに移れる処方とのこと。

早速次のライヴの時から使ってみよう。
(あと、飲んで帰ってきた時や、疲れて一刻も早く寝たい時のお助けアイテムになり得ると思った~。メイクオフしないと眠れないので、とにかくスッキリ落としたいのだよー。)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ