今月、発刊されたヤングギター誌は各著名ギタリストがそれぞれの三大ギタリストをあげるという主旨だった。

私ならどうだろう!?
三人だけあげろというとかなり難しい。
一人だけあげるなら、間違いなく私の場合、
エドワードヴァンヘイレンその人となる。
ギターを始めたころからの憧れで、今もその思いは変わらない!
とある方にお前はギタリストとして何処へに行きたい?!と聞かれ、迷わずエディヴァンヘイレンになりたいと言ったほどだ(笑)

しかし、あと二人となると沢山居すぎて、どうしたものか・・・
プロフィールにも書いたが、好きなギタリストをあげると原稿用紙が何枚もいる(笑)

最初にしびれたのは、ジミーペイジ。
音を聴く前から写真をみて、あまりのかっこよさにエレキを弾きたいと心から思ったものだ。
そして、リッチーブラックモア。
狂気の眼差しでスリリングな速弾きにノックアウトされた。
日本なら大谷令文、私のスタイルに大きな影響をあたえたギタリストだと思う。
当時の私は彼と同じように弾きたくて仕方がなかった(笑) ウリロートのギターを聴いたときはあまりの完成度の高い演奏にギターを弾くのが嫌になったほどだ(^_^;)

エモーションを爆発させたギターを弾くロリーギャラガーにも心酔した。
私のボロボロのストラトも当然、彼の影響は隠せない。

他にもランディーローズ、ブライアンメイ、テッドニュージェント、過去にここのblogに登場したプレイヤーたちと沢山のギタリストが好きで影響を受けている。
もちろん、ジャズやブルースにも好きなギタリストがいる。

昔のアニメの赤毛のアン風に言えば、
素晴らしいギタリストが沢山いるのに、どうして三人だけに選ぶことができるでしょう!
といったところか(爆)
kooriyama