引き続きフレンチ ポップス史の洋書購読の最中ですが、ゲンズブールがフランス ギャルに提供した楽曲「娘たちに構わないで」が ドリフのズンドコ節に似ていると話したところ面白がられたので、実際にフランスでズンドコ節は演奏された事が有るかどうか調べたところ、「あったなんてもんじゃない」事が分かった。知っている人もいるかも知れないが、今最もフランスで有名な曲かも知れない。

 フランスで再生されたYoutube動画でズンドコ節フレンチバージョンは堂々一位だったそうである。やっているのはフランス在住の日本出身者で レ ロマネスクと言うそうだ。2011年日本のテレビ局が一度取り上げた事が有るそうだが、周りに知っていた人は皆無だった。固定観念は恐ろしい。