2008年05月29日

さて、熱帯魚を飼い始めるにあたり最初に行ったのは、ペット屋…ではなく、近所にあったディスカウントショップでした。
予算的にペット屋で定価で売られているメーカー品を買う余裕はなく、また肝心の熱帯魚を買う資金も残しておかなければならなかったからです。

続きを読む

kingkongknee3 at 00:23コメント(0)懺悔という名の過去 

2008年05月28日

水槽はおろか、一切の熱帯魚を飼う設備も環境も整っていない現在の私ですが、今無性に欲しい…そう、飼いたいというよりも欲している熱帯魚がいます。

続きを読む

kingkongknee3 at 00:06コメント(0)欲望という名の未来 

2008年05月27日

「あ!」

絶体絶命の私の脳裏に、鮮明な光景が浮かび上がりました。
それは下駄箱の上の60cm水槽の中を舞う、色とりどりのグッピーの姿。
それだけではありません、銀色に光るエンゼルフィッシュも一緒です。

そう、その光景が存在したのは遡ること数年前。
ハムスターやセキセイインコをくれた叔父が殖やしたグッピーを、父が貰ってきて飼っていたものです。

続きを読む

kingkongknee3 at 00:20コメント(0)懺悔という名の過去 

2008年05月26日

小学校四年生から五年生に上がる時のこと。
クラス替えがあり、それまで存在も知らなかった同じ団地に住むS君と仲良くなりました。

「今日、家に遊びに来ない?」

誘われるまま彼の家に行くと、台所に当時のスタンダードだったステンレス枠製の60cm水槽がありました。
底面フィルターの水色のパイプと、エアーポンプから送られる空気で定期的に口を開く陶器製のカバ、底床は大磯でバックスクリーンは水色と、これまた普通の光景の水槽の中に、今まで見たことがない魚が泳いでいました。

そこにいたのは、赤いの(レッドソードテール)、縞々の(スマトラ)、ピカピカの(ネオンテトラ)、そして…

「なぁ、何で昨日お前の父ちゃんが食べた魚の骨が入ってるんだ?」

…え?!包丁人味平も真っ青、何と身体の骨が透けて見えるホネホネの奴(トランスルーセントグラスキャット)が、それぞれ数匹ずつ泳いでいたのです。

目を見開いて水槽を覗き込む私を見たS君が、一言。

「君も飼ってみない?」

続きを読む

kingkongknee3 at 15:50コメント(0)懺悔という名の過去 

2008年05月25日

遥かに予定時間は過ぎたものの、この辺りに間違いないと諦めきれない私は、数歩先に自転車を停めるスペースを見付け…あ、あれ?

「……あった。」

何のことはない、目指すお店はすぐ並びにありました。
ほ、ほほうココかココにあったのか(ニヤニヤ)。

歯医者を出てから辿り着くまで、悠に一時間と十五分経っていました。
でもこうして見付かると、嬉しいものです。
子供の頃、唯一にして超マイナーな専門誌(フィッシュマガジン/笑)の存在も知らず、それこそ人からの又聞きや、電話帳で調べて出掛けて行き、それを見付けた時のアノ時の喜びの記憶が沸々と蘇ってきました。

続きを読む

kingkongknee3 at 22:39コメント(0)覗きという名の巡礼 

2008年05月24日

今日の午後。
自転車で歯医者に行った帰り道に、数日前からチェックを入れていた近隣にあるらしい熱帯魚屋に行ってみようかと、ふと思いました。

『あ、やべぇ家に携帯忘れてきた!』

昨晩、店のサイトを見た際にアクセスマップの確認はしたのですが、うろ覚えで大体の方角しか頭に残っていません。

『う〜ん、夕方から雨降るみたいだし、ここはおとなしく帰ろうか…。』

時計を見ると午後三時。
迷ったとしても四十分くらいあれば余裕で行けるだろう、それ以上探して見付からなかったら潔く諦めて出直そう…私は大体の見当をつけて家とは反対の方角にペダルを漕ぎ出しました。

続きを読む

kingkongknee3 at 23:17コメント(0)覗きという名の巡礼 
こんな奴

kingkongknee3

Whisper
通りすがり
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ