2012年06月22日

'91.May.10(金) キゴマ 6th

朝、突然の下痢。三食後正露丸服用。
列車の出発時刻が18:30⇒20:00⇒4:00⇒1:30と変化する。
昼過ぎチェックアウトして、ブラブラし時間を潰す。
夕方、また映画を観に行くが”ブラック5”。何も言うまい。

朝飯 …¥125(ポーリッジ、トースト、オムレツ、パパイヤ、チャイ)
おやつ…¥155(ケーキx2、サモサ、バナナ一房、マンダリンx5)
昼飯 …¥155(ワリマイニ)
おやつ…¥5(落花生x2袋)
飲み物…¥40(コーク)
映画 …¥50(ブラック5)
夕飯 …¥140(ピラウ、コーク)
Total=¥670



移動日の朝だというのにお腹の調子が悪く、全く日頃の行いが悪いから、こういういざという時に表れてしまうのでしょうか。
というか、恐らく原因は昨日のサンガラの生焼けであろうことは明らかです。

しかし、まぁ思い返してみるとこの旅の間中は一貫して、いわゆる゛紙要らず゛の快便が出たことはついぞありませんでした。
私自身、特に胃腸が弱いということはなく、日本に於いては、むしろ快便であることの方が普通の状態です。
やはりアチラでの食の変化が多大に影響していると思うのですが、既に五ヶ月にはなろうかというのに順応出来ないのは、それまでの日本での食生活用に胃腸が仕様化してしまったのか、それでも和洋中と日々雑多なものを摂っているわけだし、やはり水…と恐らく油が違うということでしょうか。

A井さんとディーンのコンビは朝から出掛けたのですが、日程的にまた顔を合わせる確率が高かったので

「じゃ、次はナイロビで会いましょう。」

と、朝飯後にほんの軽い挨拶で別れ、私の方は当初、列車の出発時刻が18:00ということで、チェックアウトのタイムリミット一杯である昼過ぎまで部屋でゆっくりして、あとは列車内で食べるおやつを買ったり、観てはならない映画(笑)を観たりして時間を潰し、駅に向かったのですが…

もはや御約束の遅延の案内を受け、しかも今回は目まぐるしく出発予定時刻が変わった為、合間にさっと近くの飯屋で夕飯をとった他は、駅舎内にてじっと待機していました。

どうも今日の日付けの内に出発することは、ない気配です。
そんなこんなで待っている間に、お腹の具合いも治ったようです。

やはりこれも日頃の行いが善いから…と受け取っておくことにします(笑)。

kingkongknee3 at 18:19コメント(4)アフリカの水  

コメント一覧

1. Posted by THE END   2012年06月23日 08:32
旅先での下痢、マジ苦痛ですよね(o・・o)/~
ワタシもモンゴルで水にあたり、激しい下痢に苦しめられました
もっとも兄貴の胃腸に比べたらワタシの胃腸など紙切れみたいなもんですが…
普段は快感な下痢がモンゴルではじめて苦痛と知りました
もっとも兄貴はアフリカでの下痢もエンジョイしたのだろうなと思うのはワタシの考え過ぎでしょうか…(^^ゞ
2. Posted by キングコングニー   2012年06月25日 08:59
移動日の下痢ほど悲惨なものはないかと…。

えぇ、もちろんエンジョイしまし…(゚O゚)\(- -;
3. Posted by kao   2012年06月27日 02:31
「激下痢痛」世界人皆一緒円満。^^/
4. Posted by キングコングニー   2012年06月28日 15:32
kaoさん

なんならコメントは英語でも良いですよ( ̄▽ ̄)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

こんな奴

kingkongknee3

Whisper
通りすがり
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ