いつの間にか日報駅伝も終わった。

今年は70回アニバーサリー大会だったようで。ちなみに第1回大会の年にも大津波があったそうで。

そんな巡り合わせの1日を、僕は仕事早退して寝てました。

あ、消防学校も無事終了しました。教官の理不尽な命令に屈することなく、屈強な精神を身に着けてきましたが、

体は弱っていた。

というより9月あたりから絶えず体調不良が続いていて風邪ひいては治っての繰り返し。

救助訓練が意識しているよりもハードだったこともあるのでしょうが、

歳か?トシちゃんか?

悩み事を隠すの案外下手だね♪

一晩寝たら体調バッチシ。体調ビンビン物語。

歳か?オヤジギャグか?


北上チームの千葉くんが新聞に「ベテラン」って書かれててびっくり。
彼、いっこ下じゃね?

あ〜30ってそういうくくりなんだな〜って今更実感。

とにもかくにも、出場した選手、関係者の皆さんお疲れ様でした。
渋滞に巻き込まれた皆さん、ご協力ありがとうございました。

「走る姿で被災地に力を」なんて言うのは、実力のある自信過剰なやつらに任して、みんなは自分の為に、大切な誰かの為に走ってください。いまさらなにを。。。

コース変更となり我がアパートの前を通過することはなくなりました。
そんで最後の年に自分がホームを走れたことは誇りに思います。
少しずつ走りたい欲求が湧いていますが、まだまだ。

来年になるか再来年になるかわからんが、そのときは満面の笑みで駆け抜けてやるさ!