虎刈リータの憂鬱

幻のHP「KNGのナカミ」を退職。ブログへ華麗なる転身。 果たして永久就職なるか。。。

2011年03月

いくぜ。

これから釜石に行きます。

メインは救急隊としての応援。

ほかにもできる限りの応援をして、見れるものならばありのままの被害地を目に焼き付けてきます。

シツタンコ達からも支援物資もいただきました。
地元消防隊員が少しでもストレスなく活動できるよう届けたいと思います。

スゴいぞ日本!

みんながんばってる。

スゴいぞスゴいぞ!

みんなのがんばってる姿や、現地の子ども達の笑顔などに毎日感動しています。

止まない雨はない。光は必ず差す。
まずは信じることです!


今日の朝昼と、北上消防署敷地内で、放射線量を測定しましたが、ごくごく微量でした。

ご存知のとおり、大気中には放射線がいつもあります。
放射線を使う機器もそこら中にあります。

ちなみに携帯電話からも放射線は発せられていて、空に向かって測定するより携帯電話に向けて測定した方がよっぽど高値でした。


だからといって携帯電話が危険という訳でもありません!

念のため。

ガンバレガンバレガンバレ!

福島原発

施設の中では重装備の大変動きづらい状態で、自分の生死を省みず、日本のために文字通り必死で事態鎮静のために頑張っている方々がいると察します。

不安を煽るマスコミの情報に捕らわれず、関係者の指示、そして時には自分の判断で身を守ってください。

今のところ、岩手県に直接的な被害はありませんが、不安であれば、あまり肌を露出せず、雨雪に濡れない状態で行動してください。

テレビでミリシーベルトとかマイクロとかワイワイ言ってますが、距離が遠ければ遠いほど放射線量は低下しますし、現在発表されている施設周辺の測定値ですら致死量にはいたりません。

また少しくらいの被爆であれば体内の細胞のDNAが破壊されても修復される力が備わっています。

安心してとは言えませんが、非難より避難、そして応援しましょう!

みんながんばってます!!

ガンバレガンバレ!

被災から5日

市民の皆さんの温かい声援、支援などご協力本当にありがとうございます。

こんなときで申し訳ないけど、人とのつながりの大切さを実感します。

皆さんの気遣いに、我々はどれだけ励まされているか言葉には表せません。

また頼るところがわからなくて消防署を訪れてくださった皆さん、ごめんなさいでした。
誠意をもって説明したつもりでしたが、伝わらずに路頭に迷わせた方もいるかもしれません。

北上市内での災害は、大きな余震がないこともあり沈静化しつつあります。

今は沿岸部への救急車及び人員の派遣と、沿岸部からヘリで内陸部に搬送されてきた傷病者の病院への搬送、そしてこれらについての他機関との連携調整をメインに尽力しています。

沿岸部にいる友人、そして仕事仲間たちとは誰とも連絡とれてません。

彼らは携帯をいじる暇もなく、県民のために必死になって活動していると信じています。

彼らの努力を無駄にしないよう、遠くからだけど、少しだけど、協力できるよう一生懸命やります。

皆さんも発災から数日経ち、ライフラインも復旧してきて緊張感が和らいできたところかもしれません。
余震にも慣れてきたかもしれませんが、決して鈍感にならないで下さい。

避難するか迷うくらいなら逃げてください。

厳しいかもしれませんが、この悲しみを先に活かすには、まず自分が生きることです。

もう誰も被災しないでください。
そしてみんなを助けてあげてください。

無駄遣いも、無駄買いも、独り占めもダメダメ。

何ならみんなに分け与えらるような、心の余裕をもっていきましょう!

生きてます。

我が町は震度6弱といういまだかつてない揺れでしたが揺れの最中に予期したほどの被害はなく、ただただ電気が使えないことによる不便さと、情報がなかなか集まらない不安を感じながら勤務してました。

ひとまず勤務を終え自宅。

本当に幸いにもKNG一家では負傷者もなく、散らかったアパートの片付けもどこかホッとした感覚でした。

あの映像を見るまでは

本当に現実か?

誰かがCGで作ったのか?

徐々に勢いと速度を増していく津波と逃げ惑い、そして飲み込まれる人々

もう見たくありません

が、仕事としても、人としても、決して目を背けてはならない

つないでいくことでしか、僕には

僕たちには

・・・・

これからどうするか。

国がどうするとか、救援隊がどうするとかじゃなく

間違いなく、未来は僕たちが創る時代

みんなが自覚しないとまた同じことが繰り返されます

心のどこかで「お婆ちゃんの昔話」として聞いていた津波の恐ろしさ。

悲観なんてしてる暇はない!

負けるな日本!!
プロフィール

kingkongkng

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ