2020年07月07日

ムエタイで勝つ為の100の法則82

先週土曜日4日、サイアムオムノーイスタジアムの興行「スック ジャーウムエタイ」が行なわれ、111日ぶりに本場タイのムエタイが再開されました。

3月上旬のルンピニービックマッチで起こった集団感染を引き金に、タイ国内での感染が広がり3月中旬には全てのムエタイ興行がストップ。

その後、感染が減少に向かいタイ国内の経済活動が徐々に再開される中、ムエタイはようやく7月にスポーツ観光省スポーツ庁より再開許可がおり、約4ヶ月ぶりのムエタイが戻ってきました。

とは言え、

当然の如く今までのようなやり方ではなく、“NEWNORMAL“という名のもとのレギュレーションで行われました(詳しくはこちら)。

C692EA0C-37EB-4CE5-AD82-54341E92EE71



0BB87696-5C90-461B-8EF1-049CD4DD1DB4


65D3F6DB-18B3-4974-A838-09DC385CB59D


F5F4930F-08A1-4822-9420-1B6002F69C35


513360C2-79D3-4484-8244-FE99D4A9A3AB


3E6B59B3-94BF-44B4-99EE-CCA472ED8324



メインのサミンダムVSペットスーンタレー戦





マスクやフェイスシードルを着用してのリングイン、試合直前のレフェリーチェックまでそのまま。

選手以外は試合中もずっと付けたまま、控室も間仕切りが設置され、選手のグローブはラウンドごとにアルコールで拭き取り。その他、細かい部分まで色々と対策が取られこの日の興行が行われました。





さて、




今までのムエタイと、この日本で言う“コロナ禍“後のムエタイで何が変わったのでしょうか?

しかしながら、

この命題を考える前に、このオムノーイの興行も当面の間マッチメイクされている各興行も”無観客試合”を前提としており、観光客やギャンブラーといった客を入れての興行ではない為、”コロナ禍”前の状態と比べると違いが出て当然です。


なので、

今から述べることは一時的な事柄と考えた方が良いでしょう。本当の違いは観客有りでの試合が行われるようになってから検証したいと思います。




さて、



今回の試合、無観客試合とは言えタイ・チャンネル3でのテレビマッチなのでご覧になった方もいるかと思います。


上の写真にあるように、かなり異様な絵ですよね。

まぁ、

この辺りはそういうもんだと思っておけばどちらでも良いことなんですが、やはり試合展開と首相撲の制限の有無などが気になるところでした。

実際、

試合展開も首相撲の制限も・・・かなり以前とは違ったものとなってしまいました。






まずは試合展開ですが、

やはり無観客試合=(イコール)ギャンブラーの存在がない、ということで自分から見てかなりちぐはぐなものとなっていたように思います。


良く言えばダイナミック、悪く言えば雑な内容。

結局、

ギャンブラーがいるかどうかで大きく内容が変わってしまうのです。


自分たちはタイでの試合がホームなのでよくわかりますが、ギャンブラーのプレッシャーというのは非常に大きい。その選手らしい勝ち方を要求するし、寸分のスキも許さない、もしミスすれば文句を言われるなんてことは当たり前なんです。

でも逆に、

良い勝ち方をすればチップも貰えるし、だからこそ選手たちの緊張感をもたらしその集中力も凄まじい。それがムエタイの素晴らしさや芸術性を維持させているとも言えなくない。


その、ギャンブラーの存在が無くなったらどうなるか?

選手は少々ディフェンスミスしても気にしなくなるだろうし、自分のやりたいようにのびのび戦うことができる。



でも・・・、


それって、当たり前のことじゃないの?


そう、日本なら当たり前ですがタイではそうじゃない。
だからこそ、選手たちの戦い方が逆にちぐはぐになってしまうのです。


普通、ギャンブラーがいれば場内の賭け率が出て、その賭け率の動きを見ながら戦略を描いていく。
でもその場内の賭け率が無いわけですから、選手も陣営もその戦略がちぐはぐなものになってしまうのも仕方のないことなのかもしれません。


良くも悪くも、本場のムエタイはギャンブラーと共存共栄の面が強い。





本来であれば、


ムエタイ競技にギャンブルは関係ない、でしょう?


純粋にパンチ・キック・ヒジ・ヒザで戦い、より上手に当てたか、よりダメージを与えたか、より綺麗に戦ったか?を競うもの。


しかし、

いつのまにかギャンブルと共に語られるものとなってしまっています。
もっとも、タイ人の国民性としてムエタイだけではなくサッカーや闘鶏、ビリヤードに至るまで全てギャンブルにしてしまうので、切り離すのは無理。先の試合だって、場内の賭けはありませんでしたがオンラインの賭けは普通に行われていました。




余談ですが、

タイには実際いくつものギャンブル専用のインターネットサイトやLINEのページがあります。

ムエタイはもちろん、各スポーツやビリヤード、トランプなどの賭けが盛んに行われており、ちゃんとカード決済が出来て気軽に娯楽として機能しています。




今後、

スタジアム側が全てを無観客試合とすれば、場内の賭けを排除できるかもしれません。
しかし、ギャンブラーの入場料収入も無視するわけにいかず、無観客試合を続けるのは無理でしょう。


いずれ観客有りの試合に戻った時、ギャンブラーが場内に戻って来た時、戦い方や試合展開が“NEWNORMAL“の名の下、どのようになるか注意深く見ていこうと思います。








・・・・おそらく、今までと変わらないと思いますが。






さてもう一つ、

首相撲の制限についてはこれもちょっと説明が必要なのですが、

このまま連ねると文章が長くなりすぎるのでまたあらためて。










キング・ムエ西ジムツイッター




キング・ムエ栄ジムツイッター




キング・ムエ「今池ジム」ツイッター⬇️




ムエタイ最新情報満載「MuayThai Super Fight」ツイッター






2020年06月23日

ムエタイで勝つ為の100の法則81

先日、私が主宰する「MuayThai Super Fight」のツイッターで、

昨今の「COVID-19」の影響により、ムエタイの今後の新様式についてのツイートをしました。










やはり首相撲のトレーニングというのは濃厚接触の最たるもので、極力そのトレーニングを回避することと通達されています。


これに対し、

このツイートをご覧になった皆様からは、



「K-1寄りになってっちゃうのかしら…」

「ムエタイの素晴らしいテクニックの1つ……首相撲まで………。」

「ほー
首相撲禁止にはならんだろうから、間を取ってKNOCK OUTルールとかどうやろか?w」

「試合でも制限となると選手によっては得意な試合の組み立てができなくなったりしそうでかなり厳しいのでは。」

「もしそうなってしまったら、単に試合の様式が変わるというより、ムエタイ競技の質そのものが変わってしまうかもしれないな。」

「試合における首相撲の禁止なんてしたらもう完全に別競技ですね…」

「こ、これはヤバい」

「コロナウイルスによる一時的な対応であるならばいいけど、、」

「嘘だと言ってくれ〜
嘘だと言ってくれ〜
悲しい噂は嘘だと言ってくれ〜」

「サーマートの「審判はムエタイの技を評価せず、ルークケングレーンとナースアばかりが判定基準になってしまっています。ムエタイの芸術は消滅してしまったのです」という発言。
ギャンブラーの強すぎる影響力を、この機会に修正しようとしてると思うのは、深読みし過ぎですかね…」





などのコメントをいただいております。


皆さん、

なかなかよくわかっていらっしゃる(笑)。




では、

実際に試合時に首相撲が禁止になったり、禁止にならないまでも制限され、例えばキックボクシングのようにレフェリーのブレイクが早まったりするのでしょうか?


「COVID-19」後の、ムエタイ興行がまだ始まっていないのでどんな展開になるか分からないのですが基本的には、




ムエタイが首相撲を禁止したり制限することはない!



と私は考えています。




理由は3つ。




まず一つ目が、その技術体系によるもの。


例えば、

大相撲のルールで、

 ”まわしを掴んではダメ” 

というようなルールが出来たとしたら、根本的に技術体系が変わってしまうでしょう?別競技になってしまいますよね。

首相撲って単に接近した際の攻防なのではなく、”掴み”というところからスタートする、パンチからでも蹴りからでも繋ぐことが出来るものです。特にヒジに関しては首相撲と連動させるコンビネーションが無数にあり、”組む、組まれる、掴む、掴まれる ”ということを前提でパンチにしても蹴りにしてもその技術が受け継がれている、と思うのです。



でも、


それならば、このところK-1やRISEルールで活躍するタイ人選手が出現するように、ムエタイのルール自体をそっち寄りにして変革させていけばいいじゃないか、との考えが浮かんできます。



で、


その考えを打ち消すのが二つ目の理由、ギャンブルの存在。


ムエタイとギャンブルは切っても切り離せない間柄です。
これはタイの国民性によるもので、ムエタイだけでなくサッカーやビリヤード、トランプに至るまで全てギャンブルにしてしまうほど、タイ人はギャンブル好きな人が多い。

ムエタイでは言わずもがな、ですよね。

一発で試合が決まってしまう試合より、賭けが拮抗して試合が動いていく・・・そのためには首相撲の展開が好まれるわけです。


昨今のムエタイは、ギャンブラーの掛けで勝敗が決まると言っても過言ではありません。

好む好まざるにかかわらずこれが事実なので、ギャンブルを味方につけて試合に臨むしか方法はありません。



これはレフェリーもギャンブラーも同じですが、

全て ”印象” で決まりますよね?

パンチや蹴りのハッキリとしたダメージであればいいのですが、トップクラスともなるとそれほど簡単に決まるわけじゃない。しかも、実際にダメージがあったかどうかなんて選手本人しか分からないのだから、


”多分これはクリーンヒットしてダメージを負ったであろう”

”これはこっちの選手の方が有利であろう”

という、レフェリーやギャンブラーの ”印象” で決まるはず。


その印象を与えるのに、この首相撲は有効なんです。


実はギャンブラーは首相撲の際、はっきりと大きくヒザを当てた数もさることながら、組み方の時点で賭けを動かしているんです。この組み方は有利、この組み方は不利、というものがいくつかあって、その組んだ際の体勢、すなわち首相撲における印象で勝敗が動いていく。


賭けを拮抗させる、印象を表現しやすい、という点でやはり首相撲を制限することはないであろうと。




しかししかし、


いや、そんなこと言っても、首相撲を制限してパンチやキックだけで賭けを拮抗させていけばいいじゃん!との屁理屈もやっぱり考えとして浮かんできます。







そしてこの考えを打ち消すのが3つ目の理由、タイ人の持つ合理性。


ムエタイは人間の持つ8つの武器(両手、両足、両肘、両膝)を駆使するもの、と言われています。もちろん、この中に首相撲も入っています。


例えばパンチが突出した選手に対し同じくパンチで対抗することは合理的ではありませんよね?


タイ人選手、というかムエタイはパンチに対しては蹴りやひじで、蹴りに対しては首相撲で、首相撲に対しては蹴りで、ヒジに対してはパンチで、前に出る選手には下がって蹴りで、というようにまさにじゃんけんのような合理的な戦いのセオリーがあります。

パンチや蹴りの強い選手に対して、首相撲で勝利の糸口をつかむというのはタイでは日常茶飯事ですよね。



こいつとはどっちが倒れるかパンチで撃ち合う!みたいな勇ましいのは日本では受けるかもしれません。でもムエタイではもっともっと合理性が要求されます。


最終ラウンド、勝敗がほぼ決まったような試合で、両者がお互い攻めず距離を取るのも合理性の一環と言えなくはないでしょう。











こう考えていくと、


首相撲を制限したり禁止するというのは、ギャンブル好きという国民性と合理的という国民性を否定してしまうことなんじゃないかなぁ、と個人的には思います。



ムエタイはタイという国、風土に根ざしたものであるということをあらためて考えさせられます。






とはいえ、

現在の「COVID-19」後の世界は一変し、ムエタイ業界もその波に飲まれていくのでしょう。

国民性などとは言ってられない状況が生まれ、ムエタイ業界も生まれ変わるきっかけにならなければいけないのかもしれません。



IMG_1043





キング・ムエ西ジムツイッター




キング・ムエ栄ジムツイッター




キング・ムエ「今池ジム」ツイッター⬇️




ムエタイ最新情報満載「MuayThai Super Fight」ツイッター




























2020年06月14日

来週からは・・・

来週16日(火)からのジムの対応についてご案内いたします。

4月上旬からのジム休業をスタートとして、段階的に営業体制を緩和してまいりましたが、来週16日(火)より全面的にジムの営業体制を元通りに戻したいと思います。



変更点は以下の通りです👇


1、練習中のマスク着用を自由選択とします

マスクについては、エチケットといわれることもあろうかと思いますが、これからの季節は熱中症にも留意が必要です。マスク着用の状態ですと喉の渇きを感じにくくなるとも言われています。特にトレーニング中の水分補給は必須なので、十分注意しなければいけません。

来週からはマスク着用に関しては自由選択とし、トレーニング中の息苦しさを感じる方は外していただいて結構です。もちろん、着用のままトレーニングを行っていただいても構いません。ジム内には配布用のマスクも常備しております。お気軽にご利用ください。



2、栄ジムの予約制を一部終了します

予約サイトを利用しての、栄ジムのレギュラークラス「パーソナル対応」を今週いっぱいで終了いたします。来週からはご希望の時間に自由にお越しください。予約は必要ありません。

ただし、混雑状況がひどく密となる場合は入場制限をする場合があります。特に平日夜の18:00〜あたりはご注意ください。時間に余裕をもっての来館をお願いします。

なお、栄ジムレギュラークラスの平日昼の部(水曜日及び金曜日の13:00〜16:00)は引き続き、予約サイトによる予約制でのレギュラーパーソナル対応をいたします。

※平日昼の部(水曜日及び金曜日の13:00〜16:00)のレギュラーパーソナル対応予約はコチラから。








そしてそして、

来週18日(木)はいよいよ「今池ジム」がオープンします










ここで、キング・ムエ会員の皆様に嬉しい(?)お知らせ。


今池ジムのオープン日6/18(木)から1か月間、7/18(土)まで西・栄・今池の各ジムの会員様はお好きなキング・ムエのジムへご自由に通うことが出来る、という特典をプレゼントしたします

所属は西ジム会員だけど今池ジムで練習!とか、今日は栄ジムで明日は今池ジムとか、本来なら「共通会員」という会員種別で別途料金が必要となりますが、この1か月間だけは特別に皆様の会費据え置きでご利用は自由。

是非この機会に他のジムへも行ってみてくださいね!




ご入会関してのお問い合わせや体験希望などは、

西・栄・今池各店共通お問い合わせ専用LINE
5005
(このQRコードをスキャンすると専用LINEに友達追加できます。)

または、

西・栄・今池各店共通専用ダイヤル 
📞050-5480-4058📞 


までお問い合わせ下さい!





「今池ジム」オープン、どうぞお楽しみに


キング・ムエ「今池ジム」ツイッター⬇️












キング・ムエ西ジムツイッター



キング・ムエ栄ジムツイッター



キング・ムエ「今池ジム」ツイッター⬇️



ムエタイ最新情報満載「MuayThai Super Fight」ツイッター















kingmuay at 14:49|この記事のURL

2020年06月01日

6月からの営業体制について

6月から全国的に次のフェーズへ向かうことになりますが、

キング・ムエは6月から以下のような体制で運営をしてまいります。


このところ、「COVID−19」への対応で連続して営業体制が変更となっており、会員の皆様にはご不便・ご面倒をおかけしておりますが、ご理解の程よろしくお願いします。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆



※西ジムレギュラークラス
一部変更を加えておりましたが、6月1日より通常のクラススケジュール通りに戻します。特に土曜日のレギュラークラスは通常通り昼の部13;00 〜16;00、夜の部18;00 〜22;00 となります。



※西ジムキッズクラス
各生徒への指導が行き渡ることやスペースの確保が容易な点を鑑み、現行の2部制(1部は小学校1・2・3年生、2部は4・5・6年生)をこのまま継続し、今後この2部制を通常のクラススケジュールとします。

火曜・水曜(1部16;30〜17;30、2部17;30〜18;30)
土曜(1部10;30〜11;30、2部11;30〜12;30)




※栄ジムレギュラークラス
現行の予約制への対応がスムーズであることと栄という地域特性を考慮して、予約制の「パーソナル対応」を6月中旬までを目処に継続いたします。ただし、予約時間枠を全て1時間としました。詳しくは予約サイトをご確認ください。
もちろん、必ず1時トレーニングしなければいけない、ということではありませんのでご安心ください。ご自身の体調と相談しながら、各々のペースで行なっていただき、30分程度で切り上げていただいて構いません。

栄ジム「パーソナル対応」ご予約はこちらから



※栄ジム「ガールズタイキック」クラス
現行通り、土曜日12;00 〜13;00 (13;00 〜13;30はフリータイム)で開催いたします。






※なお、レギュラークラスにおける対人練習(受け返しやマススパーリングなど)も様子を見ながら徐々に解禁させていきますので、各トレーナーに指示に従って行ってください。
そのため、ご自身の体調管理に関しては今まで以上に気にしていただきたいと思います。少しでも不安があればお申し出くださいね。






・‥…━━━☆・‥…━━━☆





まだまだ皆様のご協力とキング・ムエを愛してくれる気持ちに頼らなければなりませんが、

共に乗り越えていきたいと思います。


引き続き、よろしくお願いいたします。



IMG_1043






キング・ムエ西ジムツイッター



キング・ムエ栄ジムツイッター



キング・ムエ「今池ジム」ツイッター⬇️



ムエタイ最新情報満載「MuayThai Super Fight」ツイッター












kingmuay at 21:57|この記事のURL

2020年05月30日

キング・ムエ「今池ジム」は6月18日(木)オープン!

オープン準備を進めている、キング・ムエ「今池ジム」ですが、

6月18日(木)オープン!!

と決定いたしました



実のところ、

6月頭のオープンを目指していたのですが、

昨今のコロナ禍により物流に支障をきたし、色んな物品の納品が遅れに遅れたりして6月中旬のオープンとなってしまいました。




まぁ、仕方ない。



スタッフとともに万全の準備をしてオープンの日を迎えたいと思います。



さて、


最近は少しでも時間があると今池ジムにこもって、あれこれDIY作業をしております。








もちろん、

素人の自分ができることはたかが知れていますので、重要な部分はその道のプロにしっかりお願いしました。


FullSizeRender


FullSizeRender



サンドバック用の鉄骨は特注で、頑丈且つスタイリッシュなものを作っていただきました。




FullSizeRender


そしてキング・ムエの名物タイ国旗も・・・

ご覧の通り栄ジムのそれよりもデッカイやつが出現しましたよ。



今日は男女それぞれの更衣室にエアコンが設置され、着々と準備が進んでいます。



大がかりな工事で残っているものは、下に敷き詰めるマットの工事、かな。


今回注文したマットは、

レスリングの国際大会にも使用されるような超ハイグレードのマット。

メーカーの担当者に聞いたところ、格闘技ジムでこのマットを導入しているジムはほとんどないみたい。出来上がりが楽しみだね。







さて、


6月18日(木)オープンと決まった今池ジム、

ぜひオープン会員となっていただいて、今池ジムの歴史を共に作り上げていってくれませんか??





今池ジムオープン会員としてご入会の方は、



特典‘会事務手数料無料

特典∪菽紊妊薀奪廛丱鵐董璽献廛譽璽鵐

特典先着でキング・ムエTシャツプレゼント

特典ずC咼献爐監会の方は、オープンまでは無料で西、栄のお好きなジムで練習できます



という、特典あり。


ご入会関してのお問い合わせや体験希望などは、

西・栄・今池各店共通お問い合わせ専用LINE
5005
(このQRコードをスキャンすると専用LINEに友達追加できます。)

または、

西・栄・今池各店共通専用ダイヤル 
📞050-5480-4058📞 


までお問い合わせ下さい!





「今池ジム」オープン、どうぞお楽しみに


キング・ムエ「今池ジム」ツイッター⬇️



kingmuay at 01:28|この記事のURL

2020年05月19日

ムエタイで勝つ為の100の法則80

タイにおける「COVID−19」(←日本では新型コロナウイルスと呼ばれますが、タイではこのCOVID−19が一般的な呼称です。WHOが命名した正式名称ですので当たり前ですが。)の影響拡大が減少段階・終息段階に至り、徐々にですがタイも日常を取り戻しつつあります。


今日の「ムエタイで勝つ為の100の法則」は、

現在のムエタイ業界が置かれた状況と今後の流れ、来るべき変化への対応などを報告したいと思います。勝つ為の〜という趣旨とは若干ズレますが、よろしければお付き合いください。





・‥…━━━☆・‥…━━━☆




3月27日に書いたブログにもありますが、

イタリア帰りのタイ人客に端を発したルンピニースタジアムでの集団感染。

それからほとんどのムエタイスタジアム、そしてムエタイジム自体も閉鎖となり、まさに機能停止してしまったウォンカン・ムエ(ムエタイ業界)。


初期の段階で感染を広げたということで世間の目も厳しく、

ウォンカン・ムエに対し、ジャーナリスト?を名乗る人物からSNS等で辛辣な言葉を浴びせられたり、ジムのご近所さんから白い目で見られる、なんてこともあったようです。


そうした厳しい世間の目にさらされただけではなく、選手・トレーナー・ジムオーナー・プロモーター、スタジアム運営に携わる人々、もちろん職業ギャンブラーも、収入の道が絶たれさらに厳しい状況になっています。


それでも、まだプロモーターや一部の有力ジムオーナーは資金力があるので(資金力があるからプロモーターやジムのオーナーになる)、生活に困ることは基本的にはないかと思いますが、一番困るのは選手たち。


本来ならば田舎に帰って過ごすのでしょうが(バンコクなど中心部は物価も高く生活しづらい)、政府の呼びかけで地方への移動が制限され、帰るに帰れない選手も。


臨時でタクシーやバイクタクシーの運転手をする者、
屋台を始める者、
オリジナル商品?を作って販売をする者、
同じギャンブルである闘鶏に精を出す者、


それぞれ収入の糸口を探っています。




とは言え、

いくら批判を浴びているウォンカン・ムエ でも、そこはやっぱりタイの国技に相当すると言われるムエタイ、国がこの窮状に資金援助を行ないました。


ムエタイ競技を管轄する、タイ・観光スポーツ省内部組織のスポーツ局が250,000バーツを拠出すると発表、15歳以上の選手とトレーナーに5,000バーツ、ジムオーナーにはジムの規模によって10,000〜30,000バーツの給付金を3ヶ月に渡って支給するとのこと。


このあたりだけは、

日本とは違い、タイという国の後ろ盾があるムエタイはまだ良かったのかもしれませんね。








さて、




今後ムエタイはどう変化し、どうなっていくのでしょうか。

「COVID−19」後の在り方について、先日ラジャダムナンスタジアムと同スタジアムのプロモーター間の話し合いが行われました。




このミーティングでは、

プロモーターがそれぞれ支払うスタジアム使用料の減額要請、
各プロモーターの、興行収入による開催日数割り当ての厳格化、
各選手のファイトマネー再配分化、

などが話し合われ、現地関係者に聞いたところスタジアム側・プロモーター側双方にとって非常に厳しいミーティングとなったようです。


一部の有力プロモーターはラジャダムナンスタジアムからの撤退、別スタジアムへの移行も示唆したとか。


本来、

こんな時こそ、それぞれが一致団結してこの危機に立ち向かわなければいけないのですが、先の250,000バーツの拠出金の割り当てのことでさえもプロモーターから不満の声が上がったり・・・どの世界でもそうですがなかなか一筋縄ではいかないようです。



ルンピニースタジアムに至っては、

どちらかと言えは都市部で批判の声が多い軍部の所有であることに加え、初期のクラスター発生源となったことにより、いまだに非難の目が向けられており再開に向けた動向すら伝わってきません。



言い方を悪くすれば、これまでの既得権益を手放すのはそりゃ誰だって反対するでしょう。
でも、今必要なのは時代に合わせて変化していく、


”NEW NORMAL"


という感覚。

ムエタイの世界でも、この騒動後は全く新しい価値観で行動しなければならない。
”NEW NORMAL”に対応できなければ、ムエタイの世界も過去の遺産となって没落していくのでしょう。






とはいえ、



では具体的にどうやってこの時代に合わせていけばいいのでしょうか。




正直、自分ごときではわかる術もありません。


ただ、


短期的に見て、海外向けのPPV方式でのインターネット中継などはさほど難しくないのだろうと思います。タイ国内ではお金を払ってムエタイの試合をネット経由で見る人はいないでしょう。

でも、外国人なら喜んでお金を払ってでも見たい人は少なからずいるはず。



アメリカのメジャーリーグがこの方法で成功したように、

各プロモーターが資金を拠出して動画配信の専門会社を立ち上げ、各曜日の興行をPPVで配信、儲けは各プロモーターへ分配する。

これくらいのことならできそうな気がしますが・・・どうでしょうか。







現在、



段階的に解禁となりつつある、タイの経済活動。

その中でも、ムエタイやサッカーなど、コンタクトスポーツなどは6月15日まで禁止となっています。しかし、6月15日になったからと言って即今まで通りの興行に、とは絶対にならないでしょう。

6月20日にはオムノーイスタジアムでの興行が予定されていますが、無観客試合が決定。
6月末には7チャンネルスタジアムも再開するでしょうが、同様に無観客試合のはず。




ラジャダムナンスタジアムやルンピ二―スタジアムなど、メジャーに大歓声を戻る日はいつになるのでしょうか。




遠い日本から、

為す術もありませんが、ウォンカン・ムエの英知と決断力を期待して、今日はこの辺で締めたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。





IMG_1043








2020年05月15日

今池ジムNEWオープン記念キャンペーン!

(担当:スタッフ)

6月中旬、「キング・ムエ」今池ジムがOPENします

それを機に、西ジム、栄ジムも含め3店舗同時キャンペーンをやっちゃいますよ

特典‘会事務手数料無料

特典∪菽紊妊薀奪廛丱鵐董璽献廛譽璽鵐

特典先着でキング・ムエTシャツプレゼント

特典ずC咼献爐監会の方は、今月は無料で西、栄のお好きなジムで練習できます


とってもお得なこの機会、お見逃しなく!!



さて「ムエタイやってみようかな〜」とお考えの皆さま。

気になるのは、

「キング・ムエ」ってどんなジム

というところだと思います。

そこでこちらの動画をご覧ください。


3歳から60代の方、老若男女300名以上の会員様が在籍されています。

ほとんどが格闘技は初めてという方ばかり。

運動するのも久しぶり、という方もたくさんいらっしゃいます。


初心者の方にも分かりやすくムエタイをお伝えする。

ムエタイを人生のスパイスに 

をモットーに、

FullSizeRender

スタッフ一同お待ちしております




kingmuay at 16:03|この記事のURL

2020年05月14日

19日(火)からの営業について

皆さんもご存知の通り、

4月上旬から愛知県にも出されていた、政府発表の「緊急事態宣言」が今日解除となりました。

約1ヶ月に渡る緊急事態宣言でしたが、依然として愛知県独自の緊急事態宣言が継続中で様々な制約を受けるにせよ、徐々に日常を取り戻す段階に来ていることは確かですね。




さて、



キング・ムエも4月9日(金)から臨時休業となり、5月7日(木)から営業再開後は「パーソナル対応」という特別営業体制で続けてまいりました。

早く通常通りに、というご希望もあろうかと思いますが一気に元に戻すことはせず、来週19日(火)からは以下のような一部変更を加えた営業体制をとります。




1、西ジムは通常のレギュラークラスへ戻します。
ただし、特に混雑が予想される土曜日のレギュラークラス(13;00 〜16;00)は来場時間の分散をはかるため、13;00 〜17;00 と時間を延長します(夜の部は休講)。
その他はクラススケジュール通りとなります。



2、栄ジムは現行の「パーソナル対応」を継続いたします。
栄ジムは場所柄、人の流入が多い地区ですので5月末まで現行の「パーソナル対応」を継続します。が、これまで一回の予約枠は1コマまで(30分)でしたが、19日(火)からは2コマ連続(1時間)まで予約OKとします。もちろん、現行通り1コマ30分のトレーニングでも構いません。2コマ連続1時間のトレーニングをご希望の方は予約サイトの希望日時を2コマご予約ください。

「ガールズタイキック」クラスは、23日(土)12;00 よりレッスンを再開いたします。
ただし、レッスンは再開いたしますが、栄ジムのレギュラークラスは「パーソナル対応」継続ですので、「パーソナル対応」に参加希望のガールズタイキック会員の方はぜひ予約を入れてご参加ください。




3、西ジムのキッズクラス少年部は2部制を継続いたします。
火曜日&水曜日・・・1部16;30〜17;30、2部17;30〜18;30、
土曜日・・・1部10;30〜11;30、2部11;30〜12;30、





なお、

各ジム・各クラスとも引き続き、


※トレーニング前の各自の検温及び体調管理

※入館時の手指消毒

※トレーニング中のマスクの着用


をお願いいたします。



このような体制で5月末までジムを営業してまいりますので、皆様のご協力をどうかよろしくお願いします。










さて。








ようやく終息に向けた段階に来た感がある、この「COVID−19」(新型コロナウイルス)の影響。

とはいえ、

6月になればシュパッとおさまるはずもなく、コロナに勝つとか負けるとかのフレーズがよく使われますが、そんな類のものじゃない。


うまく共生していく、そんなものだと思います。


恐れすぎず、かと言って驕ることなく、



“正しく恐れる“



そんな認識なのだろうと。





好む好まざるに関わらず、

今までの価値観が一旦リセットされて、新しい価値観に対応していかなくてはならないと感じます。




「NEW NORMAL」



そんなフレーズが日本でもタイでも他の国でも、これからの世の中のキーワード。



会員の皆さんと共に、この変化にしっかりと対応していきたいと思います。






引き続き、

キング・ムエをよろしくお願いします。



959146DA-E83B-4CD3-AE30-1AD2D23C7DC7





kingmuay at 17:34|この記事のURL

2020年05月11日

キング・ムエ「今池ジム」NEWオープンのお知らせ

今月7日(木)からジムが営業再開し、「パーソナル対応」で連日多くの会員の皆様にお越しいただいております。

サイトを通じてのご予約など、

少々皆様にはご面倒をおかけしておりますが、今しばらくご協力をお願いいたします。



さて、


我々スポーツ業界、フィットネス業界には厳しい状況が続いている昨今ですが・・・、


2020年6月、
名古屋ムエタイジム キング・ムエ「今池ジム」がNEWオープン!


いたします











今年初めから計画していた新店舗出店ですが、

決まりかけていた物件が最終段階でご破算になったり色々と紆余曲折があり、しかもこの「新型コロナウイルス」の影響拡大で経済状況が非常に厳しくなって、


「え?今この状況で新規出店なんて大丈夫なの?」


と多くの方に突っ込まれましたが





まぁ、


これも“ご縁“ですね。


良い物件に巡り合うのも、
良いパートナーに巡り合うのも、
良い人材に巡り合うのも、
素晴らしい会員の皆さんと出会うのも、


全て・・・ご縁。



自分は今回の「今池ジム」出店、

縁が無ければそれまでだけど、でも今回は良いご縁があったと思ったから、どんな状況であっても決めていたと思う。



あとはそのご縁を大切にするだけだ。



オープンの正式な日時はまだ未定ですが、6月上旬を予定しております。


1B0F0C95-819C-46E7-A250-AB386532F8C0


3F1DFAE0-1E19-4DB5-9D56-3E6EDBDC551D


358A2D9D-0BD9-4D24-9DAF-8EF59C53F723


3A3E5766-ADA8-45C2-B483-C9D0E380A1A7



内部はこんな感じです、なかなかカッコいいでしょ。
内装工事の完成が楽しみだ。


「今池ジム」のツイッターでは今日からスタートした内装工事の様子を載せていきますので、ぜひ会員の皆様フォローをお願いします。


キング・ムエ今池ジムツイッター⬇️








kingmuay at 23:48|この記事のURL

2020年05月07日

(追加事項)5/7(木)からのパーソナル対応について

本日からキング・ムエは営業再開をしておりますが、

レギュラークラス 完全予約制パーソナル対応

と、今までとは違うトレーニング形態となっております。



サイトを使っての予約だったり、

限られた時間内でのトレーニングだったり、

若干ご不便をおかけしておりますが、営業再開初日の今日から、早速多くの会員の方にご利用をいただいております。


皆様のご協力、ありがとうございます。





さて、


お伝えし忘れていることが何点かあり、追加で連絡をさせていただきます。




 ∪哨献爐任離肇譟璽縫鵐阿亡悗掘

参加予約は21:00までとなっております。21:00以降は選手たちが集中して練習を行なうため、一般会員の皆様のパーソナル対応を行なっておりませんが、どうしても遅くの時間しか来れないという方は、通常のレギュラークラスのようにお越しいただいても構いません。

その際、

密集・密接・密閉とならないように注意いたしますが、選手練習ですのでそのあたりご配慮願います。






◆⇒縮鵐汽ぅ箸らの予約に関し、

あらかじめ先の日程を押さえてしまうのは・・・ヤメましょう。せいぜい今日明日、明後日程度に抑えてくださいね。皆さん仕事の都合でギリギリにならないと予定が立たない人もいますからね。



IMG_0998


IMG_0999


IMG_1001


IMG_1002


感染防止対策もしっかりと。




引き続き、皆様のご協力をお願いいたします。

明日もご来館をお待ちしております















kingmuay at 21:58|この記事のURL
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives