砂の王者

1992年から競馬三昧。好きな馬はナリタタイシンとワコーチカコ。要はリヴリアです。 2016年3連複回収率158%、2017年同188%。圧倒的成績を引っ提げて、2017年10月から「レジまぐ」にて予想販売を開始しました。メルマガ会員様を常時募集中です。 メルマガ予想はダートのみですが、ブログではトラック関係なしに興味あるレースを取り上げます。

【神戸新聞杯】有力馬分析

皆様、こんばんは。

昨日に引き続き「神戸新聞杯」について分析します。
本日は有力馬分析ですが、昨日は一定以上のバナークリックを頂きましたので(ありがとうございます)有力馬6頭について分析していきます。
尚、鍵を握りそうな2頭についてはメルマガ会員様と今週土日いずれかのnoteをご購読頂いた方への限定公開とさせて頂きます(メルマガ会員様へはすでにメールにて閲覧パスワードをお送りしています)。

では早速参りましょう。

ユニコーンライオン
サンデーサイレンスの血を持たない血統馬らしくワンペース地力型。これまでのキャリアで速いラップに対応出来たことが無く、標準馬場の11秒前半でさえ苦戦するトップスピードのレベルの低さは致命的に映ります。ここに来て2連勝と上げ潮で臨みますが、その2連勝は共に洋芝函館。2走前は前後半48.3‐48.0秒のイーブンラップで速い脚を求められず、前走は前後半49.7-47.2秒とスローもラスト5Fロンスパ戦でラップが分散したことが奏功。それでもラスト3Fからの11.4‐11.5秒地点ではかなり手応えが悪く、ラスト1Fで12.5秒まで大減速したが故に差し切れた内容でした。神戸新聞杯は極端なトップスピードは要求されないレースですが、それでも高速馬場で最速地点11.0~11.2秒程度は刻むレース。まずこの地点で対応出来ないでしょうし、その後も大きくラップは落ちませんから前受けしていれば置かれるでしょうし、後ろからならば前との差を詰めるポイントがありません。良馬場では苦戦必至でしょう。ただ道悪になれば物理的に速いラップは求められませんし、パワー馬場は歓迎。そしてこれまでのレースを見ていても勝負根性には光るものがありますから、混戦になればチャンスは生まれます

「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(V)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
デビューからの数戦は、スローになればトップスピードレベルの低さで最速地点で置かれ、平均的に流れるとラスト1Fで失速するというレース振り。つまりはトップスピードのレベルも持続力もイマイチで特に見るべきところのない馬でした。ただレースを使われる毎に課題を克服してレベルアップ。それでも4走前は前後半60.9‐59.0秒のラスト3F戦でキレ負け、2走前は同48.2‐46.4秒のスローから最速地点=10.7秒で抜け出す脚は見せたもののラスト1Fを12.8秒まで落としたように、基本的にはスローの瞬発戦は向かない土俵と言えるでしょう。大飛び馬でベストはロンスパ戦でラップが分散する形ですが、その形になったのが前走。前後半61.0‐59.7秒からの4Fロンスパ戦で、レースのラスト4Fラップは11.9‐12.0‐11.5‐12.0秒。それまでなら甘さを見せていたラスト1Fで逃げる2着馬を捕まえて、更に3着には0.7秒差を付けたわけですから明らかに成長が見て取れる一戦でした。2着馬のその後の活躍(次走でエングレーバーに完勝し、次々走ではOP特別3着)やレース時期を考えればなかなか価値は高くて、秋に期待を抱かせるレースになりました。サートゥルナーリアやヴェロックスに対抗するには前走よりもう一段階ラップ精度を上げなければいけませんが、2強以外なら戦える素地はあります

「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(A)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
クラスに関わらずそれなりの着順にまとめて来る能力はあるものの、トップスピードが決定的に不足しているのが甘さの原因。極端なトップスピードを要求されない神戸新聞杯ではあるものの、11秒前半のラップにも対応出来ないとなると話は別。差しに構えるならレースラップのラスト1Fが12秒中盤辺りまで落ちないと差し込めませんし、位置を取れば取ったで最速地点で反応するのにエネルギーを使ってしまい肝心のラスト1Fで脚が残らない(前走などは典型ですね)という現状。同世代のトップレベル戦では八方塞りで、好走するには大雨の極悪馬場で時計が掛かりまくるようなカオス状態しかないでしょう

カリボール
前走野分特別は最速10.6秒地点でゴータイミングに楽々引き離されるキレ負け。ただゴータイミングはトップスピード戦には定評がある馬ですから、キレ負けしたこと自体はそこまで深刻に捉える必要はないと思います。そもそもが神戸新聞杯は極端なトップスピードを要求されるレースではありません。このレースでは自身ラスト4F11.4-11.1-10.7-11.3秒、2走前あずさ賞では同11.9‐11.1‐10.9‐11.2秒とまとめたように長く良い脚を使える点は強調出来るところです。ただそれらは高速馬場におけるスプリント能力が奏功したのではと思うところもあって、その根拠は血統と馬体。母レイズアンドコールはスプリンターで兄弟馬もモンドキャンノを始めとして全て短距離馬。肩が立った馬体を見ると距離延長が良いとはとても思えません。思えばデビュー戦(小倉2000m戦)ではスローペースながらもゴール前で失速した内容で(内にモタレて追いづらいところがあったことを考慮しても)素質は評価しても阪神2400mでは手が出づらいのは事実ですね

サートゥルナーリア
とりあえずダービーですが、下見所から入れ込んでしまってパドックで見た様子とは一変。本来はゲートの出が良い同馬が明確に出遅れたわけですから、本来の精神状態になかったことは事実でしょう。ただそれが競走能力にいかほどの影響を与えたのかを知ることは不可能。従って誰もが平等に見られた事実=レース振りだけで評価しなくてはいけません。レースは前後半57.8‐60.5秒ですが、リオンリオンが後続を離す逃げを打ったもので3番手のサトノルークスで59.7秒程度なので平均的な流れ。サートゥルナーリアは前述通りの出遅れから中団後ろを追走。残り800mから徐々にペースを上げつつ4角大外から直線へ。直線はギアチェンジ力の差で一旦ヴェロックスを完全に交わしたものの、残り100mで失速し差し返されての4着に敗退。一見するとスタミナ不足にも映りますが、「出遅れて取りたい位置より後ろからの競馬を余儀なくされたこと」「大本命馬であるが故に早めに動かざるを得なかったこと」「高速馬場&最速ラップを踏んだ勝負所で大外を回されたこと」という背景があったわけで、ゴール前の失速だけを取り上げてスタミナ不足と決めつけるは早計でしょう。とりあえず府中2400mのトップオブトップの戦いであれだけ無茶な競馬をしながら4着を確保したことは一定の評価をすべきで、こと今回のレースだけで考えればヴェロックスと並んで双璧の存在という大方の見解に異論を唱えることは出来ないでしょう。ただし非常に高いレベルでは大箱向きの馬ではないとは思います。その辺りの理由はまた別の機会にでも・・・

ヴェロックス
ハッキリと言えることはギアチェンジ戦やトップスピード戦では底を見せているので、スローのラスト3F(2F)戦になると良くないということ。それ以外ならば、前後半59.1‐59.0秒と前半から淀みなく流れた中を先行して粘り込んだり(皐月賞)、スローからの5Fロンスパ戦で4角一番外を通しながらも最後まで渋太く脚を使い続けたり(東スポ杯)と流れは不問。ダービーは好発を切るも外からリオンリオンに前をカットされるような感じで切り込まれ、それがスイッチになって少し掛かってしまった(=攻めて位置を取れなかった)ことが敗因。本来はもう一列前で競馬したかったはずで、完全に外枠が仇になってしまった感。究極の立ち回り戦になっている近年のダービーで位置を取れなかったことは痛恨で、枠が内なら結果も変わったでしょう。それでも直線一度は交わされたサートゥルナーリアを差し返したのは使える脚の長さと底力があればこそ。評価を下げるべきではない3着でした。阪神2400mは過不足ない舞台で、この馬を把握している川田Jがラスト3Fの瞬発戦に持ち込むはずもなく、本来の先行策からロンスパ戦に持ち込めばまず崩れはないでしょう。8~9分のデキでもサートゥルナーリア以外には負けないと思います

有力馬分析は以上。
出走馬も枠順も馬場状態も未定ですが、現時点では3連複1~2点で勝負出来るかなと思います。
買い目は当日のnoteで書きますので、どうぞご期待下さい。

明日は「オールカマー」を分析していきます。


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ続きを読む

【神戸新聞杯】何より後半性能

皆様、こんばんは。

はじめに、お伝えすべきことから。
最近バナークリック率の低下が顕著なことは先週3日間開催中にもお伝えし、その状況次第で今後の運営方針を変えるとお伝えしておりましたが、残念ながら改善が見られませんでした。従いまして、記事によってはこれまでのように無条件で全文を公開することはやめます。必要とされないのであれば情報を出す必要はありませんし、それは日々のバナークリック数で判断していきます。
いつも応援して下さる皆様のことを考えると苦渋の決断でしたが、他ブログとは違い無広告で運営している以上は、バナークリック数(=ランキング)は生命線になりますので、何卒ご理解下さい。
但し皆様がご協力下さる限りは、これまでと変わらず他ブログとは一線を画すような質と量に拘った記事更新を心掛けて参ります。
皆様にはご面倒を強いることになりますが、お互いの利益のためにもご協力頂けますと幸いです。



さて、今週は「神戸新聞杯」「オールカマー」の2重賞。
まずはより注目度が高いと思われる「神戸新聞杯」から分析していきたいと思います。
まずは過去5年分のレースラップと3着内好走馬一覧を見て頂きます。
神戸1

神戸2

まずレースラップについてですが、前半ゆっくり入って残り4~5Fからペースアップするロンスパ戦が毎年のパターン。仕掛け位置は比較的早くてラスト3F目=4角入口~直線入口。ペースアップ位置が早くてラップが分散されるので、最速地点でも平均11.3秒と極端なトップスピードを要求されることはありませんが、その代わりにラスト2Fも11.4‐11.9秒と大きくラップが落ちることはありません。
後半4F(5F)を高いレベルでまとめるロンスパ性能が必須なのは言うまでもなく、極端なトップスピードは要求されないと言っても最速地点平均11.3秒ですからそれなりのトップスピードは必要。後半の総合力を高いレベルで問われます。過去5年の3着内好走馬15頭中14頭が上がり3位以内の脚を使っていたという点は特徴的です。
また阪神2400mという舞台は根本的なスタミナを問われる条件でもあり、菊花賞トライアルとしては非常に良い舞台です。神戸新聞杯3着内→次走菊花賞というローテを踏んだ25頭中15頭が菊花賞で馬券に絡んでいるように、本番とリンクするレースですので展開利などフロックで好走することは難しいです。

ロンスパ戦で仕掛けが早いとなると当然前で競馬している馬は苦しく、過去5年の3着内好走馬15頭中10頭は3角では馬群の真ん中より後ろに居た馬。珍しくラスト3F戦になって逃げ切ったリアファルはともかく、先行して押し切るにはレイデオロ(ダービー勝ち)メイショウテッコン(ラジオNIKKEI賞勝ち)ぐらいの実績がないと厳しいです。

非常にレベルが高いトライアルであるということはラップからも分かりますが、それはダービー上位馬が多数出走してくることと無関係ではないでしょう。
その「前走ダービー組」は過去10年で【8-6-3-28】と3着内好走馬の半数以上がこの組。中でもダービー連対からの臨戦馬は【7-3-0-1】なので対象馬が存在すれば必ず買わなければいけませんし、ダービー5着以内からの臨戦馬でも【8-5-0-5】で複勝率72.2%です。
尚、出走馬中でのダービー最先着馬は10戦8勝2着2回で、10年連続で連絡みしています。
神戸3

一方で、毎年1頭以上は「前走条件戦組」or「前走ラジオNIKKEI賞組」が馬券に絡んでもいて、馬券の肝はこちらの組と言えるでしょうね。
神戸4
尚、前走条件戦で馬券に絡んだ7頭中6頭は、前走で上がり3位以内の脚を使って連対していたという共通点があります。やはり末脚性能は大切ですね。

ということで、以上を基本情報として理解した上で有力馬分析に入って行きたいと思いますが、現時点で本命を決めろと言われれば、迷わずこの馬でしょう
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に月曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
前走は枠が全てとも言える敗戦。この舞台なら適性で一日の長があります

穴目ならこの馬でしょうか
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文に月曜日限定で馬名を記載しておきます(5位前後)
詳細は明日の有力馬分析で説明します

その明日の有力馬分析は両ランキングのクリック状況を元に公開頭数と記事精度を決定します。条件未達の場合は少頭数&簡易版の形での更新です。


9/16(月)の好走期待馬リスト

皆様、こんばんは。

当ブログはバナークリックが一定数あってこそ成立しています。
毎日の無料記事更新のためにも、皆様のバナークリックのご協力をお願い致します。

バナークリック率が下がっている現状、週中の重要記事無料公開と月1~2回の「好走期待馬リスト」無料公開を中止予定です(反響=バナークリック、が無い以上やる意味もないので)。
ご継続をご希望頂ける場合はバナークリックをご協力頂けると幸いです。
とりあえず今日・明日で判断したいと思いますので、よろしくお願い致します。
(いつもご協力頂いている皆様においては感謝申し上げます。いつも本当にありがとうございます)



中央競馬ランキング
 ↑ ↑
ぞれぞれ1日1クリックのご協力をお願い致しますm(_ _)m
 ↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ


当ブログが発行しているメルマガでは本予想の他に「好走期待馬リスト」(好走確率が高くて妙味のある馬のリスト)をご提供しております。
ブログではこの中から2~3レースをピックアップして無料公開しております。
本日の無料公開レースは「阪神11R」「中山12R(ブログ限定)」の計2レースです。

尚、「好走期待馬リスト」完全版は以下の全12頭です。
【阪神】1R・3R・6R・8R・10R・11R
【中山】2R・3R・6R・9R・11R
【ブログ限定】中山12R


「好走期待馬リスト」完全版はメルマガ会員様以外でもnoteでご購入頂けます(350円)
noteでのご購入は下記リンクからお願いします

ちなみに今年(1月5日~9月8日)「好走期待馬リスト」のベタ買い成績はこんな感じです
1

月別ではこんな感じ(安定感あって期待値も高い複系が狙い目
2

買い目を絞れば当然成績は上昇これが最重要
3
1段目 1~3人気の成績
2段目 4人気以下馬の成績
3段目 ダート限定の4人気以下馬の成績

下記はダート4人気以下馬の月別成績。特に複回値の安定感に注目!
4

人気馬は当然回収率が落ちるので狙うなら4人気以下馬。
リスト作成時には人気が分からないので、当日人気が無い馬を中心に買えばより効果的。
特にダート戦はその傾向が顕著となっています。
どんな感じの予想を記事を書いているかは→こちらをクリックでご覧頂けます。
必ずロジカルな根拠を示した上で推奨していますので、納得して馬券を買って頂けると思いますよ。

競馬新聞の本命馬ベタ買い回収率70~80%
某紙の有名指数1位馬ベタ買い回収率75~80%
好走期待馬リストのベタ買い→回収率95%
印通りに買っても決して儲からない競馬新聞などより費用対効果は高いです。
ベタ買いで複勝率50%&回収率が95%、上記に示したように条件を絞れば回収率約120%、しかも各月安定的に。これを1日350円で教えてくれるところなんてほぼ存在しませ
ん。


尚、圧倒的成績を残している(2019年回収率111%)有料メルマガ会員様も常時募集中です。
加入月無料となっていますので、最初は9月分の料金のみで10月末まで配信を受けられます。まずはお試し感覚でいかがでしょうか?

メルマガ(レジまぐ)会員様はオプションとして「好走期待馬リスト」が毎回無料でご覧頂けます。
有料メルマガのお申し込みは下記リンクからどうぞ(過去成績など全て公開しています)

レジまぐ商品の購入はこちら!


***********************************************************************************
 【9月16日(月)の無料公開馬】 
馬名を伏せているレースは必ずバナーをクリックしてご確認下さいますよう、お願い致します
(状況次第では毎週の無料公開や、月1~2回の完全版無料公開を中止します)

阪神11R:「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(V)の馬←クリックで馬名確認出来ます(5位前後)
ここはこの馬を推奨せざるを得ません。とにかく前走が衝撃的。まず馬体は短期間でこんなに成長するのか?と思うほどに腰回りとトモを中心にパンプアップされてボリューム感たっぷり。レース振りも直線残り300m~150mまでは前が壁で追えない中でも馬なりのままで先頭との差を詰め、間が開いて追い出されるとスパッと抜ける着差以上の大楽勝でした。4角最内を通れた利があったことを差し引いても目を見張る強さで、昇級でも即通用するとレース後に確信出来ました。元より1400mに良績があり、前走も淀みな流れを追走して抜け出したので距離短縮は問題なし。高速馬場だけが懸念されますが、今のこの馬の充実ぶりを考えるとそれも杞憂に終わりそう。ここは突き抜けてくれると思うので単勝を厚めに

中山12R(ブログ限定):「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(F)の馬←クリックで馬名確認出来ます(15位ぐらい)
前走は大幅馬体増も太目はなく、ほとんどが成長分。レースは前後半34.2‐35.5秒とそこそこ流れはしましたが、この馬自身はやや行きたがって道中は抑えるのに懸命な状態。3~4角中間で放たれると外から一気に先頭列に取り付いたものの、追われてからが案外。4角出口で内の馬にぶつけられてやや外に膨れてしまうロスも多少は影響したでしょうか。更に上位馬は全頭前走で馬券に絡んでいた馬ばかりで単純に相手が強かったということもあります。いずれにしても基礎スピードの勝ったタイプで、落ち着いた流れからの終い勝負でどうこう出来る馬ではなさそうです。従って全体に流れて基礎スピードを強く問われるレースがベストと思われ、実際に過去の好走は全て前後半差2.0秒以上の前傾戦(逆に凡走のほとんどは平均~スロー)。今回は外枠勢を中心にテンに速い馬が揃って激流必至。この枠だけに出方が難しいですが、流れ自体は合いますので後は捌けるかだけ。能力は足ります

中山11R(セントライト記念):??????
自信の爆穴馬は「人気ブログランキング」のINポイント8570以上で無料公開します
↓ ↓

中央競馬ランキング

****************************************************************************

twitter限定レースや推奨漏れしたレースをtweetしますので、ぜひフォローをお願いします


直近ではtwitter限定で公開した「さきたま杯」で印3頭上位独占!
↓ ↓

続きを読む