砂の王者

1992年から競馬三昧。好きな馬はナリタタイシンとワコーチカコ。 2017年10月から「レジまぐ」にて予想販売を開始。2019年2月から「note」にて好走期待馬リスト販売開始。2020年5月から「競馬最強の法則WEB」にて予想提供開始。当方が発信する全ての予想を閲覧出来るメルマガ会員様を常時募集中です。2017年3連複回収率188%、18年同93%、19年同111%。 ブログではトラック関係なしに興味あるレースを取り上げます。

【チャンピオンズC】追い切り分析

本日の「好走期待馬リスト」記事もアップしております
↓ ↓
「12月5日(土)の好走期待馬リスト」はこちらから


皆様、こんばんは。

本日は「チャンピオンズC」のほぼ全頭追い切り分析を行います。
尚、評価は5段階評価で、最高点は5点、最低点は1点です。

【チャンピオンズC】
5点「人気ブログランキング」の当ブログ紹介文内(C)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
栗東CW単走。中2週のローテながらも1週前にはCWで6Fから時計になるところを乗って、日曜には坂路2本。そして今週はCWが左回りになる火曜日に6Fからゴールを過ぎて1角までまでビッシリ追われたという内容。とにかく非常に意欲的ですし、まずこの点で同じローテだった昨年とは全く違います。そして動きの質も伴っていて、首の角度が非常に美しく、柔らかみとバネ感が目立つフットワークは推進力抜群で1角まで矢のように伸びて行きました。オーバーワークではないかと心配になりますが、とにかく陣営の本気度が感じられる内容で真剣に獲りに来たのではないでしょうか。文句なしのNO1です

4点「FC2ブログランキング」の当ブログ紹介文内(X)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
栗東坂路単走。活気十分で闘争心に溢れた目つきで走破した1週前のCWの動きも良かったですが、今週の坂路追いでも真っすぐに登坂して残り200mを切って手前を替えるともう一伸びするという好内容。体幹の強さも際立ちます。馬体はスッキリ、毛艶も良好。前走時でも良いデキに映りましたが、一度使われて更に上昇して来た感があります

4点ゴールドドリーム
栗東坂路単走。1週前のCWの動きもリズミカルで安定的で良かったですが、今週の坂路も負けずの好内容。残り2Fから左手前に決めると推進力十分なフットワークで登坂しましたし、1週前にやや気になった前肢の緩慢さも解消。全体時計も加速ラップでフィニッシュしたラップの質も最近では見られなかったもので、少なくとも今年で一番良い状態であることは間違いありません。ラップの端々に若干の衰えは感じますが、それでもまだ十分戦える水準にはあります。好状態

4点チュウワウィザード
栗東坂路併せ。残り1Fまで押さえ込まれて、最後だけ解放されて終いを伸ばすと言う内容。元来がスッと反応出来る馬ではないのでジワジワとしか加速出来ませんでしたが、坂路ではラスト1Fでやや失速する馬が全体を52秒台で走破しつつ、残り2Fを12.4-12.4秒と減速せずにフィニッシュ出来たことは評価出来ます。昨年の「チャンピオンズC」時は撫でるように走っていた馬が、四肢の可動域が大きくなってメリハリが効いた走りが出来るようになっている点にも成長を感じます。良いです

3点サンライズノヴァ
栗東坂路併せ。クリソベリルとの併せ馬。中2週なので強くやる必要はないと言った感じで、終始手綱を引っ張られたままで相手に合わせた内容。それでも楽々先着したのは流石ですし、抑え込まれてもジッと我慢して指示に忠実だった点も好感が持てます。フットワークは安定的でキレイに前後の連動が出来ています。馬体細化もなく力を出せる状態

3点クリソベリル
栗東坂路併せ。1週前にはダンビュライトに頭差遅れ、当週はサンライズノヴァに遊ばれてクビ差遅れ。やや心配にはなりますが、今週に関してはそこまで強く追われていませんし、2週共に加速ラップでフィニッシュした内容。ラップの精度だけで考えれば昨年よりも今年の方が評価出来る内容ですからさほど心配することは無いと思います。動き自体に不足感があるわけでもありませんので、能力は出せる仕上がりだと判断します

3点クリンチャー
栗東坂路単走。序盤からかなり力んで走っているように映りましたが、この馬としては最後まで大きく失速することなくフィニッシュ。13秒台を2F続けて後半2Fは12秒台で上がるというラップ内容は近走では最も質の高いもので、力んでいたように見えた走りもラップを見れば体調が良く走る気に満ちているからこその動きとも受け取れます。ポジティブに評価したい一頭

3点カフェファラオ
美浦W併せ。外から並走状態で直線に向き、コーナーで前に出られた並走馬にゴール地点では半馬身ほど遅れてのフィニッシュ。ただ鞍上の拳は動いておらず手綱は引き気味だっただけに遅れ自体は気にすることはないでしょうし、ゴール後には並んでいました。どうも鈍かった前走との比較ではかなり素軽くなった印象ですが、溌溂としてバネ感も前後の連動性も抜群だったユニコーンS時には及ばない印象

3点インティ
栗東CW併せ。1週前、当週共にCWで追われたのは2勝C勝利時以来のイレギュラーな対応。今週は内から追い掛ける形でしたが、重苦しかった1週前よりも馬体はスッキリして来たのは好材料。ただ内から併せた影響か(揉まれ弱いので)反応は今週もやや鈍めで、なんとか先着したと言う内容。昨年と比べると全身収縮が上手く出来ておらず、明らかにストライドが小さくなっている点も気になるところ。悪かった前走よりは上昇しているでしょうが、昨年比では劣るという感想

3点アナザートゥルース
美浦南W併せ。時計面はこの馬としては標準程度。内から1秒以上追走する形でしたのでなかなか併せ馬の形にはなりませんでしたが、後肢の力強さを根拠に追われるほどに推進して半馬身先着。やや推進力が上方向に逃げる完歩が散見された点は残念ですが、力強さは十分で全体的にはポジティブな内容と言って良いでしょうね。ルーティンになっている日曜に時計を出すパターンを崩していますが、先週木曜にかなり負荷を掛ける内容をやっているためと思われ、あまり気にする必要はないでしょうか

3点アルクトス
美浦坂路併せ。坂路仕上げは前走時と同じ。内から追い掛ける形でしたが、膝が良く上がって脚捌きはキビキビ、キレのある動きで馬なりのまま頭差先着した内容は特に文句をつける点はありません。ただ、あくまで時計面だけの比較ではメイチだった前走には及ばないものですから、前走以上と言うことはありません

3点モズアスコット
栗東坂路単走。中2週なので軽めの内容。硬さは出ておらず終始柔らかに走れている点は何より。重心が上がってしまう左手前より右手前の方が良い走りが出来ており、やはり直線を右手前で走る左回りの方が良さそうです。ごく軽めなので評価も控えめにしますが、特に状態面に不安があるわけではありません

3点エアスピネル
栗東坂路併せ。前膝が上がり切らず舐めるように地面を蹴り、フットワークが小さくなっている点は非常に気になります。そんな走法ですから当然タイムも出ず、最後は苦しくなって手前を替えましたが結局1勝馬に頭差遅れてしまいました。2点を付けるほどには酷くはないですが、前走からの上積みとなると大いに疑問

2点サトノティターン
美浦南W併せ。内から併せる形も並走馬を気にして集中出来ていないまま直線へ。4角のコーナー利を生かせず外から前に出られても右手前のままで盛り返せず、結局頭差遅れてのフィニッシュ。全体的にかなり緩慢な動きに終始しましたし、闘争心も感じられない内容。流石にこの動きでは戦えないでしょう

12/5(土)好走期待馬リスト

毎週末公開の「好走期待馬リスト」無料公開分は、反響が少ないため土曜日分は廃止としました。今週日曜分については、これまで通りに無料公開予定です。


Twitterでは重賞パドック診断や推奨漏れしたレースをツイートします
ぜひフォローをお願いします!

↓ ↓


【11月のパドック推奨馬】
東スポ杯→ダノンザキッド(1人気1着)ドゥラヴェルデ
マイルCS→インディチャンプ(3人気2着)・サリオス・レシステンシア
エ女王杯→サラキア(5人気2着)・ノームコア
福島記念→テリートリアル(5人気3着)・マイネルサーパス
デ杯2歳S→カイザーノヴァ
武蔵野S→サンライズノヴァ(3人気1着)・タイムフライヤー、レピアーウィット
AR共和国杯→サンレイポケット、タイセイトレイル、ベストアプローチ、ユーキャンスマイル
みやこS→クリンチャー(1人気1着)・ナムラカメタロー
ファンタジーS→オパールムーン(7人気2着)・ヨカヨカ・モンファボリ
天皇賞秋→アーモンドアイ(1人気1着)・クロノジェネシス(2人気3着)・ダノンプレミアム
京都2歳Sラーゴム(2人気2着)・グラティトゥー
ジャパンCコントレイル(2人気2着)・グロオーリーヴェイズ・キセキ


本日の「好走期待馬リスト」ご提供レースは以下の通りです
【中山】3R・10R・11R
【中京】1R・2R・5R・9R・12R
【阪神】3R・7R・10R・11R
【会員様限定】中山7R・中京8R

「好走期待馬リスト」は月額会員様以外でもnoteでご購入頂けます(500円)
noteでのご購入は下記リンクからお願いします

現在「12月会員様」を募集中です。
今月は3万円分のJCBギフトカードなど、5~6人に1人の確率(推定)で景品が当たる「年末感謝祭」の抽選権付きでもありますので、是非ご加入をご検討下さい。
↓ ↓
「12月会員様募集詳細」はこちらから

****************************************************************************

それぞれの媒体からは何が閲覧出来るのかを一覧にしました
商品説明202007



(パスワードをご利用頂く方へ)
スマホの場合はページ下部の「ログインして続きを読む」をクリック→「ログイン方法を選択してください」をクリックして「パスワード認証」を選択→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは「メルマガ」or「商品発送メール」に記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。

PCの場合は記事最下部「続きを読む」を押下→「これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です」の「ログイン」部分を押下→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは「メルマガ」or「商品発送メール」に記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。


続きを読む

「ステイヤーズS」など土曜2重賞展望

皆様、こんばんは。

現在「12月会員様」を募集中です。
今月は3万円分のJCBギフトカードなど、5~6人に1人の確率(推定)で景品が当たる「年末感謝祭」の抽選権付きでもありますので、是非ご加入をご検討下さい。
↓ ↓
「12月会員様募集詳細」はこちらから


さて、本日は土曜の2重賞「チャレンジC」と「ステイヤーズS」について考えます。
「チャンピオンズC」の追い切り分析は明日行いますので、もう少々お待ちくださいませ。

まず「チャレンジC」ですが、こちらは登録段階で9頭のみと寂しく、その内2頭は条件馬で1頭は地方からの転厩初戦。少頭数且つ質も低いとなると、レイパパレとブラヴァスの2強でどうしようもないレースになりそうです。あまり分析に時間を割いても勿体ないと思えるので、このレースの詳細分析は割愛。
馬券的には3番手以下馬の評価が鍵になりそうですが、この馬についてはやや評価を下げたいですね
↓ ↓

「FC2ブログランキング」の当ブログ紹介文内に金曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後・バナーをクリックしてご確認をお願いします)
ジェネラーレウーノに三浦Jが乗るなら、前走のように何も考えずにスローに落としておけば良いと安易な逃げを打つでしょうから、スローからの3F戦(4F戦)が濃厚。同馬はペースが上がってこそ強さを発揮する馬で、スローの上がり勝負ではOP昇級後【0-0-0-3】と良績なし。キレ負けしてギリギリ掲示板、という結果濃厚と見ます


次に「ステイヤーズS」について。

ss1

ss2
スタンド前からのスタートで内回りコースを2周する3600m戦。平地の最長距離であることに加えて、急坂を2度越えるレースでもありますので、当然スタミナは必須。中山内回りは1~2角中間点を頂上として向正面にかけて下って行くレイアウト。中央4場で最も直線が短いコースで動き出しの意識も早くなりますから、向正面に入ってからペースアップして4~6Fのロンスパ戦になるのが通例。「ステイヤーズS」もその例に漏れず、5~6Fのロンスパ戦になりやすいレースです。

76.2-77.4-72.0秒

これは過去5年のレースラップは6F毎に3分割したラップですが、これを見ても分かるように前半~中盤にかけてはハロン平均12.8秒とダラダラ走って、後半5~6Fで一気にペースアップしていることが分かります。同じ3000m超重賞である阪神大賞典の前半6Fラップが73.3秒、天皇賞春が72.6秒(いずれも過去5年平均)であることを考えると、いかに前半が緩いかが分かります。G2格付けとは言え、毎年ほとんどOP特別と言っても良い低いメンバーレベルになりますが、それはレースラップにも表れています。
そして過去5年の後半6Fの平均ラップは「12.4-12.0-11.8-11.9-11.7-12.3秒」ですが、前半から中盤にかけて緩いラップにも関わらず後半でも大して速いラップは踏みませんので、3600mを乗り切るスタミナと最低限の脚の速さを持っていれば何とかなってしまうレースです。

ss3
これは過去10年の前走クラス別成績ですが、数こそ前走重賞使用馬が圧倒していますが、好走率では前走条件戦組と対等。しかも前走3勝C使用馬で馬券に絡んだ7頭中4頭は3勝Cを負けて来た馬。そういった馬が馬券に絡んでしまうことからもレースレベルの低さが分かります。

そんなレベルが低いレースだけに、前走重賞で好走出来ているような格上馬の好走率は高く、前走重賞5着以内馬は【3-1-3-5】勝率25.0%(単回値145円)、連対率33.3%、複勝率58.3%(複回値92円)と堅調。前走重賞6着以下から馬券に絡んだ11頭中9頭については3000m以上の重賞連対実績があり、残る2頭についても3000m以上の重賞3着好走or2600m以上のOP特別勝利実績がありましたので、近走不振馬については高いレベルの長距離が必須と言えます。

前走条件戦使用馬については・・・
4歳以下【1-2-2-7】勝率8.3%(単回値26円)、連対率25.0%、複勝率41.7%(複回値109円)
5歳以上【0-2-1-21】勝率0.0%(単回値0円)、連対率8.3%、複勝率12.5%(複回値70円)
レベルが低く前走条件戦使用馬でも互角に戦えるレースではありますが、年齢を重ねても条件戦を走っているような馬は狙いづらく、狙えるのは3,4歳馬ということになります。また、4歳以下で馬券に絡んだ5頭中4頭には2,3歳時に重賞出走経験がありました。

ということで、「ステイヤーズS」のレース傾向や目立つ過去データに関しては以上。
これらを踏まえた上で予想に入りたいですが、現時点で中心視したいのはこの馬
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」の当ブログ紹介文内に金曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後・バナーをクリックして馬名の確認をお願いします)
2走前はラスト8F目から一貫して速いラップを刻み、ラスト5F目には11.4秒の最速ラップを刻むサバイバル戦。そんな流れを2角過ぎから捲り馬に合わせて上がって行き、最後まで脚を使い続けたという内容は秀逸で、打点の高さではメンバー中NO.1でしょうね


競馬最強の法則WEBにて予想提供中
12月会員様募集中(年末感謝祭抽選権付)!
noteはこちらから
9月7日発売「デジタル版競馬最強の法則Vol.6」に掲載されました