砂の王者

1992年から競馬三昧。好きな馬はナリタタイシンとワコーチカコ。要はリヴリアです。 2016年3連複回収率158%、2017年同188%。圧倒的成績を引っ提げて、2017年10月から「レジまぐ」にて予想販売を開始しました。メルマガ会員様を常時募集中です。 メルマガ予想はダートのみですが、ブログではトラック関係なしに興味あるレースを取り上げます。

【天皇賞(春)】舐めると痛い目に遭います

皆様、こんばんは。

先週中休みだったGIシリーズが今週から再開。
今週は伝統の長距離GI「天皇賞(春)」。
大阪杯~皐月賞までGI3連勝を決めていますが、正しく詳細な分析を行えば勝率は上がることを証明するために、まだまだ連勝記録を更新していくつもりですので今週もご期待下さい。

さて天皇賞(春)はご存知の通り、日本最長距離で行われるGIレースです。
長距離は騎手の技量が重要とは良く言われることですが、過去30年の天皇賞(春)における騎手別成績上位一覧を見てみましょう(騎乗機会5回以上の騎手に限る)
天皇賞2
武豊・蛯名Jのベテランツートップの成績は流石ですが、今回注目したいのは黒塗りにしている4位の騎手。
3着内7回は6頭の馬で上げたもので特定の馬に依存したものではなく、その人気は3・1・5・2・10・2・2と人気馬から人気薄まで馬券に絡ませているのは腕があってこそ。

そんな騎手が今回騎乗するのがこの馬
↓ ↓

中央競馬ランキング
ランキング内ブログ紹介に月曜日限定で馬名を記載しておきます(20位ぐらい)

前走は人気薄ながら当ブログで推奨馬として挙げましたが、その根拠になったのは4走前。このレースが7Fの超ロンスパ戦を前で受けてゴール直前まで粘ってトーセンバジルやゼーヴィント、キセキに先着したもの。このレースを見る限り長距離適性は絶対にあるはずで、それはスタートから7F目まで無茶なペースで飛ばしながらも最後まで粘り強かった前走でも証明。母系に潜むスタミナの権化Key to the Mintが効いているが故のスタミナ値でしょう。父の名に騙されてはいけません。
恐らくここはハナでしょうが、鞍上は天皇賞(春)で逃げた時は2・6・10人気の馬を操って【1-1-0-1】。唯一の着外も4着なので、ペースを握らせるとタダでは転びません。そして馬自身も先頭で直線を向いた時は【4-5-4-2】。
勝つまではどうかですが、馬券内なら十分に一発を秘めており、舐めてかかると痛い目に遭いますよ。


そして詳細は明日以降に回しますが、ちょっと疑って掛かりたい人気馬を先行公開。
この馬です
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
ランキング内ブログ紹介に馬名を記載しておきます(10位ぐらい)

明日以降も天皇賞(春)を徹底的に分析しますので、ご期待下さい!

【メルマガ結果報告】2019年4月3週

皆様、こんばんは。

土日の競馬、お疲れ様でした。
ここでは有料メルマガの結果報告を行います。
2019年4月3週の結果報告です。

★4月3週の推奨馬券成績★
提供レース数:7
的中レース数:3
投資金額:14,700円(1点100円計算)
回収金額:  9,300円
回収率:63.3%

★4月3週の推奨軸馬全成績★
 4/20福島  9R エターナルフレーム(2人気)→3着好走!
 4/20福島12R バンパークロップ(10人気)→11着
 4/20京都  6R プリンシアルーチェ(4人気)→14着
 4/21福島  8R タフチョイス(1人気)→1着好走!
 4/21福島  9R ユイノチョッパー(4人気)→11着
 4/21京都12R スーパーモリオン(4人気)→12着
 4/21東京12R フィスキオ(3人気)→3着好走!

★推奨馬券回収率まとめ★
(2016年)158%
(2017年)187%
(2018年)  93%

(2019年)105 ※2019年4月21日終了時点
1月:114%
2月:  64%
3月:139%
4月:  97%
5月:
6月:
7月:
8月:
9月:
10月:
11月:
12月:



先週の勢いに乗って今週で(月間プラスの)勝負を決めようと思い臨んだ今週でしたが、軸馬こそ堅調も人気になっている軸馬しか走らず、人気薄が全滅では当然勝てません。
3つ的中した3連複は順に、4,280円・1,840円・3,180円と低配当ばかり。
ご期待頂いた会員様においては申し訳ございませんでした。

ただいつも言っているように、あくまでギャンブルですから結果は水物。ハマる週もあればハマらない週もありますし、ハマらなかった週は負けを受け入れるだけ。
必ず上昇すること、近い未来に歓喜が待っていることは過去が証明していますので、次週の爆発を期待して今週は終わりましょう。
その次週は月間プラスを掛ける週にもなります。いつも以上に気合を入れて、準備を整えて臨みますのでご期待下さい!


2019年、本気で馬券で勝ちたいなら、年末に「良い一年だったなぁ」と思いたいなら、ウチのメルマガを購読して下さい。
物事を決断するのに「遅すぎる」ことなんてないですよ。もし収支がマイナスになって悩んでいるなら、今からでも十分巻き返せます。一緒に戦いましょう!

有料メルマガ会員様は毎週の「好走期待馬リスト」も無料で閲覧出来ます

当ブログの予想はレジまぐにて販売中です!
↓ ↓
レジまぐ商品の購入はこちら!
上記ページから過去成績の詳細(月別の的中率や回収率)や当予想のコンセプトもご覧になれますので、ぜひ一度アクセスしてみて下さい。


4/21(日)の好走期待馬リスト

皆様、こんばんは。

当ブログでは毎週末にメルマガ読者様向けに「好走期待馬リスト」をご提供しております。
これは好走確率が高くて妙味のある馬を集めたもので、大前提として「一日を通じて競馬を楽しんでもらう」ために馬券に絡む確率が高いことを最優先に選出しております。

ブログでは毎週末に「好走期待馬リスト」の中から2~3レースをピックアップして無料公開していますが、今週から「好走期待馬リスト」には載せないブログ限定予想も加えます。
本日の無料公開は計3レース+エキストラ1レース(これは条件達成で公開)です。


尚、「好走期待馬リスト・完全版」では全16レースのご提供致します。
【福島】1R・3R・5R・10R・11R
【京都】2R・3R・5R・8R・9R・10R
【東京】1R・5R・8R・9R・11R
【ブログ限定】京都11R


またnoteでも「好走期待馬リスト・完全版」を個別にご購入頂けます(350円)
但し、メルマガ提供レースはnoteでは閲覧出来ませんので、ご注意下さい。
noteでのご購入は下記リンクからお願いします

ちなみに2019年(1月5日~4月14日)の「好走期待馬リスト」成績はこんな感じです
1
月別ではこんな感じ
2
単回値は目を覆いたくなる下降状況ですが、これを意識しすぎると予想がブレますので気にせず突き進みます。
とりあえず複系で信頼して下さい(笑)


当たりもしない競馬新聞を買うよりよっぽど費用対効果は高いです。
軸馬としてご使用頂くには最適でしょう。軸馬の回収率が100%を超えているのですから、よっぽどの多点買いなどをしない限り、これ以上の回収率を叩くことなど容易です



「好走期待馬リスト・完全版」はメルマガ(レジまぐ)会員様はオプションとして毎回無料でご覧頂けます。
尚、有料メルマガは初月無料(「初月」であって「加入から4週」ではないのでお気をつけ下さい)となっていますので、ぜひご検討下さい。
有料メルマガのお申し込みは下記リンクからどうぞ(過去成績など全て公開しています)

レジまぐ商品の購入はこちら!


***********************************************************************************
 【4月21日(日)の無料公開馬】 
馬名を伏せているレースは必ずバナーをクリックしてご確認下さいますよう、お願い致します
(状況次第では毎週の無料公開や、月1~2回の完全版無料公開を中止します)

東京11R(フローラS):[最強]競馬ブログランキング内(Y)が該当馬←クリックで馬名確認出来ます(10位ぐらい)
セラピアは予想通りに初めて初戦を見たであろう層が食いついて過剰人気。これでは手が出ません。フェアリーポルカは府中2000mフルゲートでは致命的な大外枠では二の足を踏みます。
ということでこの馬を推奨。デビュー戦は前後半48.8‐47.0秒のスロー。自身は出遅れからラスト3F11.3‐11.1‐11.1秒とトップスピードを持続しての差し切り。2着は後の重賞勝ち馬。当時の馬場でこのペースならどこかで10秒台を刻んでもおかしくはないのですが、その代わりにラスト1Fでも減速しなかったのは立派で一定の評価に値します。 前走は重い馬場で前後半47.3‐48.4秒を先行と初戦とは何もかも真逆のレース。前にキツイ流れでもあって結果差されましたが、これは展開に起因するところが大きかった印象。上位馬は次走以降の重賞で掲示板級で、後の重賞勝ち馬は頭差抑えきったことからも牝馬限定重賞なら勝負の目途は立ったと言えるでしょう。
あとは不当に人気のない高速府中向きのジョディーは絶対に押さえておきたい

京都9R:11メイショウロセツ
河内厩舎はミルコJと川田Jを乗せる時は勝負掛かり。過去3年の河内厩舎-川田Jのコンビは【8-13-6-24】勝率15.7%(単回値167円)連対率41.2%、複勝率52.9%(複回値105円)とハイアベレージで単複ベタ買いでプラス。更に芝なら【6-5-6-8】と更に数字は上がります。休み明けにも関わらず川田Jを乗せて来ると言うことは、それだけ馬の成長があるか仕上がっているかのどちらか(または両方)で現に2週前、1週前と自己ベストを大きく更新する坂路好時計を連発。ここは黙って買っておくべき場面でしょうね

京都11R(マイラーズC):ランキング内ブログ紹介文(C)の馬←クリックで馬名確認出来ます(20位ぐらい)
ここはダノンプレミアムとインディチャンプは相当堅いと思っていて、インディチャンプの単勝を推奨しても良かったのですが、3つ目の席を巡る争いを当てる方が喜ばれるかと思い、そちらに方針転換。
ということで推奨馬についてですが、同馬はギアチェンジ力に見るべきところがあって、4走前はラスト2F地点で11.2秒を使って出し抜いてモズアスコットに0.1秒差。負けはしたものの当日の馬場を考えれば最速11.2秒は悪くないラップ。 3走前は前後半47.8‐44.8秒の超スローからのラスト3F戦で、自身は10.7‐11.0‐11.2秒の脚を使って差し切り。 前走は前後半48.1‐47.1秒とラップ差は小さいものの、4F目から12.4‐12.3‐12.1秒と結構緩んでのラスト2F特化戦。自身はラスト3Fを11.8-10.9-11.7秒で差し切り。当日は結構な重めの馬場でしたので、最速10.9秒は優秀。このようにスローからの上がり勝負ではそのギアチェンジ力を活かして好走しており、瞬発戦は大歓迎。前走のラップを見ても分かるようにトップスピードの持続力はそれほどでもないので、仕掛けどころが遅くなりがちなマイラーズCの流れはドンズバでしょう

京都10R:3エルリストン
INポイント達成しましたので公開させて頂きます。ありがとうございました!

初ダートの前走が圧巻で、4~5F目にかなり緩んでの5Fロンスパ戦。ラスト5Fから12.7-12.4-12.3‐12.0‐12.7秒と刻んだわけですが、このラップならラスト1Fで13秒まで落とすのが普通で確実に先行馬は垂れる流れ。現に2~7着は差し・追込み・捲り馬が占めているわけで、これを前受けして楽勝するのはちょっと異常です。しかもラスト2F目に12.0秒とかなり速いラップを踏みつつラスト1Fも12.7秒ですから、1000万では明確に格が違いましたし1600万も楽に突破出来るはずです。内で揉まれこんで砂を被った時に死角があるでしょうが、ここはそういう展開にならないであろうメンバー構成。単勝のみで2.5倍以上付くなら大勝負!

****************************************************************************

twitter限定レースや推奨漏れしたレースをtweetしますので、ぜひフォローをお願いします


ペイシャキュウ 6人気1着
↓ ↓



黒船賞 1~4着まで印通り
↓ ↓



アネモネS 2頭推奨で1,3着
↓ ↓

続きを読む