皆様、こんばんは。

先週は重賞予想が散々で(特に日曜)改めて自身の能力の低さを痛感しましたが、少しでも「正解」に近付けるように週中からしっかり準備しますので、今週もよろしくお願い致します。

さて、その重賞ですが今週は牡牝トライアルの2鞍。
両方楽しみですが、個人的により楽しみにしている「ローズS」から考えていきたいと思います。
まずは過去5年のレースラップと3着内好走馬一覧を見てみましょう。

rose1
rose2

まずはラップ傾向ですが、過去10年中7年で中盤3Fが緩んでのラスト3F戦。強力な逃げ馬や前がやり合う展開が予想されない限りは、ラスト3F戦になるという認識で良いでしょう。
ちなみに近年では2015年が典型ですが、阪神1800mで中盤が緩まない流れだと前が相当しんどくなるので極端な追込み決着になります。

ラスト3F戦になると本仕掛けは直線入口になりますので、ラスト2F目最速が基本。開幕2週目の馬場でもあり、この地点が10秒台に入ることも珍しくありません。よって高いトップスピードは必須ですが、ゴール前の急坂で急減速しますからトップスピードの持続力も不可欠。というよりそちらの方が重要かも知れません。一言で言えば末脚の総合力ですね。そしてこのコースはスタミナの裏付けがないと走れないコースでもあります。
過去5年の3着内好走馬15頭中13頭に芝1800m以上の勝ち鞍がありましたので、最低限のスタミナを証明する実績は欲しいですね。

ラップに話を戻すと、中盤が緩んだ7年における上がり3Fの平均は34.1秒。最速地点で11秒前後を刻みますし、開幕2週目でインが活きている状況も後押ししますので極端な差し馬は差し届かないケースがあります。
中盤が緩んだ7年で4角10番手以下から馬券に絡んだのはラビットラン・リスグラシュー・シンハライト・ワイルドラズベリーの4頭だけ。残り17頭は4角を9番手以内で通過した馬で、17頭中10頭は4角5番手以内馬でした。
4角先頭馬が4頭も馬券に絡み、その全頭が人気薄であることからも、外回りコース=差し有利という意識が馬券妙味を生み出していることには注目すべきです。

馬券妙味という意味では人気別成績も注目
rose3
5人気以下馬【4-6-7-97】勝率3.5%(単回値66円)連対率8.8%、複勝率14.9%(複回値117円)

上記は過去10年のデータですが、3着内好走馬30頭中17頭は5人気以下馬。
5人気以下馬の全頭ベタ買いで複勝はプラス回収になっているように荒れる重賞で、過去10年中9年で1頭以上が馬券になり、8年で2頭が馬券になっています。これはちょっと異常。
「賞金保有馬の目標は先」「出走権がない馬はメイチ」というトライアルの典型のような結果が毎年繰り返されているわけですから、人気馬から買う方がどうかしていると言っても良いでしょうね。

ステップ別では「前走オークス組」が主流ですが・・・
過去10年→【8-4-2-36】勝率16.0%(単回値122円)連対率24.0%、複勝率28.0%(複回値75円)
直近5年  →【3-1-1-20】勝率12.0%(単回値53円)連対率16.0%、複勝率20.0%(複回値35円)
近5年は明確に精度が落ちています。
これは紫苑Sの重賞格上げによりメンバーが分散したことが要因で、特にオークス上位入線馬が紫苑Sに向かうことが増えたために精度が落ちているわけです。

つまり言い換えるならば「オークス上位入線馬でないと勝負になっていない」とも言えるわけで・・・
4着以内【7-3-0-8】勝率38.9%(単回値288円)連対率55.6%、複勝率55.6%(複回値107円)
5着以下【1-1-2-26】勝率3.3%(単回値31円)連対率6.7%、複勝率13.3%(複回値61円)
線引きするならオークス4着以内かどうか。オークスに参戦しているだけでは優位でも何でもなく、早熟性を証明しているだけです。

「前走オークス組」を除いた、前走クラス別成績は以下の通り
rose4
「1勝クラス<2勝クラス」は当然ですが、降級制度が廃止された今年以降はよりその傾向に拍車が掛かるのではないでしょうか。

これらを大前提の予備知識として持っておき予想に臨みたいですが、主要路線の「前走オークス組」で推奨するなら、過去傾向・能力トータルで判断するとこの馬になります
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に月曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
死角や弱点が無いわけではないんですけどね。詳細は明日の記事で書いていますので、そちらを参考にしてみて下さい

一方で「別路線組」は数頭が穴人気しそうですが、この馬はちょっと嫌いたいですよ
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文に月曜日限定で馬名を記載しておきます(5位前後)
鞍上含めて人気になりそうですが、この馬はトップスピードの持続力に問題があるタイプで、スローからの瞬発戦ではゴールが近づく毎にピッチが落ちて失速傾向にあります。キャリア中の3勝はいずれも平均~ハイペースで基礎スピードが求められたレース。従って前半からスロー、もしくは中盤で大きく緩むようなレースになるとゴール前の急坂も相まって失速必至です