皆様、こんばんは。

本日は「ローズS」「セントライト記念」の追い切り診断を行います。
名前の無い馬は、人気が無く動きの質も特筆すべきレベルにない馬、とご判断下さい。
評価は◎→○→▲→△→?の順です。

【ローズS】
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(C)の馬ビーチサンバ
栗東CW単走。まず目に付くのは体。春当時とは明らかに肩周りの筋肉を中心にパンプアップされており別馬のよう。ゴール前で追い出されるとクビを巧く使って重心が下がる好フォームになります。もしかするとやや重めの可能性も否定出来ませんが、最後の10完歩を評価して◎に

ダノンファンタジー
栗東CW単走。コーナー地点で頭を上げる場面があったものの、これは1週前も全く同じでその後はスムーズだけに気にしなくて良いのかも。春当時より胸前の厚みが増した感があって、それでいて柔らかみは失われていない点は好感。相変わらず美しいフォームで秋初戦としては十分合格点

シゲルピンクダイヤ
栗東CW併せ。直線半ばまでは相手に合わせる形。押さえきれない手応えのままゴール前で仕掛けられると一気に突き放して楽々先着。1週前もでしたが仕掛けられての反応は流石

メイショウショウブ
栗東坂路単走。バネ感があって、リズム感と力強さも十分。フットワークにブレがないままに登坂しました。頭が高い点はどうしても見栄えしませんが、良い内容でした

ウィクトーリア
栗東CW併せ。6Fから時計になるところ。前進気勢は十分で抑え加減で先着。先週速い所をやっているので、これで十分と判断したのでしょう。発汗が目立った1週前と比較して馬体もシャープに映りますし、秋初戦として9割程度は仕上がった感

スイープセレリタス
美浦坂路併せ。3頭併せの最内。やや反応が鈍いかなというところはありましたが、リズムが崩れることなく真っ直ぐに登坂して先着。ガニ股走法はこの馬の個性。馬体重の割に大きく見せないのは個人的にはあまり好きになれないですが…

ビッグピクチャー
栗東芝併せ。動き自体にケチを付ける点はないので▲評価でも良かったのですが、持ったままとは言え手前を替えてからも全く加速度が変わらなかったことは重賞を考えると物足りない感は否めず。やや厳し目にこの評価

アルティマリガーレ
坂路単走。バネ感はあるものの力感はイマイチ。フットワークにも伸びはなく、掻き込み系の走法だけにトップレベルで戦うにおいては多少馬場が渋った方が良いでしょうね

シャドウディーヴァ
美浦坂路単走。頭が高い走法は春から変わらず。これは個性なので問題無し。それよりも完歩ごとにリズムが違うことが問題で、結局手前も替えないまま。脚元の力強さは十分ですが、高い評価には出来ないですね

モアナアネラ
栗東坂路併せ。レースと同じく頭が高い。頭が高いので前が伸びず、必然的に完歩は小さめ。それでもピッチが効けば良いのですが単純に脚力不足で回転を上げられない、という悪循環で結果1馬身遅れ。根本的な話ですが、このクラスでやれるだけの脚の速さがありません


【セントライト記念】
該当馬なし

「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(X)の馬
栗東坂路単走。7Fから時計になるところをやった1週前が実質的な最終追い。その1週前は、外目を追走して追い出されると決して反応は良くなかったものの、ジワジワと伸び続けて並走馬を引き離す一方。7Fから時計を出してラストまで脚色がしっかりしていた点は評価出来ます。当週は軽めに終始し態勢は整いました

エングレーバー
栗東CW単走。終始集中して駆けられているしリズムも一定。若干前輪駆動気味かなとも思いますが、特に気にならない程度でこれと言ってケチを付ける点は無し

ランフォザローゼス
美浦W併せ。3頭併せの大外。終いだけ伸ばす軽めの調整ながら、前走より前向きさが出ているのは良いですし、直線重心が落ちて推進力も増しています。明らかに前走を叩いて上昇気配が伺えます

ニシノデイジー
美浦W単走。頭の高さは相変わらず。ただ回転力、推進力は十分でこの辺りは流石。体もひと回り大きくなった感じがします。ダービー時より柔らかみが足りない点で▲評価としますが、秋初戦としては合格ラインの動きです

サトノルークス
栗東CW併せ。3頭併せの最内。直線追い出されてスッと1馬身前に出た反応の良さは評価。ただ前肢の可動域は狭めで、手前を替えてからも伸びはさほど変わらず。取り立てて悪い点はないものの、○以上にする根拠も無し

リオンリオン
栗東CW単走。全身を上手く使った走法は見栄えのするもので、一目で走る馬と分かります。ただ後肢の溜めが利かないので接地時間が短くなる→それに合わせるので前肢を慌てて回転させる、という悪循環になっており、それゆえに推進力がイマイチ。あの走りならもっとタイムが出て良さそうなものですが、ラスト1Fのタイムが伸びないのは推進力が足りないからです。今回はまだ完調には無いと見ました

モズベッロ
栗東坂路併せ。序盤からかなり行きたがり鞍上に反抗する素振り。それでも追われてからは大飛びで力強い豪快なフットワークで楽々先着。スケールの大きさは間違いありません。ただ若葉Sや京都新聞杯当時より行きたがる面が酷くなっており、この点は大幅な減点が必要です

ルヴォルグ
美浦W併せ。3頭併せの最内。ランフォザローゼスは大外。1馬身追走する形で直線へ入るも内へモタれる仕草を見せて矯正される場面。ほぼ導入もランフォザローゼスと比較すると頭も重心も高く、体の厚みも見劣るのは事実。特筆する点は無し

オセアグレイト
美浦坂路単走。コーナーから直線入りまでは良かったものの、ゴール前はやや失速気味でスピード感に欠ける感

ザダル
美浦W併せ。手前を替えなかったことが影響しているかも知れませんが馬なりの相手に併入。こちらも馬なりではありましたが、頓挫明けでもありスッと反応して欲しかったのは事実。1週前も無抵抗に1馬身遅れでしたし、決して万全とは言えないでしょうね

メイショウテンゲン
栗東CW併せ。3頭併せの最内で追い掛ける形。真ん中の馬より3頭分内を回したにも関わらず大外の馬に遅れを取ったように追われてからは頼りない内容。前向きさは感じられますが、この脚力では…