皆様、こんばんは。

本日は「神戸新聞杯」「オールカマー」の追い切り診断。
両重賞共に有力馬を中心に取り上げますが、人気馬の一部はプライベート記事に回します。閲覧パスワードはメルマガご購読者様(配布済)と今週土日いずれかのnoteをご購読頂いた方に配布致します。
今後バナークリック数が増えれば、これまでのように無料全公開します。
尚、評価は◎→○→▲→△→?の順です。

【神戸新聞杯】
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(W)の馬←クリックして馬名を確認して下さい(5位前後)
栗東CW単走。併せ馬の1週前が本追いで今週はやや軽め。春当時より馬体は厚みを増して成長。前後肢共に可動域の広さは十分で手先の返しも強く、追われる度に重心が下がる様は秀逸。筋力が増したせいか完歩幅が伸びた感(正確に計れば絶対に伸びているはず)もあって、そのお陰で推進力が増しています。前哨戦仕上げという感じはなくて9割方出来ているでしょう。もう少し前肢の捌きに柔らかみが加われば完璧ですが、それも高いレベルでの話。このメンバーではちょっとレベルが違う動きです

ワールドプレミア
栗東坂路併せ。1週前のCW追いでも感じましたが、随分馬体が成長しましたね。一目で体に幅が出たことが分かりますし、それによって春当時よりブレが小さくなりました。体幹がしっかりしてきたのでしょう。当然力強さも出ていますし、元より走り方にはセンスがある馬でしたから非常に良く見えます。もう少し後ろを使えるようになればベストですが、これでも十分成長していますから合格点です

ユニコーンライオン
栗東CW併せ。3頭併せの最内から追いかける形。クビを上手く使って全身運動が出来ていますし力強さも十分。ただ左手前では伸びきれず、右手前に戻してから一脚使えた点は右回り戦を考えると割引であることは確か。それでも「4人気以下勢」の中では動きの質は明らかに上位のものですので、おまけでの▲評価

レッドジェニアル
栗東坂路単走。当週は軽めの内容だったので、1週前のCW追いを評価対象に。6Fから79.8秒と速い時計を出しつつ1F11秒台後半でまとめた時計自体は一定の評価が必要ですが、可動域が狭い走りでストライドが伸びませんね。筋力に頼って強引に走っていて、前後の連動性が取れていないんですね。背骨の動きが前→後ろに波打つように連動し、トモを中心に蹴っぱった力を後ろ→前に伝える、というのが正しい動きなのですが、この馬はそれぞれが単発なんです。例えばヴェロックスなんかと比べると違いは歴然で、スローで見られる方は見ておくべきですよ。違いがすぐに分かりますので

キタサンバルカン
美浦W併せ。コーナー出口で早々に手前を替えてしまい直線入口ではスムーズさを欠く形に。その後3完歩ほどですぐに右手前に戻してしまったので当然伸び脚はイマイチ。直線半ばで再度左手前に戻すと一気に加速して並走相手を突き放しました。この不器用さはいかがなものかと思いますし、右手前で走りたがることを考えると右回りはプラスではないでしょうね。動き自体はバネ感もあって悪くないのですが・・・

ジョウショウムード
栗東CW単走。フワフワしてグリップが利かないのは重心が高いから。重心が高いのはクビを使えないのと四肢の可動域の問題ですが、これだけ効率が悪いとゴール前で失速するのが必然なんですね。この稽古でも直線半ばで右手前に戻したのは苦しくなったからに他ならず、これでは高い評価は出来ませんね。活気があることだけが評価出来る点でしょうか

ヴィント
栗東CW併せ。外目から追走する形。頭が高い走法はダービー時と変わりませんが、今回は四肢との連動性がイマイチ。ゴールが近づく毎にどんどん重心も上がって走りに余裕がありません。更に活気も無いと。何とかクビ差だけ先着しましたが、これではちょっと・・・

【オールカマー】
該当馬なし

ミッキースワロー
美浦W単走。頭の高い走法はもはやお馴染みのもの。1週前も感じましたが、やはりこういう不格好な走りでこれだけの成績を残せているのは筋力の強さと手先の返しの強さ・鋭さがあってこそですよね。特に後肢の蹴りの強さは感心するもので、この動きならしっかり力を出せるでしょうね

グレイル
栗東CW単走。高脚気味の走法は若駒時代から変わらず。前走時からですがパワーアップした影響か、長めからでも好時計が出るようになっているのは好材料で、今回も6F79.8秒の速い時計を出しながらラスト3F38.6‐12.3秒とまとめて来ました。ただまだ前輪駆動な走りで、もう少し後ろを使えるようになれば良いのですが、これは変わらないでしょうね。決して見栄えする走りではないですが、この馬なりに体調は良さそうですよ

ゴーフォザサミット
美浦W併せ。レイデオロと併せて外目を先行する形。前捌きは硬めも動き自体はシャープですし、前後の蹴り出す方向はキレイ。相手が強く追われていなかったとは言え、頭差以上は前に出させない意志の強さは高く評価したいですね。この馬なりにデキは良さそうです

ショウナンバッハ
美浦W単走。キビキビとした動きはとても好感が持てるのですが、撫でるように走って余りにも(動きが)軽すぎるのは気掛かり。直線手前を替えた時に内にヨレたのもそれが原因で、要はしっかりグリップ出来ていないんですよね。馬のやる気は認めますが、走りの質は高くはありません

クレッシェンドラヴ
美浦W併せ。回転力も力強さもあるのですが重心が浮き気味でしっかりグリップ出来ていないのは嫌です。ざっくり言えば空回り。1週前に比べて硬さが出ていますし、発汗が目立つのも気になります。?を付けるほど悪くないですし、体調に問題がありそうでもないですが、動きの質は高くないですね

トニーファイブ
栗東坂路併せ。とりあえずこのクラスに入ると馬体の貧弱さは致命的。前後脚はキレイに蹴れていますし連動性もあるのですが、この体だと根本的な「足の速さ」で見劣る感は否めないですね

「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(B)の馬←クリックして馬名確認をお願いします(10位前後)
美浦W併せ。良くないです。とりあえずクビの角度が良くないですし、走りもやや緩慢。トモの張りもイマイチ。毛艶も冴えませんし、発汗だけが目につく有様。馬なりでも自ら前に出る意欲を出す馬が2週連続で併せ馬で遅れたことを考えても状態は本物ではないでしょう。人気も鑑みてここは思い切って?評価にします。あっさり好走されたらごめんなさい

エンジニア
美浦坂路併せ。終始頭の高い走りで、直線の入りでは右に傾ぎ気味で矯正される。鞭が入っても反応は鈍く、結局頭差遅れてのフィニッシュ。最後まで手前も替えませんでした。力強さこそあるものの、強敵相手だけにこの動きの質では・・・

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。