砂の王者

1992年から競馬三昧。好きな馬はナリタタイシンとワコーチカコ。 2017年10月から「レジまぐ」にて予想販売を開始。2019年2月から「note」にて好走期待馬リスト販売開始。2020年5月から「競馬最強の法則WEB」にて予想提供開始。当方が発信する全ての予想を閲覧出来るメルマガ会員様を常時募集中です。2017年3連複回収率188%、18年同93%、19年同111%。 ブログではトラック関係なしに興味あるレースを取り上げます。

2018年08月

【本日無料!】8/25(土)の好走期待馬リスト

皆様、こんばんは。

今週土曜の「好走期待馬リスト」は無料公開とさせて頂きます。
日曜は通常通り会員様限定となります。

尚、たまに推奨漏れしたレースをtwitterでつぶやきます。


では、本日(8/25)の好走期待馬リストです。

【8月25日の好走期待馬リスト】
札幌3R:14タガノヤマト
このブログでは何度も書いている「関西未勝利戦上位理論」に合致する同馬から。このレースには同馬以外に関西馬は6頭出走していますが、そのいずれもが地元戦では馬券絡みの経験なし(ダート戦に限る)。6戦中4戦で馬券に絡んでいる時点で能力上位は明白ですし、この時期の未勝利戦はそれだけの理由で馬券が取れます。最上位の成績(4着2回)をおさめていた4アルマトップエンドが北海道初戦で2着に好走したのは何よりの証左で、ここは黙って単勝。クロフネの血が入っているだけに外枠も◎

札幌4R:1ベラソヴラーノ

前走コスモグラトナスの勝った未勝利戦の2~5着馬がエントリーしており、この組の上げ下げが的中の鍵を握るレース。その前走は後半4Fが12.3-12.4-11.8-12.3と掛かっており基本的には後ろが有利なレース。それを9番枠から先行したベラソヴラーノは勝ち馬と共に強い競馬をしたと言えます。今回は絶好の1番枠をゲット。前走比で0.2秒は枠順だけで違ってくるはずです。更に馬場が重かった3走前でも悪くない競馬をしており、時計の掛かる馬場もOK。相手はいまだに未勝利に居るのがおかしい8アルレーサーが面白い

札幌6R:16マイネルテンプス

2走前は騎手コメント通り中1週&ラスト2F特化戦が堪え、前走も新潟らしいラスト2F特化戦。そもそもキャリア8戦での上がり最速がデビュー戦の33.8秒。これとて夏の新潟の超スロー戦で、これを除けば34秒中盤の脚が限界です。そういう点で先週から時計が掛かり&直前降雨の馬場状態は絶好。そして前述2戦を除けば堅実に掲示板前後を常に確保してきた馬で力はあります。ましてや3,4走前などは負かした馬が次走以降複数好走するようなメンバー構成でもありました。ここ2戦の惨敗&大外枠となればまず人気はないでしょうから、複勝8:単勝2で買ってみたい一頭です

札幌7R:危険10キャスパリーグ
過去19戦中11戦で馬券に絡む安定株ですが、こと稍重馬場に限れば5・5・8着と安定感は消え去ります。ディープ産駒らしくパンパン馬場歓迎のクチでしょう。札幌芝は先週から時計は掛かり気味。中間は含水量も下がり馬場回復傾向でしたが、金曜夕方から雨。もし渋化が残るようなら危険な一頭と見ますが、良発表or時計速い馬場なら危険馬認定は取り消します

小倉4R:12セルリアンユウガ
栗東坂路で好時計を連発出来るように、能力は間違いなくあります。2戦ともに楽々好位を取れ、特に前走は12.3-10.7というラップでも楽だっただけに1000m戦に戸惑うこともないでしょう。追ってからイマイチだけに消耗ラップになるレースは向くはずで、ここは適性がバッチリ合う可能性は十分です。相手筆頭は小倉1000m戦でもハイレベルの戦いを好走してきた10クリノカサットが本線

小倉6R:9タマモストーム
キャリア1戦の16オースオブオフィスが人気になるなら、9タマモストームから入りたいです。ここまで9戦して馬券を外したのは2回。それが3走前と前走ですが、まず3走前は直線内にモタレまくり右手綱を引っ張り切り&左鞭連打で矯正しようとするもまるでダメで直線全く脚を使えずの内容。ハッキリと左回りが敗因。前走も同じ左回りで直線も同様に内にモタレまくりでしたが、それ以上にデキが疑問。中6週でしたが中間坂路2本、しかもその両方が超軽め。これでは走れる訳がありません。今回は右回りに替わりますし、稽古内容も前走より4Fで5秒以上速い時計で負荷を掛けてきました。これならまともに走れるはずで、そうなれば能力は一枚上でしょう

小倉7R:7ネージュフレーズ
ここまでキャリア3戦。初戦は明確な出遅れ。回ってきただけも勝ち馬と0.9秒差。2戦目もやや出負けもゲートは改善。前後半33.7-34.8と小倉1200mにしてはそこまで前傾にならない流れを中団から。直線追い出されてエンジンが掛かるまで時間を要し、ようやく残り150mから伸びてクビ差2着。脚は明確に余しました。そして3戦目の前走はゲート五分から馬なりで好位追走。前後半33.0-35.4の消耗戦できっちり逃げ馬は捕まえたものの、前半脚を溜めた勝ち馬に差し切られる内容。初戦を除けば共に負けて強しの内容で、行っても控えてもOKですしペースの緩急も問わないのは強み。2,3戦目は共に1分8秒5で走破していますが、馬場差を考えれば1戦毎に時計を詰めていることになります。今回で4戦目でまだ上積みは見込めますし、ここは黙って単勝勝負

小倉12R:9サンライズカナロア
ダートながら短距離で変わった同馬。初の芝短距離となった前走は、前後半34.8-33.9のスロー。やや出負けして位置を取れなかったことに加えて、3~4角では前が壁になってブレーキまで掛ける不利。そうなるとあのペースではどうにもなりませんでした。更に2,3着馬は次走で古馬混合500万を共に快勝するメンバー構成。7着でも全く悲観する内容ではありませんでした。小倉1200mなら前走と真逆の流れになるでしょうし、そうなればスピードが活きます。更に1週前には坂路ラスト1F11.8秒の自己最速、当週は53.4-12.2秒とこれまでにない内容でまとめてきました。成長力も見込める今回は前進必至です

新潟7R:10ナポレオンズワード
ここはプレシャスリーフが上位のレースですが、連の相手筆頭として推奨したいのがナポレオンズワード。500万条件で3度の馬券絡みがあるように現級では能力上位の当馬。ここ2戦は馬柱を汚す結果となっていますが、2走前は上位馬はもちろん8・10・12着馬まで次走同級勝ちや馬券絡みを果たしたメンバー構成。同様に前走も2・4着馬が次走2着、5着馬は次走500万勝ち、8・9着馬が次走共に3着、10着馬は次走2着ととんでもなく相手が揃っていた一戦でした。この2戦の敗戦で評価を落とす必要はありません。この騎手で単勝は売れていますが、連系は人気になっておらずここは格好の狙い時です

新潟10R:10ホウオウスクラム
初の千直だった前走が0.2秒差の完勝。54秒8という時計も優秀でした。大飛びでスタートダッシュがそこまで速くないのと器用さがないだけに道中で絶対にブレーキは踏みたくないタイプ。それだけに少頭数も歓迎です。ノーブレーキで走れるならレッドラウダよりもこちらが上と見ます。馬券は単勝で


8/19(日)の好走期待馬リスト

皆様、こんばんは。

先週は無料公開しました「好走期待馬リスト」ですが、今週は当初通りメルマガ会員様限定記事とさせて頂きます。

尚、たまに推奨漏れしたレースをtwitterでつぶやきます。


では、本日(8/19)の好走期待馬リストです。

こちらはメルマガ会員様限定記事となりますので、パスワードが必要です。
メルマガ会員様は「ログイン」からユーザー名(なんでも結構です)とパスワードを入力してご覧ください。続きを読む

8/18(土)の好走期待馬リスト

皆様、こんばんは。

先週は無料公開しました「好走期待馬リスト」ですが、今週は当初通りメルマガ会員様限定記事とさせて頂きます。

尚、たまに推奨漏れしたレースをtwitterでつぶやきます。


では、本日(8/18)の好走期待馬リストです。

こちらはメルマガ会員様限定記事となりますので、パスワードが必要です。
メルマガ会員様は「ログイン」からユーザー名(なんでも結構です)とパスワードを入力してご覧ください。続きを読む

★今日は無料公開★8/11(土)の好走期待馬リスト

今週の「好走期待馬リスト」は無料公開WEEKとさせて頂きます。
ご参考にして頂けますと幸いです。

尚、たまに推奨漏れしたレースをtwitterでつぶやきます。


フォローして頂けるとありがたいです。
よろしくお願い致します。

【8月11日の好走期待馬リスト】

札幌1R:13シゲルエメラルド
とりあえず芝の初戦が8着ながらも1分50秒1と走破時計はなかなかのもの。11着馬が次走4着好走しているように、時計通りレベルが高かった可能性があります。テンにスッと行ける脚があるのもプラスです。クリスエス産駒は8枠時に良績を残しており、そういう点でもプラス。またアグネスタキオンは母父に入ってダート馬を出す傾向もあります。ただ走法や母系自体はダート歓迎という感じでもないので、人気がなさそうなら狙う、ぐらいの感じで買いたいと思います

札幌3R:危1レッドランサー

週中の想定段階から「外に入れば鉄板、内に入れば危ない」と思っていた同馬がよりによって最内を引いてしまいました。というのも同馬はとにかくゲートが遅い。先週同舞台で単勝1.3倍のコパノマーボーが飛びましたが、あれもゲートが速くなく最内枠が仇になったもの。今回はすぐ外の2番、4番あたりがそこそこ速いので包まれて位置を下げる恐れが十分あります。ならば大外ハードカウントから入る方が良いでしょうね

札幌6R:11レッドプリモ

初戦はフィニフティ、キューピッドアローというとても強い馬に次ぐ3着、2戦目は5ヶ月ぶりながらも勝ち馬と0.5秒差で前走馬券絡みからの臨戦が4頭という強いメンバー構成。2走前はダートでノーカン。前走は不利な札幌1500mの大外から最後方追走。直線はジリジリ&いかにも距離不足で5着まで。ここまで芝の3戦では結構敗因がはっきりしており、前走を見ても距離延長は歓迎。ここは骨っぽい相手ですが、この馬とて素質では引けを取らないはず。馬体増えれば尚良し

札幌8R:8デザートストーム
3走前の降級後は3・3・5着といま一歩の競馬が続いていますが、3走前は出走12頭中降級馬2頭+前走500万馬券掲示板経由馬4頭というハイレベル戦。2走前も同様に12頭中降級馬2頭+前走500万掲示板経由馬4頭のハイレベル戦。前走こそ崩れましたが、ここは自身以外は前走掲示板経由馬4頭とレベルは下がりますし、ストーミングホーム産駒は全場芝複勝率20.7%に対して札幌芝34.5%・函館芝41.7%(過去3年)と洋芝向き。少し人気も落ちるだろうここが狙い時

新潟3R:4ダンスメーカー
ここは堅そうな一戦。初戦は出遅れて3着。2戦目はゲート改善するも向正面で前の馬の後ろ脚に引っ掛かり落馬寸前(騎手が首にぶら下がってギリギリセーフ)があり僅差3着。その時の2着馬がラスティユース(4戦連続2着後、先週勝ち上がり)ならすぐ未勝利は勝てるはずですし、実際時計も2戦目で1分38秒9なら大威張り。エンパイアメーカー産駒だけに内枠が懸念されますが、初戦で砂を被りまくった上で直線馬群を割りましたから、それも大丈夫。ソロルの下で小回りもOK。きわめて死角が少ない人気馬だと思います。
相手は同じく人気のグランサムでOKだとは思いますが、どうもコーナーリングが拙くやはり大箱向きだと思います。能力は未勝利を勝てるものを持っているガブリエル、水準の稽古時計が出ているレッドフレイ、この2頭が割って入る可能性もありそうです

新潟9R:12カイザーバル
今の新潟芝は明確に内有利馬場。内枠or先行馬で一脚使える馬がバンバン走っています。今週もその馬場を踏襲すると考えればカイザーバルに味方するでしょう。大外枠とは言え12頭立て。このメンバーなら2,3番手は取れるでしょう。前走は約10か月ぶり&前後半45.8-47.3と息の入らない流れでの失速はやむなし。その前走を除けば外回りコースは(3-3-1-3)で馬券を外した3回中2回はアルテミスSとチューリップ賞。条件戦に限ればほぼ100%好走しています。そこそこメンバーは揃った印象ですが、馬場も味方につけてここも確実に走ってくるでしょう

新潟10R:6アナザートゥルース
個人的な好みではチュウワウィザードを推したいですが、よりによって戸崎騎手への乗り替わり。差し馬に乗らせてこれほど信頼出来ない騎手はおらず、今回は相手まで。ということで推奨は人気ですがアナザートゥルース。去勢明け初戦こそ凡走しましたが、これはホルモンバランスの関係上仕方なし。去勢から時間が経過した3走前からは堅実に能力を発揮できるようになりました。2走前は勝ち馬がヨシオ(マーキュリーC2着)、前走はマジカルスペル(重賞級)と相手が悪かっただけで、時計的には準OPを勝ち上がれるもので走破しています。今回は降級戦。間隔が空きましたが1週前の一杯追いで仕上がった様子で直前は馬なり調整で状態に不安はなし。そして先行馬不在で展開も向きそう。順当に勝ち負け。相手はチュウワウィザードに加えてウォーターレスターが穴

小倉4R:8レッドアルジーヌ
平均的に脚を使う流れがベストで、そういう意味では小回り2000mは合っています。ハーツクライ×ダルシャーンですから高速馬場も歓迎。つまり今の小倉2000mはベストに近い条件と言えます。ここは前走で馬券に絡んだ馬が同馬以外に居ない低レベルメンバー戦。キャリア4戦で前進はあっても後退はないはずです。単勝

小倉8R:3連単1点
こと馬券という意味ではやらない方が良いレース。シングルアップは芝1400mを1分21秒8で走破。前後半34.7-35.3のスプリント寄りの流れを快勝してきただけに確勝級。残り6頭中外枠3頭は勝負にならないので、残り3頭の内どれが最先着するかを予想するレース。そういう視点なら面白いですね。
アーデントリーは34.9-12.1-11.7-11.7の初戦ラップがいかにも平凡。しかも2着馬とラスト1Fびっしりと叩き合ってのもので余裕があるわけではありませんでした。勝ち時計は同日の九産限定新馬と0.5秒しか違わず、さすがに通用しそうにないです。
チュウワフライヤーはヘニーヒューズ産駒。ダートの勝率11%に対し芝は4%とやはり芝での見劣りは否めません。
リゲインは前走辛勝も3着には1秒の大差を付ける内容。シングルアップ同様に前半速いスプリント寄りの流れを先行して押し切ったもので、1200m通過は1分9秒9。相手はこれで良いでしょう。
と言うことで馬単3→2の1点ですが、恐らく1人気。従って馬単は押さえにして「チュウワフライヤーが芝でも走れました」に期待して、メインは3→1→2の1点で


8/5(日)の好走期待馬リスト

皆様、こんばんは。

先週は無料公開しました「好走期待馬リスト」ですが、今週は当初通りメルマガ会員様限定記事とさせて頂きます。

尚、たまに推奨漏れしたレースをtwitterでつぶやきます。


では、本日(8/5)の好走期待馬リストです。

こちらはメルマガ会員様限定記事となりますので、パスワードが必要です。
メルマガ会員様は「ログイン」からユーザー名(なんでも結構です)とパスワードを入力してご覧ください。続きを読む
競馬最強の法則WEBにて予想提供中
12月会員様募集中(年末感謝祭抽選権付)!
noteはこちらから
9月7日発売「デジタル版競馬最強の法則Vol.6」に掲載されました