砂の王者

1992年から競馬三昧。好きな馬はナリタタイシンとワコーチカコ。 2017年10月から「レジまぐ」にて予想販売を開始。2019年2月から「note」にて好走期待馬リスト販売開始。2020年5月から「競馬最強の法則WEB」にて予想提供開始。当方が発信する全ての予想を閲覧出来るメルマガ会員様を常時募集中です。2017年3連複回収率188%、18年同93%、19年同111%。 ブログではトラック関係なしに興味あるレースを取り上げます。

2018年11月

【チャンピオンズC】調教からは3頭!

枠順も決まったチャンピオンズC。
個人的な理想に近い枠配置になったこともあり「これは流れが向いてきたなぁ」などと感じております。
ゴールドドリーム回避で馬券妙味が増したこともあり、予定よりも強めに勝負しようかと考えております。

さて、本日で全頭の最終追いが終了しましたので、調教高評価馬をピックアップしたいと思います。
尚、濃霧の影響で美浦馬の当週追いは映像確認出来ませんでしたので、美浦所属の3頭(ルヴァンスレーヴ・ノンコノユメ・センチュリオン)は除いた評価となっています。
ちなみにですが、ルヴァンスレーヴの1週前追いはまずまず。やや重めに感じた分でしょうか、ラストの伸びがイマイチでしたが、あの一追いで良くなってくるはずです。

最終追いから評価したいのは3頭。
この3頭は甲乙つけがたく順位付けをするのは難しいですので、順不同でご紹介。

まずはケイティブレイブ
1週前CW→当週坂路は前走と同じパターンですが、前回と違い1週前のCW追いで負荷を掛けました。
6Fから80.7-37.4-12.1と全体時計、終い時計共に上々。しかも終始楽な手応えで馬の前向きさが伝わります。
当週坂路は53.6-25.1-12.6と時計的には平凡ですが、1週前で仕上がったため。ラスト2F目にやや集中を欠く面を見せましたが、それでも弾むようなフットワークでラスト2F12.5-12.6と失速せずのフィニッシュ。
この一追いで完璧に仕上がった感じで、間違いなく100%能力を発揮できる状態です。

特注穴馬も含む残り2頭はこちらから!
↓ ↓

中央競馬ランキング
ランキング内ブログ紹介文に2頭の馬名を記載しています

まず前者はいつも通りの坂路での最終追い。4F52.9秒、ラスト1Fは計測エラーでしたがラスト2F24.2秒。2F時計は自己最速です。フットワークも返しの鋭いもので、いかにも体調が良さそうなのが伝わってきますね。過去2走と比較しても時計のバランス・質の良さは今回が抜けており、ピークの状態でレースを迎えられそうですね。

そして特注は後者。
4F時計は自身過去最速。更にラスト2F共に12秒台を計時したのも初めてとなります。しかも完全に馬なり状態ですから価値は高いです。首を巧く使った走りで、非常に前向きさの伺えるフットワーク。枠も願ったり叶ったりの最高枠。全く人気はないですが、いよいよこれは一発ありますよ


【チャンピオンズC】あの人気馬はどう?

本日になりゴールドドリーム回避の報。
ルヴァンスレーヴとの再戦が見られないのは非常に残念ですが、馬券妙味はグッと増した感。
ゴールドドリーム回避により1人気はルヴァンスレーヴで確定。2人気もケイティブレイブで確定でしょうか。

さて、そのケイティブレイブ。
古馬混合戦を走り始めた2016年ラジオ日本賞以降、地方競馬場での成績【7-3-2-1】とほぼパーフェクトと呼べるものなのに対し、中央での戦績は【1-1-0-4】と対照的。
前走こそ久々に中央の舞台で勝ち星を挙げたものの、ゴールドドリーム・ルヴァンスレーヴ不在のレースで、いまだ半信半疑の方も多いのではないでしょうか。
ざっくり言うならば典型的な持続ラップタイプで、瞬発力に欠けるところが中央成績が悪い(というよりこういうタイプだからこそ地方の小回り競馬場に向いている)要因だと思います。

ただ中央での敗戦を振り返ると敗因がはっきりしているのも確か。
・5走前フェブラリーSは適正外のマイル戦に加えてスプリント戦並みのHペース。目野師指示により徹底先行するもバテる
・8走前チャンピオンズCは道中かなり緩んだラスト3F特化戦でのキレ負け
・12走前平安SはHペースでラスト4Fは減速ラップを踏む流れで、上位4頭は捲り馬+追込み馬。それを逃げて5着敗退
・14走前フェブラリーSは18年フェブラリーSとほぼ同様の理由での敗戦

とこんな感じ。

敗因を見ているとペースに左右されている感が強いですが、果たして今回はどうなるでしょうか。
現時点での私の評価は・・・
↓ ↓

中央競馬ランキング
ランキングのブログ紹介文内に評価を書いています

そしてもうひとつ別の話題を。
一昨日の記事で軽視する馬について書きましたが、もう一頭軽視したい人気馬をご紹介。
この馬です
↓ ↓

中央競馬ランキング
ランキング内ブログ紹介文(D)に馬名を記載しています

理由は一昨日記事とほとんど同じ。基本的には砂を被らないことが好走条件になりますし、現に近走の好走時もそうでしたからね。
鞍上もその点にはかなり気を遣っていますので、立ち回りは相当難しいはずです

【チャンピオンズC】血統から見る大穴

チャンピオンズCがJCダートから条件変更して4年。
中京ダ1800mに舞台が替わってからの上位入線馬から血統的特徴を拾うなら3つのポイントが。
それは「デピュティミニスター」「Special」「ミスプロクロス」

【2014年】
1着ホッコータルマエ→ミスプロ3×4、Special持ち
2着ナムラビクター→ミスプロ4×4
3着ローマンレジェンド→母父オーサムアゲイン(デピュティミニスター系)


【2015年】
1着サンビスタ→ミスプロ4×4、Special持ち
2着ノンコノユメ→レイズアネイティヴ(ミスプロの父)4×5
3着サウンドトゥルー→父フレンチデピュティ(デピュティミニスター系)

【2016年】
1着サウンドトゥルー→父フレンチデピュティ(デピュティミニスター系)
2着アウォーディー→Special4×5
3着アスカノロマン→母母父デピュティミニスター

【2017年】
1着ゴールドドリーム→母父フレンチデピュティ(デピュティミニスター系)、Special4×5
2着テイエムジンソク→父クロフネ(デピュティミニスター系)
3着コパノリッキー→Special持ち

ちなみにSpecialはヌレイエフの母、サドラーズウェルズ・フェアリーキング兄弟の母母で主にパワーを伝える血。
冬の凍結防止剤入りの重いダートはSpecial持ち馬を狙え、は知る人ぞ知る馬券苦言(多分)。

特にデピュティミニスターの血は毎年1頭は馬券に絡んでいますから、血統からの狙い目としてこれは最低条件としたいですね。

さて今年の登録馬でデピュティミニスター持ちは6頭居ますが、その中で最も有力なのはゴールドドリーム
同馬は父ゴールドアリュール(Special内包)で母系にNumber(母Special)が居るのでSpecial4×5。更に母父フレンチデピュティ(デピュティミニスター系)。ゴールドアリュールと母系にSpecialとミスプロを持つ馬は好走馬多数の配合。その配合通りに走りますし、Specialクロス由来のパワーもあり、冬の乾燥ダートもお手のものなのは昨年の結果で証明済。
血統的には出走馬中ナンバー1で今年も堂々の主役です。

ただゴールドドリーム推奨では面白くないので、血統的穴馬をご紹介。
↓ ↓

中央競馬ランキング
ランキング内ブログ紹介文(A)に馬名を記載しています

同馬は父系にデピュティミニスターの血が存在。そして好走馬多数のミスプロ4×4のクロスも保有。母系のアフリート由来の揉まれ弱さが最大の弱点も、鞍上はその点を完璧に把握しているのは過去レースの所作からも明白。
昨年はそういう意味で最悪の枠ながらも好戦したように圏内には居る一頭。外枠が絶対条件ではありますが、条件整えば絶対に馬券に加えておきたい一頭ですよ。軽視禁物!



【チャンピオンズC】1円もいらない馬

本日はチャンピオンズCの危険人気馬をご紹介しましょう。

同馬の最大の特徴は揉まれ弱さ
この父産駒には結構いるタイプですね。
この鞍上が初騎乗したレースは内枠から終始揉まれて何も出来ず。2戦目は内枠から終始ラチ沿いを追走していたため揉まれ方はそれほどでもなかったものの、直線は隣の馬に気を遣って伸びずバテず。
恐らくこの2戦を持って「こりゃ馬群に入れるとダメ」と思ったのでしょう。3戦目以降は外枠なら出たなり、内枠ならソロッと出して何が何でも外に出す!という乗り方(ゲートもわざと少し遅らせているのではないかとすら思っています)。
VTRを見れる方は7走前ぐらいから見てほしいですが、内が開いていても絶対に入れない、こじ開けてでも外に出す様は強い意志が伝わってきてある意味面白いです。

つまり枠がどこでも後方→外出し→直線も大外の競馬しか出来ないわけです。
昨日の記事でも書いたように中京ダ1800mはただでさえ屈指の前有利コース。差し・追込み馬はイン突きor馬群捌きが必須の中で、この揉まれ弱さは致命傷と言えるものでしょうね。
今更逃げる訳にも行かず(行こうと思っても行けないでしょう)はっきり言って八方塞り。
もう複系馬券でも1円も要らないはずで、迷いなくバッサリ切り捨てたいと思います。

そんな揉まれ弱いのはこの馬
↓ ↓

中央競馬ランキング
ランキング内ブログ紹介文(C)に馬名を記載しています


間違った知識を持つファンに物申す

ちょっとレース予想から離れた話題をひとつ。

昨日のJCにおける「2分20秒6」という時計は驚愕と衝撃でありました。
かれこれ28年ほど競馬を見て来ましたが、私の歴史の中でも五指に入る衝撃度でした。

私はこの時計で走った馬達(特に上位入線馬)のその後の肉体的疲労が心配であるとtwitterで呟きましたが、それはあくまでざっくり言えば体力的なものであり脚元について言及したものではありません。

巷では、この驚愕時計=馬場が硬すぎる=故障の要因となる、といった理論が蔓延しているようです。
それによってJRA(馬場造園課)への批判を行っている輩も散見されます。

が、ちょっと待て。
馬場硬度と故障には相関関係はないんですよ。
これは「日本ウマ科学会」でも以前レポートが発表されていますし、私の記憶では「月刊優駿」や「週刊競馬ブック」誌上でも複数回レポートや記事等が掲載されているはずです。

故障と相関関係にあるのは馬場硬度ではなく馬場の不均一性であり、つまり極端にいえば所々に穴ぼこがあるような馬場が故障の要因となります。
その点で日本の競馬場の整備レベルの高さは世界でも有数であり、馬場造園課においては批判どころかむしろ称賛されて然るべきなのです。

こんなことは正しい知識を持った競馬ファン、関係者には10年前には周知の事実として知られています。
そういったことを勉強もせず、知ろうともしないバカな競馬ファンが「馬場が硬い=悪」という旧態依然とした誤った知識を声高に叫び続けているのです。

いい加減正しい事実を知りましょう。


競馬最強の法則WEBにて予想提供中
10月会員様募集中!
noteはこちらから
9月7日発売「デジタル版競馬最強の法則Vol.6」に掲載されました