砂の王者

1992年から競馬三昧。好きな馬はナリタタイシンとワコーチカコ。 2017年10月から「レジまぐ」にて予想販売を開始。2019年2月から「note」にて好走期待馬リスト販売開始。2020年5月から「競馬最強の法則WEB」にて予想提供開始。当方が発信する全ての予想を閲覧出来るメルマガ会員様を常時募集中です。2017年3連複回収率188%、18年同93%、19年同111%。 ブログではトラック関係なしに興味あるレースを取り上げます。

2019年10月

JBC3競走展望

この記事は木曜日限定公開記事のため、現在は非公開です
続きを読む

【AR共和国杯】あの人気馬は要らんでしょ

皆様、こんばんは。

本日は日曜もう一つの重賞「アルゼンチン共和国杯」について考えていきます。
まずは過去5年のレースラップと3着内好走馬一覧を見てみましょう。
ar1

ar2
同条件の目黒記念は概ね4~5Fのロンスパ戦がデフォルトなのに対し、このレースはラスト3F戦が主流。過去5年中4年で後半の最速地点がラスト2F目と仕掛け位置も遅く、直線だけの競馬になりやすいのが近年の傾向です。

今年の登録メンバーを見渡しても近2走で逃げた経験がある馬はおらず、そうなると後半型の競馬になることは必至。どこでレースが動き出すかを予想することが大変重要になりますが、ここでは近年の傾向通りにラスト3F戦濃厚、もう少し動き出しが早くなっても4Fロンスパ戦程度になることを想定して、有力馬と危険人気馬をピックアップしてみたいと思います。


アフリカンゴールド
前走六社Sは前後半62.7‐57.6秒のスロー。ラスト5F目から徐々にペースアップするも、ほぼラスト3F戦と言って良い内容。好位のインを追走し、直線外目に出されて自身ラスト3F11.0-11.1-11.5秒とまとめての差し切り勝ち。完全な横綱相撲と言って良い競馬で、上がりの速い競馬に対応してきた点は今回に繋がるものです。2走前は敗退していますが、これは烏丸S敗退後に去勢した影響。一般に去勢後半年程度でホルモンバランスが整ってくると言われる中では、2走前は本調子になかったと考えて良いのではないでしょうか。前走が本来の姿です。
データ的にも好材料が揃っていて、まず過去10年で前走「六社S(旧オクトーバーS)」勝ち馬は【1-2-0-2】と好相性で、AR共和国杯でハンデ55㎏以上を課せられた場合は【1-2-0-1】。そしてもう一点の注目はゴドルフィン所有馬だということ。今年のゴドルフィン軍団は昨年に自社の坂路コース(ダーレーキャッスルパーク)が完成した影響か、年明けから所有馬が好調。2019年芝重賞の成績は【4-2-4-15】で複勝率40%・複回値100円。20回以上出走回数がある馬主の中ではダノックス・金子真人HDに続いて複勝率3位で、シルクレーシング・サンデーレーシング・キャロットファームよりは上。しかも2人気以内に支持された馬は【4-2-2-3】で複勝率72.7%と驚異的な成績を残しています。鞍上ルメ―ル配置は厩舎の勝負度を示すものと言って良く、ここは期待通りに走ってくれるのではないでしょうか

アイスバブル
2走前の目黒記念は前後半59.3‐59.1秒、2F目以降の12F中11Fで12.0秒以下のラップを刻む地力戦で完全差し有利な流れ。その流れを4角後方4番手から差し込んだ内容で展開利があったことは確かですが、地力を求められる流れなら重賞でも勝負になると証明した一戦でもありました。一方で、3走前は前後半61.7‐59.0秒のスローラスト3F戦も勝ち切ってはいますが、ラスト3F11.4‐11.4‐11.7秒というラップは馬場を考慮しても平凡。5走前には前後半61.2‐59.0秒からのラスト3F11.6‐11.4‐11.5秒を差して最後は前と同じ脚色になったように、基本的には上がり特化の流れは不得手と考えてよいでしょう。キャリア中で最も速かった上がり3Fタイムが34.0秒で、ほとんどのレースで34.5秒以上掛かっている事実も含めて今回想定されるペースで良さが出るとは思えず、また外国人騎手【3-2-1-0】に対し日本人騎手【1-2-0-3
】という結果(パワー型騎手が合う印象)が出ている中での日本人騎手継続騎乗もプラスとは言えません

「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(A)の馬←クリックして馬名を確認出来ます(10位前後)
同馬は前半ゆったり入っての後半型の競馬が合うタイプで、芝での良績が2400m以上に偏っているようにある程度の距離を必要とする馬。4走前は太目残りに加えて前後半58.3‐62.4秒の消耗戦が合わず。3走前はスローラスト3F戦という内容自体は得意分野ではあったものの、距離不足&力の要る馬場が合わず。2走前も同様に距離不足&力の要る馬場が合わず。この2,3走前についてはG1級馬多数というハイレベルメンバーでもありました。そして前走は距離・馬場は条件好転したものの、テンから一貫して緩まない地力戦が向かずの敗戦。今年に入ってからはサッパリな成績が続いていますが、このように敗因はハッキリとしています。5走前には前後半62.9-58.2秒の超スローラスト3F戦を上がり最速で差し込み2着好走。6走前には前後半62.4‐57.6秒の超スローからの5Fロンスパ戦を先行押し切りでルックトゥワイスに完勝したように、長丁場で前半ゆったり入られれば後半はロンスパでも上がり特化でも好走出来る対応力を持っています。府中2500mのスロー想定レースは正にベストと言える条件で、今年の中で最も走れるタイミングだと言って良いでしょうね。重い印候補です

「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(V)の人気馬←クリックして馬名を確認出来ます(5位前後)
近走で馬券を外した3戦は「前後半60.8‐57.8秒のスローからの4Fロンスパ戦」「前後半62.7‐58.9秒の超スローからの5Fロンスパ戦」「前後半62.9‐58.2秒の超スローラスト3F戦」。とにかく地力戦・消耗戦のタフな流れでこそ良さが出る馬で、重賞での2戦は正にそういう流れでした。そもそも条件戦を長らく勝ちあぐねたのは、条件戦(特に2000m以上)はどうしてもスローな流れからの後半性能を問われる形になりやすいからで、そうなると今回想定される流れでは良さが出るとは思えないのは当然でしょう。狙い所が分かりやすい馬で2走前などは「スロー必至の舞台なのになぜ買うのか?」と事前に酷評した記憶がありますが、どうも人気がある馬のようでいつでも人気してくれます。今回もどうも人気しそうな情勢ですが、普通に考えれば軽視する番になりますよね

【みやこS】狙うべきはインティではなく・・・

皆様、こんばんは。

昨日は今週の4重賞を簡単に展望してみましたが、今日からはもう少し掘り下げて考えていきたいと思います。
まずは日曜重賞の内の一つ、「みやこS」について分析していきます。

まずは過去5年のレースラップと好走馬一覧を見ますが、昨年は京都でJBC開催のため「みやこS」は休止。従って2017年以前の5年間を対象とします。
みやこ1

みやこ2

良馬場時の平均ラップが「12.1-11.2-12.6-12.4-12.5-12.1-12.3-12.6」前後半48.2‐49.5秒。
淀みなく一貫して速いラップを刻む持続力特化戦で、3角過ぎの下り=ラスト3F目最速と決まっているレース。
コーナー部分が最速になるので、基本的にここで外を回される先行馬は負荷が大きくなりますのでゴール前で失速しがち。基本的には、先行するにしても差すにしても最速地点はインで脚を溜められる馬が好成績を残している印象です。

みやこS過去8回での位置取り別成績は以下の通り
みやこ3
4角3番手以内馬が複勝率も複回値も優秀なので「先行馬有利」と思いがちですが、これだけを見ていると傾向を見誤ります。

みやこ4
2角の位置取り別成績を見ると全く違う傾向で、3番手以内馬の成績は最悪。
と言うことは、それより後ろに位置した馬の成績が優秀ということで、2角5番手以下馬が16頭のもの好走馬を出しています(シェア66.7%)。

まとめると、一貫して速いラップを刻むことに加えて、仕掛け所も早いですから先行馬には苦しいレース。3角辺りから進出して押し切れるロンスパ適性馬か、直線まで脚を溜めて差し込めるギアチェンジ力に優れた馬を中心に考えたいところです。

次に、前走クラス別成績は以下の通り(過去8回分)
みやこ6
「チャンピオンズC」への前哨戦となるレースだけに、流石に昇級馬は苦戦傾向。
前走OP特別・重賞使用馬を中心に考えたいです。

その前走OP特別・重賞使用馬においては、そのレースで人気を背負っていた馬が好成績を上げている傾向。
みやこ7
前走1~2人気【7-4-2-11】勝率29.2%(単回値195円)連対率45.8%、複勝率54.2%(複回値135円)
前走3人気以下【0-1-3-54】勝率0.0%(単回値0円)連対率1.7%、複勝率6.9%(複回値24円)
これだけ顕著な差が出ている以上は偶然では片づけられないですね。
OP特別や重賞で人気にならないような能力の馬は、G1前哨戦のここでは通用しにくいということでしょう。

最後に人気別成績一覧(過去8回分)
みやこ5
10人気以下【0-0-0-49】。単勝オッズ20.0倍以上馬【1-1-1-67】。
極端な人気薄は苦戦傾向ですが、中穴帯は好走馬多数。過去8回中6回で7~9人気馬が1頭以上は馬券に絡んでいます。

これらを基礎知識として予想を進めていきますが、とりあえず現時点で狙いたいと考えている一頭がこの馬
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に火曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
登録メンバーを見渡すと、どうもペースは上がりそうな情勢(リアンヴェリテが出てきてくれると尚更)。今年は2013,2017年のようなハイペース→ラスト1Fでかなり減速ラップを踏みそう。推奨馬は2走前に前後半47.3‐50.8秒の前傾戦を早め進出から強敵相手に快勝。前走は敗れたものの、中盤3Fに亘ってかなり緩んでしまって鋭さ負けした印象ですが、上位馬はG1好走馬ですから、あの敗戦で評価を落とすことはないでしょう。仕上がりがポイントにはなりますが、力は通用・流れも向くなら思い切って狙いたいですね

他に積極的に狙いたなぁという馬は見当たらない現状なので、代わりに今回の舞台に合わなさそうな穴人気馬をご紹介しておきます。
この馬です
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文に火曜日限定で馬名を記載しておきます(5位前後)
長丁場のレースらしくテンから緩んだり中盤が緩んでこそ良さが出る馬。つまりは終い特化に近い形で能力を発揮出来るということですが、そういう意味では流れが速くなりそうな今回のメンバー構成且つ1800mという舞台では狙いにくいですね

4重賞簡単展望

皆様、こんばんは。

また改めて成績をご報告する場を作りますが、とにかく予想の調子が悪いです。
先週のスワンSこそ2頭推奨の1頭であるマイスタイルが馬券に絡んでくれましたが、天皇賞秋は◎アーモンドアイ、▲アエロリットまでは良かったものの「自信の消し」とまで書いたダノンプレミアムに走られ撃沈。あれだけ順調だった「好走期待馬リスト」も10月はまるでダメ。メルマガは更に輪を掛けてダメ。
期間中に何らかの形で予想を見て頂いた皆様には申し訳ない気持ちしかありませんが、色々試行錯誤して、とにかく丁寧に時間を掛けても全く噛み合わない状況。特にメルマガについては2か月間も糞みたいな予想をし続けているだけに「これがお前の実力」と言われても何の反論も出来ない状態です。

今週はG1の谷間でもあってブログを休んでリフレッシュしようかとも思いましたが、それよりも更に時間を掛けてでも足掻き続ける方が正解だと思いましたので、とにかく敗因分析をします。
ただ、日曜夜は競馬を頭から追い出しますので、本日の記事は超簡易版にさせて頂きます。
日曜段階でメール等頂いている方々においては、月曜にご返信させて頂きますので、何卒ご了承下さい。

「競馬とは?」「予想とは?」。
本質を見誤っているのだと思いますので、じっくりと向き合って根本から立て直します。


さて、今週はG1の谷間ですが土日で計4つの重賞&月曜には浦和でJBCと大変な1週間。
本日は簡易版として、中央4重賞の注目馬を1頭ずつ取り上げます。

【京王杯2歳S】
1400m重賞ながら、2014年前後半差1.3秒のスロー、2015年同3.0秒の超スロー、2016年同1.5秒のスロー、2017年同2.2秒の超スロー、2018年同4.5秒の超超スロー、という具合にとにかくスローからのギアチェンジとトップスピードが要求されるレース。
また前走重賞好走馬が強いレースだと言うことも考えると、現時点での最有力馬はこの馬でしょう
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に月曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
本当は牝馬を推奨したいのですが、登録している牝馬がファンタジーSと両睨みなので・・・


【ファンタジーS】

京王杯2歳Sと同じく前走重賞使用馬が強く、過去10年で【5-3-2-15】勝率20.0%(単回値579円)連対率32.0%、複勝率40.0%(複回値187円)。単複ベタ買いで大幅プラスだけに該当馬が居れば必ず買っておきたいところ。
今年の該当馬はクリアサウンドのみ。前走新潟2歳Sはキレ負けの形も、勝ち馬は2歳女王候補のウーマンズハート、3着ビッククインバイオは先週のアルテミスS3着馬。これらにそれぞれ0.6秒差、0.2秒差はこのメンバーに入れば威張れる実績。この馬を中心に考えたいです


【アルゼンチン共和国杯】

ar
ご覧のように、前走条件戦組か前走G1組が好走率・複回値共に高く、これらの組から狙い馬を探したいレース。今年は前走G1出走馬が居ないため、前走条件戦組に狙いは絞れます。
前走条件戦からの臨戦で馬券に絡んだ10頭中8頭は、その前走で4角5番手以内から粘り込んだ馬。府中2500mは2度の坂越えになるスタミナ要求値が高くなるレースですから、先行押し切りが出来るだけのスタミナを示していることが必要になる、ということでしょうか。また、10頭中7頭は東京コース使用馬でした。
今年該当する馬の中で推奨したいのはアフリカンゴールド
大穴ならバリングラ。本栖湖特別は2勝クラスですが、過去2頭の好走馬を輩出しているステップになります。ただし外国人騎手起用が条件になります


【みやこS】
チャンピオンズCの前哨戦として要注目のレース。
インティを筆頭に面白そうなメンバーが揃いましたが、ちょっと危ない匂いがするのがこの人気馬
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文に月曜日限定で馬名を記載しておきます(5位前後)
以前から再三書いていますが、同馬は2戦目以降まともに砂を被る経験をしたことがないので、その弱点が覆い隠されつつありますが、最内枠から砂を被ったデビュー戦で頭を上げてあからさまに嫌がる素振りを見せて大敗した経緯があります。母父の血の影響で砂被りが全くダメと思われ、今回多頭数で極端内枠に入ればかなり危ないと見ています

10/27(日)の好走期待馬リスト

皆様、こんばんは。

本日は更新が遅くなり申し訳ございません。

当ブログはバナークリックが一定数あってこそ成立しています。
毎日の無料記事更新のためにも、皆様のバナークリックのご協力をお願い致します。


中央競馬ランキング
 ↑ ↑
ぞれぞれ1日1クリックのご協力をお願い致しますm(_ _)m
 ↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ


当ブログが発行しているメルマガでは本予想の他に「好走期待馬リスト」(好走確率が高くて妙味のある馬のリスト)をご提供しております。
ブログではこの中から2~3レースをピックアップして無料公開しております。
本日の無料公開レースは「東京9R(ブログ限定公開)」「新潟11R(ブログ限定公開)」の計2レースです。

尚、「好走期待馬リスト」完全版は以下の全12頭です。
【新潟】1R・8R・10R
【京都】2R・3R・7R・11R
【東京】6R・8R・11R
【ブログ限定】東京9R・新潟11R

「好走期待馬リスト」完全版はメルマガ会員様以外でもnoteでご購入頂けます(350円)
noteでのご購入は下記リンクからお願いします

ちなみに今年(1月5日~9月29日)「好走期待馬リスト」のベタ買い成績はこんな感じです
1

月別ではこんな感じ(安定感あって期待値も高い複系が狙い目
2

買い目を絞れば当然成績は上昇これが最重要
3
1段目 1~3人気の成績
2段目 4人気以下馬の成績
3段目 ダート限定の4人気以下馬の成績

下記はダート4人気以下馬の月別成績。特に複回値の安定感に注目!
4

人気馬は当然回収率が落ちるので狙うなら4人気以下馬。
リスト作成時には人気が分からないので、当日人気が無い馬を中心に買えばより効果的。
特にダート戦はその傾向が顕著となっています。
どんな感じの予想を記事を書いているかは→こちらをクリックでご覧頂けます。
必ずロジカルな根拠を示した上で推奨していますので、納得して馬券を買って頂けると思いますよ。

競馬新聞の本命馬ベタ買い回収率70~80%
某紙の有名指数1位馬ベタ買い回収率75~80%
好走期待馬リストのベタ買い→回収率95%
印通りに買っても決して儲からない競馬新聞などより費用対効果は高いです。
ベタ買いで複勝率50%&回収率が95%、上記に示したように条件を絞れば回収率約120%、しかも各月安定的に。これを1日350円で教えてくれるところなんてほぼ存在しませ
ん。


尚、圧倒的成績を残している(2019年回収率111%)有料メルマガ会員様も常時募集中です。
加入月無料となっていますので、10月分の料金のみで11月一杯まで配信を受けられます!是非ご検討下さい。
メルマガ(レジまぐ)会員様はオプションとして「好走期待馬リスト」が毎回無料でご覧頂けます。
有料メルマガのお申し込みは下記リンクからどうぞ(過去成績など全て公開しています)

レジまぐ商品の購入はこちら!


***********************************************************************************
 【10月27日(日)の無料公開馬】 
馬名を伏せているレースは必ずバナーをクリックしてご確認下さいますよう、お願い致します
(状況次第では毎週の無料公開や、月1~2回の完全版無料公開を中止します)

新潟11R:「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(T)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
前走は勝ち時計が過去10年での最遅タイムと非常に平凡。ただこれは終始向い風でのレースだったことが主要。2走前に好時計を計時しているように千直に関しての能力に疑いはありません。その前走ですが、終始向い風を浴び続ける競馬にも関わらず粘り込むあたりはスピード能力が一枚上だった印象で、しかも不利内枠からのスタートを思えば尚更でしょう。今回は一転外枠配置で、当面のライバルであるライオンボスは逆に内枠配置。更にライオンボスとの斤量差が前走より2㎏大きくなるとなれば逆転まであっても良いのではないでしょうか

東京9R:「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(F)の穴馬←クリックして馬名確認をお願いします(15位前後)
前走は中団後ろで進めていたところに鈍足馬に前をカットされ、その鈍足馬がズルズル下がるのに合わせて下げざるを得ない状況に。結局そのまま最後方まで下がる初期ダビスタ状態。 その後外に出して上がり最速で追い上げるも前半のロスはあまりに大きく、0.5秒差まで差し込むのが精一杯でした。単純に4~5馬身のロスと考えてもまともなら勝ち負けになっていた計算で 本当についていない一戦でした。実質2戦連続での好走で、能力はこのクラスでも上位であることは証明。3走前には1400m戦で敗れていますが、これはラスト2F目に11.8秒を刻むような 完全前有利レースなので仕方なし。2歳時には前傾マイル戦を先行してレコードに0.4秒差の実績があり、距離は問題なし。今回は人気の盲点になりそうですが、ここは突き抜ける場面まであって不思議ありません。

東京11R(天皇賞秋):?????

「人気ブログランキング」のINポイント9670以上で危険人気馬を公開します
↓ ↓

中央競馬ランキング

****************************************************************************

G1パドック診断や推奨漏れしたレースをツイートしますので、ぜひフォローをお願いします!
↓ ↓



続きを読む
競馬最強の法則WEBにて予想提供中
9月会員様満口御礼(次回募集は9月28日以降)
noteはこちらから
9月7日発売「デジタル版競馬最強の法則Vol.6」に掲載されました