砂の王者~Reborn~

競馬で勝つこととは当てること?否、当てても最終的に金が減るなら全く意味なし。競馬で勝つこととは儲けること。それが出来ないなら予想家失格。ウチは収支も公開出来ないようなブログ・予想家とは一線を画します。 17年から有料予想販売開始。20年5月から「競馬最強の法則WEB」にて予想提供開始。19年回収率111%、20年同93%、21年同105%(21年8月29日終了時点)。21年2月から新理論を引っ提げて再始動!

2020年04月

【天皇賞春】有力馬分析

皆様、こんばんは。

本日は「天皇賞春」の有力馬分析を行いましょう。対象は7頭です。
尚、今週から6週連続のG1開催となりますが、バナー(リンク)クリック数が多ければ次週以降も「有力馬分析」の無料公開頭数を増やすつもりですので、お手数ですがバナー(リンク)クリックのご協力をお願い致します。


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ


トーセンカンビーナ
持続系差し馬。トップスピードのレベルは並以下である代わりに良い脚を長く使えるのが特徴で、概ねラスト1Fの減速地点で差し込むのが同馬の特徴です。2~6走前の条件戦を振り返ると、勝利した3戦ではラスト2-1Fの減速幅が「1.1秒」「0.7秒」「0.9秒」だったのに対し、2・5着に敗れた2戦では「0.1秒」「0.3秒」と減速幅が小さかったように、結果はあくまで流れ次第という他力本願なところがあります。前走阪神大賞典はラスト7F目から11.6-11.7-11.9-11.9-11.8-12.0-12.5秒と言うラップを刻んだ差し馬に利があった流れ。ラスト2Fに亘って12秒台のラップを刻んだようにトップスピードのレベルが低い同馬にはお誂え向きの流れで、あそこまで流れに恵まれる重賞はそうそうありませんので、前走を過大評価することは大変危険です。天皇賞春では中盤が緩んでラスト4F目からペースアップする形が主流であることは月曜日に書いた通りですが、ラスト1Fの平均ラップは12.1秒(過去10年)でラスト2-1Fの減速幅の平均は0.5秒。基本的には極端に減速しないレースですから同馬が差し込める流れではないです。また、十中八九普通ではないレベルで出遅れて位置が取れない点も大きなマイナスです。かなり前が引っ張るようなペース想定でなければ評価は下げたいのが正直なところ

ダンビュライト
5走前までは安定しないスタート&内枠配置が多かったことにより、中団内目追走を強いられるレースの連続。スッと反応出来ない馬だけにこの位置からでは勝負所で待たされることがしばしばありましたし、トップスピードのレベルが高くないので消耗ラップにならない限りは直線で差し込むことも出来ず、こういった理由から伸びずバテずの中途半端な着順を繰り返す競馬に終始しました。ただ近走はスタートが安定し始めたことで弱点を補える競馬(=前で受ける)が出来るようになり、成績も上昇傾向。大阪杯では大外枠から先手を取れ切れず終始外回しの競馬になった分の敗戦、JCはレース前からテンションが高く直線入口で早々に失速してしまう敗戦と近走のG1では結果が残せていませんが、ハナを切った京都大賞典、実質ハナを切ったような形の京都記念では共に持続力の高さを活かして好走出来ており、ここに来て「自分の型」が確立出来た感はあります。こういう先行させて渋太い馬は天皇賞春で穴を開けるタイプ(カレンミロティックやビートブラック)と言えて、内枠でも引いて4角早め先頭の形を採れればかなり面白いと思います。また同馬は京都の下りを利して加速するのが上手で、京都記念では最速11.1秒地点で抜け出すという他の競馬場ではまず考えられないレースが出来ており、現に京都コースは全て重賞で【1-1-1-1】。唯一の馬券外は菊花賞5着ですから、なかなかの巧者と言えるでしょう。ただし、今回は中22週の休み明けに加えて、去勢明け初戦。これらは常識的には狙えない材料ですから、印を回すとしても重い印にならないというのが冷静な評価でしょうか

シルヴァンシャー
反応は鈍いもののスピードに乗ってからは長く良い脚が使える馬で、4走前から3連勝。その中には
メールドグラースに完勝したレースもあり、後半性能の高さは重賞レベルです。そういった背景から戦前に一定以上の評価をしていた前走京都大賞典では長休明け、初重賞挑戦と厳しい条件ながら3着好走。しかも内有利馬場で前が残ったレースを4角大外回しで差し込んだものですから着順以上の評価が必要で、負けて強しの内容だったと思います。ただし今回はG1戦。前走と同じ7か月振りのローテでも前走より一段階以上相手は強くなりますし、3200mの距離も息持ちという意味ではネック(距離自体はこなせると思います)。ゲートが不安定で後ろから行く脚質なのに勝負所の反応が鈍いためブレーキを掛けないで済む外回しをせざるを得ない脚質ですが、G1でそういう大味な競馬が通用するのかも甚だ疑問です。能力は最大限に評価したとしても、冷静に考えるなら手を出しづらいというのが正直なところですね。尚、過去20年の古馬芝G1において、中28週以上の臨戦だった馬は【1-4-0-43】。馬券に絡んだ5頭中4頭はG1連対歴があった馬(3頭はG1馬)でした。また過去30年の菊花賞・天皇賞春において3着内好走した馬の最長間隔は1997年サクラローレルの中17週(次点で2018菊花賞フィエールマンの中15週)。中19週以上は【0-0-0-13】と好走例なしというデータが存在しています

フィエールマン
大前提として考えておきたいのは大箱コースの軽い馬場向きの馬だということ。大箱コースでは全勝なのに対し、2着以下に敗れているレースは全て小箱コースというのは紛れもない事実です(国内戦のみ)。それを考えると、帰国初戦&不得意な中山内回りコース&軽くはない馬場だった有馬記念で厳しい流れを早め進出から粘り込んだ内容は敗れたとはいえ大いに評価して良い内容。あのレースと同じだけ走れればここでは勝てる計算であることに加えて、今回は「小箱→大箱のコース替わり」「やや時計の掛かる馬場→やや時計の速い馬場」「帰国初戦→従来通りに間隔をたっぷり取ったローテ」と好転する条件が多いことを考え合わせると無理に逆らう必要はないのではないかと思います。菊花賞は前半からペースが上がらず異例のラスト2F特化戦になったこと、昨年の天皇賞春は中盤5Fが過去10年で最も緩かったことから本質的なスタミナを問われるようなレースになった場合にボロが出ないとも限りませんが、昨年はグローリーヴェイズとの叩き合いでゴールが近づく毎にジリジリ差を開いていましたから、その心配は杞憂に終わる可能性が高そうです

エタリオウ
以前から使える脚が限定的ということは再三書いてきたわけですが、その特徴は今も変わらず。自ら動いては早々に脚が上がってしまうレースの連続で、2019日経賞・2019天皇賞春・2019京都大賞典・2020日経賞は全て同じパターンでの敗戦でした。3走前のJCでは3歳時に装着していた浅いブリンカーに戻し先行策を示唆したことで復活走を期待しましたが、結局先行しても終いが甘くなることには変わりがなかった敗戦。あの敗戦でほとんど八方塞がりの状態になってしまいました。今後好走の可能性があるとすれば、前半からスローで進み続けて前と後ろの距離差が小さい状態で直線に向くスローラスト特化戦のみ。2019菊花賞が正にこのパターンですが、そういう流れなら末脚の絶対量の無さを隠すことが出来ます。ただG1においてそういう流れになることはそうそうありませんし、ましてや3角からの下りでペースアップしやすい天皇賞春でそれを期待するのは無謀と言えるでしょう

「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(A)の上位人気候補馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
これまでは末脚の絶対量不足を露呈するケースが多く、好走パターンの多くはスローラスト3F戦でした。ただ年齢を重ねるごと(特に昨夏から)にその弱点は改善傾向にあり、前走ではラスト5F目から11.3秒と速いラップを刻む5Fロンスパ戦(正確には3角過ぎで一旦息が入る再加速戦ですが)を自身は残り800mから動き出して余裕十分に差し切る強い競馬で完勝しました。あの競馬が出来るならかなり幅が広がったと言えて、3角の下りから動き出しやすい天皇賞春に向けても目途は立ったと言えるでしょう。ただこれまで大箱コース【0-1-0-4】に対し小回りコース【5-2-2-5】と小回り巧者感は否めませんし、京都外回りは【0-0-0-2】。また間隔を開けた際に良績が残る基礎体力不足馬で、そんな同馬にとっての中4週(しかも長距離輸送付)という点もマイナス。G1では4戦4凡走で底力面にも疑問符が付くとなるとどうもマイナス要因の方が多いように感じられ、それでいて上位人気に推されるならば評価は下げた方が賢明と言えるでしょう

「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(V)の上位人気候補馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)

上がりが掛かる流れでしか好走出来ない鈍足馬。単純に足が遅いので4走前までは上がりが掛かった○○○賞(しかも特殊馬場で外伸びバイアスに乗った好走でもあった)でのみ好走出来て、後は惨敗の連続。3走前からは成績が良化したものの、3走前◎◎◎Sはレースの上がりが36.4秒も掛かった準OPレベルの一戦。2走前も同じく長距離戦で、道中11秒を刻んだ地点が1Fしかなくレースの上がりが38.1秒も掛かった凡戦。そして前走△△△△はラスト7F目ペースアップしてレースの上がり3Fが36.3秒も掛かったズブズブの差し決着を差し込んだ内容。このように近3走は鈍足馬の同馬に向いた流れ&かなりの弱メン相手に挙げた成績であって、これらにどれだけの価値があるのかは甚だ疑問です。ある程度の高速状態である京都外回り戦では近3走のような流れになることは考えづらく、過去10年の上がり3F平均は35.2秒。キャリア13戦中で34秒台以下の上がりを3度しか計時したことのない同馬(最速34.4秒)が後方から差し込めるなど到底考えられませんので、大雨でも降らない限りは迷いなく消して良いでしょう

【青葉賞】近年の傾向変化には要注目

皆様、こんばんは。

本日はG1から一旦離れて土曜重賞「青葉賞」について分析していきたいと思います。
まずは過去5年のレースラップと3着内好走馬一覧をご覧頂きます。

青葉賞1

青葉賞2

青葉賞3
青葉賞4

3歳春の2400m戦。普通に考えればスタミナ面を考慮してレースを進めるであろうと思われ、事実以前は中盤で大きく緩んでの上がり勝負が主流でした。ただ近年においては明確に傾向に変化が見られており、それは以下の一覧表をご覧頂けると一目瞭然だと思います。
青葉賞5
これは12Fを前・中・後に3分割し、それぞれのラップ差を一覧にしたもの(マイナス=減速、プラス=加速)。これを見ると2015年/2016年で線引きが出来て、2015年以前は中盤4Fで大きく緩んで後半4Fで急激にペースアップしている年が多いのに対し、2016年以降は比較的緩急が小さくなっていることが分かります。今年もその傾向を必ず引き継ぐとは言えませんが、競馬には確実にトレンドと言うものが存在しますから、近年はこういう傾向になっているということを知っておくことは必要です。

この近年のペースパターン変化によってもたらされる傾向は二つ存在して、まずは前走距離別成績
青葉賞6
近年では前走同距離馬の成績上昇が顕著。全体に緩急が小さくなるペース=スタミナ値が問われることになりますから、前走で距離を経験しておくことが重要と言えます。同距離でなくても前走2200m戦を使用していた馬の活躍も目立っています。そして近4年では前走2400m戦で上がり最速を記録していた馬は【2-0-2-1】と抜群の安定感を誇っているという事実があります。

そしてもう一つは位置取り別成績
青葉賞7
上記は3角位置取り別成績(真ん中より前か後ろかで仕分け)。2015年以前は中盤が顕著に緩むことで勝負所で馬群が凝縮する傾向にあって、そうなると前半~中盤で無理せずとも勝負所で前との物理的距離差が縮まる差し馬が有利なのは当然。一方で緩急が小さい傾向にある2016年以降は、差し馬は前との距離差を詰めるポイントがない(少ない)ため相応のスピードとスタミナがなければ差し込むことは難しくなります。2016年以降、3角を真ん中より後ろで通過しつつ馬券に絡んだ馬は4頭存在しますが、その内の3頭は前走2200m戦以上で勝利を挙げていたスタミナ証明馬でした。

次に人気別成績
青葉賞8
1人気がかなりの安定感を誇っている反面、2人気以下は混沌。過去10年中9年で5人気以下馬が1頭以上馬券に絡んでいますので、5人気以下馬で馬券に絡むだろう馬を見つけられれば、1人気との組み合わせで3連複が獲れる可能性が高まります。

5人気以下で馬券に絡んだのは12頭。前走2000m以下出走馬【2-0-0-69】で勝ち馬2頭は前走G2入着馬でしたので、これに該当しない前走2000m以下戦出走馬は消しの判断で良さそう。
一方で前走2200m以上戦出走馬は【3-4-3-45】単回値160円、複回値117円とベタ買いプラスですから該当馬は全頭買っておけばOKなのですが、率的にもう少し絞りたいのが本音。ということで、次のフィルターを掛けると成績は更に上昇。
・前走1勝C勝利馬 or 前走1勝Cで3人気以内且つ0.3秒差以内敗退馬→【3-4-3-22】

と言うことで本日は以上。
ここまでの内容を予備知識として予想に入りたいと思いますが、データ面と能力面の両面を考慮して真っ先に推奨したいのはこの馬
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に水曜日限定で馬名を記載しておきます(5位前後)
前走は3分割ラップが48.8-50.9-48.5秒と比較的緩急が少ないラップを残り1000m標過ぎから進出して押し切った内容。スタミナを証明しましたし、追われてから最加速状態に入るまでに時間が掛かる馬ですから大箱コースも合っています。馬場が渋れば尚良し

一方で危険視したい人気馬がこれ
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文に水曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
人気の根拠の一つは前走なのでしょうが、はっきり言って3着以下は低レベル戦。初戦の内容にしてもラップ的には説得力に欠く内容で、接戦だった2着馬も上級戦では通用しませんでした。血統的に距離は歓迎なのでしょうが、時計の速い馬場になるのも疑問ですし、これで人気するなら消して妙味でしょう

【天皇賞春】スピード能力は重要

皆様、こんばんは。

本日は昨日中途半端に終えてしまった「天皇賞春」の続き。
主に過去データ面について分析していきたいと思います。昨日も掲載しましたが、念のためレースラップ等を本日も掲載しておきます。

天皇賞1

天皇賞2

天皇賞3

昨日の記事の中で「馬場が軽い春の京都ですから11秒中盤が連続する後半ラップを差すには一定量のスピードも必要になります」と言うことを書きました。
過去10年の3着内好走馬30頭中26頭には「良馬場の2000~2500mのG2連対歴orGI3着好走歴」があったことで共通しています。3分割ラップの前半と後半をくっつけると中距離重賞のようなラップになりますから、やはり中距離的なスピードは必要になるということが言えますね。

続いて前走レース別成績を見てみます
天皇賞5
3着内好走馬30頭中16頭が「阪神大賞典」「日経賞」の2大前哨戦経由馬。今年の登録馬においても16頭中10頭がこの組になりますので、それぞれについて掘り下げておきましょう。

まず「阪神大賞典」組ですが、この組で注目したいのは「上がり5Fラップ」。
天皇賞7

春の京都だけに上がりがそこそこ速くなることは上にも書いた通りですが、1Fしか距離が違わない「阪神大賞典」でも上がりが速いか否かで天皇賞春に繋がるかが決まっています。5F61秒以上掛かるスタミナ優先年の「阪神大賞典」上位馬は天皇賞春で全滅。一方で61秒未満とある程度上がりが速くなったスピード優先年の「阪神大賞典」上位馬は天皇賞春で【2-1-4-9】で複勝率43.8%。またスピード優先年の勝ち馬については【2-0-3-1】と堅調。後半5F60.1秒だった今年は天皇賞春に直結する年と言えそうです。

「日経賞」組についてはもっと単純。その年の最先着馬【1-2-1-6】に対し、それ以外【1-0-1-40】。しかも最先着馬以外で馬券に絡んだ2頭は2014年に同時発生しましたので、その他9年については【0-0-0-34】。基本的には最先着馬以外は軽視するということでOKとデータからは言えそうです。

次に見ておきたいのが血統。
天皇賞8
背景色赤系馬は全て広い意味でのサンデーサイレンス系で、3着内好走馬30頭中25頭はこの系統。近5年については全頭サンデーサイレンス直系の孫と言うことになります。
一方でキングカメハメハ・ルーラーシップなどのキングマンボ系は【0-1-0-20】で相性は最悪です。

これ以外に言及しておきたいのはリピーターレースだと言うこと。年に一度しか行われない特殊条件だけに得手不得手が如実に出る傾向があります。

マイネルキッツ:09年1着→10年2着
マイネルキッツ:10年2着→11年6着
ヒルノダムール:11年1着→12年11着
ナムラクレセント:11年3着→12年9着
フェノーメノ:13年1着→14年1着
ウインバリアシオン:14年2着→15年12着
ホッコーブレーヴ:14年3着→15年6着
フェイムゲーム:15年2着→16年8着
カレンミロティック:15年3着→16年2着
シュヴァルグラン:16年3着→17年2着
キタサンブラック:16年1着→17年1着
シュヴァルグラン:17年2着→18年2着
クリンチャー:18年3着→19年10着


前年3着内好走馬が翌年にも出走した場合の成績は【2-4-0-7】。連対率46%を高いとみるか低いと見るかは人それぞれですが、少なくとも1歳年を重ねた上で連対率46%なら私は悪くない(良い)数字だと思っています。尚、リピート年で4人気以内に支持されていた場合は【2-3-0-2】まで数字が上がります。

ということで本日は以上。
これらを予備知識として予想に入っていきますが、データ的に最有力なのはこの馬でしょうね
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に火曜日限定で馬名を記載しておきます(5位前後)
理由は今日の記事を読んで頂ければ分かるかと思いますので、説明するまでもないでしょう。ただ本質的なスタミナを持っている馬とは思っていなくて、中盤5Fが62秒5以下の極端に緩まない流れになった場合には危ない可能性も孕んでいると思っています

一方で嫌いたい人気馬はこの馬
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文に木曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
今日書いたデータ的には消しの一手。最近のレース振りを見ても買える要素はないかと思います。ただし騎手の技量が問われるレースですし、年に一度しか行われない条件でもありますのでこの騎手の経験値は非常に強い味方になります。望みを見出すならその点でしょうね

明日は「青葉賞」について分析します。

【天皇賞春】触りだけ書きます

皆様、こんばんは。
本日は更新が遅くなり、申し訳ございません。

今週から連続G1開催が再開ということで、後半戦の第一戦は「天皇賞春」。この春のG1は・・・
天皇賞4
指定買い目・金額で上記のような途中経過。ここまでは余裕のある状態で何よりですが、昨秋が酷かったのでまだまだ回収しないといけません。後半戦スタートの天皇賞春を獲って、勢いを付けて府中連続G1へ臨みたいところです。

ということで、まずは過去5年のレースラップと3着内好走馬をご覧頂きます。
天皇賞1

天皇賞2

3200mの長丁場戦だけに年によってラップのバラつきが大きいのですが、前半・中盤・後半を5F
ずつ3分割(最初の1Fは除く)すれば概ね同じようなラップ傾向になります。
天皇賞3
これが3分割ラップですが(色を変えている3年は大逃げ馬が発生した年になりますので、レースラップはあまりあてになりません)長丁場だからと言って前半からゆっくり流れるわけではなく、位置取り争いもあるので前半はそこそこ流れつつ、中盤に入って顕著に緩むというのがパターン。後半5Fは年によって変わりますが、過去10年中7年で4Fロンスパ戦になっていますから基本的には3角の下りからペースアップすると考えて良いでしょう。

中盤で息が入るものの、前半にそこそこ負荷が掛かりつつ仕掛け所は早いわけですから基本的には中団から後ろで脚を溜める馬が優位性を持つレース。過去10年で2角を4番手以内で通過した先行馬は7頭しか馬券に絡めておらず、該当した馬はキタサンブラック(2回)・カレンミロティック(2回)・シュヴァルグラン・マイネルキッツ・ビートブラックですから、カレンミロティックの1回目以外はそれまでにスタミナを証明(菊花賞好走や前年の天皇賞春で好走)していた馬ばかり。先行馬については長距離G1実績がなければ基本的には軽視しても良いと思います。
一方の差し馬勢についても、23頭中15頭には「菊花賞」「天皇賞春」「2400mG1」での好走実績がありましたので、G1級のスタミナの担保は必要だと言えそうです。ただ馬場が軽い春の京都ですから11秒中盤が連続する後半ラップを差すには一定量のスピードも必要になります。この辺りは後日詳しく書きます。

申し訳ございませんが、本日は色々と立て込んでしまっておりここまでとさせて下さい。データ面の分析、有力馬分析等は明日に回させて頂きます。

最後に現時点での本命候補と嫌いたい人気馬をご紹介して締めにしたいと思います。
まずは本命候補から
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に月曜日限定で馬名を記載しておきます(5位前後)
右回り不安と本質的なスタミナを問われるレースへの適性を疑問視した前走でしたが、その両方を覆されるレース内容で大いに進境を見せたと言えるでしょう。あのレースが出来たならば能力・実績共に今回のメンバーでは明確に上位ですから、わざわざ嫌う必要はないかなと思います。ただ、急遽出てしまった鞍上問題には注視が必要ですね

対抗候補馬はこの馬
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文に月曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
前走はラスト7F目から11秒6と速いラップを刻んで、ラスト2Fが12.0‐12.5秒まで落ちたレース。トップスピードのレベルは高くなく持続力で勝負する馬だけに流れが味方した感は否めません。4F程度のロンスパ戦になると11秒中盤のラップを連続して刻むことになりますが、ゲート不安があって極端に後ろからの競馬になる同馬がこの流れを自力で差せるとは思えません。好走するなら消耗気味の流れになることが条件と言えますが、どうもそういう流れにはなりそうもなくて・・・

4/26(日)の好走期待馬リスト

皆様、こんばんは。

当ブログはバナークリックが一定数あってこそ成立しています。
お手数をお掛け致しますが、毎日の無料記事更新のためにも、本文内のリンク(バナー)クリックのご協力をお願い致します

当ブログが発行している予想は2種類=「メルマガ会員様限定の3連複予想」「好走期待馬リスト(好走確率が高くて妙味のある馬のリスト)
ブログでは「好走期待馬リスト」の中から2~3レースをピックアップして無料公開しております。

本日の「好走期待馬リスト」は以下の全17頭ですが、その中から「福島11R(ブログ限定)」「京都12R」をピックアップして無料公開させて頂きます。
【福島】1R・3R・5R・6R・7R・12R
【京都】3R(2頭)・4R・10R・11R・12R
【東京】1R・8R・10R・11R
【ブログ限定】福島11R

「好走期待馬リスト」完全版はメルマガ会員様以外でもnoteでご購入頂けます(500円)
noteでのご購入は下記リンクからお願いします

19年1月~先週(20年4月19日)の「好走期待馬リスト」推奨馬全頭ベタ買い成績はこんな感じです
1

月別ではこんな感じ
2

買い目を絞れば更に成績は上昇これが最重要
3
1段目 1~3人気の成績
2段目 4人気以下馬の成績
3段目 ダート限定の4人気以下馬の成績

下記はダート4人気以下馬の月別成績
4
より妙味が出るのが4人気以下馬(単勝人気が基準)。リスト作成時には人気が分からないので、当日人気が無い馬を中心に買えばより効果的。特にダート戦はその傾向が顕著となっています。
どんな感じの予想を記事を書いているかは→こちらをクリックでご覧頂けます。
必ずロジカルな根拠を示した上で推奨していますので、納得して馬券を買って頂けると思いますよ。

競馬新聞の本命馬単複ベタ買い回収率70~80%
某スポーツ紙の有名指数1位馬単複ベタ買い回収率75~80%
netkeiba「ウマい馬券」予想家の9割以上→回収率90%未満
好走期待馬リストの単複ベタ買い→
回収率95~100%

印通りに買っても決して儲からない競馬新聞などより費用対効果は高いです。
ベタ買いで複勝率50%&回収率が95%、上記に示したように条件を絞れば回収率約120%、しかも各月安定的に。これを1日500円(1レースあたり約38円)で教えてくれるところなんてほぼ存在しませ
ん。

尚、有料メルマガ会員様も常時募集中です。詳しくはこちらの記事をご覧下さい→2019年総括記事へ

メルマガは初月無料ですので、4月分の料金のみで5月一杯配信が受けられます(今週は4月最終週ですので、ご加入をご検討の方には5月頭からのご加入をおススメします)。またメルマガ会員様は「好走期待馬リスト」も無料で閲覧出来ます!
有料メルマガのお申し込みは下記リンクからどうぞ(過去成績など全て公開しています)

レジまぐ商品の購入はこちら!


***********************************************************************************
 【4月26日(日)の無料公開馬】 
馬名を伏せているレースは必ずバナーをクリックしてご確認下さいますよう、お願い致します

福島11R(ブログ限定):「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(E)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
福島1150mはとにかく先行馬有利。過去5年の2勝C以上で3角2番手以内馬は勝率16.7%(単回値116円)連対率22.2%、複勝率38.9%(複回値135円)と単複ベタ買いプラス。まずはハナを切れそうな馬を探したいレースですが、その筆頭は〇〇〇〇。とにかくゲートが速くて、スタートの速さはメンバー中随一。ただ二の脚がそれほどでもないので極端な内枠に入ってしまうと不安でしたが、この枠なら不安は霧消しますし、何が何でもハナというタイプが居ないメンバーだけにスタートで優位性を作ってしまえば悪くても外目の番手は取れるでしょう。2走前は勝ち馬にちぎられたものの、その勝ち馬は次走準OPを一発通過する強い馬。前走の走破時計は準OPで勝ち負け出来るレベルのものですから、自分の形で進められれば昇級戦でも臆することはありません。芝スタートは5走前に経験済で問題なし。タイプ的に50mでも距離短縮するのは良いですし、直線平坦も◎。ここは逃げ切りまで期待

京都12R:「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(Y)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
3走前に脚質転換に成功して成績安定。前走は馬券外に沈みましたが、内枠から道中ロスなく運んだところまでは良かったものの、勝負所から前が壁で待たされて直線半ばまで鞍上が手綱を引っ張り続ける状況。残り200m標手前から前にスペースが出来てようやく全開スパートを開始し馬も反応したものの、残り100mで再度壁になりブレーキという不完全燃焼だったレース。追われてから一気に1馬身圏内まで詰めた反応を見ると間違いなく勝ち負けだったはずですから、非常にもったいないレースでした。ただ2,3走前と違って内を突いて来れた点は収穫でしたし、レースの幅が広がったのは間違いありませんので今回に繋がる敗戦でした。実質3戦連続の馬券内好走という実績は、前走馬券に絡んだ馬が1頭しか居ないメンバーに入ると格上感がありますので、普通に走れば結果は自ずとついて来るでしょう。尚、3走前には前後半35.5‐36.3秒と流れ切らず前残りだったレースでも一頭だけ差し込んでいるように、もしペースが落ち着いても問題ありません

東京11R(フローラS):?????
「人気ブログランキング」のINポイント9660以上達成で本命馬(4人気以下馬)を公開します
↓ ↓

中央競馬ランキング
上記バナーをクリックして頂くとINポイントが加算されます


****************************************************************************
Twitterでは重賞パドック診断や推奨漏れしたレースをツイートします

先週のフィリーズRで唯一頭推奨したの5人気1着エーポス

朝日杯FSでは14人気3着グランレイを猛烈にプッシュ! 


京成杯の7人気1着クリスタルブラックも推奨

ぜひフォローをお願いします!

↓ ↓



(パスワードをご利用頂く方へ)
スマホの場合はページ下部の「ログインして続きを読む」をクリック→「ログイン方法を選択してください」をクリックして「パスワード認証」を選択→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードはメルマガに記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。

PCの場合は記事最下部「続きを読む」を押下→「これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です」の「ログイン」部分を押下→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードはメルマガに記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。


続きを読む
現在会員募集は停止中です(次回11月1日予定)
競馬最強の法則WEBにて予想提供中
9月6日発売「デジタル版競馬最強の法則Vol.9」発売中(今号も記事掲載させて頂きました)
noteはこちらから