砂の王者~Reborn~

競馬で勝つこととは当てること?否、当てても最終的に金が減るなら全く意味なし。競馬で勝つこととは儲けること。それが出来ないなら予想家失格。ウチは収支も公開出来ないようなブログ・予想家とは一線を画します。 17年から有料予想販売開始。20年5月から「競馬最強の法則WEB」にて予想提供開始。19年回収率111%、20年同93%、21年同105%(21年8月29日終了時点)。21年2月から新理論を引っ提げて再始動!

2021年10月

【天皇賞秋】東京二千マイスター



最強競馬ブログランキングへ



中央競馬ランキング
いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。

*************************************************************************
本日の「高期待値馬リスト」記事もすでにアップしております
↓ ↓
「10月31日(日)の高期待値馬リスト」はこちらから

*************************************************************************

皆様、こんばんは。

ここでは本日行われる「天皇賞秋」について考えます。

今年の天皇賞秋は戦前の予想通りに完全な3強オッズ。この3頭の3連複BOXは4.0倍(午前5時30分時点)で、2人気が15.9倍ですから抜けた人気となっています。正直なところ、私も各馬の能力や状態を確認すればするほど3頭の能力が抜けているなと感じますし、ガチンコ勝負で3強に先着出来る馬は居ないとも思っています。ただ、出遅れや不利など予測不能なことが起こるのが競馬。
それなりに長い年数競馬を見ていて思うことは「2強で決まり」「3強で間違いない」と思えるレースでも、あっさりと一角が崩れてしまうと言うこと。事実、3連複が発売された2002年以降の平地重賞において、3連複の1人気オッズが3.5倍以下になったレースは33レースありましたが、3強が並び立ったのはたった11レースのみで(33.3%)、その馬券の回収率は79.4%。明らかに低い期待値であることが証明されている以上は、理屈以前の問題で「3強決着は無い」と決め打って馬券を買うことがプレイヤーとして正解の行動でしょう。
2020ジャパンCのように3強で決着する可能性は十分あり得るでしょう。もしそうなったら諦めるだけ。目の前のレースを的中させたいと言う欲求は理解出来ますが、それでもやはり買えば買うだけ損をする馬券は買うべきではありません。

馬にだけ注目するとどうしても3強には敵わないと言う結論に行き着いてしまいますので、それならば騎手に注目すると言う方法はどうでしょうか。

過去5年の東京芝2000mにおいて、総騎乗数は12回のみと少ないですが【3-4-1-4】勝率25.0%(単回値682円)、連対率58.3%、複勝率66.7%(複回値211円)と言う驚異的な成績を残している騎手が存在します。
凄いところは騎乗馬の平均人気が5.0で、1人気馬には一度も騎乗していない(2人気馬の騎乗も一度だけ)のにこの成績を挙げていると言うことで、しかも馬券に絡んだ8頭は全て違う馬。正に騎手の力で好走させたと言っても過言ではないと言えますが、その大注目の騎手は今年の天皇賞秋にノーチャンスではない馬に騎乗しています。

その騎手とはこの人のこと!(下記バナーをクリックしてご確認下さい)
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内に騎手名を記載しておきます(5位前後)
「天皇賞秋」において【0-2-1-3】複勝率50.0%(複回値173円)と好成績を残している騎手の名前も併せて掲載しておきますね

では、本日の競馬を楽しみましょう!


10/31(日)の高期待値馬リスト



最強競馬ブログランキングへ



中央競馬ランキング
いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をよろしくお願い致します。



Twitterアカウント。ぜひフォローをお願いします!
↓ ↓


****************************************************************************

本日(10/31)のご提供内容です(期待値レベルは9が最高で、5が最低)

≪高期待値馬リスト≫(全レース期待値レベル8)
【新潟】1R・3R・9R(2頭)
【阪神】6R・7R・10R
【東京】3R・10R・12R


≪重賞予想≫
【東京】11R天皇賞秋(期待値レベル6)

★推奨各券種別の成績(2021/2/6~2021/10/24)※高期待値馬配信スタートは2021年2月から
1

・競馬新聞の本命馬単複ベタ買い
回収率70~80%
・某スポーツ紙の有名指数1位馬単複ベタ買い回収率75~80%
・netkeiba「ウマい馬券」予想家の9割以上→回収率90%未満
・好走期待馬(当ブログで2019~2020年に公開)回収率94.5%(計2803レースの実績)
・高期待値馬(当ブログで2021年2月から提供)
回収率110%(理論値)

印通りに買っても決して儲からない競馬新聞、儲からないのに1レース数百円を取る予想、あれが当たったこれが当たったと大騒ぎする割に回収率などの数字を一切出さない予想家、これらより当ブログが出す予想の方が費用対効果も信頼度も圧倒的に高いのは一目瞭然です

「高期待値馬リスト」は月額会員様以外でもnoteでご購入頂けます(500円)
noteでのご購入は下記リンクからお願いします

現在月額会員様の募集は停止中です。
次回は11月1日再開予定です。

****************************************************************************

それぞれの媒体からは何が閲覧出来るのかを一覧にしました(2021年6月5日更新)
7


(パスワードをご利用頂く方へ)
スマホの場合はページ下部の「ログインして続きを読む」をクリック→「ログイン方法を選択してください」をクリックして「パスワード認証」を選択→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは「商品発送メール」に記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。

PCの場合は記事最下部「続きを読む」を押下→「これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です」の「ログイン」部分を押下→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは「商品発送メール」に記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。


続きを読む

2重賞の危険人気馬と大穴馬など



最強競馬ブログランキングへ



中央競馬ランキング
いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。

*************************************************************************
本日の「高期待値馬リスト」記事もすでにアップしております
↓ ↓
「10月30日(土)の高期待値馬リスト」はこちらから

*************************************************************************

皆様、こんばんは。

今回は本日行われる「スワンS」と「アルテミスS」について考えます。
ボリュームのある記事を予定していたのですが、週中に馬券ロジックの修正を連日朝方まで行っていたツケが出てしまい最悪な体調に・・・皆様にご提供させて頂く予想の精度が落ちては本末転倒ですので、今日は軽めの内容にさせて頂きたいと思います。本当に申し訳ございません。

ここでメインに取り上げたいのは「アルテミスS」について。
1人気フォラブリューテ、2人気ベルクレスタ、少し離れてロムネヤとミントが追い掛けると言った人気順になりそうですが、この中で明らかに過大評価されている馬が存在しますね。
前走はスロー且つ動き出しが遅いレースにも関わらず、最速地点のラップはやや平凡で、ペースを考えるとラスト2-1Fの減速幅も大きすぎる感。もちろん一戦毎に成長する2歳馬なので前走の結果だけで全てを判断するつもりはありませんが、それでも人気のバランスを考えると軽視するのが当然でしょう。
絶対に買っておきたい「スワンS」の大穴候補馬&追い切り高評価馬と共にこちらでご紹介させて頂きます。
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内に馬名を記載しておきます(5位ぐらい)

明日は「天皇賞秋」の最終見解について。頑張ってボリューム多めの内容に出来ればと思います。
いずれにしても、いつも通りに本日のINポイント数で明日の内容を決定しますので、お手数ですが上記バナークリックのご協力をお願い致します(バナーをクリックして頂くとINポイントが加算されます)

10/30(土)の高期待値馬リスト



最強競馬ブログランキングへ



中央競馬ランキング
いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をよろしくお願い致します。



Twitterアカウント。ぜひフォローをお願いします!
↓ ↓


****************************************************************************

本日(10/30)のご提供内容です(期待値レベルは9が最高で、5が最低)

≪高期待値馬リスト≫(全レース期待値レベル8)
【新潟】3R・※5R・7R(2頭)・8R・12R ※5Rは月額会員様限定公開レース
【阪神】6R・8R・10R
【東京】9R


≪重賞予想≫
【阪神】11RスワンS(期待値レベル6)
【東京】11RアルテミスS(期待値レベル6)

★推奨各券種別の成績(2021/2/6~2021/10/24)※高期待値馬配信スタートは2021年2月から
1

・競馬新聞の本命馬単複ベタ買い
回収率70~80%
・某スポーツ紙の有名指数1位馬単複ベタ買い回収率75~80%
・netkeiba「ウマい馬券」予想家の9割以上→回収率90%未満
・好走期待馬(当ブログで2019~2020年に公開)回収率94.5%(計2803レースの実績)
・高期待値馬(当ブログで2021年2月から提供)
回収率110%(理論値)

印通りに買っても決して儲からない競馬新聞、儲からないのに1レース数百円を取る予想、あれが当たったこれが当たったと大騒ぎする割に回収率などの数字を一切出さない予想家、これらより当ブログが出す予想の方が費用対効果も信頼度も圧倒的に高いのは一目瞭然です

「高期待値馬リスト」は月額会員様以外でもnoteでご購入頂けます(500円)
noteでのご購入は下記リンクからお願いします

現在月額会員様の募集は停止中です。
次回は11月1日再開予定です。

****************************************************************************

それぞれの媒体からは何が閲覧出来るのかを一覧にしました(2021年6月5日更新)
7


(パスワードをご利用頂く方へ)
スマホの場合はページ下部の「ログインして続きを読む」をクリック→「ログイン方法を選択してください」をクリックして「パスワード認証」を選択→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは「商品発送メール」に記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。

PCの場合は記事最下部「続きを読む」を押下→「これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です」の「ログイン」部分を押下→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは「商品発送メール」に記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。


続きを読む

【天皇賞秋】追い切り分析



最強競馬ブログランキングへ


中央競馬ランキング
いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。



皆様、こんばんは。

本日は「天皇賞秋」の追い切り分析です。今回も先週までと同様に6段階評価(上から3+)としました。
尚、馬名を伏せている箇所については、お手数をお掛け致しますがリンクをクリックして馬名の確認をお願い致します。

では、早速参りましょう。

5点:「最強競馬ブログランキング」の当ブログ紹介文内(B)の馬←クリックして馬名の確認をお願い致します(6位前後)
いやぁ、これは変わりましたね。めちゃくちゃ良くなっています。以前からフォームは柔らかではあったのですが、悪く言えば柔らかすぎただけ。それが今回は可動域が明らかに広がった上に(特に後肢)力強さも増しています。可動域が広がったが故に、地面をグリップする時間が長くなっていますし(野球のピッチャーで例えるなら、可動域が広がって球持ちが良くなっているのと同じ感覚)、後ろ脚を蹴り出すギリギリのタイミングまで力を伝えられているのが素晴らしいです。当然推進力は増すわけで、馬なりのままラスト1Fで速いラップを計時して楽に先着したことにも納得。文句なしの5点評価

4点:コントレイル
栗東坂路単走。1週前のCW追いも今週も全体時計は前走時より控えめなもの。ただ体全体にパワーが付いて地面をしっかりグリップするフットワークは明らかに前走以上で躍動感が抜群。前後の連動性も美しく、これは本当に良くなっていますね。次のことを考えた仕上げではなく、ここで結果を出すことを考えた仕上げ

4点:ラストドラフト
美浦南W併せ。前走時は3週連続でウッド6F追いを敢行。そこからの中2週ですが、今回も1週前に6Fから追われ、今週は5Fからですが65.7秒としっかり負荷は掛けられましたので、余程体調が良いのでしょう。一度使われた効果は明らかで、体全体を大きく使えるようになってストライドが伸びていますし、クビを上手く使ってリズムも上々。右手前に替えると上体がやや浮いてしまう悪癖こそありますが、これとて前走時よりは随分とマシ。デキに関しては胸を張れるものがありますよ

3+点:グランアレグリア
美浦南W併せ。2週前に坂路4F自己ベストとなる50.8秒を計時。1週前はウッドで6F81.7-1F12.3秒、今週は6F80.0-1F11.7秒と調教負荷を増して、3階級制覇を絶対に達成するべく、正に後先の無い仕上げを施された感があります。正直なところ、ヴィクトリアマイル時の方が馬体の張りや四肢の力強さは上かなと思えるので4点評価には至りませんでしたが、今回と同じ間隔が開いた大阪杯時に比べると反応やシャープさは明らかに今回の方が上です

3+点:ペルシアンナイト
栗東CW単走。前後のバランスが取れた流線形のかっこいいフォーム。稽古はいつも良く見せる馬ではありますが、今回も変わらない状態で、スムースな加速は見ていて気持ち良くなりますね。もうこの年ですし、動きからも特段大きな上積みはないと思いますが、それでも自身の能力はしっかり出せる状態ですから、当然のように高評価を付けます

3+点:トーセンスーリヤ
美浦南W単走。予定していた毎日王冠を使えなかった影響を心配しましたが、順調に調教は詰めているようで、1週前には6Fから時計を出して今週は終いだけ一杯に追われる形。重厚かつ柔らかなフォームは変わらず目に付くもので、十分能力を発揮出来る状態に映ります。活気という面では前走時の方が良かった感はありますが、それでも相対的には高評価に分類されます

3+点:ポタジェ
栗東P単走。2週連続で馬なり調教、時計も目立たないものですが、中2週で東京への再輸送があるので特に気にする必要はないでしょう。6Fから時計を出せていますし、馬体細化の様子もなくボリュームが維持出来ている点は何より。先週もそうでしたが、今週も高い集中力も持ったまま走破しましたし、馬なりの内容でもスピード感は十分。非常に良い状態を維持出来ていると思います

3点:「人気ブログランキング」の当ブログ紹介文内(X)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(25位前後?)
9月29日から速い時計を出し始め、以降は徐々に時計を詰めて順調に調教を消化。1週前は並走馬に反応面で見劣る場面も見られましたが、今週は馬なりのままで楽に同入。馬体のメリハリもあって、動きの良かった2走前と同じぐらいの仕上がり状態にあると思います。ただ、今週のラップ内容は中速を連続した悪く言えばメリハリのないラップ構成。高い確率で瞬発力が問われるレースになるだけに、瞬発系の能力を整える内容にして欲しかったと言うのが偽らざる感想です

3点:モズベッロ
栗東CW併せ。前走はいかにも体が重いと言う鈍重な動きでしたが、一度使われてかなり素軽さは出て来ましたね。今回は白百合S以来となるCWでの最終追い切りでしたが、追われる毎に伸びて並走したロードベイリーフ(3勝C)に大きく先着。シャープさには欠けましたが、しっかり重心は落ちていましたし、前走に比べると雲泥の差です。右手前の走りが良いので、左回りに替わることもプラスだと思います

3点:サンレイポケット
栗東坂路併せ。並走馬の真後ろに付けて、残り300mで内に持ち出して追い抜くと言う実戦形式の内容。追われてからスッと反応して3馬身程度引き離す反応の良さは目につきましたし、何より中2週でこれだけやれているのは体調が良いからこそでしょう。ただ、前走時に比べて馬体がやや寂しく映るのは気になる点。これだけやっているので問題はないとは思いますが、気になると言えば気になります

3点:ムイトオブリガード
栗東坂路単走。不振の近況を打破するためか今回は坂路追い。2度も手前を替えて、その都度ふらつき減速している点は感心出来ませんが、肌艶は良いですし力強さも及第点。気配一変とは言いませんが、この馬なりに体調は良さそうには映ります

3点:ユーキャンスマイル
栗東芝単走。1週前に併せ馬で一杯に追われて、当週軽めと言うのは好走パターン。ただ1週前にはブラヴァスに遊ばれてやや遅れてしまいましたし、今週見た馬体は全体の筋肉量が少し落ちて小さく見せていた点は非常に気になるところ。加齢の影響が出つつあるのではないかと思いますので、あまり高い評価は出来ません

3点:ヒシイグアス
美浦南W併せ。本来は1週前にも併せ馬を行いたかったのだと推察しますが、2週前追いの反動が出たと言うことで単走で軽めの内容。今週は併せ馬を消化出来ましたが、まず嫌な発汗が目に付きますし、動きも良い頃のパチンと弾くような脚捌きが見られず少々重め。今回は多少割り引いて考えた方が良いのではないでしょうか

3点:カデナ
栗東坂路単走。かなりフラフラ走っていかにも良化途上だった前走時よりは随分マシになり、馬体にもメリハリが出ています。ただ、良い時には反発を利用して弾むように走る馬ですが、今回はまだその域には達しておらず、推進力を感じることは出来ませんでした。ラスト2Fラップも12.0‐12.7秒と失速。まだまだですね

2点:カイザーミノル
栗東坂路単走。前走後に出した速い時計は今週の一本のみ。間隔が詰まっているとは言え少々心許ないですし、馬体がやや萎んでメリハリがない点も気になるところ。恐らく馬体重が減って回復に手間取っているのでしょう。活気はそこそこあるのですが、G1を戦う臨戦過程としては少々厳しいものがあります

2点:ワールドプレミア
栗東坂路併せ。ユーキャンスマイルら3頭の併せ馬で「全く付いて行けません」と言わんばかりに、大きく後れを取ったのが1週前。そこから1週でどこまで良くなったのかと見ていましたが、動きにはシャープさを欠き、終始促されながらラスト2Fは12.9-12.8秒。良い頃なら馬なりで出せる時計ですし、併せ馬で先着したと言っても相手は全くの馬なりですから、先着させてもらったと言う内容。岩田康J騎乗だったことを考えると余計に厳しいですし、これはまだまだ良化途上ですね


明日は「高期待値馬リスト」と「土曜2重賞に関する記事」の二本立てを予定。
本日のINポイントが多ければ、「スワンS」「アルテミスS」両方についての記事を立てる予定ですので、お手数をお掛け致しますが下記バナークリックのご協力をお願い致します(バナーをクリックして頂くとINポイントが加算されます)。


最強競馬ブログランキングへ
11月会員様募集中!
競馬最強の法則WEBにて予想提供中
9月6日発売「デジタル版競馬最強の法則Vol.9」発売中(今号も記事掲載させて頂きました)
noteはこちらから