皆様、こんばんは。

本日は「エリザベス女王杯」の追い切り分析を行います。
評価は5段階評価で、最高点は5点、最低点は1点です。

【2019エリザベス女王杯】
5点「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(C)の馬←クリックして馬名確認出来ます(10位前後)
栗東坂路単走。1週前にCWで長めから、当週は坂路で軽めというのは前走と同様のパターン。ここでは1週前を評価しますが、7Fから時計になるところをやる意欲的な内容。春当時よりも明らかにクビの使い方が上手になり、クビが使えるのでより全身運動を出来るようになり、ストライドが伸びています。長めからやりましたので、ラストはやや重心が上がり気味でしたが、それでも我慢出来た方。スピード感・力強さ・反応の良さ、どれを取っても素晴らしく、文句なしの満点評価です

4点「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(X)の馬←クリックして馬名確認出来ます(5位前後)
栗東CW併せ。1週前はコーナーからスピード感十分も直線の弾け方はもう一つ。今週は逆にコーナーからはゆったり入って、直線は抑え気味も馬自身が前に出ようという意欲を見せて先着。前進気勢は十分で前肢の柔らかみもあり、なにより表情(と言うより目の輝き)が良いです。前走は8割程度と書いた記憶がありますが、今回は明らかに良くなっています

4点スカーレットカラー
栗東CW単走。長めから時計を出した1週前が本追いで今週は4Fから軽めに。軽めながらも手足の返しの力強さがまず目につきますし、体のボリューム感も目を引きます。膝を高めに上げるフォームはやや時計の掛かる今の京都にも合っている印象。良いデキでレースに臨めそうですよ

4点サトノガーネット
栗東坂路単走。前半はリラックスして走れており、ラスト1F過ぎに合図を送られると即座に反応。グッと重心が下がって四肢の伸びも目に見えて大きくなり、加速状態でフィニッシュしました。とにかく鞍上の指示に素直に反応出来ている点が良いですし、力強さも十分。脚の出方もキレイで無駄なし。好内容です

4点ラッキーライラック
栗東CW併せ。2週連続6Fから時計を出すスタミナ強化を意識したトレーニング。馬もそれに応えるべく、雄大なフットワークで直線左手前に替えてからグイッと一伸びする好内容の追い切り。体も肩周りを中心に分厚い筋肉が目立つ馬体で、流石はG1上位常連と思わせるものです(反面この体はやっぱりマイル前後がベストだよな、と思わせもしますが・・・)

4点ブライトムーン
栗東坂路単走。内ラチ沿いを走ったこともあるかも知れませんが、ブレなく真一文字に登坂。クビを上手に使ったフォームで、終いまで失速することなく駆けられたのは好感。やや可動域が狭く、馬体の幅も薄い点は物足りませんが、この馬なりにデキは高いレベルにあると思います

4点フロンテアクイーン
美浦W併せ。3頭併せの最内で追いかける形。全身を大きく使って駆けていますし、直線に入っての反応も俊敏。外の馬に抵抗されたものの、それが減点になるものではありません。終始リラックスして走れていることが伝わる内容で、良い出来でレースに臨めそうです

3点サラキア
栗東CW単走。動きの質自体は低くないのですが、四肢の可動域が狭くてちょこまか走っている印象。最大の問題はトモが入って行かない点で、後肢の粘りがないのでストライドが伸びないのも当然です。これを見る限りは距離に限界がありそうで、そういう意味で評価は辛めに

3点ポンデザール
美浦W単走。バネ感がある走りが出来ていますが、促しながらの走りで前向きさはイマイチ。馬場の荒れた時間帯もあったのでしょうが、馬場の中央辺りを回してラスト13秒台ではスピード的に物足りず。動き自体のスピード感もイマイチで、果たしてこれでG1レベルでやれるのか?と少々不安になる内容でした

3点クロコスミア
栗東坂路単走。先週は活気十分でラストまで脚色衰えない好内容でしたが、今週は残り1Fで頭が上がり掛けて一杯一杯の内容。手前を替えたのは苦しかったから替えたというネガティブなものでしょう。1週前と総合して3点にしますが、物足りなさは否めません

3点ウラヌスチャーム
栗東CW単走。併せ馬で終いに負荷を掛けた1週前が本追い。その1週前は直線で負荷を掛けて時計は出たものの、時計に見合ったスピード感はなく追って追ってやっと先着した内容。その1週前も当週も直線左手前で走ったのは1Fにも満たず、結局右手前に替えているのを見ると本質的に左回りの方が好きな馬なのではないでしょうか。前肢を投げ出すように着地させる走法で、高速馬場向き

3点センテリュオ
栗東坂路単走。1週前の併せ馬が鞍上に反抗する仕草を見せたりと良くない内容でしたが、今週は単走でそういう面は見せず。柔らかみはないものの力強さは及第点。効率の良いフォームではないですが、これはこの馬の個性なので問題ないでしょう。特に褒めたい点はないですが、この馬なりに順調というった感想

3点ミスマンマミーア
栗東CW併せ。頭が高く、終始舌を出していて見栄えは最悪。それでも相手が来れば来るだけ前に出る勝負根性には見るべき点がありますし、特に前脚の捌きには力強さも十分。ポテンシャルを感じる走りではあります

3点ゴージャスランチ
美浦W併せ。2頭併せの内で追いかける形。直線に入ってからややもたつき加減で、体のバランスも進行方向右に寄り気味。馬なりではあったものの、スッと反応してほしかったのは正直な感想。ただ特別悪い点もなく、可もなく不可もなしといったところ

3点レッドランディーニ
栗東坂路併せ。終始ブレの無い安定したフォームで登坂出来た点は好感が持てますが、追い出されてからもフォームがほぼ変わらなかったのは明確に物足りず。併せ馬でもクビ差遅れてしまい、この走りを見る限りでは上位ギアのないワンペース馬という印象は拭えません

3点レイホーロマンス
栗東坂路単走。回転の速い小気味良いフットワークで登坂しましたが、逆に言えばアクションが小さく力強さはそれほど。体の幅の薄さも上位馬との比較では劣る寂しいもので、この馬なりのデキと言った評価以上は出来ません

2点シャドウディーヴァ
栗東CW単走。前だけで走っている印象で後ろを使えていないのは問題。また終始右手前のままで手前が替わらなかった点もマイナス。全体にこじんまりとした動きに映り、秋華賞時より明らかに悪くなった印象

2点アルメリアブルーム
栗東CW併せ。頭の高い走りで終始力んで走っておりリラックス出来ていない。また四肢の可動域も狭くてフットワークが伸びない。この点は追い出されて多少改善したものの、それでも十分とは言えないレベル。体つきももっさり感が抜けず、このメンバーに入ると全体的に見劣りする感は否めず