皆様、こんばんは。

最初に、昨日の「人気ブログランキング」のINポイントも規定数には達しませんでしたので、クラヴァシュドールの分析全文は非公開とさせて頂きます。ただ「最終見解」記事をご購読下さった方には全公開させて頂きます。
また分析全文を公開している他馬についても、一部の馬については評価を上げている馬が存在します(分析記事は先週木曜に書きましたので)。それらを含めて「最終見解」を楽しみにして頂ければと思います。
まだ枠順もオッズも未確定ですが、「勝負宣言」はほぼ確定。きっと良い結果が出ると自分自身信じていますし、昨年以上の金額も投入予定(昨年は10万円)。皆さんで良い週末にしましょう!

では本日のテーマ、「阪神JF」の全頭追い切り分析に参りましょう。
評価は5段階評価で、最高点は5点、最低点は1点です。

【2019阪神JF】
5点:「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(B)の馬←クリックして馬名確認出来ます(10位前後)
栗東坂路単走。2歳馬離れした体付きで、脚元の回転力が速い上に力強さも十分。従ってフォームにブレが生じませんし、馬場に脚を取られる場面もなし。ラスト3F目から13.1‐12.0‐11.9秒と刻んだラップ推移もこのメンバーの中では破格のもので、ハッキリ言って完成度ではナンバー1でしょうね。あえて言えば鞍上が右側に重心を掛けているように重心のバランスに改善の余地はありますが、それとて致命傷になるものではなく、文句なしの5点評価です

4点「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(Y)の馬←クリックして馬名確認出来ます(5位前後)
栗東坂路併せ。活気十分に登坂して来ました。クビの使い方、回転力、前進気勢、どれを取っても素晴らしく、残り200m辺りではやや外にモタれかける場面はありましたが、矯正されると真っすぐにフィニッシュし最後まで勢い衰えぬまま。ゴール前の苦しい場面でも重心が上がらなかったのは素晴らしいですし、この馬としては100点のデキでレースに臨めるでしょうね

4点リアアメリア
栗東CW単走。当週はごく軽めなので1週前追いを評価。重心はやや高めも大きなアクションかつ柔らかみ十分のフットワーク。クビの使い方も上手で、前後の連動性もキレイに取れています。体はふっくらして肩回りの筋肉を他馬と一線を画しますし、一言で流石ですね。ただ四肢の可動域はそこまでではなく、それが冒頭に書いた重心の高さに繋がっている感。追い出されて重心が下がれば5点評価ですが、その点だけ減点して4点まで

4点クラヴァシュドール
栗東坂路単走。1週前のCW追いではラスト1Fで並走相手を置き去りにする脚力を披露。今週は単走でしたが、終始リズムが一定で大きな乱れのないフットワークで登坂。スピード感はそこまで感じないものの、回転力は十分で見た目以上に時計が出ているのは好感。完璧に仕上がった感

4点ウーマンズハート
栗東坂路併せ。1週前のCW追いは大きく先着したものの、追われてからの反応が機敏ではなく、若干嫌な感じがしましたが、当週の坂路追いはGOOD。前肢の着地点が効率的な位置ですので、前後の連動性が綺麗に取れていますし、それが推進力の源。力強さも十分ですし、ゴール前では併せた相手の方を向いていたように闘争心も十分(これが過度になると噛みつきに行きます)。それでいてコントロールは十分効いていますので、戦いに行くには十分な仕上がりと感じます

4点クリスティ
栗東坂路併せ。前脚を大きく出そうという意識とそれを実現する筋肉の柔らかさがあり、またしっかり地面をグリップも出来るので必然的に飛びは大きめに。見た目のスピード感はそれほど感じませんが、1週前を含めてしっかり時計が出るのはその為です。前進気勢も十分で、かなり抑え気味ながらカワキタアジンに楽に先着

4点ロータスランド
栗東坂路単走。アクション自体が大きくないので地味目な印象を与えますが、手先の返しの強さはなかなかのものがあって、それによって推進力が生まれています。アクションが大きくないので上下動が小さくフォームは安定的。脚元の動きも柔らかで、抜群の反応を見せた1週前の動きも含めて高く評価したいです

3点マルターズディオサ
美浦P併せ。1週前のWコース追いがかなり地味で心配しましたが1週間で良化。今週はポリウッドで内に併せて2馬身追走する形。直線へ向くとスッと反応して半馬身先着しましたが、これは1週前と雲泥の差の内容でした。前肢の可動域はもう少し広さが欲しいものの柔らかみはあって悪くないでしょう。ただ1週前W→当週ポリウッドとこれまでには無いパターンの追い切り内容がどう出るか。あまりプラスとは思えませんが・・・その分だけ評価は下げました

3点ヤマカツマーメイド
栗東CW併せ。1週前もそうでしたが、馬場に脚を取られてバランスを崩す場面が散見されるように、まだ体に力が付ききっていない感。今週は追い出されてからコロコロ手前を替えましたし、それでいて手前の替え方が下手なので都度減速しており、なかなか鞍上の意図通りに進んでいない感。可動域は非常に狭く、追い出されてからもそれは変わりません。活気だけは十分あるので3点は付けましたが、決して質の高い動きとは言えません

3点エレナアヴァンティ
美浦坂路併せ。併せた相手が早々について来れなくなってしまったので大きく先着し、ラストは流す。見た目の印象より時計は出ていませんし、スピード感(推進力)も感じられませんが、力強さと前進気勢は十分感じられる状態。この馬なりに順調な仕上がりです

3点サノハニー
美浦坂路併せ。3頭併せの大外。コーナーをキレイに回れなかったり、手前を替える際にふらついたり、直線は内にモタれたりとまだまだ体に力が付ききっていない感が目立ちますが、それでも追われて渋太く先着した点は評価。体もふっくら見せます

3点スウィートメリナ
美浦W単走。前肢を叩きつけるようなフォームは力強さがあって良いのですが、後肢がついてこない感があって現状では前輪駆動の走り。またクビを下げているのは良いのですが、低い位置にあるだけで効率的に使えていない現状。体も華奢で、まだまだこれからの馬という感。ただ一生懸命に走っており、この真面目さを評価して3点を付けます

3点ボンボヤージ
栗東坂路単走。まず目につくのは体の幅。420㎏程度の馬体ですが、これだけふっくら大きく見せるのは良いですね。実際の走りはラップ的にはラスト2F12.8‐13.3秒と失速していますが、これは前に他厩舎の馬が居たため、鞍上がかなり手綱を引っ張っていた影響。あまり気にする必要はないです。ただ完歩毎にフォームが変わったりなど、動きの質は低め

2点カワキタアジン
栗東坂路併せ。1週前にやっているので今週は軽め。右手前だと後肢が外に逃げる走り方で効率が悪い。左手前になってようやくフォームが安定したものの、最後はクリスティに交わされてクビ差遅れ。フォームのイマイチさもそうですが、馬なりとは言え外から相手が迫って来てもノーリアクションという点は闘争心という点でいかがなものか

2点オータムレッド
美浦P単走。ポリウッドだけに見た目のスピード感は十分。ただ当コースにしては終いの時計は不十分。まだ体に肉が付ききっておらず華奢に映りますし、地面を撫でるような走りで力強さもなし。可動域も狭めで重心が落ちないのも物足りなく、このメンバーに入ると見劣りしますね

2点ジェラペッシュ
美浦芝併せ。1馬身先行する形で直線。真後ろに居た並走相手が内から並んで来るも突き放せずの同入。鞍上は抑え気味だったものの反応がなかったのは疑問ですし、頭はかなり高めで推進力が上に逃げている感。時計も遅くて、何も評価出来ない内容