皆様、こんばんは。

当ブログはバナークリックが一定数あってこそ成立しています。
毎日の無料記事更新のためにも、皆様のバナークリックのご協力をお願い致します。


中央競馬ランキング
 ↑ ↑
ぞれぞれ1日1クリックのご協力をお願い致しますm(_ _)m
 ↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ


当ブログが発行しているメルマガでは本予想の他に「好走期待馬リスト」(好走確率が高くて妙味のある馬のリスト)をご提供しております。
ブログではこの中から2~3レースをピックアップして無料公開しております。
本日の無料公開レースは「中山9R」「京都11R(ブログ限定)」の2レースです。

本日の「好走期待馬リスト」完全版は以下の全12頭です。
【中山】1R・5R(2頭)・9R(2頭)・10R・11R
【京都】2R・5R・8R・11R
【ブログ限定】京都11R(本編推奨馬とは別馬)

「好走期待馬リスト」完全版はメルマガ会員様以外でもnoteでご購入頂けます(500円)
noteでのご購入は下記リンクからお願いします


ちなみに2019年の「好走期待馬リスト」ベタ買い成績はこんな感じです
1

月別ではこんな感じ
2

買い目を絞れば当然成績は上昇これが最重要3
1段目 1~3人気の成績
2段目 4人気以下馬の成績
3段目 ダート限定の4人気以下馬の成績

下記はダート4人気以下馬の月別成績
4

人気馬は当然回収率が落ちるので狙うなら4人気以下馬。
リスト作成時には人気が分からないので、当日人気が無い馬を中心に買えばより効果的。
特にダート戦はその傾向が顕著となっています。
ベタ買いでこんな数字はハッキリって異次元。同じだけの成績を残せる予想家を探すのは相当難しいと認識して下さいね
どんな感じの予想を記事を書いているかは→こちらをクリックでご覧頂けます。
必ずロジカルな根拠を示した上で推奨していますので、納得して馬券を買って頂けると思いますよ。

競馬新聞の本命馬単複ベタ買い回収率70~80%
某紙の有名指数1位馬単複ベタ買い回収率75~80%
好走期待馬リストの単複ベタ買い→回収率95~100%
印通りに買っても決して儲からない競馬新聞などより費用対効果は高いです。
ベタ買いで複勝率50%&回収率が95%、上記に示したように条件を絞れば回収率約120%、しかも各月安定的に。これを1日500円で教えてくれるところなんてほぼ存在しませ
ん。

尚、有料メルマガ会員様も常時募集中です。
詳しくはこちらの記事をご覧下さい→2019年総括記事へ

メルマガは初月無料ですので月初のお申し込みが最もお得!1月分の料金のみで、2月一杯まで配信を受けられます。
またメルマガ会員様は「好走期待馬リスト」も無料で閲覧出来ます!
有料メルマガのお申し込みは下記リンクからどうぞ(過去成績など全て公開しています)

レジまぐ商品の購入はこちら!


***********************************************************************************
 【1月11日(土)の無料公開馬】 
馬名を伏せているレースは必ずバナーをクリックしてご確認下さいますよう、お願い致します

中山9R:「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(Z)の穴馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
初の1200m戦となった前走は前後半34.4‐34.8秒と極端には流れず且つ内有利の馬場。1,2着馬は「内・前」で立ち回った馬でしたが、それに対して推奨馬は中段から差し込んだ内容。これだけでも評価出来ますが、直線に入って2着馬に並び掛けたところで前が詰まって150m程度追えない場面。残り150m地点で進路確保できたものの、再加速するには距離が短すぎて○着まで上がるのが精一杯でした。それでも再度追われてから確実に反応出来ていた点は好感が持てますし、まともなら少なくとも2着争いには絡んでいた内容です。デビュー勝ち以降は派手な馬柱になっていますが、3走前は距離が長く2走前は不良馬場で戦意喪失と敗因は明白。前走が本来の姿で、決して強豪が揃ったと言えない今回のメンバーなら上位争いに顔を出して何ら不思議はありません

京都11R:「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(E)の大穴馬←クリックして馬名の確認をお願いします(15位前後)
推奨馬は京都1200mは好走多数の得意舞台ですが、とりわけ時計の掛かる馬場での好走例が目立つ馬。2走前も3走前も共に年明け京都の時計が掛かる馬場での好走で、昨年同様に時計が掛かっている今年の京都は歓迎のクチです。2走前にはダノンスマッシュと0.2秒差、前走は最上級戦で5着ですからOP特別レベルでは能力上位と言って良い存在で、2018鞍馬Sでは前後半34.4‐33.6秒のスローを追込み勝ち、前述の2019淀短距離Sは同34.0‐35.1秒、2019シルクロードSは同33.3‐35.0秒と言うように流れ不問で追い込んでも来られます。今回は長休明けですが、3走前が中14週、2018鞍馬Sが中22週での勝利で休み明けは苦にしませんし、この中間は相当乗り込みが入念。恐らくここと次走シルクロードSの両方を狙っての仕上げと思われます。能力が衰えていないことを近走で証明し、馬場も合うのに全く人気がないわけですから狙って損はないでしょう

****************************************************************************

G1パドック診断や推奨漏れしたレースをツイートします。
先週の朝日杯FSでは14人気グランレイを猛烈にプッシュ!



ぜひフォローをお願いします!

↓ ↓



(パスワードをご利用頂く方へ)
スマホの場合はページ下部の「ログインして続きを読む」をクリック→「ログイン方法を選択してください」をクリックして「パスワード認証」を選択→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードはnoteに記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。

PCの場合は記事最下部「続きを読む」を押下→「これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です」の「ログイン」部分を押下→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードはnoteに記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。