皆様、こんばんは。

本日は日曜重賞「京成杯」を分析していきます。
まずは過去5年のレースラップと3着内好走馬一覧をご覧頂きましょう。

京成杯1

京成杯2

中山2000mはスタンド前発走で1角まで約400m。1角まで長くはないため先行争いでテン2Fはラップが上がりますが、以降はコーナーに入ること&3歳早期でメンバーレベルが高くない2000m戦ということでペースは落ち着きがち。ただし3~4Fに亘ってペースが上がらないことと内回り戦ということで動き出しは早めになって、4~5Fのロンスパ戦になるというのが毎年のパターン。この辺りは年末のホープフルSと似ています。
前述通りに3歳早期であるため、重賞とは言えど条件戦と大差ないようなメンバーが揃うのがこの時期の重賞。2000m戦で動き出しが早めになると、必然的に多くの先行馬が早々に手応えが怪しくなるのは当然。内を追走する馬は勝負所で前が邪魔になり大渋滞に巻き込まれるパターンになりますので、それを尻目にノーブレーキで外目を上がって行ける差し馬が上位を占めることになりがちです。昨年こそ少頭数でスペースが生まれる状況&先行馬が人気馬でしたので差し馬の台頭がありませんでしたが、頭数が揃って先行馬が人気薄という状況なら差し馬を上位に考えた方が良いでしょう。

やはり一定のスタミナは必要なレースで、好走馬のほとんどは前走1800m以上戦を走った馬
京成杯3
※上記は過去10年分のデータ。以降も注釈がない限りは同様
前走マイル戦から馬券に絡んだ2頭は共に朝日杯FSからの臨戦馬で、その2頭は朝日杯で善戦(4人気2着、2人気7着)したマイネルロブストとプレイアンドリアルですから、能力上位であると判断出来る実績を残していない限りは、前走で距離適性を証明している馬を狙うべきでしょう。

前走1800m以上戦使用馬に限定した、前走クラス別成績は以下の通り
京成杯4
先週の「シンザン記念」「フェアリーS」も同様でしたが、この時期は重賞とは名ばかりで条件戦と大差ないメンバーレベルになることがほとんど。「京成杯」も同様で、前走クラス別での成績に大差はありません。
ここでは前走クラス別での好走条件をピックアップしておきましょう。

(前走新馬戦組)
馬券に絡んだ4頭中ラストドラフトを除く3頭は「小回り・内回り戦」を「上がり最速」で勝利していました。該当馬は【0-0-3-3】と連対馬こそいませんが、高確率で好走

(前走未勝利戦組)
馬券に絡んだ5頭は全て「前走で0.2秒以上の差を付けて勝利」しており、該当馬は【1-3-1-8】で単回値96円・複回値170円と好成績

(前走1勝クラス組)
馬券に絡んだ9頭中8頭は「小回り・内回りの芝2000m戦」で「連対」しており、該当馬は【4-2-2-7】で勝率26.7%、連対率40.0%、複勝率53.3%。2012年は該当馬が存在しませんでしたが、その他の9年中7年で1頭以上が馬券に絡んでいます

(前走OP特別・重賞組)
馬券に絡んだ10頭全頭が「前走5着以内、8頭は勝利しているか敗退しても0.3秒差」でした。該当馬は【1-4-3-10】勝率5.6%、連対率27.8%、複勝率44.4%。該当馬が存在しなかった2011年を除いた9年中6年で1頭以上が馬券に絡んでいます。また該当馬の中でも、上がり3F2位以内の脚を使っていた馬は【1-2-3-2】で単回値141円・複回値157円と特注パターン


次に人気別成績
京成杯6
10人気以下【0-0-0-57】と大穴帯は全く狙えませんが、5~9人気馬は【3-5-5-37】と13頭の好走馬が出ており、複回値100円ですから馬券的にはこの人気帯が肝になりそうです。
5~9人気で馬券に絡んだ13頭中11頭はキャリア3~5戦だった馬。該当馬は【3-5-3-18】勝率10.3%(単回値107円)連対率27.6%、複勝率37.9%(複回値147円)とこの時点で買いですが、更に絞り込むなら前走騎手。

継続騎乗【1-0-0-13】勝率7.1%(単回値52円)連対率7.1%、複勝率7.1%(複回値19円)
乗り替り【2-5-3-5】勝率13.3%(単回値159円)連対率46.7%、複勝率66.7%(複回値266円)


なぜこういう結果になっているのか、私にはロジカルに説明出来ないので偶然な気もしますが、事実こういう結果が出ていますから注意は必要でしょう。

と言うことでデータ分析は以上。
これらを予備知識として本予想に入っていきたいと思いますが、今年はデータに嵌る馬が案外少ない登録メンバー。そんな数少ないデータ合致馬の中でも特に面白いと思う馬がこの馬
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に水曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
勝ち上がりは遅かったですが、初戦は直線右手前で反応せず左手前に替えてから猛然と差し込んだものの差し遅れての敗戦。2戦目は直線でスムーズさを欠いたことに加えて、初戦同様に左手前に替えてから反応したものの、手前を替えるポイントが遅く最加速状態に入る前にレースが終わった敗戦。いずれも敗因は明確で、右回りに替わって確実に良くなると思われた前走がその予想通りの完勝。しかも5Fロンスパ戦を好時計勝ちしたものですから、京成杯のレース傾向にも合致します。そこそこ人気してしまうのは残念ですが、右回りなら確実に好勝負になるはずです

そしてもう1頭のデータ推奨馬がこの馬
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文に水曜日限定で馬名を記載しておきます(5位前後)
半兄は小回り巧者だったり、全兄はダート馬だったりと基本的には持続的に脚を使わせて良い一族。デビュー戦は好発を切ったものの控える競馬を試みて全く見せ場なしという内容でしたが、血統特性を考えると納得。以降は前で受けて持続的に脚を使う形で好走しており、前走は4Fロンスパ戦で快勝。当然今回の条件も合いますし、ハナ切れずとも競馬は出来るはずです