皆様、こんばんは。

本日は「東海S」「AJCC」の追い切り分析を行います。
尚、評価は5段階評価で、最高点は5点、最低点は1点です。

【東海S】
5点「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(C)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
栗東坂路単走。手足の返しの強さが強烈で、それがバネのある走りと推進力を生み出しています。それに加えて回転力もあるわけですから、当たり前のように速く走ることが出来ます。四肢の着地点が綺麗なので推進力が横にも上にも逃げませんし、前後の連動性も取れています。頭の高さが気にならないほどに下の充実が素晴らしく、これは文句なしの5点評価

4点「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(W)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
栗東坂路併せ。胸前を中心とした筋肉量が目立つ馬体。その馬体通りに走りもパワフルで、特に左手前に替えてからの走りは安定性があって◎。ただ後肢を回すように使う点は好きになれず普通なら3点評価ですが、今回は良く見せる馬が少ないので相対評価で4点を献上

4点マイネルクラース
美浦W併せ。3頭併せの大外を先行する形。クビを上手に使って活気十分なフットワーク。回転力も伴って見た目の印象はとても良好でしたが、追われてからが案外で最内の馬とは手応えの差が歴然。ただ追われて差し返すところは見せましたので、遅れたとは言えそこまでネガティブに捉えなくても良いのではないでしょうか。馬体のバランスも良好ですし、ややおまけ気味で4点評価にします

3点ビルジキール
栗東坂路単走。頭が高く前肢はガニ股で見た目の印象は最悪。ただそんな走法でも実はブレなく走れているのは体幹がしっかりしているからで、フットワークの力強さと安定性は今回のメンバーに入っても上位のもの。この点を評価して

3点キングズガード
栗東CW併せ。内に併せて1馬身追走する形。やや力んだ走りで可動域も狭いものの、これはいつものこと。決して手応えは良くなかったものの、何とか頭差先着。可もなく不可もなしという印象

3点モズアトラクション
栗東B単走。気性の難しい馬らしく掛かり気味の道中。推進力が上に逃げ気味で、グリップが利いていない脚捌きも気になりました。ただラスト1Fだけ放たれると、それなりに重心を下げて動きの質は良化。体調自体は悪くないと伝わります。それでも前半部分の印象は悪く、3点評価まで

3点ロードアルペジオ
栗東坂路併せ。前半は我慢させて残り1Fを切ってから解き放つ内容でしたが、前半部分はかなり反抗するところも見られて力んだ走り。追われてからしっかり反応したものの鋭さはイマイチで、結局併せた相手に並ぶところまでは行かず。普通なら2点評価ですが、今回は同馬より酷い馬が多かったですから相対評価としての3点。かなり甘めです

2点インティ
栗東坂路単走。全体時計は昨年の同レース時とほぼ同じですが、ラスト2F12.2‐12.9秒と完全に失速しており、時計精度は雲泥の差。直線に入って早々に手前を替えたようにアップアップの内容で、左手前で走る際にはやや右に傾いで走る癖があるとは言え、今回はそれが酷くて矯正される始末。かなり苦しかったが故の所作だと思われます。1週前のCW追いは好時計が出ていますが、今週の動きだけを考えれば買いたくなくなるのが本音です

2点アングライフェン
栗東坂路単走。ラスト2Fを12.2‐12.2秒と減速せずにまとめているので一定の評価は必要なのでしょうが、非常に可動域が狭い走りで全く見栄えせず。体の張りもイマイチに映ります。タイムには現れない動きの質も含めれば2点評価が妥当でしょう

2点コマビショウ
栗東坂路併せ。並走相手に煽られる内容で1馬身遅れ。活気はあるものの、無駄に膝を高く上げる効率の悪い走法。回転力が追い付いておらず、スピード感が感じられません。体もこのメンバーに入ると見劣る印象

2点アイファーイチオー
栗東坂路単走。右手前の走りは良いのですが、左手前に替えると左前の着地点が右前の着地点と重なる位置まで入ってくるため、体全体が右側に向く形に。これでは推進力が前に向きません。左回りを中心に使われていることが腑に落ちる内容で、右回りは明確にマイナス

2点メイショウウタゲ
栗東坂路単走。道中何度もクビを進行方向右側へ振る仕草があって集中出来ていません。そのせいか全くスピードに乗る場面がありませんでしたし、時計が出ていないのにラストはバタバタ。体のボリューム感も明確に物足りませんし、これは良くないです


【AJCC】
5点「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(X)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
美浦W単走。ややこじんまりとして映る馬体で決して見栄えはしませんが、脚元はとても柔らかでしなりの強さが目立ちます。非常にまとまったバランスの良いフットワークも特筆もの。そのおかげで滑るように推進していきますし、5F66.2秒-1F11.8秒の高精度のラップを楽に計時。間違いなく出来は近走の中でも最高のもので、これは無視できなくなりました

4点
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(D)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
美浦W併せ。3頭併せの最内で追走する形。頭が高いのはいつも通りも、うまくリズムは取れています。とにかく活気十分で非常にキレがある脚捌きが目立ち、コーナーを抜けてから手前を替えると一気に並走相手を引き離した脚力は目を見張ります。ややコーナリングが拙かった点、頭が高いのでどうしても見栄えがしない点だけを考慮して4点評価にはしましたが、5点評価を付けるか迷ったほどに動きは素晴らしいものでした

4点サトノクロニクル
栗東坂路併せ。頭の高さと終始手前を替えなかった点はどうにも気になりますが、久々にしては体はスッキリと出来ていますし、力強さが目立つフットワーク。ブレなく真一文字に伸びて来たように体幹の強さも目に付きます。ラスト2F12.5‐12.1秒と加速ラップでフィニッシュし、万全の仕上げでレースに臨めそう

3点ミッキースワロー
美浦W単走。クビを使わずガニ股気味のバタバタした走法はもう毎度おなじみ。決して見栄えはしないものの四肢の力強さは十分で、特に後肢の力強さは目立ちますし手先の強さはとても目立ちます。見た目の印象以上に好状態だと判断します

3点ブラストワンピース
美浦W併せ。非常に良かった札幌記念時と比べると、特に可動域の大きさと脚捌きのキレの両面で明らかに劣る内容。とは言えG1馬だけに下手な動きではなく、どっしりとした体幹と力強さは流石で楽に先着。ただ重かった目黒記念時にも稽古では同じような動きをしていましたので、これをもって走れる態勢と判断するのは早計かも知れません。札幌記念を100とすれば80~85程度の仕上がり。当日の馬体重には注意して下さい

3点ウラヌスチャーム
美浦W併せ。内に併せて1馬身追走する形。レースと同じくスッとは反応出来ず加速に時間が掛かり、なかなか並ぶところまで行かず。それでも徐々に加速がついて最終的には半馬身先着しました。肩の出は窮屈なものの膝から下には柔軟性があって、状態は良好

3点グローブシアター
栗東CW併せ。3頭併せの外を先行する形で直線へ。コーナーリングの差で内2頭に並ばれると、直線序盤での反応も悪く一気に置かれる。その後一杯に追われて盛り返したものの、最内馬には楽々先着を許しました。追われてからは反応して盛り返したので遅れたと言ってもそれほど印象は悪くないですが、それでも鋭さという面ではイマイチ。馬体は適度に張りがあってバランスも良好

3点スティッフェリオ
栗東坂路併せ。右手前時の走りはバタバタしている印象も左手前に替えて安定。回転力があって悪くない動きに見えましたが、残り200m手前から明確に手応えが怪しくなってアップアップのフィニッシュ。何とか併入したものの相手との手応えの差は歴然で、ラスト2F12.2‐12.9秒と急減速した点も印象が悪いです

3点マイネルフロスト
美浦坂路併せ。アクションは大きいものの無駄に大きい印象で、推進力が上に逃げ気味でパワーが地面に伝わっていません。空回りしている感が強くて、併入はしましたが手応えでは見劣りました

2点ステイフーリッシュ
栗東坂路併せ。掻き込み力とグリップ力が強いフットワークが目立ちますし、良い意味でまとまった走法は決して悪くありません。ただ残り1Fを切ってから明らかに疲れましたし、ゴール前には手前も替えてやや一杯気味で並走遅れ。1週前もラスト1Fは失速していましたし、決して良い状態とは言えないですね。やや厳しめに2点評価とします

2点クロスケ
美浦W単走。片側チーク。やや華奢な体つきで迫力イマイチ。コーナー地点は悪くはなかったものの、直線に入ってからの力強さが足りず、メリハリなく惰性で走っている感。今回のメンバーに入ると明らかに見劣る感

2点ルミナスウォリアー
美浦W併せ。3頭併せの最内で追走する形。コーナー部分ではやや舌を出して遊びながら走っていますし、コーナーを抜けていざ追い出されても反応は地味で追って追って何とか真ん中の馬と併入。大外馬には楽々先着を許しました。全体に評価出来る点が少なく、最低評価が妥当