皆様、こんばんは。

本日は「クイーンC」「共同通信杯」「京都記念」の追い切り分析を行います。
尚、評価は5段階評価で、最高点は5点、最低点は1点です。

【クイーンC】
5点
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(W)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
栗東坂路併せ。併せたマジカルスペルを問題にせず楽々先着。クビの使い方、非常に広い四肢の可動域、着地点が美しく連動性が取れたフットワーク、体幹の強さ、脚元の弾力、どれを取ってもハイレベルで文句なし。やや幅が薄い感はありますが、筋肉量は十分ですしそもそもが短距離馬ではありませんから、その点は気にしなくて良いでしょう。素晴らしいの一言ですね。6点以上を付けても良いです


4点「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(B)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
美浦坂路単走。映像を見た瞬間にバランスの良さを感じる馬体。この辺りは流石良血馬です。フットワークも重心が低く後肢の蹴り出しもキレイなもので、もう少しクビを使えればベストですが、それでも十分合格点を与えられるもの。ここに入ると素質で明らかに上回っている感があります

4点アカノニジュウイチ
美浦坂路単走。コーナーから直線入口では頭が高くバタついていましたが、直線右手前に替えてからフットワークが安定。捌きが硬いことは気になりますが、全身バネという感じのフットワークで、体幹の強さも相まって推進力は十分。間隔は開きましたが力を出せる状態だと思います。直線右手前で走る左回りはベストの舞台

4点ヤマニンプレシオサ
美浦坂路併せ。終始右側に傾いで走っていた点は気になりますが、前肢の着地点がキレイで後肢との連動性がある点は好感。格上のキングハート相手に互角に渡り合って先着したことは高く評価して良いでしょう、終始左手前のままで走り抜けたように不器用さは目立ちましたが、高く評価したいと思います

4点ルナシオン
美浦W併せ。ルメール騎手騎乗。内に併せて追走する形も序盤は抑え込んで1馬身遅れたまま。その後手綱を開放されると一気にギアが入り、またフォームも替わって同入するところまで持って行きました。序盤に反抗的なところを見せた点は頂けませんが、加速するところのフットワークは大きく、また柔らかさがあり秀逸なもの。相当なスケールを感じます。動きの質だけなら5点ですが、気性的な面を減点して4点評価とします

3点マジックキャッスル
美浦W併せ。クビで上手くリズムを取る小気味よいフットワーク。肩の可動域も広くて弾むように走れています。反面脚元の力強さは案外で、地面をグリップ出来ていない点は気になりますし物足りません。あくまで高いレベルでの話で、相対的には上位評価にはなりますが、4点を付けるほどではないでしょう

3点アミークス
美浦P併せ。先週Wコースで十分な負荷を掛けており今週は軽め。見るからに小さい馬ですが、その割に力強さは十分。前の捌きが硬いことと可動域が狭いことは物足りませんが、それでもこの馬なりに順調と言って良いのではないでしょうか

3点チアチアクラシカ
美浦W併せ。逆手前でコーナーを回りコーナー出口で正手前に、そして直線に入って再度右手前に替えるという不器用さ。直線で右手前に替えると内にモタれる悪癖を出すのはレースと同じ。その地点で並走馬に置かれるも立て直してからは再度並び掛けたように脚力で劣ったわけではありません。活気も力強さもある良い走りなのですが、どうしても内にモタれてしまう面は非常に勿体ないですね。これさえなければ4点以上の評価なのですが・・・

3点インザムービー
栗東P単走。6F75秒と前半から飛ばしたために終いはバッタリ。ただコーナー部分の走りは全身を使った好フォームですしクビの角度も良好。もう少し後ろ脚の強さが出てくれば良いのですが、悪くはない馬です。ただ府中のマイル戦ということを考えると、前半から飛ばし過ぎた内容はいかがなものかとは思います

3点アールクインダム
美浦坂路単走。前肢が馬体のやや外側についている珍しい馬で、その割に着地点がセンターに寄っているので非常にアンバランスに見えます。集中して駆けられていますし安定感もありますが、馬体のバランスの悪さと幅の薄さにどうしても目が行ってしまい、あまりポジティブには映りませんね

3点サナチャン
美浦坂路単走。頭が高く重心も高めで、そして後ろがやや重いバランスの悪い走り。体の強さは感じるものの、バランスが悪いのでそれが地面に伝わっていない点は残念。能力を評価している馬ではありますが、この走りでは高評価することは出来ませんね。ただ肌艶は良く体調は良さそう

3点シャンドフルール
栗東CW単走。胸前や肩回りの筋肉量が豊富な割にトモのボリューム感がなくアンバランス。またクビが短いので、前は大変窮屈に映ります。フットワークには柔らかみがあって好感が持てるのですが、このバランスが悪い馬体でトップクラス相手にやれるのかと考えると不安の方が先立ちます

3点メルテッドハニー
美浦坂路単走。コーナーを逆手前で抜ける不器用さ。リズムの取り方は上手なものの力強さには欠けるフットワーク。馬体の幅も薄く、このメンバーに入ると全体的なスケール感で見劣る感は否めず

2点セイウンヴィーナス
美浦坂路単走。頭も重心も高い突っ立ったような走り。右手前に替えてからは左前を外側に蹴り出し回すように使うので、この点の効率も悪いです。楽な手応えで先着したことは評価しますが、個人的には好きになれないフォームです


【共同通信杯】
5点「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(X)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
美浦W併せ。目立つのは後肢のバネ感の凄さ。蹴り出しの方向も真っすぐで美しく可動域も十分。全体的にもかなりの力強さがあり、クビを含めた全身を上手く使った動きはここでは競走馬としてのセンスが一枚上の感

4点マイラプソディ
栗東坂路単走。4F50.6秒は自己ベストを大幅に更新するタイム。ラスト1Fは12.9秒まで落としましたが、4F目から13.2‐12.2‐12.3‐12.9秒と速いラップを踏み続けた結果ですから、特に評価を下げる必要はありません。はちきれそうな体の張りは目立ちますし、バネ感のあるフットワークも健在。叩き台という雰囲気はなく、十分力を出せる仕上がりだと思います

3点ビターエンダー
美浦W併せ。フットワークのバランスは悪くないですが、後肢がやや弱い感があって空回り気味の前輪駆動。後ろの踏ん張りが利かないからか後半になる度に動きの質が落ちて、併せたエメラルファイトにあっさり遅れました

3点ココロノトウダイ
美浦W併せ。内に併せて1馬身追走する形。シャドーロールをしているものの頭の高さは変わらず。ただ活気は十分で格上馬に併入。馬体もスッキリ出来ており、休み明けの影響は感じられません。ただ前膝を高く上げる掻き込み系の走法で、パンパンの良馬場は疑問

3点シコウ
美浦W併せ。手先の強さを活かしたバネ感のあるフットワークで、キビキビ動けており好感。ただ終始ワンペース気味の走りですし、最後まで手前も替わらず。あくまでこの調教だけでの感想ですが、1400m以下の馬ではないでしょうか

3点シングンバズーカ
美浦W併せ。内に併せて追走する形も併せた2勝クラス馬に終始手応えで見劣りながらもなんとか同入。ピッチ走法でキビキビとは映るもののスピード感が伴っておらず、平凡な内容。小回り向き

3点コンバットマーチ
栗東坂路単走。馬体が薄く非力。まだ体が完成していないため体幹が緩く、かなりブレのあるフットワーク。一生懸命に走っているのは伝わるものの、バタバタして見えるのはその為。完成途上です。最後まで手前も替わらず

2点アジュバント
美浦W併せ。前肢の捌きが硬く、後肢の蹴りは緩慢。重心も下がらず、終始左手前のままで手前も替わらず。プラス評価出来るポイントがなく、至って平凡な内容


【京都記念】
5点該当馬無し

4点「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(C)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
栗東坂路単走。序盤から活気十分な走りですし、バネ感十分で推進力の高さが目に付きます。近走比較で見ても明らかに動きの質が高く、1週前には宝塚記念の最終追い以来の坂路51秒台の時計を計時。間違いなく体調は良いはずですから、ここはチャンス

4点ステイフーリッシュ
栗東坂路併せ。手前を替えるポイントも含めて一切ブレずに登坂。体がしっかりしているからこそのブレの無さで、金曜日に速いところをやれていることも含めて体調に関しては何の心配もいらないでしょう。いつもラスト1Fで減速する馬ですが、今回は良く我慢出来ている方。好調を維持して臨めそうです

4点カレンブーケドール
美浦W併せ。3頭併せの真ん中で終始馬なりのまま。それでも並走相手に手応えで勝っているのは流石。素軽さはJC時よりは劣るもののトモの張りなどは目立ちますし、そもそもこの馬はウッドコースで追い切れていることが好調の証でもあります

4点クロノジェネシス
栗東CW併せ。かなり前向きで前半から行く気満々。鞍上が終始抑え込んでいる内容でしたが、コントロールの範囲内でしたので問題ないでしょう。直線でも鞍上が重心をやや後ろに掛けながらでしたが、決して並走相手を前に出そうとしない勝負根性は◎。秋華賞でも実績があるので言うまでもないですが、これだけ前向きに走れているなら休み明けも問題にはならないでしょう

3点アルメリアブルーム
栗東坂路単走。重賞好走後の中3週なのであまり強めの稽古は必要なしで、大きな負荷は掛けない内容。それでも四肢の着地点は美しく、前後の連動性が取れた好フォーム。目立つ時計ではないので3点評価に留めますが、ポジティブな内容

3点ドレッドノータス
栗東CW併せ。タイセイトレイルと併せて1馬身先行し直線へ。一杯に追われる相手に対してこちらは引っ張り切りで同入。パワーを感じさせる脚捌きも好感が持てます。ただ若干体が立派に映りますし、久々に最終追いをCWコースにしたのはこの辺りに理由があるのではと勘繰ってしまいます。太りやすいタイプでもありますから、当日の馬体重には注意したいです

3点クラージュゲリエ
栗東CW併せ。併せたシロニイが一杯に追われるのを尻目に、こちらは少々手応えには余裕があったものの突き放せずに食い下がられた内容。捌きが硬く可動域が狭めでフットワークに伸びがないので推進力も生まれないという状態。物足りません

3点プリンスオブペスカ
栗東CW単走。最終追いは非常に軽めの内容で評価が難しいですが、あまり集中して走れていませんし毛艶もくすんでいて体調の良さも伝わって来ず。2点に近い3点評価とします

2点アメリカズカップ
栗東坂路併せ。並走遅れはいつものことなので気にならず。ただこれもいつも通りとは言え、四肢それぞれの蹴りが外側に流れてしまう効率の悪い走法は気になりますし、このメンバーに入ると明らかに見劣ります。前半折り合いを欠いて乗り役に反抗していた点もマイナスで、高い評価は出来ません

2点ガンコ
栗東坂路併せ。途中かなりふらつきながらで進路を真っすぐ取れていませんし、4F時計がそこそこ出たにしても最後は明らかに完歩が小さくなり疲れてしまいました。良くないですね