皆様、こんばんは。

最初に告知です(この告知は今週末まで継続します。目障りだと思いますが、お許し下さい)。
「デジタル版競馬最強の法則 Vol.5+POG号(4月5日発売)」に記事を提供させて頂きました。
私が担当したのは「ネットを騒がす馬券職人たちのクラシック!」という特集です。名だたる予想家の皆様の中で見劣り感はハンパないですが、読んで頂けますと幸いです。
尚、記事内では「桜花賞」「皐月賞」の印を入れていますが、追い切りや枠順で印が上下することがありますので、予めご了承下さい。


今週も先週に引き続き週末までに負荷を掛けない週にしておりますので、追い切り分析は「桜花賞」のみとさせて頂きます。何卒ご了承ください(先々週に発症した突発性難聴は日々回復しており、平時と変わらない状態まで戻りつつあります。次週からはG1以外の分析も行えるかと思います)。

尚、評価は5段階評価で、最高点は5点、最低点は1点です。

【桜花賞】
5点「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(C)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
美浦W単走。これは前走時から一変しましたね。かなり良くなりました。まず体のボリューム感アップは一目瞭然で、ひょろりとした脚長な感じの印象に重厚感が加わりました。その影響でフットワークにも変化が生まれており、最も違うのは後ろ脚の蹴っぱり。前走は地面を押し出すような使い方をしていたのが、今回は地面を掴みつつ強烈な反発を使えるようになっているんですね。この変化にはちょっと興奮を覚えました。ラスト1Fでこれだけの時計が出るのにも納得で、これはもしかするともしかします

4点「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(X)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(5位前後)
美浦W併せ。3頭併せの最内。馬体ははちきれんばかりに張り詰めており、前後の連動性が綺麗な全身を使ったフットワークは競走馬としての素質に溢れています。また集中力と闘争心を感じさせる表情が素晴らしく、これは鍛えてどうこう出来るものではないので大きなアドバンテージですね。1週前も非常に良かったですが、臨戦態勢は完璧に整った感じです

4点サンクテュエール
美浦坂路併せ。最終見解でほぼ全頭解説を書く予定でそこで詳細について言及していますが、この馬は右回りが良い馬。従って左回りの坂路コースだと良さが出切らないのですが、それでも四肢の粘りが推進力を生み出していますし、前脚の出方が綺麗なので前後の連動性も十分。フットワークにもブレがなく安定しており、特にケチをつける点はありません。1週前のウッドコース追いでも前走からの成長を感じさせましたし、これは文句なく高評価に値します

4点マルターズディオサ
栗東CW単走。栗東滞在。後ろ脚の可動域の広さと全身を収縮させて走れる点は才能としか言いようがありません。素晴らしいです。前後肢共に柔軟性も十分あって体に悪いところがないだろうことが見ていて良く分かります。前走が物足りない動きでしたので上積みは十分ですが、ケチを付けるとすれば前走までは坂路中心で調教していた馬が栗東滞在では坂路を使わずウッドコースのみで仕上げている点。これがどう出るのかは気になるところです

4点リアアメリア
栗東CW併せ。3頭併せの最内から追いかける形。直線でスッと反応して楽々先着した反応の良さは高評価に値します。トモが深く入って全身収縮出来るフットワークの美しさは2歳時から変わらないのでこの点で大きな変化はないですが、体が一回り大きくなり幅が出ている点は2歳時との明らかな違い。巻き返して不思議ない状態にあることは間違いありません

4点レシステンシア
栗東坂路単走。正直迫力と言う点では近2走には及びません。特に終いの反応がそう感じさせるのですが、今回は自己ベストとなる4F49.5秒とかなり速い時計を計時したことを考えるとそれも仕方がないと思えます。本番を想定したかのような13.3-12.4-11.7-12.1秒という速いラップを継続させたことを褒めるべきだと思いましたので、動きに質に物足りなさを感じつつも4点評価とします。尚、左前の着地点が馬体の真ん中に寄って右斜め前を向いて走っているように映るのは以前から同じ。これで好成績を残している以上はこの点での減点はしません

3点クラヴァシュドール
栗東CW併せ。今週は木曜追いのためこれを書いている時点では映像なし。その為、1週前追いを評価対象にします。未勝利馬との併せ馬でしたので終始手応えで圧倒したのは当然。それにしても反応が良く、完歩毎にクビの角度にバラつきがあった前走時と比べてフットワークの安定感は目立ちます。前走である程度仕上げていたと思いますが、まだ上積みはありそうですね。ただ今週木曜追いにしたのはなぜか。これまで同様のパターンはないだけにルーティンを崩すことには好感が持てません

3点デアリングタクト
栗東坂路単走。右前を外回し気味に使う点は少々気になるものの、終始一定リズムでブレることなく登坂出来た点は好感。またグリップ力がかなり強くて完歩毎の推進力が目立つことも特筆すべき点です。至って順調ですが、1週前の併せ馬でイマイチだった点は大変気になるところ。週中記事でも書きましたが、エピファネイア産駒だけに馬群を嫌がる可能性もあって、内枠配置になると少々心配です

3点ウーマンズハート
栗東坂路単走。序盤は掛かる面を見せていたものの、鞍上に反抗していた前走に比べるとこれでもマシな方。頭が高く見栄えはしないものの前脚を引き上げるパワーには見るべきところがあって、力強さは十分。前走よりも体にボリュームが出てブレなく登坂出来たように、前走からの上積みはかなり大きいと思えます。ただし、前走もそうでしたが今回も残り100mで右手前に戻したように、どうも左手前で走るのが好きではなさそうな点は気掛かり。やはり左回りがベストなのではないでしょうか

3点ヒルノマリブ
栗東坂路単走。ボリューム感十分の体つきが目に付きますし、その体の印象通りに掻き込みの強いパワフルなフットワークで登坂。ラスト1F12.1秒は自己最速で、ラスト2Fを12.6‐12.1秒と一気のギアチェンジが出来た点も評価したいです。ただその数字とは裏腹にスピード感はイマイチ感じませんでしたし、左手前に替えてから明らかに重心が浮いてしまっていた点も気になる材料。決して悪くはないのですが、4点には届かないでしょう

3点ミヤマザクラ
栗東坂路併せ。前走時ほどにクビを上手く使って走れておらずリズム感がイマイチで、活気もやや薄い感。前走は0.3秒先着を果たしたマジカルスペルに対して今回は半馬身遅れを取りました。全体時計で2.5秒速い時計を計時したことが影響しているためと思われますが、終い疲れた割には手前が替わらず(前回は途中左手前に替えてグイッと伸びた)終始右手前のままで走った点も気になる材料で、個人的には前回の方が良かったという印象を受けました

3点インターミッション
栗東CW単走。前後肢共に可動域が狭く重心の高い走り。これは最加速地点でも変わらず、グッと沈み込むようなところが見られないのはこのメンバーに入ると明らかに物足りません。とても400㎏少々とは思えない体つきは悪くないものの、全体には平凡な域を出ないのが正直なところ

3点チェーンオブラブ
栗東坂路単走。栗東滞在。その効果か体はふっくら見せるものの、残り400mからはかなりふらついてフットワークが安定しない箇所が散見。体幹の問題でしょうか。鞍上が手前を替えさせようとするも替わらず、ラップの印象ほどのスピード感は感じませんでした

3点エーポス
栗東坂路単走。映像の大部分で前の馬が邪魔になり動きを確認出来ず。残り200mを切ってからの動きは確認出来ましたが、全体に柔らかみを欠く動き。特に前脚の溜めが利いていない点が目に付き、これでは距離延長に不安が残りますね

3点ヤマカツマーメイド
栗東坂路単走。回転力が速く力強さも兼備した小気味良いフットワークには好感が持てますが、左前の着地点が馬体の真ん中付近になっていることで、右前はその煽りを受けて着地点が体の外側になる走り。スピードが乗るとそれが酷くなり、残り200mを切ってからはかなり右にヨレる場面が見られました。この走りのバランスの悪さは看過出来ないものです

3点ナイントゥファイブ
栗東坂路単走。体高が低いことが見栄えの悪さに繋がっているのかも知れませんが、可動域が狭い割には回転力がそれほどでもなくメリハリに欠ける脚捌き。時計的には加速ラップで登坂出来ているので、この馬なりに良い状態にあるのかも知れませんが、全体比較と言う点での見劣り感は否めません

2点ケープコッド
栗東芝単走。完歩が小さく伸びの無い走法。それよりも気になるのは脚捌きの緩慢さ。完歩の小ささを考えると回転力で勝負しないといけない訳ですが、芝コースで走っているとは思えない回転力の無さで、これでは勝負にならないでしょう

2点フィオリキアリ
栗東坂路単走。管が細く全体的にも華奢。ややガニ股気味の走法で前脚の蹴り出しが100%後ろに伝わっていない効率の悪い走法。手前を替えるのにも手間取ったように器用さも備えておらず、色々と成長途上を感じさせる内容に終始しました