皆様、こんばんは。

本日は「オークス」の追い切り分析を行います。
尚、評価は5段階評価で、最高点は5点、最低点は1点です。

【オークス】
※ミヤマザクラは木曜追いのため記事作成時点で映像なし。時間が許せば後刻追加記載します

5点
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(C)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
一言で「才能が一枚上」という感想。特に四肢の柔軟性は驚くレベルで、こんな走り方で坂路を駆け上がって来る馬はなかなか見られませんよ。柔らかさのみならず脚の出方はキレイですし前後の連動性も十分。クビをグッと下げて全身運動も出来ています。手前を替える際にややふらつきはしましたが、それだけで評価が下がるものではありません。それだけ褒めるのに時計が出ていないのはそもそも坂路が合っていないことが理由と思われ、あの走法ではそれも当然だと思います。坂路よりもコースで走っている姿を見たいと思わせる馬で、コースで見るともっと良いはずです。本当に惚れ惚れします

4点「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(X)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
1週前に併せ馬を消化しているので今週は長めからも時計は控えめ。桜花賞前より馬体がふっくら映りますし、それでいて太めなわけではなく立体感がある好馬体。同時にフットワークの柔らかみも増しており、馬体を大きく雄大に使えています。特に後ろ脚の可動域が広がっているように映りますし蹴り出しの強さもアップ。追い切りだけをみると桜花賞時よりもかなり上積みがあるように感じます

4点スマイルカナ
美浦W単走。前走時に劇的に変わっていた馬体はそのままに、今回は四肢の柔らかさも加わってこと動きの質という面では前走以上と思わせます。ストライドもより大きくなったのではないかとも思わせます。ただコーナーを逆手前で(今週の南のWコースは左回り)直線もそのまま右手前で走り続けたという点は減点材料。左回りでの勝利経験はあるものの、これを見ていると若干の不安を感じさせることは事実です

4点チェーンオブラブ
美浦W併せ。序盤の動きはさほどではなかったですが、右手前に替えて一気に加速して並走馬を置き去りに。前脚を一杯に伸ばしたフットワークに変化し質も上がりました。キレという意味ではもう一歩ですが、あまりポジティブな動きが出来ていない今回のメンバーの中に入ると相対的に上位評価になります

3点ウインマリリン
美浦W併せ。3頭併せの真ん中。道中は引っ張り切りの手応えで、直線追い出されるとキッチリ反応してマルターズディオサと同入。脚捌きはキビキビとしており、馬体もふっくら。体調の良さが伝わる肌の質感でもあり出来は良さそうです。ただ膝を高く上げるパワー型の走法だけに高速馬場はプラスとは言えなさそう

3点「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(Y)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
1週前にウッドコースで負荷を掛けて今週は坂路でやや軽め。前走時は1週前ウッドコースで併せ馬→坂路でもやや負荷を掛ける内容でしたが、これは間隔の違いで負荷の掛け方を変えたものですから問題ないでしょう。坂路における特に最後の十完歩ぐらいは前走時の方が活気がありましたし脚元の柔らかさがあったのは事実。ただ近走はあくまで調整という意味合いが強かったですし、1週前のウッドコースの動きが力感とバネ感を兼備していたものですので過度に気にする必要はないかと思います。順調、という理解で良いのではないでしょうか

3点マルターズディオサ
美浦W併せ。インターミッション・ウインマリリンとの3頭併せの大外。フットワークがややこじんまり映るなど動きの質としては前走時の方が上に映りました。ただ直前は単走に留めた前走と違って、今週は2週連続での併せ馬を消化。これがどう出るかは分かりませんが、陣営の意欲とそれだけ負荷が掛けられるのであろう馬の状態は評価しておきたいと思います

3点サンクテュエール
美浦W併せ。高評価した前走時と比較して活気・動きのキレという面で若干見劣りするのが今回。ただ前走は間隔が開いていたことで長めから追いましたし、あまり気にする必要はないかも知れません。前後の連動性が取れた脚捌きは相変らず高水準ですし、落ち着いて鞍上の指示に従っている様子も距離延長を考えるとプラスです

3点アブレイズ
栗東坂路単走。1週前のウッドコース追いが本追いで今週は軽め。序盤から行きたがるのを抑えられて終始頭を上げる場面。半面馬体のスケール感はあって、しっとり濡れたような肌質も体調の良さを伺わせます。1週前の映像がないのでこの評価になりましたが、体調自体は良さそうです

3点ホウオウピースフル
美浦W併せ。やや頭が高くまだまだ全身を使い切れていない走法で若干ふわふわ走っているので推進力が上に逃げ気味。1週前よりは絞れたものの、前走時の追い切りよりも太めに映る馬体も気になります。当日の馬体重には注意されたし

3点マジックキャッスル
美浦坂路併せ。伸びやかに使えている前脚とは対照的に後ろは可動域も粘りも物足りないもの。坂路なので仕方ない面はあるにせよ、そのせいで全身収縮が出来ておらず淡白な走りに見えるのは残念です。そして2戦目以降はウッドコース一本だった馬が最終追い切りを坂路に替えた点もどうにも気になります

3点ウーマンズハート
栗東坂路単走。活気は十分で全身を大きく使ったアクションで走れていた前半とは対照的に後半は目に見えて失速。一息で走っているように見えるのは距離延長のここに向けては最悪の稽古内容と言えて、これでは大きな上積みは見込めないでしょうね。個人的にはスプリント寄りの距離を使えば良さが出ると踏んでいます

3点「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(D)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
桜花賞前と比べてクビが使えなくなっており、全身を使って動けていないというのが第一印象。こんな走り方だったか?と凄く違和感を感じたので桜花賞前とも比較しましたが、やはり全然違いますね。終いは促しつつでの時計で、自分から動けていた前走時と比べても印象は悪いです。クビより後ろは美しい馬体なのですが・・・

3点リリーピュアハート
栗東坂路単走。序盤は頭を上げてコントロールの難しさを感じさせる。脚元のパワフルさはあるものの、頭は高く肩位置と着地点が真っすぐでないために力が外へ逃げる脚の使い方になっている。また肩周りが硬いので可動域も狭く、とても非効率な走り方に見えてしまいます

3点ウインマイティー
栗東坂路併せ。終始力んでいて全身にがちがちに力が入っています。当然動きも硬いものになってしまいますので見栄えはしません。手前の替え方もぎこちなくて、G1メンバーの中に入ると見劣りは否めませんね

2点インターミッション
美浦W併せ。ウインマリリン、マルターズディオサとの3頭併せの最内。馬体の小ささもさることながら、フットワークの小ささも目立ち、併せた2頭に明らかに見劣り。最内を回してもあっさり遅れてしまい、促しても追いつく気配がまるでありませんでした。根本的な能力不足を感じさせる内容で、高く評価出来る点はありません

2点
フィオリキアリ
栗東坂路単走。とても貧弱な体でダラダラとしたフットワークでまるで力感を感じられない内容。前走と比較しても活気の有無は雲泥の差ですし、体もガレ気味。もしかすると桜花賞の疲労が尾を引いているのではないでしょうか。ちょっと酷いです