「好走期待馬」の成績等は次週から以前のように掲載します。
今週も簡易版になりますが、何卒ご了承下さいませ。



Twitterでは重賞パドック診断や推奨漏れしたレースをツイートします

ぜひフォローをお願いします!

↓ ↓



皆様、こんばんは。

当ブログはバナークリックが一定数あってこそ成立しています。
お手数をお掛け致しますが、毎日の無料記事更新のためにも、本文内のリンク(バナー)クリックのご協力をお願い致します

当ブログが発行している予想は以下の3つ
月額会員様競馬最強の法則WEBで公開している厳選予想
好走期待馬リスト(好走確率が高くて妙味のある馬のリスト)
・好走期待馬を軸とした3連複予想(場合によって馬連も使用)

ブログでは、全対象レースの中から2~3レースをピックアップして「好走期待馬」を無料公開しております。本日の対象レースは以下の通りですが、その中から「阪神11R(ブログ限定)」「函館12R」を無料公開させて頂きます。
【函館】2R・3R・6R・8R・12R
【阪神】3R・7R・8R・9R・10R
【福島】1R・3R・4R・11R
【ブログ限定】阪神11R

「好走期待馬リスト」は月額会員様以外でもnoteでご購入頂けます(500円)
noteでのご購入は下記リンクからお願いします

当ブログの予想を全て閲覧出来る「2020年7月会員様」を募集中です。
今週からご参加の場合は残り3週のみになりますので、
4,880円→4,020円でご購入頂けます
↓ ↓
会員募集詳細はこちら

***********************************************************************************
 【7月11日(土)の無料公開馬】 
馬名を伏せているレースは必ずバナーをクリックしてご確認下さいますよう、お願い致します

阪神11R(ブログ限定):「人気ブログランキング」内ブログ紹介文(E)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
速い時計実績が無く、上がりが掛かる展開・馬場になって良さが出る馬でした。「でした」と書いたのは近走で弱点を克服しつつあるのが見えたから。2走前は前後半47.4‐46.5秒のスローラスト3F戦を出遅れ・最速ラップを踏んだラスト2F目に外を回す負荷の大きいレース振りながらそこそこ差して来ましたし、前後半47.2‐46.0秒と同じくスローラスト3F戦になった前走でも最終的に差し込んだのはラスト1Fの減速地点でしたが、直線序盤の最速地点(=11.1‐11.0秒)でも反応は出来ていました。このように明らかに力を付けて来ていると思えますし、また前走は序盤に出して行ったものの折り合えたのも収穫で、あれなら出遅れ→後方追走という確度の低い脚質からも脱却できそうです。今回は元来得意としている時計の掛かる馬場になることが濃厚で、タガノアスワドが引っ張る流れならば極端なスローにもならないはず。万が一ペースが落ちても近2走で対応出来ることを証明しているのは大きく、ここは崩れることは無いと思われます

函館12R:「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文(Y)の馬←クリックして馬名の確認をお願いします(10位前後)
4走前推奨馬。実は相性の良い札幌に出てくれば狙おうと思っていたところ前走で走られてしまったという経緯。ここはやや後追いの感もありますが狙います。同馬は直線平坦コースなら確実に終いの一脚を使える馬で、中央なら京都専用機。ただ直線突き抜けそうになりながら途中でレースを止めてしまう悪癖も持っていて、それが中途半端な着順に終始している理由です。ただ前走では3角過ぎから進出を開始して最後まで走り抜けたという意外な内容。しかも前後半48.6-48.4秒のスローでレースのラスト4Fが12.1‐12.2‐12.1‐12.0秒という完全な前残りの競馬を差し込んだものでしたので価値が高いです。これで北海道滞在競馬では【2-1-2-4】ですから、よほど滞在競馬が合っていると思いますし、直線が短いコースで集中力が持続したという考え方も出来るでしょう。今回も前走と同舞台で、前走よりも確実に展開が向くだろうメンバー構成なら連続好走を期待しても良いのではないでしょうか

****************************************************************************

「競馬最強の法則WEB」に予想掲載を開始しましたので、それぞれの媒体からは何が閲覧出来るのかを一覧にしました(小さくて見えない場合はクリックすると拡大出来ます)
商品説明202007



(パスワードをご利用頂く方へ)
スマホの場合はページ下部の「ログインして続きを読む」をクリック→「ログイン方法を選択してください」をクリックして「パスワード認証」を選択→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは「メルマガ」or「商品発送メール」に記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。

PCの場合は記事最下部「続きを読む」を押下→「これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です」の「ログイン」部分を押下→ニックネームは適当で何でもOK、パスワードは「メルマガ」or「商品発送メール」に記載のパスワードを入力して下さい。
尚、パスワードは大文字・小文字が判別されますので、間違いないようにされて下さい。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。