皆様、こんばんは。

本日は秋華賞トライアル「ローズS」について分析していきます。
今年は変則日程のため中京2000mで行われる同レース。ということで、まずは中京2000mコースについて知っておきましょう。


ローズ1

ローズ2

中京芝2000mはゴール前の急坂の途中からのスタートになる点が最大の特徴。その後も向正面までなだらかな上りが続きますので、当然のように前半のペースは上がらず、多くのレースでスローペースになりがちです。200mしか距離が違わない2200mコースは差し優勢(1角までの距離が長いのでペースが上がりやすく、ゴール前の急坂を2度通過することで先行馬はスタミナを削られる)ですが、2000mコースはどちらかと言えば先行馬優勢のコースです。

ローズ3
これは過去3年の同コースにおける脚質別成績(新馬・未勝利戦除く)ですが、ご覧のように逃げ・先行馬優勢。東京2000mも同様ですが、「大箱コースで直線が長いから差し有利」という単純思考では大怪我をしてしまいます。

具体的なラップを見て行きたいと思いますが、ここでは時期的にも能力条件的にも最も類似していると思われるレース=マレーシアTC賞(旧マレーシアC)の過去5年ラップを見て頂きます
ローズ4
ご覧のように判で押したようなスローペースばかり。向正面を山の頂点として残り1000mからは下りレイアウトになる関係で5~6F戦ロンスパ戦になったり、はたまた3F戦になったりと仕掛け位置こそまばらですが、前半ゆっくり入っての終い性能の勝負になることだけはまず間違いないです。あくまでメンバーや枠の並びを無視した考え方ですが、3歳牝馬限定戦と言うことを考えれば5F超のロンスパ戦になるとは考えづらく、ラスト3F戦になる可能性の方が高いと言えるでしょう。

ローズ5
これは上で示したものと同条件での上がり3F順位別成績ですが、上がり上位馬の成績が飛び抜けて良いというデータもありますので、トップスピードのレベルやギアチェンジ力といった能力は不可欠です。

ここまでが中京芝2000mのコースの特徴
続いて「ローズS」過去5年の3着内好走馬一覧をご覧頂きます。
ローズ6
臨戦過程などについては深く掘り下げようかとも思いましたが、今年はオークス組が紫苑Sへ流れた感があって(オークス1,2着馬は直行。3,5,6,8着馬は紫苑Sへ、ローズSには4,7着馬+下位馬のみ出走)、上がり馬についても2勝Cで連対した馬すらおらず殆どが1勝C勝ち直後の馬。例年とは明らかにレベルが落ちる感があって、データの掘り下げは意味をなさないと判断しましたので割愛させて頂きます。

今年に関しては上で書いたコースの特徴(適性)と純粋な能力比較だけを根拠として予想を進めて行きたいと思いますが、現時点での最有力馬はこの馬
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に火曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
2歳~3歳春には全く評価しなかったことは以前から予想を見て下さっている皆様は良くご存じだと思います。反面、馬体の素晴らしさは常に評価して来た(桜花賞のパドックでもかなり褒めた記憶があります。記憶違いならすみません)という事実もあって、潜在能力はあるのだろうとは思っていました。その潜在能力を発揮出来るスイートスポットがハッキリ分かったのが前走で、簡単に言えば追走力がないため前半ゆっくり入らなければ能力を発揮出来ないということ。そういう意味で今回の舞台は絶好で、テンから淀みなく流れるであろう本番秋華賞では用無しになる可能性が高いですから、ここで全力買い→次走軽視というスタンスで良いのではないでしょうか

もう一頭がこの馬
↓ ↓

最強競馬ブログランキングへ
「最強競馬ブログランキング」内ブログ紹介文に火曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)
ギアチェンジ力はメンバー屈指、トップスピードのレベルも及第点以上のものは有しており、有利な先行脚質。春はやや使い減りの感がありましたし、厩舎的にもむしろ休み明けの方が能力を発揮出来るように思えます。距離的にはギリギリの感はありますが、前半からペースが上がらないコースですし、仕掛け位置が遅れる可能性が高いなら過度に気にする必要もないでしょう。有力