皆様、おはようございます。

本日から「天皇賞秋」について分析を進めて行きます。
まずは東京芝2000mコースについて考えましょう。

EC3

EC4

1角ポケットからのスタートで、Bコース使用時は100mも進まない内に2角を迎えるという欠陥コース。当然のように外枠不利となりますが、今年は登録段階で12頭しか居ませんので内外の不利はそこまで大きくならないでしょう。東京コースと言えば新潟外回りと共に長い直線が特徴に挙げられますが、もう一点重要なのが向正面にある「コブ」。上って下ってゴール前でまた上るという起伏に富んだコースですから、向正面半ば緩やかに下り続ける新潟外2000mよりはよほどタフで底力が問われることになります。

次に過去5年のレースラップを見てみます。
EC1
2017年は不良馬場で参考外。これを除くと5年連続で前後半差1.5秒以上のスローペースというラップ傾向になっていますが、見て頂きたいのが以下の表。

EC6
2018年はキセキ、2019年はアエロリットという比較的ペースを緩めない逃げ馬がペースを作りましたが、それにより2F目以降の最遅ラップと最速ラップの差が小さくなった(要は淀みなく逃げた)ことが特徴。そのため後半5F目以降におけるギアチェンジ幅もそれぞれ最大0.3秒・0.4秒と小さく、また仕掛け位置もラスト3F目と早めになりましたので、持続性能を問われることになりました。
対して2016年以前は、最遅ラップと最速ラップの差が大きく(中盤で顕著に緩んだ)、そのため後半5F目以降でのギアチェンジの最大幅も2018年・2019年よりも大きくなり、仕掛け位置もラスト2F目と遅め。つまりはギアチェンジ力やトップスピードのレベルを強く問われることになりました。
このように全体のバランスは同じスローペースではありますが、それぞれに求められる能力は違ってきます。今年は確たる逃げ馬が不在で2016年以前の流れに近くなると思われますから、昨年(一昨年)の同レースを好走(凡走)したから今年も好走(凡走)するとは簡単に言えません。それぞれの馬の個性を見極めて評価を上げ下げすることが肝要です。

もし想定通りの流れになって、ギアチェンジ力やトップスピードのレベルを求められると苦戦必至と思えるのがこの人気馬
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に火曜日限定で馬名を記載しておきます(10位前後)

続いて見ておきたいのが年齢別成績
EC8
過去10年で6歳以上馬【0-0-1-57】。3歳馬の参戦が無ければ、ほぼ4歳馬vs5歳馬の構図になるレースです。

そこで見て頂きたいのが以下の表。
EC7
表中「同年勝率」というのは、該当年の芝OP特別・リステッド・重賞における勝率。その勝率比較で優位に立っている世代を赤字にしていますが、「優位世代馬」は天皇賞秋でも好成績を挙げていることがお分かり頂けると思います(過去10年で2010年と2012年は3歳馬が連対しているので、2013年以降のデータのみ掲載しました)。
今年はと言えば「4歳馬>5歳馬」という結果になっていますので、4歳馬優勢と考えたいところ。該当馬はクロノジェネシスとダノンキングリーのみと出走数では5歳馬に劣りますが、いずれかが(もしくは両方が)馬券に絡む可能性は極めて高いと過去データからは言えそうです。

そして、この2013年以降の「優位世代馬」の中でも「ある条件」に該当した馬の成績は以下の通り
EC9
年平均2.4頭しか該当馬が居ないにも関わらず過去7年中6年で1頭以上が馬券に絡んでおり、馬券に絡んだ7頭中4頭は4人気以下馬。平均人気と好走率のバランスは抜群で、複勝率41.2%(複回値121円)というハイアベレージを残しています。今年は該当馬がただ1頭のみですから、絶対に馬券から外すことは出来ませんね。
「ある条件」と共に馬名を火曜日限定で掲載しておきます。
↓ ↓

「FC2ブログランキング」内ブログ紹介文に火曜日限定で記載しておきます(10位前後)
「FC2ブログランキング」は夜中の更新が行われないようですので、馬名が正しく表示されていない場合には明朝以降に再度ご確認頂けますと幸いです。お手数をお掛けしてしまい申し訳ございません