皆様、こんばんは。

まずは、先週までお休みを頂いたりしたブログ運営について、今週は強化週間にしたいと思います。ブログランキング順位が落ちているのは更新頻度が減ったことに加えて、クリックして頂けるだけの面白い記事が書けていないということでしょう。構成を変えたり、クリックを誘導するような皆様にとっては面倒な仕掛けも入れて参りますが、バナークリックにご協力頂けますと幸いです。

次に先週のG1振り返りを少々。
 【2020 マイルCS(G1)】 
8インディチャンプ
4グランアレグリア
2レシステンシア
17サリオス
3ケイアイノーテック

14サウンドキアラ
7アドマイヤマーズ

投資20,000円→回収68,200円

馬連メインの馬券でしたから本線的中でしたが、これは結果オーライ。というのも絶対にないだろうペースでレースが進んだからで、レシステンシア・サリオス・ケイアイノーテックの3頭については、こういうペースになると分かっていれば印を落としていたか、無印にしていたはず。インディチャンプとグランアレグリアがペース不問の高い総合力を持っていたことで馬券的中となりましたが、もしラスト3F目最速の流れになっているとインディチャンプは危なかったかも知れません(トップスピードの持続力は高くないので)。
それにしても、前後半46.9-45.1秒という絶対にやってはいけないペースを作った北村友一Jは何を考えているのでしょうか。トップスピード戦ではどうにもならないということはチューリップ賞でもNHKマイルCでも分かったはずで、それがチューリップ賞より遅いペース(馬場差を考慮すると)で逃げるわけですからね・・・
競馬の意味が分かってないのか(逃げ馬だからスローに落とせばよいと本気で思っているのではないかとすら疑ってしまう)、体内時計が無いのか、これがベストだと考えたのか、はたまた意向に抗えない人物からの指示なのか、我々外野にその真相を走る由もありませんが、こういう騎乗を見せられると真剣に考えるのがバカらしくなってしまいますね。少なくとも近年のG1における「ワースト騎乗」に名を連ねる糞騎乗だったことは確かです。書こうと思えばもっと書けますが、とりあえずここまでにします。

これで2020年のG1回収率は151.2%(中央・地方全25レース)となりました。


さて、前置きが長くなりましたが、今週は「ジャパンC」。
サートゥルナーリアの回避は残念でしかありませんが、それでも3頭の牡牝三冠馬の激突には興奮を抑えきれません。レースを楽しむことはもちろんですが、しっかり馬券も獲れるように週中にしっかり分析して行きましょう。
本格的な分析開始は明日からとして、本日はレースの雑感と現時点での本命候補馬をご紹介して締めにさせて頂きます(今日は簡単な内容ですみません)。

まず、今年のJCは高い確率でこういう結果になると思っています
↓ ↓

「FC2ブログランキング」内ブログ紹介文に火曜日限定で情報を記載しておきます(バナーをクリックして情報の確認をして頂きますようお願い致します)
各馬について書く機会があれば詳細はその時に言及しますが、全く穿った見方をせずともそれぞれに不安要素を抱えているのは事実。反面マスコミは過度にこれらの馬の人気を煽るような報道を行うでしょうから、期待値は爆上がりでしょう。この秋最大のチャンスレースになる可能性は高いです

そして現時点で本命馬候補と考えているのがこの馬!
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」内ブログ紹介文に火曜日限定で馬名を記載しておきます(バナーをクリックして馬名の確認をお願いします)
詳細は「有力馬分析」で書きますが、とかく過小評価されやすいのがこの馬。大変優秀だった6走前を根拠に5走前では本命視しましたが、そこで現役最上位馬と五分に亘り合うなど高い能力は以前から示していて、前走を見てもその能力に陰りは無し。1週前の動きも優秀でデキにも不安はありません。

最後に今週の予定です。
水曜:レース分析
木曜:有力馬分析(前編)
金曜:有力馬分析(後編)
土曜:追い切り分析

尚、有力馬分析・追い切り分析の公開頭数は「人気ブログランキング」のINポイント及び順位で決定しますので、お手数ですがバナークリックのご協力をお願い致します。