中央競馬ランキング
いつもご訪問下さり、誠にありがとうございます。
1日1クリックのご協力をお願い致します。



皆様、こんばんは。

まずは先に先週の振り返りを行うべきですが、G1予想も高期待値馬も全く奮わずの結果で意気消沈。ブログ運営の在り方を考えていたところでもあり、ちょっと今日は回避させて下さい。
そして、本日の内容もやや簡単なものにさせて頂きます。

本日は今週行われる「天皇賞秋」について。

今年はエフフォーリア・グランアレグリア・コントレイルの3強が圧倒的な人気を集めそう。3連複が発売された2002年以降で、「上位人気3頭全てが単勝6倍以下且つ4番人気が10倍以上」と言う条件に合致したレースは39レース(障害レース除く)。その中で上位人気3頭が1~3着を独占したレースは「2008年天皇賞秋」と「2020年ジャパンC」のたった2レースのみ。

そして3強の3連複オッズが6.9倍以下になったレースは18レースで、上位人気3頭が1~3着を独占したのは「2020ジャパンC」1レースのみ。
秋天

3強の3連複BOXを買い続けた場合の的中率は5.6%で回収率は16.7%ですから、ギャンブルと言う観点で言えば「3強の能力は無視して、とにかく3強は並び立たない」前提で馬券を買うことが賢明で正解だと言えるでしょう。

私自身もこういうデータはなくとも3強が上位を独占することはないと思っていますが、3強の中で最も信頼出来る馬とその根拠をご紹介して本日の締めとさせて頂きます。
↓ ↓

中央競馬ランキング
「人気ブログランキング」の当ブログ紹介文内に馬名を根拠を掲載しておきます(20位ぐらい)

明日以降の記事を作成するかはバナークリック数次第で決定したいと考えています。