あくせく野郎ー('д` ;)k 

2chまとめブログ― ニュース・芸能 ― http://blog.livedoor.jp/kingordevil222-osietagaa/ 


JAXA、月面に地下トンネルの入り口を発見wwwwwwww

1: 月面に地下 2017/03/28(火) 11:05:27.95 ID:CAP_USER9
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面に以前から見とめられていた穴を調べた結果、これは地下トンネルに通じる入り口であることがわかった。JAXAのハルヤマ・ジュンイチ氏は米国で行われた第48回Lunar and Planetary Science学会でこれを明らかにした。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面に以前から見とめられていた穴を調べた結果、これは地下トンネルに通じる入り口であることがわかった。JAXAのハルヤマ・ジュンイチ氏は米国で行われた第48回Lunar and Planetary Science学会でこれを明らかにした。

日本人研究者らは長年にわたって月面の穴の研究を行っており、月のマリウス丘縦孔もすでに2009年の時点で見つけている。その際に研究者らは地下トンネルは冷えた溶岩によって形成されたものとの仮説をたてていた。2機目の月探査衛星「かぐや」のおかげでマリウス丘縦孔周辺にある同様の穴の調査は前進した。

ハルヤマ氏は現時点ではトンネルが溶岩によるものという確証は得られていないとの見方をしめしているが、仮説が裏付けられた場合、このトンネルは宇宙調査基地のための場所として用いられる可能性がある。

なおお先に、NASAは火星でジャガイモを育てる方法を明らかにしたとほううじた。


https://jp.sputniknews.com/science/201703283479936/

続きを読む

ハワイでホテル代請求トラブル? てるみくらぶツアー客wwwwww

1: トラブル 2017/03/28(火) 12:44:04.56 ID:CAP_USER9
朝日新聞 2017年3月28日11時24分

破産手続きに入った格安旅行会社てるみくらぶ(東京)の海外ツアー客が、現地で追加のホテル代を請求されるトラブルが起きていることが観光庁への取材でわかった。
同社で購入した航空券で出国した旅行者は約2500人いるとされ、同様のトラブルが各地で相次ぐ可能性もある。

観光庁によると、ハワイ・ホノルルに滞在している旅行者から「てるみくらぶを通して支払い済みのホテル代を請求された」との相談が現地の日本総領事館に計3件あった。
てるみくらぶからホテル側に代金が支払われていないとみられ、観光庁は安全の確保を理由に追加の支払いに応じることを勧めている。
お金が足りない場合は、日本からの送金方法を現地の日本大使館や領事館に聞くよう呼びかけている。

政府は、日本旅行業協会に加入する旅行会社の倒産時に旅行代金を弁済する制度を設けている。ただし、弁済額には上限があり、てるみくらぶは計1億2千万円。
同社が受けている旅行申し込みは約3万6千件(約99億円)あり、全額が弁済されるかは不透明だ。

山田千賀子社長は27日の破産申請後の記者会見で、海外のホテルやバス会社への支払いが滞っていると明かし、「お約束していることを現地がやってくれる保証ができない」と説明。
同社で発券済みの航空券を使った出国は、控えるよう訴えている。
(内藤尚志)

破産を巡り27日に会見した「てるみくらぶ」の山田千賀子社長=国土交通省
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170327001820.html

http://www.asahi.com/articles/ASK3X36QKK3XULFA006.html?iref=comtop_8_05

続きを読む

桜井日奈子、豪快すぎる“魚の食べ方”wwwwwwwwww

1: 豪快すぎる 2017/03/28(火) 11:36:44.83 ID:CAP_USER9
3月20日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に、モデルで女優の桜井日奈子(19)が出演。桜井のちょっと変わった魚の食べ方が紹介され、フットボールアワーの後藤輝基(42)、おぎやはぎの小木博明(45)らを驚かせる場面が見られた。

今回の内容は“人気芸能人の私生活ベタづきSP”というテーマで、ハリセンボンの近藤春菜(34)やグラビアアイドルの吉木りさ(29)たちのプライベートに密着して、意外な私生活を紹介するというもの。そして番組開始15分頃、2014年の『第1回おかやま美少女コンテスト』でグランプリを受賞し、“岡山の奇跡”と呼ばれている桜井のプライベートについて、関係者から得られた証言がVTRで再現された。

なんと、マネージャーによると、一緒に仕事の合間に定食屋に行ったときに、桜井は注文したさんまの塩焼き定食を、「頭以外、骨まですべて食べてしまった」というのだ。後藤が「ウソ!? 骨まで全部食べんの!」と驚くと、桜井は「(骨は)身と一緒に全部食べる」と説明。小木が「喉に引っかかっちゃうよ。怖くて身が食べられないじゃない」とツッコミを入れると、桜井は「骨が引っかかったことがなくて」と答え、「うちはお兄ちゃんが魚が嫌いで、小さい頃によく残して怒られてたんです」「私がきれいに食べたら、お母さんが褒めてくれて」と、骨まで食べるようになった理由を明かした。さらに後藤からさんま以外の魚も骨まで食べるのか聞かれると、桜井は「全部食べます」と答え、それを聞いたモデルのアンミカ(44)に「昭和初期の人の食べ方ですよ、アレ」とツッコミを入れられていた。



下記が引用元になります|ω・)
http://taishu.jp/detail/27161/

続きを読む

太陽が15日連続で活動してない!wwwwwwwNASA

1: 2017/03/28(火) 09:27:56.05 ID:CAP_USER9
桜の開花シーズンが到来する中、東京では27日に最高気温7℃を観測するなど真冬並みの寒さに襲われているが、もしかしたらこの寒さは「氷河期突入」の合図だったのかもしれない――。

■太陽が2週間も活動していない緊急事態

英紙「Daily Mail」(3月22日付)によると、NASAの太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」が太陽活動の停滞を観測。
なんと、3月7日~22日の15日間連続で太陽黒点がゼロだったというのだ!

no title


太陽黒点は太陽活動の指標とみられ、活動が極大化すると多くの黒点が出現し、極小化すると激減する。
黒点の減少がすぐさま太陽活動の終焉を意味するわけではないが、「氷河期」が着々と近づいている証拠と科学者らは見ているようだ。

これまでの予想では、次の停滞は2021年頃とみられていたが、今回は大幅に早まる形となった。
15日にもわたる活動の停止は2010年の4月以来だという。

「Spaceweather.com」によると、今年に入ってからすでに27日もの「太陽黒点ゼロ日」があるとのことだ。
2016年は年間で32日、2015年はゼロだったことを考えると、異常なペースで太陽活動が弱まっていることがはっきりと分かる

no title


太陽には11年周期のサイクルがあり、現在は2008年から始まった「サイクル24」と呼ばれる活動周期に入っている。
2016年6月4日には4日間も完全に黒点が消失し、太陽がここ100年間で“最もおとなしい時期”、つまり太陽活動が停滞期に近づいている証拠だとされ、数年の間にさらなる黒点の消失がみられると予想された。
そして今回、2週間以上にわたる黒点の完全消失が続いたため、本格的に「ミニ氷河期」が近づいていると考えられているのだ。

■氷河期がもたらす被害

以前トカナでも報じたが、英ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授らが、厳密な数学モデルを用いて太陽活動のデータを分析したところ、2030年までに太陽の活動が現在の60%まで減少し、97%の確率で地球が「ミニ氷河期(小氷期)」に突入することが判明している。
2021年とみられていた停滞期が4年も縮まったことで、氷河期の到来も早まるかもしれない。
その場合、北半球を中心に大きな影響がでることが予想されるが、ザーコバ教授によるとオーロラ観測には最適の時期になるという。

「太陽活動の停滞期には、太陽と惑星間の磁場が弱体化し、銀河宇宙線への防壁が弱まります。
これにより、多くのエネルギー粒子が地球の大気に降り注ぎ、オーロラ現象となります」(ザーコバ教授)

オーロラ好きには朗報かもしれないが、ミニ氷河期といえどもそう悠長に構えてはいられない。
太陽黒点数が著しく減少した「マウンダー極小期」(1645年~1715年)に伴う小氷期は、北半球に甚大な被害をもたらしたことで知られている。

当時の資料によると、テムズ川やオランダの運河・河川では一冬の間完全に凍結する光景が頻繁に見られ、飢饉が頻繁に発生するようになり(1315年には150万人もの餓死者を記録)、疾病による死者も増加。
アイスランドの人口は半分に減少し、グリーンランドのヴァイキング植民地は全滅。
日本においても東日本を中心にたびたび飢饉が発生したと伝えられている。

さらには、本格的な氷河期に突入する可能性を指摘する研究者も存在する。
英サウサンプトン大学のシブレン・ドリファウト教授は、5%の確立で海流循環がいきなり停止し、突如として「氷河期」が到来する可能性があると、驚きの発言をしている。

このように人類は常に滅亡の縁に立たされているのだ。
太陽や海流が相手となっては我々に打つ手はない。
ただただその時が来ないことを祈るしかないだろう。


http://tocana.jp/2017/03/post_12739_entry.html
http://tocana.jp/2017/03/post_12739_entry_2.html

★1:2017/03/28(火) 05:02:36.12
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490644956/

続きを読む

大便のブリブリ音の音量を小さくして~コンビニトイレの切実なお願いww!

1: ブリブリ音 2017/03/26(日) 04:43:39.11 ID:CAP_USER9
J-CASTニュース 3/25(土) 16:12配信

「ブリブリ音の音量を小さくして」 コンビニトイレの切実「お願い!」

他の表現はなかったのか(画像は「hayato(@monster_s15)」さん提供)
http://lpt.c.yimg.jp/im_siggzEzzjryjo77i0P2eCDVSug---x675-y900-q90-exp3h-pril/amd/20170325-00000005-jct-000-view.jpg

 「大便をされる方は、ブリブリ音の音量を小さくして」――。大阪府内にある中堅コンビニのトイレにこんな注意書きが張り出されていたとして、インターネット上で「やばい」「他に言い方ないの」などと大きな注目を集めている。

 客からの苦情もあり、排せつ時の音量を小さくするように求める内容に、ネット上では「無理言うな」「音抑えるとか無理」とのツッコミが相次いでいる。

■「買い物中のお客様が不快な思いをされます」

 問題の注意書きは、あるツイッターユーザーが2017年3月22日に、その写真を投稿したことで大きな注目を集めることになった。

 投稿された画像をみると、貼り紙は一部のトイレ利用者に「配慮」を求める内容で、最上部には赤字で「お願い!」と書かれている。その上で、

  「最近トイレご利用の方の、大便の際のブリブリ音がウルサイと、他のお客様から苦情がきております」

と店側が置かれている切実な状況を報告。続けて、

  「トイレからブリブリ音が聞こえるたびに、買い物中のお客様が不快な思いをされます。大便をされる方は、ブリブリ音の音量を小さくしていただきますよう、ご協力お願いいたします」

と呼び掛け、コンビニ名も添えられている。ポスター上部の左右の余白部分には、土下座をしている人のCGイラストがふたつ添えられている。

 この注意書きについて、投稿者の男性は「トイレで踏ん張ってて顔上げたら この張り紙やもん」として、思わず「吹いてもーた」と率直な感想をツイッターで綴っている。
「店側のブリブリ音対策もお願いします」

 ストレートな擬音や直接的な表現が盛り込まれた注意文の内容に、ツイッターやネット掲示板では、

  「クソ笑ってる」
  「ブリブリ音の他に言い方ないのかよ」
  「『ブリブリ音』って言い方がツボすぎる 『用を足す音』とかで良かったのでは」

と面白がる反応が殺到。

 そのほか、「音を抑えるとか無理言うな」「音量調整など不可能」といった冷静なツッコミや、「店側のブリブリ音対策もお願いします」「音が聞こえるような設計した店が悪い」と客側の問題ではないと主張する意見も出ていた。

 この注意書きの写真を投稿したツイッターユーザーは3月25日のJ-CASTニュースの取材に対し、

  「(貼り紙が張られていたのは)普通のコンビニのトイレです」

として、注意書きを見た感想については「笑いましたね」と話している。

 今回の「ブリブリ音」に関する注意書きを報告する投稿は過去にもツイッターに寄せられており、それによると、少なくとも2014年10月頃からこの注意書きは存在していたようだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000005-jct-ent

前スレ(★1のたった日時:2017/03/25(土) 22:42:03.70)
【大阪】「大便のブリブリ音の音量を小さくして」 コンビニトイレの切実な「お願い!」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490449323/

続きを読む
アクセスカウンター(PV)

          最新記事
    最新コメント
    QRコード
    QRコード
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    あなたのサイトを登録してね↓
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    本文
    • ライブドアブログ
    TOPへ