あくせく野郎ー('д` ;)k 

話題まとめ― ニュース・芸能 ― http://blog.livedoor.jp/kingordevil222-osietagaa/ 


ビジネス

年収1000万の男性はどこに存在するか?

1: 海江田三郎 ★ 2016/07/13(水) 12:47:11.01 ID:CAP_USER
http://blogos.com/article/182760/

年収1,000万円の男性と結婚したい!と女性がいうと一般的には顰蹙を買いそうですが、決してそんなことはないと思います。
その女性がその価値に相当する人材であれば、という条件付きですが。「年収1,000万円ネタ」ってわりとマスにウケそうなネタなので、少し分析してみました。
「年収1,000万円の男性」っていったい何人くらい、そしてどの市場に存在しているのでしょうか。

年収1,000万円の30代は、1学年に2万人程度?
ざっくりフェルミ推定していきます。

各種データの引用元は今回割愛しますが、ネットで拾った数字や大学や合格者数は公式サイトから引用しています。
30代で年収1,000万円の男性の比率:2-3%
30代の一学年の男性の平均人口:約85万人
30代で年収1,000万円の男性は一学年につき:約2万人
30代で年収1,000万円は2%くらいらしいというデータを見つけ、男性に絞ると3%程度の上昇すると仮定。ざっくりと2-3%と考えれば良いでしょう。
あとは人口を掛け算していくだけです。ざっくり2万人。わりと生々しい数字だと思いませんか?

慶応ボーイの4人に1人は年収1,000万円?
続いてはその2万人は大学出身別で見ると「どれくらいいるのか」という仮説。
<東大早慶学部卒男性:0.5?1万>
東大:0.5万*10%?30%=500?1,500人
京大:1万人*10%?25%=1,000?2,500人 
慶応:0.5万人*10%?25%=500?1,250人
早稲田:3万人*10%?15%=3,000?4,500人
*上記は男性の一学年の学部卒人数

東大早慶卒の人たちは、感覚値として同期の最低10人に1人、20人の男性が所属するゼミであればゼミ内に2人は1,000万円プレイヤーがいると思います。アップサイドでは例えば慶応では25%程度。
慶応ボーイの4人に1人は30代で1,000万円プレイヤーというのは、経済や法学部であれば全然あり得ると思います。ゼミに男性が20人いて、外銀、コンサル、商社、国内金融(証券、銀行)が1人ずついれば4-5人で20-25%を占めます。

この数字感覚は、経済や法学部の「平均的なレベルのゼミ」であれば普通だと思います。

東大早慶以外でも、東工大や一橋、旧帝大などありますが、ざっくり年収1,000万円プレイヤーの学歴は「東大早慶」と「それ以外」で半々くらいとみておけば良いのではないでしょうか。京大とかカオスそうなので、実態はもっと比率低そうですが。

職業別年収1,000万円プレイヤー:医者は最大で20%占める
国家資格がわかりやすかったので、まず国家資格から。
医師試験男性合格者数:年間0.5万人*70-80%=3,500-4,000人
司法試験男性合格者数:年間0.15万人*10-20%=150-300人<
医者に関しては勤務医だと最初は年収1,000万円を切るかもしれませんが、数年経つとさすがに1,000万円はあると仮定して、
比較的高い比率を設定しました。弁護士は、「所得」の年代別データでは30代で1,000万円以上の所得は「3.8%」と出ていたのですが、
個人事業主であり経費云々もあるので、その数字よりは実態は1,000万円プレイヤーは多いはずと仮定し、10-20%と置きました。

職種自体として存在する人数は医者>弁護士で、医者は30代での年収1,000万円プレイヤー全業種2万人に対して最大で20%程度の割合を占めるという計算です。
20%は多いかと思いますが、最低でも10%程度というのは肌感覚としては合っているのではと。一方で、弁護士は多くて300人程度で、全業種2万人に対しては
1.5-2%程度と見込みます。弁護士の方が稀少性が高い。

次にやや粗い仮説ではありますが、サラリーマンの分析。
外資金融:全社合わせて1学年男性150人程度と仮定
戦略コンサル:全社合わせて1学年男性100名程度と仮定
5大総合商社:1学年男性80人と仮定×5=400人
広告代理店:1学年男性80人と仮定×2=160人
日系証券会社:1学年男性40人と仮定×2=80人
メガバンク:1学年男性100人と仮定×3=300人
*粗いですが30代で上記企業は全員1,000万円プレイヤーと仮定

インターネット企業(CA,DeNA,GREE,LINE,楽天など)1学年男性50人×10%=5人×5,6社=30人
*インターネット企業は1,000万円プレイヤー率10%と仮定

続きを読む

できる人はなぜ、「ビジネスリュック」を使うのかww?

1: ビジネスニュース 2016/06/25(土) 08:39:36.40 ID:CAP_USER
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20160613-00058722/

(中略)
なぜビジネスリュックなのか?
私は以前から持ち運ぶ荷物の量が多く、かつては大きめのビジネスバッグを使っていました。ところが4年ほど前に、左の肩関節を悪くしました。
いわゆる四十肩です。痛みが強く、長期間に及んだため、病院の先生から勧められたこともあってビジネスリュックを使いはじめました。
ただ、当初は”スーツにビジネスリュック”という組み合わせで街を歩いている人をほとんど見かけませんでした。そのせいで仕事用にリュックを背負うことに
強い抵抗を覚えたのです。できる限り、手で持つタイプの、普通のビジネスバッグを使いたかったのですが、肩が痛いため、そうするとあまり荷物を入れることができません。
さらにヒドイことに、左肩のみならず右肩も私は痛めてしまいました。このため、観念してビジネスリュックのみで通勤したり、出張したりするようになったのです。
最初はしぶしぶ使いはじめたビジネスリュック。しかし、使い続けていると、次第に良さがわかってきました。ビジネスリュックの最大のメリットは、
何といっても移動時の負担がとても少ないことです。片手で重いビジネスバッグを持っていると、体にかかる負担はかなり大きい。
特に首や肩、腰、背中を痛めている人にとっては、無視できない負担です。ショルダーベルトを肩にかけても、それほど負担は軽減しません。
しかしリュックですと、背中全体で重さを受け止めます。片手で持つ負担を「10」とすると、「8」とか「7」に軽減されるぐらいではなく、
いきなり「2」ぐらいの負担レベルに落ちるのです。レベルが違うとは、まさにこのこと。本当に、驚くほど体にかかる負担が削減されます。
一度ビジネスリュックに馴れてしまうと、なかなか手持ち鞄に戻ることができなくなるほど、メリットを実感できます。

健康管理は「できる人」の基本
日頃からデスクワークをしている人は、腰痛や肩こりに悩まされているケースが多いでしょう。ひどい場合はそれらが原因で寝不足になったり、
頻繁に偏頭痛を覚えたりします。体調管理は「仕事ができる人」の基本。ファッション性の問題は残りますが、その欠点を補って余りある恩恵があると言えます。
また、ビジネスリュックを使うようになってから気付いたメリットもあります。それは、リュックを正しく背負うと姿勢がとても良くなることです。特に歩いているときの姿勢は、
手持ち鞄を使っていたころに比べれば歴然です。そして何より、歩くことに対する意識が見違えるように変わりました。

移動中は常に「ウォーキング」を意識する
ビジネスリュックを使うことで、両手が自由になります。自由になった両手を正しく振ることで歩くリズムが出てきます。まさに「ウォーキング」の要領です。
「ウォーキング」の意識が、移動という概念を劇的に変化させてくれます。
私の場合、重い荷物を片手で持ってダラダラ歩いているときと比べて、心も体も健全になりました。胸を張って颯爽と歩けるから、健康的な気分を味わえます。
「仕事ができる人」は日頃から運動をし、しっかり体力をつけています。しかしスポーツジムに通ったり、走ったり歩いたりする時間も限りがあるでしょう。
仕事も家庭も趣味も巧みにこなす人は、この移動時間を最大限利用し、自己投資のための勉強をしたり、体力をつけたりするのです。ビジネスリュックは、
そういう意味でも、とても有効なアイテムと言えます。

ビジネスリュックの「デメリット」
私が使い始めた4年前と比べて、ビジネスリュックを使う人は劇的に増えています。そのせいで、ラインナップも豊富になりました。有名なファッションブランドからも、
普段ユースに耐えられるビジネスリュックが次々に登場しています。
しかし、そうは言っても、まだまだファッション性にかけてはイマイチな製品が多いと言えます。総じて野暮ったいデザインが多いし、「おじさん臭さ」が強い。
もっともっといろいろなメーカーから、多彩な提案をしてもらいたいと私は思います。
他にもデメリットはあります。背負っていると、すぐに荷物を取り出すことができません。また、暑い日に背負って移動していると、背中にすごい汗をかきます。
スーツやシャツに皺ができることは覚悟しましょう。購入を考えている人は、こういったデメリットも頭に入れておいたほうがいいと思います。

続きを読む

40歳になってようやくわかる8つのこと・・・?

1: 海江田三郎 ★ 2016/03/12(土) 09:51:36.02 ID:CAP_USER
http://blog.tinect.jp/?p=20565

40歳は、会社の中で出世ができるかどうかが、ある程度見える
40歳は、会社内での評価はほぼ固まっている時期だ。この時期に高評価を受けていなければ、部長、役員になれる見込みはない。
ヒラ社員や課長に徹するか、それとも一念発起して独立するか、新天地を見つけるべく努力するか。いい加減、40にもなれば決めなければならない。
これ以上先送りできないのが、40歳だ。


40歳は、自分の苦手なことと得意なことがわかる
40歳ともなれば、自分の得意なことと不得意なことはわかっている。今更不得意なことに手を出しても、卓越することはできない。

若い時は時間を投入することで克服できたことも、体力の低下で無理することもできない。不得手なことは人と協力し、得意なことを伸ばすことを決める。それが40歳だ。

40歳は、肩書ではなく何をやったかだ、と知る。
40歳は、「肩書」や「所属する会社名」などは、ほとんど何の意味もない事に皆が気づき、「何を成し遂げたか」が問われ出す。
40にもなって所属する組織名を誇らしげに語るようでは小物扱いされるのは当然だ。
20代であれば「オレは◯◯という会社で働いている」、「リーダーになった」が自慢ともなるが、30代は実質的に成果を出しているかどうか、
40にもなれば「お前は何を成し遂げたのだ」と聞かれる。
学校を卒業してから15年以上たち「卓越した人」は、世に聞こえるような仕事や作品を残している歳だ。逆に「与えられたこと」しかやってこなかった人は、
今もなお小さい世界にとどまっている。
自分のやったことについて、ごまかしが効かないのが40歳だ。


40歳は、どんな人であっても「上には上がいる」と感じる
40歳にもなると、「その道の一流の人」と触れ合う機会が訪れる。同年代にもちらほら「一流の人」が出てくる。
比較することに意味があるかどうかはさておき、そんな時には自分と人と比べてしまうのが人間だ。
そして「上には上がいる」と感じるのが40歳だ。
奢りは消え、謙虚さが身につき「丸くなってきたね」と言われるのが40歳だ。逆にそうでなければ成長しているとはいえない。

40歳は、「このまま逃げ切ろう」という人と「これからが本当のチャレンジだ」という人が分かれる
40歳になってきて、ある程度周りの評価が固まってくると「このまま逃げ切ろう」という人と、「更に上を目指そう」という人が分かれてくる。
前者は「今まで身を粉にして働いてきたのだから、そろそろ楽がしたい」という人々。
後者は「今までの修行期間を生かして、もっと大きくなろう」という人々。それからは「もっと厳しい目標を建てよう」という志向になる。
どちらを選んでも構わない。それを選択するのが40歳だ。


40歳は、「結局、家族や友人が最も大事だ」と気づく
20代から働き着始めて、仕事の中で知り合った人が、40歳の今、どれだけ関係が続いているだろうか?もちろん多くの人と付き合いが続いている、
という人もいるが、大半は「人生でたまたますれ違っただけ」という感じだろう。
結局あなたの人生において晩年の「あまり調子の良くない時」を一緒に過ごすのは、家族であり、友人なのだ。
彼らを疎かにすれば、あなたは一人で老いを迎えなければならない。

続きを読む
アクセスカウンター(PV)

    最新コメント
          最新記事
    QRコード
    QRコード
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    あなたのサイトを登録してね↓
    スポンサードリンク
    メッセージ

    名前
    本文
    • ライブドアブログ
    TOPへ