お楽しみに!結局、前話の47話の感想をスルーしてしまい、今回もスルーしちゃおうという気が満々ではありましたが、もはや感想とはいえない文句の垂れ流し感想を書いてみようと思います(というか感想とは言えないような気がしますので)。

以下ネタばれありにつき、未視聴のかたはご注意を。

今回も総集編じゃないの?と思うOP前の使いまわしばかりの構成に、テンション下がりました。
もはや泣いても笑っても48話で、あと2話なんですけどね・・・・
こんなに話が進まないと、続編の噂の信憑性が高くなるような気がしてなりません。

議長が押収したレクイエムを使用したことで、ラスボス確定フラグたちました(マテ)。
戦争のない世界をつくりたいといいながら、結局、逆らう者は敵認定にしてしまうところが、ツメが甘いです。
ここで、もう戦う意思を見せなければ、ラクス教祖の怒りに火に油を注ぐようなことにならなかったかもしれないと思うのですが

レイたま、唐突に発作が始まりました。
テロメアが短い、自分がクローンであることをシンに伝えます。
これは前作のクルーゼ隊長が、なかなかその情報を公開しなかったのに比べ、情報を主人公であるシンに公開することで、シンを利用する手段のひとつに考えてるんじゃないの?と思われます。
それにしても本当、唐突にすぎます・・・・
あの薬(ギル様がつくった)が出てきた瞬間に、レイたまの死亡フラグがさらに強固になったような気がするのは気のせいですか?

それにしてもレイたまのシンに対する洗脳作戦は、なりふりかまわずって感じです。
いかにシンがレイに依存している(ぶっちゃけ何も考えてない、理解してない)のがわかるような気がします。

ルナマリアも仲間に入れてやれよ!と思います。
きっとルナがいるとシンの洗脳に邪魔なんだろうな・・・・
あれだけルナをはぶにして、シンとレイの2ショットを続けられると、これはシンレイ・レイシン好キーな腐女子へのサービスなんだろうなという気になります。

カガリはオーブで頑張ってました。漢前だよ、カガリ!

アスランがオーブを心配してて(たとえ隣にいるのがメイリンやキラたんばかりであっても)、やっぱりアスカガは安泰じゃねぇの?あ〜ん?(希望)と思いました。

AAが発進するとき、ちゃっかりアスキラ2ショットであることに、うっかり萌えました(笑)。


今話の最大萌えどころ

大貫御大の麗しい絵で


ディアイザキタァーーーーーー!

しかもディアッカが

イザークッ!!

と名前を呼んだーーーーー!!

グゥレイトォー!

ここしかない!
これは腐女子へのサービスで間違いないっ!!(笑)

とうとう最終決戦がミネルバVSアークエンジェルに確定のようです。

予想通りな展開です。

そして前作では、兄貴が散って(たと思ったんだよ!)涙にくれた49話。

ルナ!死なないで!ルナ!

とひしひしと感じさせる予告でガクブルです。

某アニメ雑誌に「3度守るべき者を失ったシン」という一文があって、まさかね・・・と思っているんですけど、やっぱりルナがやばいような・・・・・

次回は

ディアイザ大活躍なんだよね?大丈夫だよね?