ムウ兄貴復活!大粛清があるという噂が流れていた49話、やっぱり自分の目で確かめてこそ価値があるという感じでした。今話の見所は、
ディアイザキタァーーーーー!に尽きます(マテ)

 

ネタばれありにつき、未視聴の方はご注意ください。

 

公式では、最後までアスキラ好キーを躍らせてくれるみたい?なようで、とにかく今日もアスキラの阿吽の呼吸な会話が腐女子フィルターを満足させてくれました。

Aパートの見所はアスキラ発進・活躍にvestigeがばっちり華を添えてくれていることでしょう(笑)。
議長はレイたまとシンを呼んで、レイと二人がかりで、シンをばっちり洗脳ですか・・・・
なんだかなぁ・・・・・

しかも、レイたまは、最後にすっかりキラ・ヤマトが憎い!というジェラシーはいったクルーゼ隊長が乗り移って・・・ガクブル・・・・

ぶっちゃけ、49話の最大の見所満載はBパートにつきました。


ディアイザキタァーーーー

グゥレイトォー!!


とことんラブラブ仲良しこよしな2人が素敵すぎます。
出撃は常に一緒です!

本当は、アスランから連絡が欲しかったのね?イザーク!
お兄ちゃんとしては、アスランから頼ってほしかったにちがいない!(笑)。
でもアスランはいっぱいいっぱいで、そんなこと全然考えないから、我慢できずに、助太刀に行ったって感じが素敵です!
殴りたいヤツ=アスランなイザークの発言は、アスラン大好き!としか聴こえません(腐ってます)。
でもディアイザ・・・・(笑)。

ヴォルテールに前に出て行くなと命令して、隊長自ら前線に出張っていく!

これぞイザーク!

隊長素敵ですーーーー!!

一生ついていきます〜!!(笑)

イザークとディアッカの合流した時の、
アスランの反応が可愛い!

やっぱり、元クルーゼ隊の赤服っ子たちは素敵だ!

今の赤服っ子たちとは違うんだよ!友情とか愛情とか絆が!(←たわごとです)

前回の予告で、ひょっとして死亡フラグ?死亡予告?と誰もが覚悟した現ザフトレッド紅一点なルナマリア。

ルナマリア!無事でよかったよ!ルナマリア!

すみません、完全にルナマリアは今日でお★様になるんじゃないかと思ってました(爆)。
まさか宇宙でも3連星が、インパルスに向かって攻撃していくなんて予想外でしたから

いや、油断は禁物です。まだ最終回が残ってる・・・・

エターナルに乗っているメイリンの声がルナマリアに聞こえましたよ!
とはいうものの、どうしようもない今の姉妹の状況ですけども。

今更ですが、メイリンはエターナルに乗ってるってことで、メイリンの命は安泰ですね。
だって、エターナル=ラクスがお★様になるとは考えられないですから。
アンディも最終回にガイアで出撃はしないでね・・・・(エターナルにいれば安全)。

デス種主人公のシン・アスカ!(主人公だよね?)

この期に及んで、まだ妹(マユ)のピンクの携帯で遊んでいるなんて!!

そんなにシン・アスカを成長させたくないのか?監督夫妻は!


レイがルナは強いから心配するな・・・・とシンに言ってましたが


ピンクの携帯をいじっていたシンがルナを心配してたようには、とても見えなかったんですけどぉー!!

ぶっちゃけ、管理人がいつもお邪魔している「シンに対する辛口な感想をUPされるBLOGさん」と、「シンアス大好キーなBLOGさん」の感想が楽しみでなりません(苦笑)。

そして、今話で、管理人が録画を何度も何度も見直した場面、それは


ムウ兄貴の記憶復活!!

ウズミ様、素敵なMS「暁」をつくってくれてありがとう!

カガリ、ムウ兄貴にMS「暁」を貸してくれてありがとう!

無印49話で流した涙を返せ!ネオ=ムウ兄貴じゃない!と言い張りつつ、最近は、やっぱりムウ兄貴なんだよね、チクショー認めてやるよ!と思っていた管理人です。

でも無印49話のあのシチュエーションを、またしてもデス種で持ってくるとは!!

ぶっちゃけ予想してました!!


えぇ、予想してたんだよ!!

一回死んだと思った兄貴だから、今回も殺すつもりじゃないだろうな?と思ってガクブルしてましたが、暁の性能は素晴らしかった!

もういい!もういいよ!!


ムウ兄貴の記憶復活
万歳!!万歳!!万歳!!

最終回で死ぬなよ!!

もうマリューさんを泣かせるなーーー!!

ネオ・ジェネシス・・・無印とファーストのパクリもここまでくると・・・orz

そして、やっぱり、最後はギル様のラクス教祖への宣戦布告(今更ですけど)。


最終回、納得できる脚本であることを祈ります!(それも今更ですけどね)。



ご贔屓キャラ、生き残ってください!

それにしてもラスト最終回の予告の、最後が「フリーダム!」って・・・・
なんて不憫なデスティニー・・・・・とシン・アスカ!

クレジットのCASTの順番が保志さん・石田さん・鈴村さんなのにも、涙・・・・

不憫だよ、シン・アスカ!

主人公なのに、シン・アスカ!