2017年04月26日

5月のメニューご紹介

こんにちは

スタッフの林です

最近は朝は寒く、日中は暑い、そして夜は寒い
どんな服を着て出かければいいのかわかりません
過ごしにくい気温ですね

ゴールデンウィークには1日中暖かく、
過ごしやすい日になる事を願うばかりです

私は今年はお仕事の予定で埋まっております
お仕事に行きやすい天気でお願いします

では5月のメニューの紹介です

前菜
北海道産帆立て貝のポッシェ
梅肉ソース

スープ
新人参とオレンジのポタージュ

魚料理
鯛の網焼き 春野菜のラタトゥイユ添え
バルサミコソース

肉料理
錦爽鶏のオレンジ煮

炊き込みご飯
筍の炊き込みご飯

デザート
ココナッツムースとメロンのスープ


気温に関係なく過ごしやすいお店で
皆様のお越しをお待ちしております。

kingskitchen at 19:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)mixiチェック

どんなときも

こんにちは

店主です

なぜだか最近、昔の曲をよく聴きます

まだ高校生だった僕

学校の帰り道

蒲駅近くのカラオケ屋に皆でよく行きました

かーくんという一人の友達が歌ってくれた曲

槇原敬之さんの


どんなときも

当時は単純に曲調とか元気が出る感じで

「よぉ〜しがんばろ〜

なんて思ってました。


現在は当時と違い曲というより歌詞をよく見てしまいます

調べてみました笑

人それぞれの解釈なので、違う部分もあるとは思いますが。

「学生から社会人へ」という、人生最初の分岐点で悩んでいる「自分」について歌った曲みたいです。

> 僕の背中は自分が 思うより正直かい?
> 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ

この「背中」には、「子供から見た大人」という意味と、
「他人から見た自分」という二つの意味があります。
つまり、
「大人になろうと背伸びしてる僕は、周りから見ると
やっぱり頼りなく見えちゃってるのかな?」
と、不安になってるんですね。

> 旅立つ僕の為に ちかったあの夢は
> 古ぼけた教室の すみにおきざりのまま

これは、幼い頃にちかった将来の夢が、
今のところまだ全然かなえられていない、
自分が思い描いた「将来の自分」になれてない、
という意味でしょう。

> あの泥だらけのスニーカーじゃ 追い越せないのは
> 電車でも時間でもなく 僕かもしれないけど

「あの泥だらけのスニーカー」とは、
幼くて無邪気で、未熟だった頃の自分のこと。
そんな自分では、僕(今の自分)を追い越せない。
「あの頃の僕は、夢に向かって純粋で真っすぐだった。
でも、あの頃のままでいたんじゃ、夢はかなわないよね」
と、成長した自分、変わっていく自分を、
良い意味で認めようとしているんだと思います。

「夢に向かって頑張ってはいるけど、かなうのかな?と将来に対して不安になったり、

今のままでいいのかな?現実に流されてないかな? 昔と比べてどうかな?

と悩んだり、焦ったり。だけど、自分を見失わないように、 後悔しないように生きていこう!」


だそうです

わたくし店主、もう充分すぎるほどの大人ですけど、

僕が僕らしくあるために〜

ほんとの僕ってホントはどんなんだろとか、歌詞みながらぼぉーっとしてしまいます。

皆さんはどう感じるのでしょう?



kingskitchen at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2017年04月25日

お知らせとお詫び

平成29年5月より一部コース内容の変更のお知らせです


キングスキッチンのメニュー

松会席2000円

前菜
自家製パン
スープ
メイン料理
(お魚料理又はお肉料理)
炊き込みご飯と香の物
クレームブリュレ
デザート
コーヒー

でしたが。。。。


度重なる食材原価の高騰により松会席のデザートを一品とさせていただきます。


ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします

平成29年5月より

松会席2000円

前菜
自家製パン
スープ
メイン料理
(お魚料理又はお肉料理)
炊き込みご飯と香の物
デザート
コーヒー

となります。。。

5月も皆様のご来店スタッフ一同心よりお待ちしております!


kingskitchen at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック