軍 隊 ・ 戦 争 の ト リ ビ ア 置 い て い け

    84
    コメント

    1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:17:38.84 ID:gkB/sxz50
    さぁこいよ


    4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:18:54.51 ID:tYtf7gB2O
    歩兵はヘルメットのアゴヒモ止めない
    ヘルメット

    images



    9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:20:32.00 ID:+SCNpdk1P
    >>4
    なんでだっけ、銃弾当たったときのためにだっけ


    17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:21:45.93 ID:tYtf7gB2O
    >>9
    爆風などでヘルメットと一緒に頭を持っていかれる


    20: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/04/26(火) 20:22:36.30 ID:F8+2DTmZ0
    >>9
    爆風でメットと一緒に首ももっていかれるからじゃなかったっけ



    111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:48:05.18 ID:vGFostc1i
    軍隊のヘルメットと
    工事用ヘルメットはつくりが違うの?


    131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:51:56.27 ID:oB2kY9DY0
    >>111
    素材が違う
    工事用はFRPとかだけど軍用ヘルメットはケブラーという防弾繊維などが主流
    だけどライフル弾とかだと貫通する可能性は高いし弾いても首とかにかなりの衝撃がかかる
    一部の特殊部隊はプラスチックのスポーツヘルメット(プロテック社製など)を使ってる


    13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:21:12.99 ID:LFPokb+v0
    ドイツ軍の列車砲はあまり活躍してない
    列車方


    18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:21:49.24 ID:/Mn1e+H20
    レーションはウマイ


    21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:22:42.41 ID:Rt+d4+cH0
    >>18
    ※MREを除く

    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0040G78XW/kinisoku-22/ref=nosim/


    28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:24:07.13 ID:qjOewtGS0
    >>18
    被災者の友達が米軍のレーション食べたらしいけど
    まずかったといってたぞ


    41: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/04/26(火) 20:26:29.04 ID:F8+2DTmZ0
    >>28
    味付けが濃すぎて食べきれない
    ごちゃごちゃしてるし、無駄にパッキング多くてなんだかめんどくさい

    index


    27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:24:03.14 ID:mjSwvUSNO
    シモヘイヘスレはここでつか?


    38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:25:28.31 ID:+SCNpdk1P
    >>27
    モシン・ナガンをスコープなしで撃つ人だっけ

    シモヘイヘ

    sh



    33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:24:52.01 ID:9pLq4jq00
    ファントムが竹やりで落とされた事がある

    ファントム

    39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:25:46.40 ID:oMVwho6e0
    >>33
    ベトナム戦だったか


    44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:27:12.64 ID:tYtf7gB2O
    日本軍のアイドルチハたん

    戦車でありながら普通の銃で装甲貫通


    チハ

    tiha-29



    55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:29:49.96 ID:sbyYrUZf0
    >>44
    日本軍の戦車は基本的に対戦車戦を想定してないんだから、
    他国の戦車と単純に比較することはナンセンスだ

    まあそれにしても貧弱すぎる点もあるが


    214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 21:31:34.81 ID:XiXW5c9O0
    >>44
    これデマな
    小銃弾が貫通したのはハ号


    ハ号



    45:キュア法師 ◆XJHAoK0R22 :2011/04/26(火) 20:27:51.28 ID:vxZa0If2O
    やわらか戦車と評されるチハタンだが、
    同期のドイツ戦車は

    II号戦車
    images


    とかなので、
    冷静に考えれば弱くはない。
    むしろ超兵器の類。



    47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:28:17.69 ID:yHthH+z6O
    南米に内陸国なのに海軍がある国がある・・・(うろ覚え)


    62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:31:00.83 ID:HQiBpef6O
    >>47
    ボリビアだな
    湖で演習してる

    images



    58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:30:15.77 ID:LFPokb+v0
    あまり知られていないが日本軍が密かに研究しようとしてた
    変態戦車[オイ車]がいる
    オイ車


    60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:30:48.15 ID:qjOewtGS0
    イタリアも北と東はドイツっぽく以外と真面目


    429: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/04/27(水) 00:24:11.37 ID:lPIpn2fU0
    >>60
    南の方と北の方じゃ全然別の国見たいな感じだな
    現地でも南北の夫婦なんて見たことがないっておじさんが言ってた


    74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:35:53.10 ID:tYtf7gB2O
    無能と語られるムッソリーニ
    ムッソリーニ



    第二次大戦前は世界中から尊敬されていた


    65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:32:13.81 ID:OxsD7Ij20
    栓抜き付いた軍用銃がある


    270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 21:53:09.83 ID:ep3LUqUK0
    >>65
    ガリルさんうっすうっす


    せんぬきじゅう


    77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:36:18.72 ID:op70t9XV0
    硫黄島の自衛隊航空基地は日本屈指の心霊スポットである
    index


    80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:37:38.90 ID:sbyYrUZf0
    >>77
    しかし民間人の立ち入りは原則として禁止されている


    143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:55:26.83 ID:TYcGvjs20
    >>77
    でもそこの飯はうまいらしい


    279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 21:56:42.82 ID:eN0axBy90
    日本海軍の搭乗員の機上食はサイダー

    サイダー


    と巻き寿司
    他にも稲荷寿司やぶどう酒、バナナなどもあった


    282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 21:58:40.45 ID:YCcMRfW20
    >>279
    飛行中にコックピット中がサイダーまみれになって
    酷い目にあったパイロットがいる



    341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 23:00:28.05 ID:xP5A/g+b0
    海軍でラムネが愛飲された理由
    日本海軍が英国海軍のパクリだったから

    長い航海で水兵はビタミン不足になりがちだったため、
    それを補うため英海軍ではレモネードが良く飲まれていた
    英海軍に習った日本海軍もそれをパクリ、レモネードがラムネに訛った


    83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:37:54.82 ID:Lb69oENzO
    沖縄の集団自決は日本軍の命令だった

    って学校で習ってたけどどうなん?


    90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:41:53.17 ID:sbyYrUZf0
    >>83
    民間人全てに命令を伝達できるほど指揮系統が健在なら、
    もっと組織的な戦闘が継続して行えたと思う

    各地の集団が自発的に行ったと見るのが自然
    戦前の軍や政府は、国民を「鬼畜米英」と言う言葉で洗脳していた、
    と言わんばかりの教育をしてるけどさ

    あいつら日本兵の頭蓋骨を土産にしたいからって、
    戦死した日本兵の首を切り取って鍋で煮たりしてるんだぞ


    そりゃ「鬼畜」とも言われるし、投降するくらいなら死んだほうがマシ、ともなるわな


    105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:45:55.60 ID:YCcMRfW20
    >>90
    まぁ日本軍も小笠原で米兵煮て食ってるしお互い様だ
    戦場になんか人道もクソも無いよ


    96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:43:57.91 ID:LFPokb+v0
    零戦は駄作機
    ぜろせん


    とても弱い
    零戦よりイタリアのファルコ

    ファルコン
    の方が全然強い

    格闘戦が一番とか言うならファルコに勝てる戦闘機はいない
    これまじだよ


    12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 20:21:07.45 ID:Rt+d4+cH0
    零戦を牛車で輸送していた日本
    技術・物資不足のせいかと思いきや、
    自動車で運ぶと壊れるという単純な理由



    156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 21:01:15.15 ID:ySWGxGev0
    刀は3人も斬るともう斬れなくなる
    masamune


    160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 21:02:00.42 ID:EXUsnCYa0
    >>156
    使い手次第だけどな


    377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 23:26:45.37 ID:WbiETLOP0
    航空自衛隊F-15は味方に撃墜された。
    原因はマスターアームスイッチの切り替えミス
    F-15


    382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 23:30:09.00 ID:eN0axBy90
    >>377
    そしてその撃墜されたF-15Jの機体は
    つい最近まで千葉県の某所の道端に放置されていた


    75:キュア法師 ◆XJHAoK0R22 :2011/04/26(火) 20:36:10.95 ID:vxZa0If2O
    大和は建造当時は国家機密扱いだったため、
    国民のほとんどはその存在を知らなかった


    戦艦大和


    ……が、予科練の奴とかがこっそり家族に見せてたりはしたっぽい
    ソースは実際見せてもらった近所の模型屋のおっさん


    そら負けるわ、うちの国


    175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/26(火) 21:10:36.53 ID:mhSkv4cU0
    日本はまともに宣戦布告から戦争をしたことがない


    190: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/04/26(火) 21:18:16.94 ID:qan2FIlX0
    >>175
    それっていいことだよ・・・な?



     




    ダメ元でクラス会行ったら大変なことになった・・・・・・・

    オナホ買おうと思ってるか、好きなやつちょっとこい

    年下の義母と毎日がエロゲみたいです・・・・・

    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.気になる名無しさん2011年04月28日 22:37  ▽このコメントに返信

      航空戦はWW2でも現代戦でも先に見つけたほうがほとんどの場合一方的に勝利する。ドッグファイトも起こらない。
      なので空戦で一番大事なのはスピードでも旋回でも高高度性能でもなく、敵を先に発見すること

      2.気になる名無しさん2011年04月28日 22:52  ▽このコメントに返信

      縦読みうぜー

      3.気になる名無しさん2011年04月28日 23:15  ▽このコメントに返信

      内陸国の海軍だと、
      モンゴルもそのはず

      4.気になる名無しさん2011年04月28日 23:28  ▽このコメントに返信

      日本刀の3人ってのは連続使用による脂付着での切断能力の問題であって
      突き刺せば使えるし殴打目的なら余裕で使えるし切断も拭き取れば使える
      へたくそが使えば1人切るだけで変形してろくに使えなくなる可能性もあるし
      ちゃんばらみたいに刃と刃を打ち合わせれば両方固まって取れなくなる

      5.気になる名無しさん2011年04月28日 23:37  ▽このコメントに返信

      ドーラはセヴァストポリで活躍してるだろ

      6.気になる名無しさん2011年04月28日 23:56  ▽このコメントに返信

      チャンバラを刃で受けてると思っている奴なんなの?

      7.気になる名無しさん2011年04月28日 23:58  ▽このコメントに返信

      ※4

      両方固まって取れなくなるってまじ?
      ブリーチの戦闘シーン全部無しやん…

      8.気になる名無しさん2011年04月29日 00:01  ▽このコメントに返信

      じゃあ実際の真剣での斬り合いって、基本よけまくりってこと?
      よけるか、斬るか?

      9.気になる名無しさん2011年04月29日 00:02  ▽このコメントに返信

      >>175
      いいことなわけがない。


      内陸国で海軍といえば、スイスとベラルーシもあったはず。
      スイスは観光船だったかを徴用したりするとかなんとか。

      10.気になる名無しさん2011年04月29日 00:04  ▽このコメントに返信

      軍隊のヘルメットについて。
      軍用ヘルメットは対ライフル弾などを考慮されない。
      ベトナムでのボディーアーマー(非防弾)と同じく、飛来する破片などに対する頭部保護として存在する。
      勿論頑丈なのは良いことなので、それなりの強度はあるが、ライフル弾などを防げるように造る・・・というのは本来の目的に合わないのでありえない。
      スポーツタイプのヘルメットを使用する特殊部隊などは、強襲用途などで重量が嵩んだり必要以上のスペックによる冗長に対する対案として、破片などの防護を減らし、最低限頭部をぶつけたときなどに保護できる程度の軽いスポーツメットを使用することもある。

      レーションの味付けについては、飲料水の不足する状況を考えて味付けが濃くなっている。

      トリビアってガセも内包されることが多いよな。
      確認し辛いし、知らない人が聞いて納得する誤解で出来てるし。

      11.気になる名無しさん2011年04月29日 00:07  ▽このコメントに返信

      ※8 
      避けまくるほど振らない。
      剣道とは違うよ。
      中途半端に切ったって、手負いの状態の相手でも反撃してくるから。

      12.気になる名無しさん2011年04月29日 00:12  ▽このコメントに返信

      零式戦が駄作機かどうかを格闘戦の性能だけで決めるとかアホ過ぎる。
      そんなこと言ったら九五艦戦の方が強いわ。
      それ以前に零式戦じゃ九六艦戦にも格闘戦で勝てないしな。
      F4UやF6Fだって零戦に撃墜されている以上は駄作機じゃないだろ。
      決して傑作機でもないだろうが。

      13.気になる名無しさん2011年04月29日 00:12  ▽このコメントに返信

      刀なんて、訓練した人間同士が思いきりぶつけ合ったら折れてしまう。

      14.2011年04月29日 00:13  ▽このコメントに返信

      ※11

      なるほど。
      じゃあ剣道って…なんのためにあるの?
      昔の侍達もやってたんでしょ、剣道。
      実戦では役立たない武術ってことにならないかい…?

      15.気になる名無しさん2011年04月29日 00:34  ▽このコメントに返信

      合戦の時 刀より槍の方が主流
      フリッツヘルメットはカッコイイ(見た目)
      広島 長崎 プルト二ウムとウランの2種類の核使用
      イタリア軍 フリーズ ドライ開発 

      16.気になる名無しさん2011年04月29日 00:42  ▽このコメントに返信

      0戦 ワン ショット ライターって言われてた

      17.気になる名無しさん2011年04月29日 00:45  ▽このコメントに返信

      米14
      練習しとけば本番で緊張しないだろ?
      つまりはそういうことだ。

      18.気になる名無しさん2011年04月29日 00:46  ▽このコメントに返信

      ※14
      侍達は剣道じゃなく剣術をやっていた。
      剣道は武道であって武術じゃない。
      柔術と柔道みたいな違いなんですよ。

      19.気になる名無しさん2011年04月29日 00:58  ▽このコメントに返信

      電子レンジ・冷蔵庫を備えた簡易キッチンとトイレを備えた戦闘機がある
      ちなみに仮眠をとることもできる

      20.気になる名無しさん2011年04月29日 01:03  ▽このコメントに返信

      ※16
      それ「一式陸攻」のことやないかい?

      21.気になる名無しさん2011年04月29日 01:06  ▽このコメントに返信

      ※16
      ワンショットライターと呼ばれたのは一式陸攻。

      22.気になる名無しさん2011年04月29日 01:06  ▽このコメントに返信

      ※14
      やらないよりはましだろjk

      23.気になる名無しさん2011年04月29日 01:12  ▽このコメントに返信

      ※14
      剣道の一本になる場所は当たれば相手を戦闘不能にさせられる場所だから意味がない訳じゃないよ
      鎧兜付けてると胴は厳しいけど、面→意識飛ぶ、小手→武器持てない、突き→多分死ぬ

      >>175の宣戦布告云々は、世界的に見ても攻撃前に宣戦布告するケースのほうが稀だから
      日本だけに限った話じゃあない
      アメリカに至ってはWW1、2以外の対外戦争の全てで宣戦布告してないし

      24.気になる名無しさん2011年04月29日 01:20  ▽このコメントに返信

      WW1の帝政ドイツに、敵味方ほとんど殺傷せず、商船14隻撃沈、1隻拿捕という戦果をあげた軍人がいた。
      しかも武装が大砲四門の帆船(補助動力にディーセルエンジンはあったが)で。
      興味のある方は「フェリックス・フォン・ルックナー」でググってみてください。

      25.気になる名無しさん2011年04月29日 01:32  ▽このコメントに返信

      上に出てた米軍のレーションがマズイって話だけど、アレは長期保存のために保存料を大量に使ってるから、その匂いとか味が鼻に来るんだよね。

      だからメニューの中でもラビオリとか香辛料とかトマト使ってる味の濃いやつは、保存料の匂いが打ち消されててまあまあ食べられた。

      逆に味の薄いクリーム系のメニューとかは激マズイ
      ソースは俺

      26.気になる名無しさん2011年04月29日 02:35  ▽このコメントに返信

      日本刀はちゃんとしたやつかどうかにもよる

      なまくらとちゃんと作られた刀じゃ切れ味から耐久性から全く違うからね
      ちゃんとした刀なら反っても峰打ちの形で岩なりにガンってやれば元に戻るぐらいよくできてる。つうか、ちょっとぐらい反ったり脂ついたりしたぐらいじゃそうは切れ味落ちないぞ、よく日本刀は切れないだとか言ってる奴いるが

      メスみたいなのはすぐ切れ味おちるが、あれは要はカミソリみたいなもんだからね。日本刀はカミソリみたいな刃+剣としてまともな分厚さ持ってるから斬れる

      27.気になる名無しさん2011年04月29日 03:39  ▽このコメントに返信

      米19
      Su-34のこと

      28.気になる名無しさん2011年04月29日 04:12  ▽このコメントに返信

      剣術やってるけど何回か斬ったら使えなくなるなんてのは大嘘だしそんな簡単に折れたりしないよ。
      甲冑の上に叩きつける事も想定して作ってんだから。
      脂で斬れなくなるってのもガセだよ。まあ全く切れ味が落ちないって訳じゃないけど。豚の頭は連続で斬れるし、実際に人間を斬りまくった刀での試し斬りもやったがスゲー良く斬れたよ。日本刀の間違った知識がさも常識のように語られてるよな現代って。

      29.気になる名無しさん2011年04月29日 04:13  ▽このコメントに返信

      なんで>>377はF15SEなんだよ。どうせならJにしろよ

      30.気になる名無しさん2011年04月29日 04:51  ▽このコメントに返信

      メットに関しては顎紐は普通にやるけどな

      31.気になる名無しさん2011年04月29日 05:20  ▽このコメントに返信

      ラムネがレモネードの訛なのが一番ヘェ〜ってなった

      32.気になる名無しさん2011年04月29日 05:59  ▽このコメントに返信

      ※19 そりゃ大型爆撃機だろwww
      って思ってたら、マジで戦闘(爆撃)機だったとは
      しかも横に並んで二人乗りって…

      ※19 疑って本当にごめんなサイ
      ※27 教えてくれてありがとウサギ

      33.気になる名無しさん2011年04月29日 07:45  ▽このコメントに返信

      ※32
      アードバークさんディスってんの?

      というかアードバーク退役してたのか…
      スパホ配備し始めたの知ってたけど退役する前に一度見たかった

      34.気になる名無しさん2011年04月29日 08:31  ▽このコメントに返信

      戦争兵器を発明したのはほとんど韓国だね
      韓国人は最も優れた民族だから

      35.気になる名無しさん2011年04月29日 08:35  ▽このコメントに返信

      罪人で試し切り調査してた奴


      無銘  後頭部  約三分一切れたり。
      切先より約五寸の間に無数の刃こぼれを生ぜり。  日本刀拵の儘。

      加州清光  頭部、首を斜めに  切れ味極めて良好。
      峰より五寸位の所に刃こぼれを生ぜり。 白鞘の柄に糸を巻き使用に便ず。

      吉宗  首  肉一寸残る。
      刀身中程より上部約二寸位の間刃こぼれを生ず。  新刀元禄頃のものか。

      肥前吉国  主として首 其の他各部  切れ味至極。
      何等異常なしとながら、骨を切りしときの痕かと思われ刀身の物打の部に白らけて見ゆる部あり
        敷本の日本刀による切れ味に比し極めて良好なり。

      村正  首より肩にかけ二、腹部刺突二  切れ味想像以上。
      異常なし。  正式軍刀。

      36.気になる名無しさん2011年04月29日 08:40  ▽このコメントに返信

      いやいや刀って主力じゃねーし
      最大戦力は弓(・投石・鉄砲)と槍だし
      刀って首狩り用でそれ掲げて(サラブレッドに乗って)突撃してく
      戦国モノとか妄想だし
      叩きつける太刀や隙間から刺す鎧通しは別モノだけど

      37.気になる名無しさん2011年04月29日 08:43  ▽このコメントに返信

      ※34
      数発撃ってだめになる自走砲とか、砲身後ろ向きで走らないとこけるといわれる戦車とか、1マガジンフルで撃つとハンドガードが熱くなって持てなくなるアサルトライフルとか、G-ロックで海に落としたりマンホールに落としたりすることが得意なパイロットとか、素晴らしい兵器のオンパレードでつね。

      38.気になる名無しさん2011年04月29日 09:06  ▽このコメントに返信

      イギリスの戦車には標準装備として紅茶を淹れるための設備が付いている

      39.気になる名無しさん2011年04月29日 10:20  ▽このコメントに返信

      ※37
      F5連打すると墜落する戦闘機様が抜けています。
      実に素晴らしい平気ですね。

      40.気になる名無しさん2011年04月29日 11:10  ▽このコメントに返信

      ※12
      零戦の傑作機たる所以は長大な航続距離。その分色々な大切な物を切り捨ててるが、それを補って余りある長所だと思う。

      ※36
      刀が戦国時代では首狩りにしか使われなかったってのは流石に暴論。
      無論、主力武器では無いが

      41.ワロ太2011年04月29日 13:34  ▽このコメントに返信

      ケブラー繊維は卓球ラケットのラバーにも使われてる。

      42.気になる名無しさん2011年04月29日 13:39  ▽このコメントに返信

      >3人も斬るともう斬れなくなる

      切れ味は悪くなるが切れるよ
      ナイフに油でも塗って、ぶらさげた肉でも切ってみろ。切れるから
      別に短刀とか使っても良いけど

      43.気になる名無しさん2011年04月29日 14:12  ▽このコメントに返信

      油を塗るよりも豚バラ肉を切ってから使った方がそれに近いな

      中国戦線に行っていた親戚のじいさんは「時代劇のは嘘だ。あんなにバッサバッサ斬れねえよ」
      と言っていた。

      使い手次第だとは思うが、服を着た上に金具付きのサスペンダーやベルトを装着した完全軍装の相手に斬撃を行うのは有効とは思えないだろう。
      ダメージ的にも、刀の破損を考えても。

      44.気になる名無しさん2011年04月29日 14:48  ▽このコメントに返信

      一式陸攻がワンショットライターってのも大袈裟に誇張されて伝わった話の類だよなぁ
      別に俺が実際に乗ったわけでもないので仔細はググれとしか言えないが

      あとイタリア軍機に関しては生産数も調べてみるといい。スゲー少ないから。
      兵器なんてのは必要な時期、必要な戦場に必要な数を投入できてこそのもの
      その埒外での性能比較なんてそもそも比較として成立っていない
      ここら辺の総合力としての『性能』って、スペック厨にはなかなか理解して貰えない物がある

      45.気になる名無しさん2011年04月29日 14:55  ▽このコメントに返信

      >「時代劇のは嘘だ。あんなにバッサバッサ斬れねえよ」
      装具を自前で揃える士官クラスが自分ちに伝わる銘刀を持っていったならまだしも
      下士官兵に与えられる軍刀が時代劇みたいにバッサバッサ斬れないのは至極当然の話
      銘刀ですら手入れしなけりゃすぐ切れなくなるのに加え、粒子の細かい砂が何処にでも入り込んで付着する中国戦線ならなおさら

      46.気になる名無しさん2011年04月29日 15:02  ▽このコメントに返信

      剣道は鉄の棒を振るう為の身体ができるのと
      常に戦闘を意識できるってのがでかいと思う
      そもそも今の競技剣道とは随分違うし
      普段からやってりゃ百姓レベルの雑兵を圧倒するには充分だろ

      47.気になる名無しさん2011年04月29日 15:41  ▽このコメントに返信

      完全にスポーツ化する以前の、まだ剣術に近かった頃の剣道だっておよそ実戦向きじゃない
      それに『百姓レベルの雑兵』だって農作業で体を、特に戦闘でも重要な足腰を鍛え上げてる上、
      戦場では主に槍を用い、足軽頭の指揮のもと集団で槍衾作ったりして敵に対するわけで
      職業軍人たる侍が刀持って無双なんて構図はゲームか大河ドラマの中にしか存在しない絵空事

      落ち延びた侍が、竹槍程度しか持たない土着民に討たれまくった事実を見れば
      持つ武器の差や相性に比べて体作りや意識といった要素がミクロであったか分かると思う

      48.気になる名無しさん2011年04月29日 15:56  ▽このコメントに返信

      何故つわものの代名詞が「当代一の『弓取り』」であったか、
      何故最大の名誉が『一番槍』であったかを考えれば
      どういった武器が戦場の主力であったかも分かろうというもの。
      ただ、だからと言って刀が一段低く見られていたとか、首を切り取るためのものだったという訳ではなく
      武器のリーチの隙間を埋めるという重要な役割を果したのはまぎれも無い事実。

      たとえば戦艦大和は絶大な射程・投射能力を誇ったが、20mm機銃と12.7cm高射砲の隙間を埋める対空火器が無かったために敵機の接近を許した。
      逆にアメリカは40mm機関砲を持っていたために濃密な対空攻撃を展開できた。
      事例は極めて異なるが、リーチの間隙を埋めることの重要性は分かってもらえると思う。

      49.気になる名無しさん2011年04月29日 17:30  ▽このコメントに返信

      >>75
      でも口径は最後までバレなかったよね

      50.気になる名無しさん2011年04月29日 18:44  ▽このコメントに返信

      というか大和型の徹底した情報統制は軍民協同の情報管理のモデルケースとして名高い事例であって
      「そら負けるわ」とかズレた寝言ほざいてる>>75が馬鹿なだけ
      そもそも進水後、もはや大和型の存在自体は秘匿情報でもなんでもない

      51.気になる名無しさん2011年04月29日 18:53  ▽このコメントに返信

      他国を叩く奴は日本軍が何したかちゃんと勉強してください。

      52.気になる名無しさん2011年04月29日 19:06  ▽このコメントに返信

      一言で「剣術」と言っても、甲冑合戦が前提の戦国時代の剣術と、
      平服での斬り合いが前提での江戸時代の剣術では、その技術が
      だいぶ違う。
      甲冑では刀を大上段に振るなんて事はぜず(自分の兜等が振りの邪魔&
      相手も兜をかぶっているので最初から脳天狙いはしない)、甲冑の隙間
      ・・・喉や脇とか内腕等を狙った突きや斬りが主体で、江戸時代の
      竹刀剣術は平服での技術。

      53.気になる名無しさん2011年04月29日 20:06  ▽このコメントに返信

      大阪の陣で柳生但馬が秀忠の陣に迫った武者(強襲の為か、甲冑は捨てていた)7人を瞬く間に切り捨てたという逸話もあるんで、
      剣術も戦国時代で無力という訳でも無かった様だ。

      54.気になる名無しさん2011年04月29日 21:09  ▽このコメントに返信

      いや、剣術の有用性自体に議論の余地は無いんだけど・・・
      夜討ち朝駆けや伏撃時の混戦、追撃戦、あるいは偶発的な接敵、狭小地での戦闘等
      槍を振り回すには向かず必然的に刀がメインになる状況なんて幾らでも生じる
      むしろ教科書どおりに隊伍を組んだ理想的な野戦なんて少ないくらい

      2ch辺りで付け焼刃の知恵つけた人間が刀を過小に評価してるの見てるとなんだかなぁと思うよ

      55.気になる名無しさん2011年04月29日 21:11  ▽このコメントに返信

      ↑最後の行の「刀」を「剣術」に訂正

      56.気になる名無しさん2011年04月29日 21:11  ▽このコメントに返信

      太平洋戦争時、米兵が日本兵の死体から金歯とか抜いて
      戦利品として本国に持ち帰っていたのは、割と有名な話。
      甚だしくはそれ目当てに投降兵を即射殺したとか、
      頭蓋骨を戦果報告として本国に送ってた奴もいた。
      当時の雑誌に本国に送った日本兵の頭蓋骨が掲載されてた。

      さすがに余りにも酷すぎるってはなしになって、米軍
      上層部は禁止通達を何度も出したとか。

      >>44
      どこまで行っても「戦争は数だよ」だからな、現実は。

      57.気になる名無しさん2011年04月29日 21:58  ▽このコメントに返信

      豚肉程度なら余裕でスパスパ斬れるが
      豚肉に骨が付いてたり、鉄板敷いてたり、木材ごとたたっ斬るのは難しいだろ
      まぁ、西洋と違って全員が全員、鉄鎧を着込んでたわけでもないが

      58.気になる名無しさん2011年04月29日 22:06  ▽このコメントに返信

      鎧武者に対しては斬るんじゃなくて鎧の隙間狙って突くんだってば
      まぁどっちかていうと突くとか刺すと言うよりは差し込む、というイメージの方が合ってるけど

      当然そのまま刀身で殴りつけた例も、鎧ごと切り裂いた例もある

      59.気になる名無しさん2011年04月29日 22:12  ▽このコメントに返信

      刀の3人限界説に騙されてる奴多すぎ。
      ホラ吹いた山本と司馬の罪は重いな

      60.気になる名無しさん2011年04月29日 22:30  ▽このコメントに返信

      突き限定なら百人くらいいけるが
      袈裟懸けに肋骨切断するならちょっと辛そう
      罪人の死体を使った試し切りでは腹にかけて真横に一番太い背骨を両断するから更に辛い

      つまり、切断する部位次第

      61.気になる名無しさん2011年04月29日 23:49  ▽このコメントに返信

      銘刀であっても実戦では役に立たなかったという話はよく聞く。
      下士官刀と呼ばれた95式軍刀は切れ味こそ劣るが曲がりにくく頑丈だったというね。

      スコップが白兵戦で有効な武器であり、銃剣に切れ味が重要視されないことを考えると、軍刀に切れ味を要求することはあまり意味がないのでは。
      銘刀であっても乱戦の中で刃毀れ・刃欠けを生じたという池田屋事件の新撰組側報告を考えれば、軍刀は他の武器のように乱暴に使うべきではないだろう。

      結局、軍刀を振るう指揮官は敵を斬るより指揮に専念すべきであり、接近戦には拳銃を使う方がいい。
      そもそも近代戦では軍刀で戦う事態など避けるべきなのに、刀の有用性という一点に考えを縛られ過ぎてはいないだろうか。

      62.気になる名無しさん2011年04月30日 03:47  ▽このコメントに返信


      >格闘戦が一番とか言うならファルコに勝てる戦闘機はいない

      なんで下駄履きの水上機がふつうの戦闘機より強くなるんだ?
      空気抵抗も重量もあって翼面加重が余計にかかるのに

      その論なら複葉機が格闘戦最強になるだろ

      これさ、1/3くらいは軍オタが見たら失笑もののもんばかりだよ

      63.気になる名無しさん2011年04月30日 07:50  ▽このコメントに返信

      昔ながらの名刀、いわゆる鍛造刀よりも、科学的に成分を調整された昭和軍刀の方が、だんぜん性能が良かったりする。
      ただし刃紋もなんもないので、美術品としては比べるべくもないが。

      参考サイト
      //www.h4.dion.ne.jp/~t-ohmura/

      64.気になる名無しさん2011年04月30日 12:17  ▽このコメントに返信

      61には事実誤認がある
      スコップが取り回しの良さ故に重用されたのは塹壕溝内での遭遇戦時限定
      そして銃剣の運用は刺突武器である槍の延長
      これらの例をもって刀の切れ味が重要視されないというのは誤りで、
      事実、軍刀を刀として使用し得る戦闘、特に日本陸軍のお家芸であった夜襲戦闘では刀剣が積極的に用いられ、評価をされている
      (切れ味や心理的効果、銃の発砲音で戦力規模を図られないで済む点)

      また、浸透戦術を世界最高レベルまで練り上げた日本陸軍の戦術上、
      あるいは火力戦ドクトリンを国力不足で継続的には実行不可能であったことを考えると
      必然的に格闘戦のウエイトが大きくなるのは自明のことで
      そういった運用の実体を考えず、「近代戦では軍刀で戦う事態など避けるべき」という誤ったべき論に考えを縛られるのは感心しない

      65.気になる名無しさん2011年04月30日 15:44  ▽このコメントに返信

      今のヘルメットは、ある程度の負荷がかかると
      ストラップが外れるようになってるし、
      そもそも首にかけずに顎にかけるようになってるよ。

      66.気になる名無しさん2011年04月30日 16:59  ▽このコメントに返信

      自衛隊が未だに缶詰のミリメシを採用しているのは、いざと言う時の災害に備えどうしても保存性の良いカンメシを一定量備蓄しておく必要があるから。
      実は戦闘糧食Ⅰ型は製造されてから一年間は全国の各補給所にて保管され、2年目に駐屯地業務隊に回された後、そこでまた一年保管されます。その後3年目より1年間かけて各部隊の演習等で計画的に消費されていく事になり、つまり常時3年分の備蓄がされている事になるのです。
      毎年陸上自衛隊では乾パンを含めた主食を140万食、おかず缶を約300万食調達しているので、いざと言う時にはこれらが被災者の元に届けられるわけですね。

      67.気になる名無しさん2011年04月30日 18:08  ▽このコメントに返信

      >>64
      なんと…
      「成瀬関次 軍刀」でググるがいい

      68.福島2011年04月30日 23:24  ▽このコメントに返信

      実はB29は空母から発進可能ですわ。

      69.気になる名無しさん2011年05月01日 01:08  ▽このコメントに返信

      ※3
      モンゴル海軍、随分前に民営化されて政府の所属組織じゃ無くなっちゃったよ

      ちなみにモンゴル海軍が存在していた頃の任務は、湖経由でロシアから石油を運ぶことだけ
      海軍の人員は10名を超えなかったとか
      民営化されたあと、石油を運ぶ仕事も無くなったので、残った人員は湖の観光業で生計を立てているんだとか

      70.気になる名無しさん2011年05月01日 01:12  ▽このコメントに返信

      ※62
      あれは画像を間違えてるよ
      スレの>>96が間違えたのか、
      ここの管理人が間違えたのか知らんけど、
      あの画像はドイツのAr196だ

      スレの>>96が言ってるファルコは、
      たぶんイタリアのFIAT CR.42のことだと思われ
      愛称が"Falco(ファルコ=鷹)"だったと言われているし

      第二次世界大戦前に、複葉機の集大成みたいなもん作ったら、
      そりゃあ格闘戦最強レベルになるわ
      実践では勿論 複葉戦闘機() だったのは言うまでもない

      71.気になる名無しさん2011年05月01日 09:06  ▽このコメントに返信

      ※68
      それB25
      詳細は「ドーリットル空襲」で

      72.気になる名無しさん2011年05月01日 11:47  ▽このコメントに返信

      剣道は「ふくろしない」から始まった、非殺のためのものだし
      時代も大分遅れてから始まったし
      当時は戦国だったから珍しかったスタイルだけど、剣の道を教えることとは謳っていても段々と廃れていくものだわな
      実際の剣術試合は見ていて面白いものじゃないだろう
      派手な立ち回りがあるわけでもなし、鍔迫り合いなんかもってのほか

      73.気になる名無しさん2011年05月01日 21:35  ▽このコメントに返信

      ゼロ戦がスピット部隊や米軍戦闘機相手に格闘戦で活躍しちゃったから
      なんとかけなそうと引っ張り出してきたのがファルコなんだろう。

      小さなタンクに貧弱な武装、爆装すらもしばらく考えてなかったり艦載考えたのも後。こんなんじゃ戦略を覆せない。

      >>70
      Re.2000のことじゃないの?愛称ファルコ多いんだよなイタリア。
      どっちみち正規採用されなかった機体で大して作ってない。
      悪くない機体だが取り立ててすごい訳でもない機体。

      大体ゼロ戦が強烈だったのは侵攻側なのに戦闘に入ると欧米の迎撃側が先に燃料切れになるとか、
      平然と爆撃機にも追随出来た航続力がバランスの良い機体にまとまっていてしかもそれがあろうことか空母艦載機だった事だ。

      米軍が待望の爆撃機追随戦闘機を手に入れるのはものすごい後になってるし、
      ドイツが困って使ったBf110なんかひどい目にあってる。ゼロ戦がもし各国に配備されてたら作戦は恐ろしく捗ってる。
      そういう戦略的価値が理解出来ない人が無意味なけなしや比較をやりたがる。

      74.気になる名無しさん2011年05月01日 21:51  ▽このコメントに返信

      ゼロ戦が初期防弾不足でひどいとか言ってる連中もいるけど
      欧米は爆撃機に護衛もなしに突っ込ませたり不向きな機体を無理やり
      護衛につけてボコボコにされたり、航続力不足なのに無理やり飛ばせて
      墜落未帰還連発させてたんだからどっちがひどいかと言ったら
      そりゃ欧米の運用の方がかなり酷い。
      見つかったら死ねという命令に等しいんだから・・・

      米軍もわが身可愛さに無謀な位置から飛ばせておいて回収位置で待たずにさっさと空母が逃げ出すもんだからパイロットは酷い目にあってた。
      それぞれの軍隊にとんでもない問題が山積みになっていた。

      イギリスなんかろくな護衛もなしに複葉機で対ドイツや対日に特攻させたりしてたし。正気の沙汰じゃない。
      あまりの遅さに攻撃した後に逃げる事すらもままならない。

      彼らは当然ゼロ戦に瞬殺食らったり、哀れな末路をドイツの艦長にまで同情されたりしてた。

      75.気になる名無しさん2011年05月02日 21:07  ▽このコメントに返信

      日本に 大型戦車が無かった(あったっけ)わけは
      日本の鉄道の線路幅がせまく 輸送ができないため
      ほとんどが 小型化してしまった。
      ソースは 昔の雑誌 

      76.気になる名無しさん2011年05月03日 09:38  ▽このコメントに返信

      確かに零戦の長所として航続距離が長いことがあげられることがあるが
      同時にそれは短所でもあるよね、そのせいでどれだけ無理な作戦が決行され多くの人が亡くなられたのか

      77.気になる名無しさん2011年05月05日 22:58  ▽このコメントに返信

      だいたい、○○は強い弱い~とかいうスペック厨は馬鹿だからな。

      性能も確かに重要だが、
      その兵器がどのような目的(戦略・戦術など)で作られ、
      その結果、その目的を達成することができたかどうかも
      判断基準ということを理解してない。

      性能や成果の片面だけ見て判断するのは愚の骨頂。
      あと時代背景も無視する馬鹿も多いからな。

      78.気になる名無しさん2011年05月30日 00:04  ▽このコメントに返信

      >>76
      それは短所として無理ありすぎ
      無理な作戦はゼロ戦に限らず後期旧日本軍の特徴ですw

      79.気になる名無しさん2011年07月16日 19:33  ▽このコメントに返信

      日本刀は、10人程度なら首を撥ねることができるかと思うよ。

      玉音放送の有った日陸軍の上層部で集団で切腹が行われて
      一本の同じ刀で介錯された。
      それが、連続使用での記録だったと思う。
      確か13人だったと...。

      80.気になる名無しさん2011年07月17日 22:22  ▽このコメントに返信

      アメリカはWW2より以前に自動車の排気ガスによる公害が問題になっていた
      一般人にも車がいきわたり大勢の人が所有していた(工業力の差)
      日本は一部の金持ちや会社所有物としてしか存在せず、まだ小さかった
      トヨタなどは軍用車両などを政府の命令で作らされていた

      81.気になる名無しさん2011年09月02日 22:53  ▽このコメントに返信

      そもそもここ100年間の戦争で宣戦布告を真面目にした国はあるのか?

      82.気になる名無しさん2011年10月09日 20:13  ▽このコメントに返信

      >>34
       来年の兵役頑張ってねwwww

      83.気になる名無しさん2011年10月19日 16:19  ▽このコメントに返信

      ※64
      WW1のドイツ突撃兵は白兵戦用のスコップを持っていたしね
      歩兵の滲透戦術を重視した日本陸軍が白兵戦用の武器を重視したのは半ば当然のこと



      日本陸軍が理想としていたのは、火力と機動力を重視したソ連やドイツに近い戦術
      それを実現出来なかったのは貧弱な国力とインフラのせいで、一般に流布する軍の思想が古かったというのは誤りだと思う
      実際、当時の基本教練でも火力が重視されていたし、戦車と自動車化歩兵を中心にした日本版装甲師団もつくろうとしていた

      ただ、結局は必要な装備を揃えられるだけの予算も工業力も無くて、徒歩歩兵中心の浸透戦術に頼らざるを得なかったのが残念

      思想に限っていえば、十分な数の戦車や火砲、高い工業レベルを持ちながらもWW1型の思想・編成から抜けだせずに、正面装備では劣っているはずのドイツに敗北したWW2フランスのほうがよっぽど古い

      84.気になる名無しさん2011年10月19日 16:31  ▽このコメントに返信

      Su-34の機内設備があれほど充実してるのは、同機が戦略爆撃任務にも使われる前提なのが大きいと思う
      ありゃロシア版F-15Eというよりは、Su-24やF-111なんかの大型戦闘爆撃機の直系の子孫ですわ

      あと、地上兵器では無視されてるけどロシア人は案外居住環境にうるさい
      海軍なんかそれが顕著で、ソ連時代でも艦に兵装を積みすぎて狭いと水兵から苦情が出て、兵装を降ろして居住環境を改善させてる

      試しにぐぐってみるといいけど、戦闘艦の食堂だって米艦がパイプ類むき出しなのに対してロシア海軍は木張りだよ

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      過去記事ピックアップ
      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      はてなブックマーク
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ